2017年08月12日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第四十七話」予告編

FGO。水着ネロ様、見事にゲットしました。この調子で水着オルタ様を迎えますぜ(ΦωΦ)フフフ…>挨拶









*****



 寵愛されていると聞いていたのだが、彼女は別室で待機させられていた。プライベートルームへの入室は、セレナ以外許されていないらしい。
俺の場合高貴なカリーナお嬢様への面会が許されたというより、時代劇のお役人様よろしく引っ立てられたという印象が強すぎる。聖地へ来るなり、強制連行させられたからな。
別室は愛らしいぬいぐるみや玩具、アンティーク品等で満たされており、お嬢様のお気に入りが並べられている。女の子の理想とも言える愛らしい部屋も、戦士の休息には到底向かない。

ゆるキャラ効果によりお嬢様から快くご許可頂けて、魔龍の姫プレセア・レヴェントンとの面会が叶った。

「大事にされていると聞いていたんだが、心なしか痩せた印象があるな」
「生き恥を晒して飼い殺しにされている日々だ、痩せ衰えもする」

 聖地を舞台に、互いの生死をかけた一大決戦を行った相手。恐るべき魔龍の戦士プレセアは首輪に繋がれて、自らを売った相手に容赦なく牙を剥いた。
飼い殺しの日々に追いやった怨敵に逆上しないのは、曲がりなりにも戦士としての矜持があるからだろう。敗北を受け入れることこそ、敗者に与えられた唯一の誇りなのだと分かっている。
見境なく牙を向けるようでは、野良犬と変わらない。剣士が武士としての身分を与えられたのは、辻斬紛いの真似事をしなかったからだ。剣士は剣を振るうのであって、剣を振り回す者ではない。

並々ならぬ殺意を向けつつも、冷静に相対する彼女は紛れもなく龍の王者であった。

「戯れに我の元へ足を運んだのではあるまい。我が一族より使者が送られた事は、我の耳にも届いておる」
「……自身の進退には興味がなさそうだな」
「我は貴様に敗北した。敗者の我を勝者である貴様がどうしようと、我の関知する事ではない」

 使者が何を望もうと――龍の一族が何を願おうと、所詮は民の声に過ぎない。絶対王者として君臨していた姫は、己の矜持を第一とする。戦士の一族としての礼儀であった。
民主主義国家に生まれた俺からすれば理解し難き意思であるが、剣士としての生を歩む者からすれば共感出来る部分もあった。他人か自分か、俺は常に己に問いかけていた。
最近では他人を優先する事が多かった自分でも、常にこの選択肢は脳裏に浮かぶ。絶体絶命時に剣を捨ててまで我が子を助けた未熟者であろうとも、やはり自分はなかなか捨てられない。

栄光を掴んだ者からすれば一族を率いる立場であろうと、王としての矜持を優先するのだろう。その強さこそが、百姫夜行の世界を生きる手段なのだから。


「龍姫プレセア・レヴェントンと、魔龍バハムート。聖地を乱を招いたお前達の罪は重く、聖地の民達も処刑を望む声が出ている」
「ふん、神の慈悲を唱える者達であろうと所詮は人間。恐怖は信仰では乗り越えられまいよ」


 プレセアは鼻で笑い飛ばし、俺は無言で肯定する。神を信じぬ者からすれば、神を信じる者達の崇高な念は理解出来ない。素手で生きる術を、俺達は知らない。
神の慈悲をどれほど訴えようと、いざ自分達の命が脅かされれば、刃による断罪を望む。彼らはその贖罪を天罰と呼び、俺達は処刑であると断ずる。
ミッドチルダにおける法は次元世界にまで広がる分、複雑であり怪奇でもある。重犯罪者を許す寛容さと、軽犯罪者を裁く無情さを、矛盾を孕んで法に刻んでいる。

聖王教会は今でも論議を続けているが、平行線を辿っている。分かりきった結論である。先延ばしにし続けたその先に――



*****





"聖王"による、鶴の一言を待っている。






エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 18:48| 大阪 ☀| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

拍手

FGO。水着ネロ様、金髪巨乳水着とか最強すぎる(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※チェインクロニクルとのコラボ、キター!!


さすがチェンコロ、時期に敏感ですよね(´・ω・`)+
まさかなのは劇場版とコラボするとは思いまでした、さすがだ。

結構良さそうなカードで、興味を惹かれてしまいました(゚A゚;)ゴクリ



※やっぱカリーナとセレナさんいいキャラしてるなw

※良介の取り上げられたお土産が気になりますねw 
しかしやはりこの主従、いい空気吸ってますねw 

※天然ものって一体何だ?w 
しかしこれまた良介の名前が広がっていきますね。
あとゆるきゃらで機嫌が直る姫様ちょろ可愛いw 

まああくまで良介からもらったから、でしょうけどね。


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m

久しぶりの主従登場、平常運転でございます(敬礼)
カリーナお嬢様は良介は自分が望めばすぐ来ると思い込んでいるので、
いつまで経っても帰ってこない事にイライラしておられました。
セレナさんはセレナさんで常時教会に網を張って、良介の帰還時期をチェックしていた模様。

帰ってきたその瞬間に拉致られるのも、本人達からすれば当然なのです)ぇー



※管理人様へ(ヴァンドレッド小説の感想)
更新ありがとうございます。ここを乗り越えれば故郷まであと一踏ん張りといったところでの
人間関係のいざこざが勃発。しかも原作にいない二人だからどうなるか読めません。
保護者のカイは行方不明。とても先が気になります


小説の感想、ありがとうございました。
お陰でやる気が出まして、何とか更新することが出来ました!
人間関係が原作より劇的に改善されてこそいますが、
放置していた問題もあり、このような事態になっております。

行方不明になってしまった主人公。彼の命運よりも残された仲間達が不穏です。



※ナハトが拾ってきた聖杯をこねこねしたうどん粉へ入れようとしていますw



アイシス「やめなさい、新しいマスコットキャラはもう不要なの!?」

トーマ「人気取りからの妨害!?」

アイシス「劇場版後編に向けて、あらゆる芽を摘むわ」

トーマ「……涙ぐましい努力だな……」



※福袋ガチャでモーさん、ホームズ30連してジャック(2枚目)とアン&メアリーでした。
槍星5が来ない…


私は2017年水着の為に、ホームズさんは我慢の子。
福袋は遠慮なく回しまして、弓王さんをゲットすることが出来ました。
宝具2になりましたけどね(´;ω;`)ウッ…←かぶった



※聖王陛下、イレインさんが四つん這いで仔狐とおっかけっこしてましたよ。
どっかの反逆の騎士みたいに



イレイン「ち、違うぞ、マスター!? 
アタシはただマスターのペットを捕まえようとしたんだ、アホガールじゃない!?」


良介「ああ、なるほど。そういう時期だもんな、分かる」

ヴィヴィオ「絶賛放映中ですもんね……」



※アリサー、大人モードでツインテ水着でレースに参加してなかった?w


良介「いかがですか、アリサさん」

アリサ「大人モードなら余裕( ー`дー´)キリッ」

良介「えー、ホントでござ――なんでもありません」

アリサ「よろしい←車で轢き殺そうとした」



※白の陣営、マスター:宮本良介
セイバー:アナスタシア
アーチャー:シュテル
ランサー:レヴィ
ライダー:プレセア
キャスター:ディアーチェ
バーサーカー:ナハトヴァール
シールダー:ユーリ

ちなみに娘たちは全員大人モードで参戦。


アリサ「あたしだったらあらゆる手段を用いて、マスター殺しを狙うわね」

良介「聖杯戦争なのに、俺一人が標的なのかよ!?」

忍「シールダーが凶悪だもんね、仕方ないね」



※久遠がゼウス(ワンピース)を子分にしたようですw


良介「自家発電だと……(゚A゚;)ゴクリ」

アリサ「需要と供給が見事に成立しているわね」

ゼウス「この子の雷、あったかいナリ……」



※世界陸上、日本のサムライ、宮本良介が世界新記録で金メダル!! 快挙達成!!


セレナ「お嬢様、各種一面に掲載済みです」

カリーナ「よろしい、大いに盛り上げなさい」

良介「誤報による嫌がらせじゃないか!?」



※∠(`・ω・´)中堅提督ですー メモリアルクエストの黒王で詰まってるとお聞きしたのでちょいとアドバイスをば……
拍手の方の戦法でももちろん良いのですが、もう少し踏み込んで攻略方法をお伝えできればと思います。
もちろんノーコン令呪なしなので、鯖さえ育っていればリョウさんでもできると思います。

私はジャンヌ・オリオン・孔明・マシュ・フレジャンヌ・クロのメンバーで挑みました。
タマモで回復しつつスキルターン短縮……をせず、無敵とスタンで乗り切るという超耐久アーツパ構成となっております。 そもそもタマモも弓王もいないし仕方ないね。
まあ孔明もクロも使わなかったんですが。

カルデア戦闘服のガンドは非常に強力です、ジャンヌの拘束もスキルマでないと確実ではないので。
鯖の礼装はキュート・オランジェットや凸フォーマル、凸天の晩餐など、とにかくNP回収効率の上がる礼装を装備させておりました。
宝具の回転数こそが命綱ですので。

さて、戦闘ですがとにかくジャンヌのNPを貯めることだけに集中したほうが良いでしょう。
真名決裁やガンドで確実にスタンを取りつつ、黒王のモルガンのタイミングで宝具開放してやり過ごします。
スタンのタイミングに余裕があればオリオンの宝具をぶち込むと、確率ながらチャージダウンがあるので敵宝具開放までターンを稼げます。
同様に弓王もスキルマまで育っていれば高NP回収率と合わせて代役以上の存在になると思います。

どうしてもNPが溜まりきらずスキルもガンドも使えない、というときは宝具威力を下げてライフで受けます(死に顔)
鯖をチェンジして、マシュのスキルで耐えたり、足りないNPをブーストして一時的に乗り切ることも可能です。
ただ、基本的にはジャンヌの宝具で受けるのが前提なので気をつけましょう。

もうちょっと続きます。

∠(`・ω・´) さあ、令呪は無い、石も無い。 けれどAPは残っているぞ……黒王!
黒王はどうやら孔明とマーリンが場に出ている場合、他の鯖より優先してターゲットする特徴があるようです。
私は孔明の出番が来なかった上マーリンは闇鍋福袋で引いたばかりなので知るよしもありませんが……
キャスターというクラスにターゲット優先がついているのか、と検証情報もありましたが定かではありません。
まあルーラー・アーチャー・ルーラー・シールダーの面子でしか戦って無いので関係無かったんですが。
タマモ?どうだったんですかね。
黒王はスキルで攻撃力アップ、バスターアップなど攻撃面を強化してきます。
防御バフを詰んでいても不意にクリティカル入ると体力3分の1くらいは持って行かれるのでご注意を。

最初のブレイクまでは特に注意することはありません、回転数を意識して削っていけば20ターンほどで削りきれるでしょう。

問題は次のブレイクです。
特殊スキル『人理の防人』を、ブレイクと同時に高確率で使ってきます。
チャージ増加、通常攻撃に確率で敵防御力ダウンを付与する強化解除不可スキルです。

最初のブレイクでスタンさせておけば、ブレイク後チャージ増加からの即モルガンでパーティ全滅は避けられるでしょう。
スキル使用のタイミングはブレイク後に必ず一回挟みます。
ブレイク後の直後か次ターンかは良くわかりませんが、必ず使いますので敵チャージにはご注意を。

黒王が攻撃する度、受けた鯖に防御力ダウン状態が確立で付与されます。
こんなんジャンヌやオリオン、もしくは弓王だろうと、3つもデバフが重なったら全滅もいいところです。

でも大丈夫、宝具強化したジャンヌ・ダルクならなんと無敵付与!HP回復状態付与!さらに弱体解除!ができちゃうんです!
ちなみに微々たるHP回復状態(2ターン)は貴重な回復ソースです。
スタンや無敵を上手く使えば大幅に回復できるので使い所は慎重に!

こんな感じの超弩級耐久アーツパ戦法でしたが……クリアに121ターンかかりました。
ですが、途中NPが足りずオリオンと入れ替えたマシュが奮戦の末堕ちただけでした。
Wジャンヌやべえ……
オリオンか弓王、クロをダメージソースとして構築すれば突破できると思います。

がんばってください!



攻略情報、ありがとうございました!
黒王はなかなかの難敵でしたが、攻略情報のおかげでクリアーすることが出来ました。
前回教えていただいた方も弓王を推して下さっていたので、
黒聖杯を装備してガンガン宝具を撃ちまくりました(´・ω・`)+
かぶってしまいましたが、福袋でも弓王を召喚できたのはやはり大きかったですね。

私としてはやはりジャンヌちゃんの強化により使えるようになったのが嬉しい。



※リョウさん! 今回も前回と同じく「ウルトラマンティガ」TVシリーズ全話52話の内、
終盤に入ったと言える前編後編ストーリー、第43話「地の鮫」、第44話「影を継ぐもの」、で描かれた、描写されたこの物語全体の核、
伏線の1つと言える、「超古代人の遺伝子」の関連です!
1「ダイゴ隊員とマサキ・ケイゴ、遺伝子、血筋、血統の大元を共通とする者達の差異」さて前回で解説した作中世界に置いての2人目の、
光の巨人=ウルトラマンである、「イーヴィルティガ」の暴走ですが、何故この様な事態、事が起きてしまったのか?
それは以前の解説でも解説したとおり、@マサキがダイゴ隊員よりも人として精神的に未熟で弱かった為に、
ウルトラマンの神に近き人知を超えた巨大な力を制御し切れなかった。
Aマサキが人間として歪んだ欲望を強く持ってしまっていた為。の計2点がイーヴィルティガが暴走し、狂ってしまった原因です。
ですがこの2点の他にも隠された伏線、3つ目の原因があったんですよ!
2「マドカ・ダイゴ隊員とマサキ・ケイゴの違い」ダイゴ隊員とマサキ、血筋、血統の大元、ルーツを同じくとする遠い過去、永い時の最中失われた、
超古代の子孫、末裔であるこの2人(イルマ隊長を含めれば3人)ですが、同じ子孫、末裔、血を引く者でありながら何故、
ダイゴ隊員は光=ウルトラマンになれ、マサキはウルトラマンに変身してもなれなかったのか?、
ですが・・・・これは根本的な運命的な要素とマサキの血筋、血統の隠されていた問題もあったんです。
2「マドカ・ダイゴ隊員とマサキ・ケイゴの違い」Aまず1つ目は「石像=ウルトラマンとの出会い方」、です!
マサキは前編で初めてダイゴ隊員と顔を会わせた時に、この様なセリフでダイゴ隊員をあざ笑い、見下し、馬鹿にしました、
マサキ「ダイゴ君。人よりも進化した姿を獲得できるって言うのに、何でそんなつまらない事ばかりしているのかなぁ?」、
と、そしてマサキは次にこの話の事件の発端と為る事を言いました、マサキ「君は自分が選ばれた唯一の存在だとでも思っていたのかね? 違うんだ。君はたまたまティガのピラミッドに出会っただけ。僕は違う! 自分の力で超古代の遺跡を見付けたのさ。このゲオザークでね」。
と後の後編で登場したイーヴィルティガの石像です。ですがねリョウさん!此処がダイゴ隊員とマサキの結末を分けたポイントの1つなんです!
ポイント@<ダイゴは先祖のティガと深い関わりが在った者(ユザレ)の霊魂?に導かれた、
マサキは自身の力で古代遺跡と石像を発見した。>本編第1話「光を継ぐもの」に置いてダイゴ隊員は自身にしか聞こえない、
ユザレの声?と思われる謎の声を聞いて先導される様に、導かれる様にして3000万年前の過去で自身の先祖(ティガ本人)である、
ウルトラマンティガの身体=石像と出会い、そして自身の先祖と同じウルトラマンになりました。
しかしマサキはダイゴとは間逆に鮫型ロボット怪獣ゲオザークを使って、超古代の神殿?と思われる地下遺跡でイーヴィルティガの石像を発見しています。
この2人のウルトラマンとの出会い方の違いから解る事は、「自身の先祖に導かれる様にウルトラマンになったダイゴ」と違って、
マサキは「自身の力でウルトラマンになった」、これはマサキがイーヴィルティガに導かれなかった、選ばれなかった事を意味しています。
3「暗雲を分けたのは超古代英雄戦士と言う暗号、単語の意味」ダイゴ隊員とマサキの暗雲を分けたのは、
1つ目がウルトラマンとの出会い方、だとすると此処で疑問が出てくるのは何故、「マサキはイーヴィルティガに導かれなかったのか?、選ばれなかったのか?」、
ですが・・・・これは大雑把に簡単に簡素に言うと、「同じ超古代人の子孫、末裔でもマサキはイーヴィルティガの血統、血筋を継いだ直系の子孫、末裔ではなかったから」、
と言うのが解答です。同じ超古代人の子孫、末裔と言ってもそれがその人物の直接の血統だとは限りません、
ダイゴ隊員とマサキを分けた伏線の1つが、この話のかなり前の話である第35話「眠りの乙女」と言う話で登場した、
「光の英雄戦士」と言う単語が出てきたんですが、その意味は作中世界の太古の地球で当時の人類と文明を守る為に戦っていた、
「古代ウルトラマン」の事を意味していた事が解ります。38話から張られた伏線がこの43話、44話でわかると言う事です!
この事からダイゴ隊員とマサキの暗雲を分けた物の2つ目が、ポイントA
「ダイゴ隊員は人間からウルトラマンティガと言うウルトラマンになった人物の血統、血筋を直接引いている遠いクォータの子孫、末裔であり、それとは逆にマサキはイーヴィルティガと言うウルトラマンの直系の子孫、末裔ではなかったから」
と言うのが隠された4つ目の差異です、自身の家系、一族ととても深い関り、縁があった(遠い直系の子孫)ダイゴ隊員と違って、
マサキはイーヴィルティガと言われたウルトラマンとは縁が薄かった、若しくは無かったから(直系の血筋、血統を引いた子孫、末裔ではなかった)、
身体と融合出来てもコントロール出来なかったとも言えますね。
以上がダイゴ隊員とマサキの暗雲を分けた物の隠されていた要因ですが、リョウさん如何でしょうか?
第43話と第44話で判明する物語の要因の最大のファクターである、超古代人の血統、血筋と言っても実は二通りあり、
作中世界に置いての超古代人の子孫、末裔は、@古代ウルトラマンと当時の地球人両方の血統、血筋を引いたハーフ、混血児の子孫、
クォーターと呼べる子孫。A当時の地球人類同士の間に出来た、純血とも言える純粋地球人の血統、血筋を引いた、
純粋古代地球人の子孫。の2系統が存在している事が解るんです!
そして作中に置いては、主役のダイゴ隊員は前者の@=古代ウルトラマンと当時の地球人両方の血統、血筋を引いた、
混血児、ハーフの血を引いた遠いクォータの子孫、末裔で、一方のマサキは恐らくイルマ隊長と同じ、後者のA=当時の地球人類同士、純粋古代人の血統、
血筋を引いた所謂純血の古代人類の子孫、末裔であった可能性が高い。と言う事なんです。
先祖、始祖が、M78星雲人の様に、地球人=人間からウルトラマンになった人の血筋か?、
神の様な超人にはならず純粋な地球人のままだった人の血筋か?の違いです。
作中ではダイゴとマサキの2人に終点を絞っていますが・・・・、これを世界規模に考えると、
ティガ世界の地球人=人類、人間の何人かはウルトラマンの血を引いたクォーターと言えます。



ウルトラマンの血族が広がっていく(゚A゚;)ゴクリ
昭和世代にとってウルトラマンは別次元の存在とも言えるので、
あのウルトラマンに血が流れているのかと思うと、何だか想像がつかないですね。

血も涙もないという意味ではなく、絶対的な象徴だったので。




エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:38| 大阪 ☔| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第四十六話」予告編

FGO。水着オルタさんが待ち構えているので、ホームズさんは余裕でスルー(´・ω・`)>挨拶









*****


 休暇を兼ねた里帰りだったのだが、問題が山積している為に渋々異世界ミッドチルダへ行く事になった。個人の問題が解決していないので、出戻り感が酷すぎて参る。
三ヶ月前と違って海鳴に入国管理局がある為、ベルカ自治領への直通ルートが存在する。闇の書関連の任務も兼ねているので管理局の承認も早く、素通りの感覚で聖地へと転移出来た。
長期滞在の予定はないので同行者は少数、護衛として聖騎士が同行。関係者としてディアーチェが同行、闇の書の関係者としてのろうさとザフィーラが表向き白旗要員として一緒に来てくれた。


妹さん達は"特命"により別行動中だが、白旗には有能な仲間達が多いので人手には不足しない。


「さて、今日はホテルで荷物を降ろしてのんびりと――」

「まあ、早速お嬢様が滞在するホテルへ足を運んで頂けるのですね。お嬢様に忠実なそのお気持ち、ありがたく頂戴いたしますわ」
「セレナさん!? 今日の帰還は教会にしか伝えていないはずなのに、何故此処にいる!」
「貴方様の女であらせられる娼婦様が、ご機嫌麗しくカレンダーに丸をつけておりましたので」
「しまった、あの女は教会通だった!?」
「ささ、参りましょう。貴方様の不在でお嬢様が退屈されておいでで、実にご立腹でした」

「放せ―!?」


 女の細腕だというのに全く抗えずに、出だしから拉致されてしまった。俺に忠実な妹さんならば撃退してくれた筈なのだが、聖騎士は同じ協会関係者なので俺の帰参にはむしろ賛成の立場。
のろうさ達には全く期待していない。案の定完全清楚なセレナさんに高級菓子で歓待されてご機嫌、高級車でのVIP待遇にディアーチェまで王様気分で悠々と乗り込んでいる。
初日から予定を狂わされてしまうが、全体的なスケジュールには影響しないので諦観気味に連行するしかない。どのみち、お嬢様には会わなければならなかったのだから。

できれば教会に事前に話を通しておきたかったのだが、仕方がない。こっち方面から根回ししておこう。



*****



「よくもこのカリーナをこれほど長く待たせましたわね。初めてですの、カリーナをここまでコケにしたお馬鹿さんは」
「お嬢様、どうぞ落ち着いて下さいませ。他ならぬ旦那様の事です、必ずお嬢様を驚かせる立派な理由がありますわ」
「なるほど、伺いましょう。言っておきますが、下らぬ理由でしたらその首を刎ねますの」

「勝手にハードルを上げておいて酷い!?」






エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 17:35| 大阪 ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする