2017年07月01日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第四十一話」予告編

FGO。新章アガルタの女、開幕。めっちゃプレイしております(´・ω・`)+>挨拶







***



 養子縁組する事を決めてアルピーノ親子は殊の外喜んでくれたが、俺としては前途多難であった。一つ物事を決めれば、問題や課題もまた生じる。1つずつ解決していかなければならない。
養子縁組先の候補は現状ナカジマ家とアルピーノ家、異世界での身元保証という点において時空管理局員の家族は最適であり最難でもあった。聖王教会の枠組みが絡んでしまうからだ。
そういう意味では養子縁組の拒否は、ある種の逃げだったといえる。他人を一切拒否して一人旅に出るのと同じ道だ。楽な道ではあるが、得られるものは少ない。
人生楽に生きるのは少しも悪い事ではないのだが、俺のような浮浪者は楽に生きれば腐っていくだけだ。トラブルを歓迎しているのではないのだが、何の目標もなく生きてはいけない。

どちらの家を選ぶのかさて置いて、養子縁組をする上でいい加減放置していた問題を解決しなければならない。

「俺は養子縁組する事にした。異世界ミッドチルダに身元を持つ上で、重要な問題があってアンタ達に集まって貰った」
「私達は、父上の子として認知されなければなりません。となれば、身元調査は確実に入るでしょう」

「お前らは闇の書から生み出された存在だからな……話ってのは、何となく分かった」

「私は将として、出来れば全員から話を聞きたかったのだが」
「ユーリはルーテシアにえらく気に入られて、そのままお泊り保育させられてる。レヴィはナハトのお守りで、ディアーチェは俺の代理で聖地に行ってる」
「お前が任せっきりにしているから、後継者を名乗るあの子も大変だろうよ」

 アルピーノ家との親睦会が行われた日の、夜。月村邸の一室を借りて、守護騎士達とシュテルに来て貰った。肝心の家の主は補習地獄で、今も宿題に苦しめられている。静かで大変結構だった。
本来であれば俺の頭脳であるアリサも同席させたかったのだが、意外と勘の良いはやてに怪しまれたくないので相手をさせている。代わりにお目付け役として、アギトが陣取っていた。
騎士達の主に内緒事なんぞしたくはないと思うのは、あくまで俺達の感傷にすぎない。物事には段取りというものがある。信頼関係とは切り離して、考えていかなければならない。

実際、集めたヴィータ達からも異論は出なかった。繊細な問題だという点では、お互いに認識が一致している。


「どこまで話すべきか、正直な所迷っている。クロノ達は法術まで知っている以上何とでも言えるし、荒唐無稽な話に聞こえても信じてくれるだろう。
俺があいつらに話していないのは――考えてみると色々あるけど、お前達に絡んでくるのは実質上一つだ」

「闇の書、だな」

 出会った頃は禁忌とまでされていた話題であったが、ヴィータ達の間に忌避感はない。いずれ生じる問題であろうことは、彼女達も認識していたのだろう。
この部屋は妹さんが護衛についているので、秘密が外部に漏れる事は絶対にない。万物のあらゆる声が聞こえる彼女に潜り抜けるのは不可能なのだ。その点は安心だった。
妹さん本人には聞かれてしまうが、妹さんが誰かに話すなんて事は天地が引っ繰り返ってもありえない。シグナム達も彼女が護衛に付く事に、まったく異論はなかった。

今までずっと聞き流していたのだが、いい加減そろそろ指摘しよう。



***




「そもそもお前らは何で、あの本を『闇の書』と呼んでいるんだ?」






エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 17:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

拍手

FGO。明後日、いよいよニコ生ですね。どんなサーヴァントが登場するのか、今からワクワクですよ(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※ゆゆゆに続いてついにシンフォギアのアプリ解禁だー?


シンフォギアの新シリーズも放映しますし、良いタイミングでの解禁ですね。
人気のあるシリーズですし、システム面さえトチらなければ序盤はいいスタートがきれそうですな。
私も興味はあるのですが、FGOに今集中していますし、これ以上増やすのは難しそうですが、
ストーリー性も含めて楽しく遊べそうならやってみたいですね。

ゲーム性なども含めて、どういうのか注目していきますφ(..)



※ルーテシアがフリーダムwww 
翻弄されるユーリがかわいいぞw 

※ルーテシア大暴れですなw 

※えーと、結局のところ良介はナカジマ家じゃなくてアルピーノ家と養子縁組をするということですか?
というかそもそも「宮本」という苗字がヒミコと一緒ですがそこは法的にはつながってないんですか?


いつも小説の感想、ありがとうございます。
今回はメガーヌとルーテシア母娘との対面、娘であるユーリを連れてお食事会です。
ルーテシアはアニメ三期のような悲劇は起きず、VIVIDばりにはっちゃけた性格になっております。
今は幼女なので、アニメより更にちびっこい感じに仕上がっております。


養子縁組>


いえ、その前段階ですね。
養子縁組するべきか、あくまで身元不明のままで押し通すのか。その決断をしました。
ですので、メガーヌとクイントとの対立はますます苛烈化していきますw
本編でも触れましたが、養子縁組するにはユーリ達の素性を明らかにする必要があるので、
夜天の魔導書のことを考えると軽々に決断できない状態ですね。

ヒミコさんと良介の関係については、今後明らかになりますφ(..)


※ヴァイオラさん、人妻発言の反響はいかがですか?


ヴァイオラ「皆さんに信じて頂けなかったわ」

良介「ほう、それはまたどうして?」

ヴァイオラ「白馬の王子様が私を迎えに来て下さいましたと、正直に話したつもりなのだけれど」

良介「印象論で語るな!?」



※富み、名声、力、この世のすべてを手に入れた男、聖王宮本良介。
彼が表舞台から姿を消す時に放った言葉が人々を宙へと駆り立てた。

良介「俺の財宝か? 欲しけりゃくれてやる。探せ!! この世のすべてをそこに置いてきた!!」

世はまさに、大航海時代!!



アイシス「何処に隠したのか、具体的に言ってほしいわね」

トーマ「あ、駄目!?」

アイシス「何が……? って、すずかさんが物凄い勢いでこちらへ突撃に来てる!?」

トーマ「……この手のネタバレはあの人にとってNGなんだよ」




※ついに聖杯大戦のキャストが本格公開。獅子劫さんクロウかと思ったらヴライ将軍だった。
ゴルドおじさんはにゃもにゃも言い出さないか心配だ…
玲霞さんが中原さんって意外だったけど、しっとりエロい中原さん…いいよね。
カウレス君はカリカリにやせ細ったり
眼鏡を本体扱いされそうな苦労人気質だから似合いそうだけどセレニケさんから下ネタ振られそうだ。
まぁ一番ブッたまげたのはダーニック総帥だったけど。
フュージョンか?ファイナルフュージョンしちゃうからか?


発表された声優さんはやはりと言うべきか、豪華なメンバーですね。
声は実力派揃いで安心ということで、後はやはり画質と脚本ですな。
来週にはもう放映予定と、時の経過の早さを実感させられます。

ただFGOもタイミング的にアガルタが開始する時期なので、ガチャが無さそうなのが残念。
せめてセミ様だけでも実装してくれないか、今でも願っております(´・ω・`)+



※ドラゴンボールを見たカリーナが、次元世界中から猛者を集めた大会を開催するそうですw



アインハルト「私の出番ですね」

ヴィヴィオ「チャンピオンベルト片手に、アインハルトさんがリング入りした!?」

良介「ベルト持っていく意味があるのか!?」

アリサ「……パフォーマンス性が高まっているわね、あの子」



※ナハトがミッキーマ○スを拾ってきましたwww


ナハト「ミッキー、いっぱいいた!」


アリサ「コラー、ナハト( ゚д゚ )クワッ!!」

良介「本気でキレた!?」



※白旗の軌跡実写映画化決定!! 宮本良介役は小栗旬!!


忍「侍君役にイケメンさんはちょっと違和感すごい」

良介「ちょっととか言いながら、凄いのかよ!?」

那美「ごめんなさい、良介さん……まったく反論できません」

良介「好感度高いのに、容姿の評価は低いのか!?」



※なるほどな・・・
ううん!(咳払い)良介を仕留める方法といったらメイドさんに化けることだな!
良介はメイドにとても信頼を寄せているからな!(チラッチラッ[壁]_-)


デブ「お断り致します」

ガリ「その心は?」

デブ「どれほど完璧で清楚なメイドであったとしても、立場は使用人。私は使用人を雇用する側ですから」

ガリ「……そういう事に拘るのも、あの人に似ているわね」



※リョウさん!前回から引き続き
「ウルトラマンティガ」第43話及び第44話に関する解説です!
1「作中に置いて語られた、ダイゴ隊員とマサキの遺伝子のルーツ」
前編である、第43話のラストから、後編の第44話の初頭に置いて、主役のダイゴ隊員は地下神殿?の遺跡で、
自身の先祖のウルトラマンティガ以外のウルトラマンの石像を発見し、唖然とする中、第43話に置いて自身からスパークレンスを奪ったマサキが再び、
姿を現し、マサキはダイゴ、そして自身の遺伝子に秘められていた秘密を語りました。
2「ダイゴ隊員とマサキの遺伝子のルーツ、大元の秘密」
マサキがダイゴ隊員に語った秘密、それは、@マサキもダイゴ隊員と同じく超古代の遺伝子を引いている事、
A自身達の遺伝子、血統のルーツ、大元は同じで、自身とダイゴ隊員は遠い親戚、兄弟の様な物、
と言う事を語りました。ですがねリョウさん!これは普通に考えれば当然の事でして・・・・
3「超古代人、及び古代ウルトラ戦士の子孫、末裔はダイゴ隊員の家系、一族だけ?」
この物語、作品世界でダイゴ隊員がウルトラマンティガに変身できるのは、何回も解説しているとおり、
「ティガ世界の太古の地球で人間から、ウルトラマンティガと言うウルトラマンに変身した、なった人の血統、血筋を継いだ、子孫、末裔であるから」
です。そのためダイゴ隊員は、作中に置いての、3000万年前文明の崩壊と滅亡後に、
地球から去る時に残して行ったかつて自身の先祖が使っていた、石像=ウルトラマンの身体に第1話「光を継ぐもの」で、
光となってウルトラマンの身体に融合して、かつて自身の先祖が変身したウルトラマンと同じウルトラマンになれた訳です。
ですが、ふと考えてみると・・・・視聴者のだれもが思いつく事があります、
それは、「超古代人と古代のウルトラマンの血統、血筋を引いた子孫、末裔はダイゴ隊員だけなのか?」、
と言う事に思い当たります。その解答を示したのが、この今解説しているティガ第43話と第44話なんですよ。
4「ダイゴ隊員とマサキの存在が示していること」上記の通り、超古代人と古代ウルトラ戦士の血統を引いた子孫、末裔は、
ダイゴ隊員だけとは限りません、例題として、最終回後にダイゴ隊員はヒロインのレナ隊員と相思相愛となり、
「ウルトラマンティガ」から7年後の物語の続編である、西暦2017年〜2020年の時代では、
レナ隊員との間に長女を儲け、その更に10数年後の物語である、OV「ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人」と言うタイトル名の、
スピンオフ、外伝作品の年代の西暦2040年では、20年の間に「マドカ・ツバサ」という長男(次男)の1人息子を授かっています。
このダイゴ隊員の娘と息子はダイゴ隊員の血を引いているので、この子供達も言い換えれば、
「超古代人、古代ウルトラマンの子孫、末裔」と言う事になります!
これを思えば、思いつけば、そもそもダイゴ隊員と言う子孫、末裔の存在を考えれば・・・・、
「文明と古代人類は滅亡したと言っても、ほんの僅かだが生き残りが存命、生存していた」、
と言う事になります(現にダイゴの先祖であるティガや今話の中心のイーヴィルと言った、
石像を後世の為に残して行ったと思われる古代ウルトラマンの存在です)。
またマサキ・ケイゴの存在と、「3000万年」と言う途方も無い時間的空白期間、ブランクも考慮すると、
超古代人及び古代ウルトラマンの血統、血筋を引いている人は、ティガ世界の地球の人口の数から言って、
実は物凄い、かなり多くの人達が存在していると言う事が考えられる。と言う事になります。
これ等の先祖と子孫の血統、血筋の枝、血筋の相関図、的な解答をTVシリーズで出したのも「ウルトラマンティガ」の特徴、初だったんですよ。



ウルトラマンの系譜と聞くと、宇宙規模単位の凄さを感じるのがやばい(゚A゚;)ゴクリ
昭和時代は血筋とか無かった――と言いたいところではありますが、
ウルトラの母とかいたのでそうでもなかった気もするのが不思議ですなw

ウルトラマンの場合変身後はメカニックなボディスタイルなので、
血筋とかのイメージが出来ない点もあって感じさせられるのかも。




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第四十話」予告編

FGO。いよいよ来週は新章が開幕ですね(´・ω・`)<ワクワク>挨拶







***


「お前らの世界のガキ共は、常に脱走したくなる衝動にでも駆られるのか」
「ママ〜、わたしのおにーさんこわいー」
「見つけてくれてありがとう。兄妹の感動の対面ね」

 すっかり迷子収容所と化した入国管理局へ、メガーヌの拾い子を引っ立てた俺達。襟首を掴んで連行した経緯に本人から文句を言われるが、生憎とレディに対する気配りが出来る英国紳士ではない。
待ち合わせ相手だったメガーヌは特に驚きもなく、我が子を連れた俺達を歓待。普通心配の一つでもしそうなものなので、案外出来レースだったのではないかと邪推してしまう。
クイントの拾い子達も脱走による経緯で知り合ったのだ、対抗したのだと考えるのは穿ちすぎだろうか。実際脱走した本人も平然とした顔をしているのだ、追求はしないけど。

とは言え一人で街中を出歩いたのだ、メガーヌも親の責任として我が子に注意した上で改めて紹介となった。

「この子が私の子供、ルーテシア・アルピーノよ。ルーテシア、この人が貴方のお兄さん。そちらの女の子が……えーと、兄の子供になるのだから――姪のユーリちゃんよ」
「よろしく、ユーリ。なかよくしてあげるね」
「ふんぞり返ってる!? お父さん、なんというか私の方がお姉さん的な感じになるのでは!」


***




「分かるぞ、その気持ち。何しろ十代の男が、年頃の娘さんにお父さんと呼ばれているのだからな」
「実の娘に、切れ味のいい切り返しですね!?」







エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 12:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする