2017年11月11日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第六十話」予告編

FGO。天草ピックアップの後は、セミラミス様ピックアップが来ないかな(´・ω・`)>挨拶









*****


 化学分析技能士、ジェイル・スカリエッティ。聖王教会より派遣された彼の存在は物議を呼んだが、結局のところ黙認された。提督の名誉の為、されてしまったと言っておこうか。
元より聖王教会より正式に派遣された化学分析技能士、時空管理局最高顧問官が反対する事を世論を大いに騒がせる。時空管理局も、聖王教会も望んでいない波乱である。
それでもジェイル・スカリエッティの存在は危うく、強硬に反対する事自体は出来たが、聖女様ご本人の弁護を論破出来なかったグレアム提督に軍配が上がる事はなかった。

驚くべき弁論である、ただ感心するしかなかった――なぜかこちらにガッツポーズを送っているのは、イメージにそぐわないけれど。

「話が長引いてしまい、予定の時間をやや過ぎております。 お二方もお忙しい立場の方々、そろそろ分析作業に入らせて貰いましょう」
「騒がせてしまい、申し訳ありません。我々は異存ありませんが、提督はいかがですか」
「……やむを得まい。ただし、スカリエッティの動向は常に見張らせてもらうぞ」

「偉大なる提督殿に立ち会っていただけるのであれば、作業にも力が入るというものです」

 多くの犯罪者を黙らせた提督の眼光に対しても、ジェイルは慇懃無礼な態度で畏まるばかり。肝が座っているのか、気が触れているのか。何にしても、面倒な男ではある。
シスターであるドゥーエに案内されながら、考えを張り巡らせる。そもそもの話、ジェイル・スカリエッティは何故この分析作業を引き受けたのだろうか。
ローゼの要請が発端となったのは事実だろうが、今のような論議を招くことくらい想像がつくはずだ。管理局の重鎮の前に立つリスクまで背負って、わざわざやって来た理由とは何か。

確かトーレが俺を聖王だと認めた起因は、闇の書の主だと誤認した事だ。となると――


(元闇の書である蒼天の書を、ローゼの要請を機に分析したいのか。厄介だな……万が一、あの魔導書が本命だと言われてしまうと)

 
 聖地での一連の事件では常に味方とはなってくれたが、そもそも本心が読めない男ではある。俺に興味を持っているようだが、その興味の行く末は何処にあるのか。
聖地のような波乱を望んでいるのであれば、平穏な結果を望んではいないだろう。蒼天の書が元闇の書である事自体は、真実なのだ。闇の書だと言われてしまったら、どうしようもない。
そう考えてみると、ヤバイ気がする。今までの勝負事は到底勝ち目のない戦いであっても、戦いを行うのはあくまで俺だった。だが、今回は違う。

もっとも重要な局面を、ジェイル・スカリエッティ本人に任せてしまっている。勝敗は、あの男の匙加減にかかっているのだ。



*****




(ローゼの奴、つくづく面倒な事をやってくれたな……分析結果は、俺個人の意志は反映されない。この土壇場で裏切られたら、終わりだ)






エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

拍手

FGO。メカエリちゃんの絆3が、地味にキツイでござる(;´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※今年のハロウィンのフィリス先生は、リスティの策略でこんな服を着たそうです。
>ttps://appmedia.jp/wp-content/uploads/2017/10/s_gainenreisou_04.jpg


フィリス「……スタイルの良い女性ではないと、ただの水着になるのでは?」

良介「うむ、夏場の良い正装となるだろう」

フィリス「誤魔化そうとしても騙されませんよ!」

良介「ちっ、相変わらず無駄に鋭い奴だ」



※ジェイルwww 誰だ貴様www

※カリムさんすげぇ、と思ったら裏にアリサがいたw 
まあそれでもあの演技はすごいけどね。 そしてやっぱりアリサぱないの!! 

※博士は誰!? ってレベルだねw 
アリサは相変わらずの神算鬼謀。味方でよかったよ。


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
最高評議会からの刺客であるグレアム提督訪問を、
カリムとジェイルの連携プレーで何とかしのぎました。
権威のあるお偉いさんなので、ある意味的より厄介な人です。

博士は始終丁寧かつ礼儀正しく接していますが、
良介が困っているのは分かり切っているので、内心大いに笑っております。
逆にカリムさんはカンペ読むのに必死で、それどころではありません(´・ω・`)


※>ナハトが都牟刈村正を拾ってきましたw 

ナハト「うおー」
アイシス「あんたらご自慢の飛翔戦艇フッケバインで、試し切りしようとしているわよ」
ヴェイロン「おいおい、洒落になってねえぞ!?」

結果、艇は微塵切りにされたようですw


ナハト「むふー」


ヴェイロン「ぐっ……あの満足げな顔が、腹立つ」

カレン「あそこまでやりきった感を出されると、逆に微笑ましいわね」

ヴェイロン「和んでいる場合じゃねえぞ、姉貴!?」



※ナハトがメカエリチャン製作キットを拾ってきましたw



ナハト「ちゃきーん」


アイシス「手と足が逆だから!?」

トーマ「おー、その辺は子供らしいね」



※ナハトが刑部姫を連れてきました。


ナハト「ズルズル」


良介「口に咥えて、引き摺って来ている!?」

アリサ「よほど強引に連れ出したのか、本人がガン泣きしているわよ」



※博士がメカ良介を開発しようとしています。



ヴィヴィオ「……」

良介「本人より強そうだと思っただろ、お前!?」

ヴィヴィオ「アタタタタタ、ごめんなさい―!?」

アインハルト「あっ、それは本当に思ってたんですね……」



※カレンがアマゾネス・ドットコムを買収したようですwww


良介「お前はこういうネタ的な商売は嫌いだと思っていたんだけどな」

カレン「奴隷制度という社風が実に気に入りましたわ」

良介「ブラック推奨じゃないから!?」



※夜の一族ピックアップ!!

月下に咲く花、古き血の末裔。星5 月村忍 混沌・善

HP 14752 ATK 11278

カードQAAAB

クラス:キャスター


スキル

夜の魔眼:敵単体に魅了付与(1T)+敵単体のチャージ1ダウン+敵単体の防御力ダウン(3T)
魔導技師:自身のアーツカードの性能アップ(3T)+自身の宝具威力アップ(3T)
血統励起:自身のバスターカードの性能アップ(3T)+自身のNPチャージ+自身のHP回復



宝具

私の愛しい従者たち(マイ・サーヴァント・アーツ) バスター  
自身の攻撃力アップ(3T)+自身の防御力アップ(3T)+自身に無敵付与(1T)+敵単体に超強力な攻撃(オーバーチャージで威力上昇)。



解説

日本有数の資産家であり、儚げな美貌の美少女。月の下でこそ映える孤独な花。
孤独を関するように、スキルや宝具のバフはすべて自身にしか効果がない。しかしその分倍率は高い。

宝具は自身の従者であるノエルとファリンを召喚し、ノエルが防御、ファリンが攻撃を行う。
自身へのバフが多いので、以外にもキャスター屈指の攻撃力を誇る……とはいえ、実際攻撃を行うのはファリンなのだが。
ただ最近は自身の従者が自身ではなく良介の従者になってきているため、宝具の名称が変わる日も近いかもしれない。

リョウさんの感想とネタ的レスをお願いしたいです!


宝具が乗っ取られ気味でワロタww
百貌のハサンさんのように、次から次へとアサシンが出てきて倒すシーンが、
自動人形に変わるというのはなかなか動きがあって面白いですね。
通常攻撃もニトクリスのように、ミニロボみたいなのが出て敵を叩くなんてのもいいかも。


忍「最終降臨になると、下着になります」

良介「……林檎が許さないと思うんだが」

忍「ヘーキヘーキ、お金を包むから」

良介「お前より遥かに金持ちだよ!?」




※リョウさん!今回も前回から引き続き、平成ウルトラシリーズ第1作品目の、「ウルトラマンティガ」のラスボスにして、
本放送の現在から約21年前の、1996年から1997年当時までの、シリーズに置いては当時までのシリーズの、
唯存概念及び認識や常識を覆し、後の2000年代や2010年代の、ウルトラシリーズに多大なる影響を与えた、
シリーズ史上初と言える怪獣や宇宙人ではない、超古代から地球に潜んでいた邪神、これまでのシリーズでは居なかった存在のラスボスである、
邪神ガタノゾーアの所載その2を解説します!
所載1「ここまでの計49話数のエピソードで伏線として暗示されていたラスボス」さてこのシリーズ史上初のラスボスである邪神ガタノゾーアですが、
まず作品全体、シリーズ全体から観るとですね、「ウルトラマンティガ」が1つの作品として本放送から、
21年も経った現在でも、時折行われる人気ランキングで、殆ど1位、不動と言えるトップランキングになる理由が、
ポイント1「今現在の多くの幾つかの作品の展回に見られる最終回への重要な伏線の構成」、なんです!ウルトラマンティガがまるでNHKでの大河ドラマみたいだ!
と言われる、評される理由がこのガタノゾーアと言う邪神の存在を暗示する、伏線がここまでの計49話数で<最終回への重要な伏線>、
としてきめ細かな何気ないセリフに含まれている、暗示している、と言う作風とシナリオ構成は当時のウルトラシリーズ及び、
ドラマ作品作りに置いてとても衝撃的、そして革命的、革新的な、物だったんですよ!これは後の作品作りに置いては、
ウルトラシリーズだけではなく数多くの作品にも影響を与えたんです!
所載2「ガタノゾーアと言う邪神の存在の巨大さと脅威さを暗示する単語と伏線」最後にガタノゾーアがこれまで主役ウルトラマン、
ウルトラマンティガが計49話=作中世界時間経過数3年間、に置いての長い戦いの最中でこのラスボスの存在とその次元が違う、
巨大さと脅威さの伏線は計3回程示されている、暗示されていまして、まずその存在を既に知っていたと思われる敵キャラクターが、
初期の第3話「悪魔の預言」、及び3話から少しばかり経った、第20話GUTSよ宙へ・後編」、そして数話経った第25話「悪魔の審判」、
そして最終章の第52話「輝けるものたちへ」、に置いて初期辺りからティガに挑戦し死闘を演じた、43話、44話で登場したイーヴィルティガの次に、
ウルトラマンティガの宿敵と言える敵キャラクターの、「キリエル人(びと)」、そして登場は1話だけのゲストキャラであった、
第35話「眠りの乙女」に登場した、侵略宇宙人の「超宇宙人(スーパー) デシモ星系人」が、ガタノゾーアの存在を暗示していると思われるセリフを作中エピソードで、
喋り、また其処から大分ストーリーが進み、最終3部作話数に近い話数、エピソードの、以前にて拍手で解説した、
イーヴィルティガ登場後の第45話「永遠の命」にて、登場したゲストキャラである、3000万年前の当事者にして当時の人間である、
超古代人の、「ヌーク」とその娘の「テラ」の親子です!
当時の事を知る作中数少ない人物の内の2人である、その1人の父、「ヌーク」が、「最後にやって来た<巨大な悪>」、
「最後に来る<巨大な闇>が人類を滅ぼす」、とこの<巨大な悪>、<巨大な闇>と言う単語は、邪神ガタノゾーアの存在を示していた、暗示していたんです!
何の事なのか?とそのエピソードでは解らなかった事が、ここまでの話数を得て、ガタノゾーアの事だったのか!と視聴
以上が邪神ガタノゾーアの、ここまでの計49話の、エピソード数でのガタノゾーアの伏線、ですがリョウさん如何でしょうか?
ティガ移行の、2000年代、2010年代の、平成ウルトラシリーズは、このガタノゾーアの存在と、暗示の伏線の様に、
@最後に戦うラスボスがどれ程強く巨大な存在なのか?、Aラスボスの脅威さを示す伏線が何気ないセリフにある、
Bストーリー、物語全体がラスボスを中心に収束していく、と言うストーリーをより壮大に、物語をより濃く深くする、
大仕掛けなロジックとシナリオ構成になっていったんです



昭和時代のウルトラマンは一話一話で怪獣を倒すシンプルな構成だったと思うのですが、
振り返ってみると、それは子供時代に思ったこと。
今もう一度見直してみると、実は色々な伏線があったのかもしれませんね。

そんなふうに楽しんでみるのもいいですな(´・ω・`)+






沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:04| 大阪 ☀| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第五十九話」予告編

FGO。うぐぐぐ、ミッションが地味に辛い。絆レベル3は多少高くないですかね(´;ω;`)ウッ…>挨拶









*****


 ジェイル・スカリエッティ、ジュエルシード事件においてクローン人間を製造する計画「プロジェクトF」に携わっていた科学者。フェイトや月村すずかの製造者。
この男の処遇については非常に繊細で、聖王教会でも賛否が分かれている。ただし時空管理局と聖王教会では、ジェイル・スカリエッティに対する見方が全く異なっている。
聖王のゆりかごを保有する教会は、あの大型戦艦に関する膨大な知識を持つ彼を取り込みたい。聖王のゆりかごを危険視する管理局は、彼を聖王教会から引き離したい。

重要なのは、どの組織も刑罰を用いて処断する方針が無い事だ。彼の罪を追求するのは、組織の闇を暴く事に繋がってしまうから。

(今度は、僕から追求させてもらうぞ。これは一体、どういう事だ)
(すまん、うちのアホが余計な気を遣ってしまった)

 そしてどの組織にも所属していない俺は、問答無用で仲介役をさせられている。言うまでも無いが一番面倒で、一番厄介な役目である。余計な仕事をさせやがって。
ローゼの気遣いについて察せられないほど、俺も愚かではない。いい加減社会の仕組みくらい、少しは理解してきたつもりだ。世の中に偶然な悪意など存在しない。
こちらとしては、蒼天の書の解析作業は公正に行って貰いたい。蒼天の書が元闇の書である事を重々承知の上で、思う存分暴いてもらいたいのだ。

しかし、時空管理局は違う。蒼天の書が何の問題もない事に越したことはないのだが、闇の書であった場合でも好都合ではあるのだ。

聖王のゆりかご発見に"聖王"降臨で、聖王教会という宗教組織は隆盛を極めている。時空管理局との関係も見直す動きまで出ているのだ。
比べて時空管理局は事件の黒幕である最高評議会が暴走して、地上本部や本局まで足並みが乱れている。両者の力関係が傾きつつあり、憂慮されているのだ。

時空管理局と聖王教会との間に壁はないが、互いに組織である以上力関係は非常に重要となる。立法組織や宗教組織であっても、権力は常に重視される。

だからこそ聖王教会側に失点が出てくる事を、時空管理局側は望んでいる。陥れるような悪意はない、ただ力関係を再度傾けたいのだ。
聖遺物である蒼天の書が闇の書であれば、聖王教会の権威に傷がつく。その傷こそが、教会を斬り込む機会となり得るのだ。

ならば、この分析作業で偽装工作を行う事だってあり得る――ローゼはその点を懸念して俺に気を遣い、人自に介入したのだ。



*****




(気を遣ったとは、どういう事だ。あの蒼天の書に、何か問題でもあるのか?)




エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 15:57| 大阪 ☀| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする