2013年11月21日

英雄伝説 碧の軌跡 プレイそのB

SCクリアーしたばかりですが、クローゼとオリヴィエを見ると懐かしさがこみあげてきます(´;ω;`)ウッ…>挨拶



※この日記は【碧の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【碧の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 

























第二章、西ゼムリア通商会議。


新市長の提唱により行われた、西ゼムリア通商会議。
諸外国のトップクラスが勢揃いというとんでもない会議で、
本章にて今まで軌跡シリーズで名前しか出なかった重鎮達が、勢揃いしました。
今回の軌跡シリーズはクロスベルという都市が抱える特殊な問題と深く密接しており、
政治色の強いRPGとなっております。私個人はこういうの大好きですが、冒険好きなプレイヤーさんは大丈夫なのかしらw
私は勿論大冒険でワクワクしますが、こういう人間と人間の駆け引きとか好きなんですよね。
自分は頭脳派ではない分、頭の良い人間同士の腹の探り合いとかゾクゾクしてしまうのです(´・ω・`)+

そういう意味で、今回登場した帝国の宰相や共和国の大統領さんは嫌いではなかったりします。

自分達を狙うテロリストまで利用しての、クロスベルの安全保障問題を突付いた手腕。
ロイド達も事件解決に奮戦しますが、今回ばかりは役者が違ってほぼ手柄をさらわれる形になってしまいました。

そして第二章の最後、新市長により宣言された独立宣言――

無謀極まりないと、プレイヤーにさえ思わせるこの宣言には度肝を抜かれました。
何か考えがあっての発言だと思いますが、実際どう推し進めていくのか気になるところ。
傭兵団達の暗躍に、ランディも苦々しく感じている様子。対決は避けられないのでしょうけど、銀との因縁もありそうなので、
まだまだ事件は複雑化していきそうです。


支援要請は、順調に消化中。
警察へ直接依頼しない案件とかもあるので探しまわるのが結構大変ですねw




大人気ゲーム【艦隊これくしょん】




posted by リョウ at 22:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

英雄伝説 碧の軌跡 プレイその@

来週発売のゴットイーター2も実は気になっていますφ(..)>挨拶



※この日記は【碧の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【碧の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 





























※碧の軌跡攻略。 零の軌跡、お疲れ様でした。
そのまま続けて始めたのであれば、碧の序章をそろそろ終わらせている頃かと思います。
意外(でもないか?)な仲間が加わることも印象的でしたが、
何より記憶に残っているのはあの捜査官のSクラフトです。
思わず笑いました、銃使わないんかい!




序章、Dの残影。


零の軌跡の続編ということで、クリアーデータを引き継いでスタート。
教団幹部の暗躍でクロスベルが大混乱に陥った、零の軌跡最後の大事件。
主犯はロイド達の活躍により自滅して解決はしましたが、彼らの暗躍で街中についた傷が大きく、
影響もまだ大きく残っているようです。何しろ善悪含めて、主となる組織が壊滅寸前になりましたからね……


ロイドはというと、教団の残党であるアーネスト達を追って共和国へ――


教団はほぼ壊滅しましたが、事件関係者が闇に紛れて逃走してしまい、捜査一課や遊撃士のエースと共に犯人逮捕にうつります。
どうやらロイドは事件後捜査一課の元で事件捜査しながら、一流捜査官の元で勉強していたようです。
特務支援課は開設当初遊撃士のみならず、同じ組織の警察にまで軽んじられていた課でありますが、
今ではクロスベルを救った立派な部署にまで発展しましたからね。生真面目眼鏡のダドリーさんもそりゃ、ツンデレになるってもんですよ)ぇー
アリオスは当初から色々目をかけてくれた人ですが、今では一緒に戦えるほどにまでなっています。

そんな出世したロイドと較べて、完全に落ちぶれてしまったアーネストさんと悪徳議員さん。

彼らにはれっきとした罪はありますが、ここまで落ちぶれてしまうと何だか気の毒になりますね。
かたや市長の元秘書であり美人お嬢様の家庭教師役、かたやクロスベルの悪の権力――
悪は栄えないとは言いますが、罪人以下にまで落ちぶれてしまうと小銭でも投げたくなるというものです(酷い)

ロイドの必死の説得により何とか逮捕にこぎつけて、事件もようやく解決。
いよいよ第一章より、新しい日々が始まります。





大人気ゲーム【艦隊これくしょん】







posted by リョウ at 22:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

英雄伝説 零の軌跡 プレイそのH

完全攻略>挨拶



※この日記は【零の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 












※※零の軌跡攻略。閃の軌跡クリアしました。
なんというか、空の軌跡のFCと同じくらい続きが気になる終わり方でした。続編の発表に期待です。
さて、そちらも終章かと思います。特務支援課の一つの区切り、そして殲滅天使の悲劇の終わり、どうか見届けてくださいませ。  

追伸、閃の軌跡終わってなのはinnocent以外も始めようとして艦これ見たら新規参入制限、だと………


おお、クリアーおめでとうございます。私も無事、零の軌跡を攻略(´・ω・`)b

IBC籠城戦から始まり、太陽の塔へ出撃。ヨアヒムとの対決、そして最終決着――
てっきりキーアが連れ去られるのかとおもいきや、ロイド達が見事守り切ったのには驚きました。
こういうRPGって大概、守るとか言いながら奪われるパターンが殆どだったのでw
遊撃士達の助力も確かにありましたが、彼らの助力を得られたロイド達の頑張りが実を結んだのは間違いないでしょう。
最終戦ではエステルやヨシュアも加勢して、個人的には大満足。何だかんだ言って、この二人は好きなんですよ。


そして何より興奮したのが、レンの加勢――素晴らしいタイミングに来てくれたァァァァァァァァ!!!


出来ればSCのラストでエステル達を助けて欲しかったですが、こうして参戦してくれたので良しです。
最後何を企んでいるのかハラハラしていましたが、結局レンは本当にエステルが受け入れてくれるのか怖かったのですな。
あれほど悲壮な過去があれば無理もないでしょうけど、ここで拒否されれば二度と立ち直れなかったでしょう。
家族になろうと、力いっぱい抱きしめたエステルにはレンと一緒に泣かされましたよ。なんていい子なんや……(´;ω;`)ウッ…
普段物静かなヨシュアも感無量でロイドに礼を言っていたシーンにも、グッとさせられます。
ヨシュアは仲間は多いですが、あまり友達のいない子なのでこういうのも何だか嬉しいですね。

事件は無事解決。後処理を考えるとロイド達に同情しますが、まあそれは後日談でw

悪党たちは概ね滅びましたが、クロスベルの場合彼らの存在は言わば必要悪となっていたので、
むしろ今までの平穏が崩れ落ちるかもしれないんですよね。碧の軌跡では、そのへんも語られるのでしょうか?
結局、肝心な点は何も分からずじまい。これは完全に最初から続編ありきで作られていますね。


そしてエステル達も、レンを連れてリーベルへ帰りました。続編があるのに、帰ってしまうのか……(´;ω;`)ウッ…


確かにやるべき事は全てやりましたし、過去の主人公達がいつまでも出張るのも駄目でしょうしね。
レンちゃんだけでも置いて帰って欲しいものですが(何しに来た)
ともあれ、SCでは唯一心残りだったレンとも和解。ようやく、エステル達の戦いも一区切り。ロイド達も任務達成です。
結社はもちろんですが、教団もまだ生き残っている可能性もありますので、戦いそのものはまだ続くのでしょうけどね。


零の軌跡は、これでクリアー! 最初から最後まで特に不満もなかった、見事な作品でした。
個々人の人間性に問題はなく、クロスベルという都市そのものの善悪に焦点を当てていたので、ロイド達に不快を感じず進められたのかもしれませんね。
ちなみに、IBCで話したのはエリィでしたw 



さて、次は碧の軌跡。もう購入しておりまして、プレイを開始する予定です。
攻略情報や感想などありましたら、よろしくお願いします(´・ω・`)ノ




大人気ゲーム【艦隊これくしょん】





posted by リョウ at 22:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

英雄伝説 零の軌跡 プレイそのG

なんだかなー>挨拶


※この日記は【零の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 
















終章、クロスベルの一番長い日。


いよいよ最終章、クロスベルの闇が一気に吹き出しました。ビビる勢いで。
マフィア達の暗躍が前章では目立っていましたが、教団が関わって物語は歪な方向へと向っています。
明らかに利益を度外した強引極まりないやり方と、チンピラたちの暴走――薬が関わって、明らかにダガがはずれています。
これまで悪徳議員やマフィアが警察に検挙されなかったのは、クロスベルの権力システムそのものに深く根付いていた為。
システムの破壊は町の混乱を招くので警察もうかつに手が出せず、ロイド達も歯痒い思いをしていました。
ところが彼らは薬に手を出したせいで、一気に暴走してしまう始末。病院や拘置所を襲い、後のない状況になっています。

やや首を傾げる展開ですが、きっかけとなったのはロイド達の活躍。敵が浮足立って馬脚を現したともいえますね。

事件は悪化するばかり、警察も大混乱ですが、ロイド達もエステル達の協力を得て団結していっています。
レンちゃんも事件そのものには不介入ながら、自分自身の決着のために一枚噛む様子。個人的にはキーアより、こっちの顛末の方が気になっていますけどねw
現状病院の混乱を収拾して、ひとまずセーブ。貴重な情報を入手して、ここから一気に終幕へ進んでいきます。
ラスボスはまだ確定はしていませんが、もしも先生ならば予想外過ぎてびっくりできますねw 当初は釣り好きのおっさんで終わると思っていたのに)ぇー


さてさて、レンちゃんはどうなるのか。注目です( ー`дー´)キリッ


大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
うぐぐぐぐ、4-3.いつも羅針盤の針がいつも下ばかりに向いてしまう


→私のHP





posted by リョウ at 21:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

英雄伝説 零の軌跡 プレイそのF

最終章へ>挨拶


【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 
















※零の軌跡攻略。こっちは閃の軌跡が6章までいきました。Vitaだとロード時間が長いのが難点です。
あ、時系列的には碧の軌跡とほぼ同時期の帝国内部の話になるので、碧やって、
「ああ、ここでこれやったのはコイツか」とニヤニヤするためにも碧の軌跡を先にやっておくことをお勧めします。
……………何より、アリサとかフィーとかかわいい子はいっぱいいますが、レンは欠片たりとも出てきませんし。
さて、そろそろ4章も終わる頃なのでしょうか。
戦術オーブメントも充実し、派手なアーツをぶっ放すことが出来る頃かなーと思います。
そっちの凝ったグラフィックとかも楽しみつつ、終盤まで突っ走ってください!



Sクラフト進化版も全員覚えて、コンビクラフトもばっちり習得(´・ω・`)+
支援依頼も完全に無くなりましたし、残りはほぼメインストーリーのみですね。
最終章では多分、それほど多く支援依頼もないでしょうしね。


第四章、後半戦。


グノーシスと呼ばれる薬の存在が明らかになり、過去壊滅したはずの邪教団の存在も確認。
クロスベルでは前線で活躍する第一課まで圧力がかかり、事件もいよいよきな臭くなってきました。
警察の中で特務支援課は特別であり、はみ出しもの。今の状況でも動けるとロイドが判断し、再捜査。
薬を飲んでいたとされる者達は全員行方不明となり、マフィア達も本拠地を空にして闇へ潜ってしまいました。
今までは仲間達の過去が明るみになっていましたが、本捜査ではロイドの兄が過去関わりを持っていた事件と知り、
兄を殺した犯人を追っていたロイドにとっても見過ごせないヤマとなりました。
マフィアの本拠地に結社のロボットがいた事から多少の関与も疑われていますが、今回は多分殆ど関連はないでしょうね。
とはいえ完全に無関係と言い切るのも早いですし、何らかの形でエステル達やレンと協力できれば面白いかもしれません。


ともあれ、いよいよ最終章。ロイド達の真価が問われます。



大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
3-2、駆逐艦艦隊でしか攻略できないのか。育ててなかったお_| ̄|○


→私のHP






posted by リョウ at 20:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

英雄伝説 零の軌跡 プレイそのE

ティオ……(´;ω;`)ウッ…>挨拶


※この日記は【零の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 



















※零の軌跡攻略。閃の軌跡買いました。ツンデレアリサ(・ラインフォルト)マジ可愛いです。
さて、そろそろ4章。ノエルさんの反応が割と面白かったり、
黒い組織のぶつかりあいがガチになっている頃でしょうか。
碧の軌跡への伏線も結構出ているので意識しておいた方がいいのかもしれません。


閃の軌跡、やりたい。超やりたい……!
零の軌跡が終わったら碧はひとまず置いておいて、閃を先にしようかウズウズしておりますw

さて、第四章。

現状は二日目に突入。ノエルさんとのお仕事からマフィアの抗争、そして教団へと行き着きました。
ティオの過去は以前も少し触れましたが、実は想像を絶する悲痛な過去がありました。
ロイドの兄さんに救われ、ようやく自分の人生を歩み出しているところですが、心の傷は簡単には癒えず。
キーアの件そのものより、ティオの悲痛な過去に心を痛めてしまいましたね。
キーアの場合忘れているので、もしかすると絶望的な何かが昔あったのかもしれないですが。
ともあれ事件を通じて、自分の過去に向き合うべく、ティオは支え合う仲間達と共に再び捜査へ乗り出します――

そろそろ終盤に差し掛かり、街全体に不穏な気配が漂ってきましたね。
今回の軌跡シリーズは一人の英雄を求めておらず、信念を持った各キャラそれぞれが団結して壁を超えるべく戦う物語ですね。
彼らを上手くまとめているのは主人公であるロイドですが、彼自身もまだまだ未熟で、仲間達と協力して事にあたっています。
世界規模ではない分大仰ではないですが、こうした現実の壁はプレイヤーにとっても身近な問題で、その分共感ができますね。
今までの英雄伝説に比べると毛色の違う話ではありますが、私なりには十分楽しめるRPGです。
物語もそうですが、やはり各キャラの魅力があってこそですね。エステルやヨシュアも登場しておりますしw


さてさて、二日目。青い錠剤の調査に行って来ます(`・ω・´)ゞ











大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
2-4,やっと攻略したお(´;ω;`)ウッ…


→私のHP






posted by リョウ at 22:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

英雄伝説 零の軌跡 プレイそのD

キーアと一緒にお散歩>挨拶



※この日記は【零の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 

















※零の軌跡攻略。インターミッションを挟んで4章にいったあたりでしょうか。
いよいよキーキャラクターの登場ですね。小悪魔なレンに対し、清純天使なキーア。
新たな刺客の登場にリョウさんはレンへの愛を貫けるのか!?


よ、余裕、余裕……(震え声)


インターミッション、キーア。

前章の感想ではレンちゃんイベントを中心に記述していましたが、章の終わりに大事件が勃発。
クロスベルの大物議員邸で毎年行われる、黒の競売会。闇のオークションを、ロイド達が潜入捜査。
キーアはオークションの荷物の中で発見され、ロイド達に保護されたのです。
オークションはロイド達とマフィアとの交戦により、中止。大物議員にも飛び火して、大変な騒ぎになりました。
結局警察と政治家、そしてマフィアとの間で手打ちとなり、矛を収める形に。ロイド達もしばらくは謹慎。
その間にキーアの面倒を見ることになり、インターミッションでは記憶探しの旅に出かけます。

インターミッションなので依頼とかはないと思いきや、隠しイベント的な依頼も幾つか発見。
色々探しまわっている内に、町中の人と会話をしてしまいましたw
基本的にSCと違ってクロスベル主体の為移動範囲は比較的狭いのですが、人々の会話等は章ごとに変化していくので、
キーアと一緒に町中を歩くだけでも楽しかったですね。ヨシュアやエステルとも会えますしねw
このインターミッションではキーアと共に行動することで、彼女の人となりが分かります。
記憶もなく、身元も不明な子なのですが、本人は全然気にせずロイド達と一緒に入れれば幸せの様子。
素直で良い子な上に可愛いので、友人知人にも愛される子のようです。何だか微笑ましいw


とはいえ謎の多い子でもあるので、零の軌跡ではこの子が鍵となりそうですね。



大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
2-4で飛鷹さんが撃沈されてしまいました(´;ω;`)ウッ…


→私のHP



posted by リョウ at 23:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

英雄伝説 零の軌跡 プレイそのC

……(´;ω;`)……>挨拶





※この日記は【零の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 




























※零の軌跡攻略。3章はもう終わったでしょうか。
リョウさんのレンに対する好感度パラメーターがますます跳ね上がったんじゃないかなーなどと邪推してみましたり。
ようやく彼女の救いの道が見えてきておもわず目が潤んだ記憶があります。
しかしそろそろ折り返し、ここから一気に話は加速していきますよー!




本日、第三章を攻略しました。


クロスベルで開催された、創立記念祭。
五日間かけて行われる盛大な祭りで、各国から大勢の観光客が集まります。
表も、そして裏世界でも有名な要人が集まる宴も行われ、いよいよ物語が根幹に触れてきます。
終盤では大きな事件まで勃発した本章ですが、一番の注目どころはやはりレンちゃんの主要イベント。

彼女の悲劇の始まりとなった、両親とのすれ違いに決着が付きました。

親に捨てられたと思い込んだ彼女は、偽りの親を作ることで自分の心を守っていました。
レンのそうした欺瞞をかつてエステルが打ち破り、明るい世界へ連れ出すべく懸命になっていました。
ですが過去悲劇が起きたという事実は変えられず、エステルとレンとの間に埋められない溝がありました。

そんな彼女達の橋渡しをしたのが、我らが主人公ロイド君。

エステルはレンを妹のように接していましたが、ロイドの場合レンという個人を尊重して助けになろうと奮戦。
家族ではなく、友人として。他人の過去に深入りせず、今悩む彼女の力になるべく努力をしたのです。
エステルとの違いは正に、ここでしょうね。エステルならレンを救えるでしょうけど、助けになれるのは第三者のロイドですから。
紆余曲折ありましたが真実を知り、レンはようやく心の整理がつきました。特務支援課だからこその結果といえるかもしれません。
レンはお礼を言って去り、その後訪れたエステル達もロイドより事情を聞いて、喜びと安堵の涙を浮かべます。私も泣きましたよ(´;ω;`)ウッ…
SCでの別れ後、新シリーズで再び深く掘り下げてくれたスタッフ達の手腕には脱帽しました。この救いが見たかったのです。
レンについて、ロイド達の出番はこれで終わりでしょう。後はエステルとヨシュアがきっと、頑張ってくれます。


後々のストーリーでは悲劇のヒロインではなく、ロイド達の友人としてまた登場して欲しいですね。




大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
金剛ちゃんが建造できました、やったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!


→私のHP



posted by リョウ at 22:45| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

英雄伝説 零の軌跡 プレイそのB

このゲームのキャラ等身だと、演劇の凄さが今ひとつ分からないw>挨拶


※この日記は【零の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 


















※零の軌跡攻略。閃の軌跡予約しました。リョウさんはイリアさん派?それともリーシャ派ですか?
自分はリーシャ派です、特にあの胸が( さておき、
現れた怪人『銀』。い、いったいなにものなんだー(棒)


レンちゃん派です( ー`дー´)キリッ
でもどちらが好きかと言われれば、やはりリーシャですかね。
お姉さん的なキャラも嫌いではないのですが、大スター的な女性はどうもひいてしまいます。一般庶民だからでしょうかねw

そんなわけで、第二章。

今回の章では警察や遊撃士ではなく、クロスベルという都市そのものに触れたお話でした。
エリィの身元が明らかとなり、彼女が警察に入った理由も語られています。
お嬢様というだけではなく、立派な将来を持つがゆえに今の自分の無力さを噛みしめる状況。
この年頃で考え込む悩みではないですが、立派な兄を持ったロイドだからこそ理解できる悩みだったのかもしれません。
主人公自身も兄に尊敬と劣等感を抱いていますが、昨今の悩みまくる主人公像には沿わず、
今の自分の立ち位置と少し先の将来を見据えた上で、エリィに語りかけるその姿はなかなかの男前ぶりでした。
完璧主人公では決して無く、能力はあれど等身大な彼にエリィは勿論ですが、プレイヤーにも好感を抱かせるキャラとなっています。
天然ジゴロな一面をどうやら持っているようですが、別にムカつきも感じさせない本当に良い青年ですね。
この英雄伝説、世界観としては小規模なのですが、その分親しみを持ちやすい作りばえになっています。
相変わらず依頼も全てこなしていますし、苦痛も感じず。いやはや、これは本当に面白いです。


謎の怪盗"銀"に、ルバーチェ商会。ギャングやマフィアが絡み、自由都市ならではの闇が浮かび上がってきました。




大人気ゲーム【艦隊これくしょん】

金剛ちゃんが建造できました、やったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!


→私のHP

ロードオブワルキューレ Lord of Walkure〜X指定〜 アダルトオンラインゲーム 



posted by リョウ at 21:38| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

英雄伝説 零の軌跡 プレイそのA

サブイベントは今のところ完璧に達成>挨拶



※この日記は【零の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 



























※零の軌跡攻略。もう序章は終わってる頃でしょうね。
………なんとなくですが、レンかわいいとおっしゃっていたリョウさんはティオを重用しそうな気が。あ、自分はエリィでした。


ふふふ、甘いですぜ。第一章もクリアーしちゃいました(´・ω・`)+
ペース的には遅い方かもしれないですが、支援依頼は全部きちんと達成しております。

遊撃士の場合活動範囲が世界だったので各町の依頼は正直地域単位でピンときませんでしたが、
特務支援課はあくまでクロスベルという都市の為に働きますので、仕事の一つ一つがすごく身近に感じられるんですよね。
依頼を達成すれば評価に繋がり、自然と認められて階級も上がりますからね。やる気が出ます。

特に面白いのは依頼を達成すればDPというポイントが貰えるシステムで、このDPが評価の基準となります。
DPは各依頼で異なるのですが、仕事の働きぶりにとって通常貰えるDPにプラスαがつきます。
いい加減にこなしてもDPは貰えますが、仕事の結果次第でDPの加算が発生して出世に大きく近づくのです。
どういう基準で加算されるのか、依頼人の話や仕事の内容から察して任務に励むのです。
それほど難しいことでもないので、私は今のところ着々とランクアップはできていますね。


肝心のストーリーですが、ロイド君は捜査官を目指すだけあってなかなかの切れ者。
出来たばかりの部署に急遽集められた人員、こういうのって最初チーム内で諍いを起こすのがお約束ですが、
特務支援課は訳ありな面々ばかりですが、結構良識的でぎこちなくではありますがそれなりに上手くやれているのです。
正直諍いばかり起こす昨今の風潮にはいい加減イライラさせられるので、こういうチームワークは逆に新鮮でいい感じ。
全員仲良しこよしのお人好し揃い、というよりも主人公のロイド君が意外とリーダー役で頑張っているからなんですよね。
捜査官になるはずが特務支援課に飛ばされて、不貞腐れる事もなく当惑しながらも一生懸命。
そんな彼に引っ張られるように、メンバーもまた頑張っています。そんな姿を見て、プレイヤーもまた楽しくプレイできるんですよね。


なので今のところ、私はティオやエリィについては優劣ない感じですね。
多分この先各個人のイベントがあるでしょうし、それによって見方も変わるかもしれませんな。

ちなみにレンちゃんは、今のところ不動の一位(´・ω・`)+






大人気ゲーム【艦隊これくしょん】

私や常連の皆さんも出撃中(`・ω・´)ゞ


→私のHP

 
ロードオブワルキューレ Lord of Walkure〜X指定〜 アダルトオンラインゲーム 

posted by リョウ at 00:36| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

装甲悪鬼村正

善悪相殺>挨拶



※この日記は【装甲悪鬼村正】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【装甲悪鬼村正】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 



























装甲悪鬼村正、この作品は実は薦められるまで全く知らなかった作品です。
ニトロプラス十周年で誕生した作品で、発売後から今日に至るまで拍手などで多くの方から薦められました。
皆さん口を揃えて人を選ぶ作品だと言いながらも、プレイだけは頑なに薦めるこの作品。
その評判を示すように現在売られている店は少なく、私もたまたま見つけることが出来ました。
ただこの作品、社会人殺しと言われる程にプレイ時間は長く、忙しくてなかなか出来ませんでした。
そして一ヶ月半となってしまいましたが、九州出張での一人暮らし。休日時間を持て余していたので、思い切ってプレイ。


――今日に至るまで、ドハマりしました


何故今までプレイしなかったのか、という後悔はありません。何故ならこの作品、年月が経とうと劣化なんぞしないからです。
重厚重圧、苦悩、絶望、因縁――そして、善悪。人間の生々しい感情がこの物語には凝縮されております。

これは、英雄の物語ではない。装甲悪鬼村正の物語である。

善悪相殺、この四文字に込められたものこそが物語の全て。決して主題を見失うこと無く、最後の最後まで貫かれていました。
善と悪の本質をテーマとしながらも、同時に人間愛まで描いている切ないストーリー。
主人公である湊斗景明は昨今の主人公に多い葛藤や後悔を罰と共に始終苦しんでおりますが、
プレイヤーに疎ましさを感じさせないのは、彼自身が酷く人間的でありながらも強いからでしょう。
普通の人間ならば確実に歪んでいる業を抱えながらも、彼は突き進んでいきました。
エンディングは幾つかあり、そのどれもが納得させられる終わり方。愛を知りながらも愛に甘えず、彼は人生を全うしました。
鬱ゲームとも言われていますがただ単に善悪だけを取り上げているのではなく、見応えのある戦闘シーンや熱い人間ドラマ、
そしてこの世界観を根幹から支えている甲冑や刀剣、そして剣術がまた男達を熱くさせるのです。
……薀蓄がちょっとくどい感じもありましたが、その辺はご愛嬌でw

テキスト型ゲームの最高峰――未プレイの方はぜひ、この作品に触れてみて下さい。
いろいろ考えされること受け合い、悲鳴をあげること必至)ぇー 
全てが終わった後、苦悩と熟考で眠れない夜が訪れるでしょう。

プレイされた方々の感想とか、聞いてみたいですね。語り合いたいですw



大人気ゲーム【艦隊これくしょん】

私や常連の皆さんも出撃中(`・ω・´)ゞ


→私のHP

 
ロードオブワルキューレ Lord of Walkure〜X指定〜 アダルトオンラインゲーム 
posted by リョウ at 01:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

英雄伝説 零の軌跡 プレイその@

これは面白い設定>挨拶


※この日記は【零の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【零の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 













※空の軌跡攻略。SCお疲れ様でした。次は零とのことですがThe 3rdはやらないんですか?
ネタバレになるので何ともいえませんが零や碧に繋がる伏線も結構あったりするので
そっちを先にやることをお勧めします。

3rdはファンディスク的な位置付けと聞いているので、ちょっと後回しにさせて下さい。
伏線があるのは聞いているのですが、零に碧に閃と、大冒険が私を待っているので(´・ω・`)b

零の軌跡、プレイスタート。といってもまだ、所属したばかりですけどね。

今回の主人公の職業はなんと警官、エステル達遊撃士とは完全に異なる立場の人間です。
確かに考えてみれば遊撃士は各地域に部署を持ち、住民に密接して働いているので評判が良くて当然ですね。
反面警察は組織ゆえどうしても足回りは鈍くなってしまい、役立たず扱いされてしまう始末。
彼らも近隣住民を守るべく働いていますが、協会に比べれば一人一人の為に動くのは難しいですね。
空の軌跡シリーズでも役人達は懸命に働いていましたが、敵にはやられているシーンが目立ちましたし。
各組織は別に対立してはいませんが、面白くないのも事実かもしれません。

今回の物語は、警察内部で急遽立ち上がった部署の話。

評判の悪い警察が、評判の良い遊撃士のような任務を引き受けることで、組織全体の評判を良くしようとする新しい試み。
当然遊撃士に似た活動となるので、警察内部からの評判もよろしくはなく白い目。
住民達も全く期待しておらず、最悪の立ち上がりとなっています。
つまりここからどう活動していくか、プレイヤーの見せ所となりそうです。

依頼はメインとサブがあり、メインの依頼さえこなせば物語も進んでいく構成。空の軌跡シリーズと同じですね。
違うのはサブの依頼をこなせば個人の評価だけではなく、部署の評価もあがることに。
新しい部署をどう守り立てていくのか、住民達の信頼を取り戻せるのか、見所です。

SCでは正直中盤辺りから依頼は置き去りにしていましたが)ぇー、今回はコツコツと全部こなしていくつもりです。
プレイ時間は恐ろしく長くなるでしょうけど、今回はサブストーリーもやりこみますぜ。ふっふっふ。



大人気ゲーム【艦隊これくしょん】

私や常連の皆さんも出撃中(`・ω・´)ゞ


→私のHP

ロードオブワルキューレ Lord of Walkure〜X指定〜 アダルトオンラインゲーム 

posted by リョウ at 19:15| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

空の軌跡 SC プレイ日記終章

人は、人の間にある限り、ただ無力なだけの存在じゃない>挨拶


※この日記は【空の軌跡シリーズ】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【空の軌跡シリーズ】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 

















空の軌跡SC、完全攻略。

輝く環は沈黙、古代都市は崩れ落ち、彼らの宿命にも決着がつきました。
無論、全ての因縁はまだ解消されておりません。
執行者達を束ねる主は存在すら見せておらず、組織そのものはまだ健在。
不気味な闇はまだ根付いたままであり、古代の竜が示す通り動乱はまだまだ続くのでしょう。
もしかすると、このエンディングに不満を持った人もいたかもしれません。

ですが、"この物語"では間違いなく決着が付いたと思います。

執行者達と、というより彼らの過去そのものに区切りは付きました。
辛く悲しい結末もありましたが、それでも真剣に向き合って彼らは受け入れたのだと思います。
全ての伏線が解消されていないRPGには通常私も大いに不満を持ちますが、
SCについては何だかスッキリした感じでエンディングを見ることが出来ました。
それは勿論空の軌跡シリーズが本当に面白かったからでしょうけど、
その後に続く零の軌跡の存在を知っているからでしょうね。
カシオスさんも言っていましたが、この先はエステル達ではなく他の者達が乗り越えるべき試練なのでしょう。

積んでいたままのゲームでしたが、ようやくの決着。何故置いていたのか悔やまれますが、
無事攻略できたので良しとします。感動的な場面が多すぎて、終わった今でも興奮しています。
プレイされていない方は是非、やってみることをお勧めします。イージーモードなら誰でも余裕で楽しめますよ。


そしてここからは――零の軌跡! ふふふ、もう買っているんですよ。
プレイ日記は引き続き、行ってまいります。
零の軌跡についての感想や攻略情報などありましたら、是非教えてください!





大人気ゲーム【艦隊これくしょん】

私や常連の皆さんも出撃中(`・ω・´)ゞ


→私のHP

ロードオブワルキューレ Lord of Walkure〜X指定〜 アダルトオンラインゲーム 

posted by リョウ at 21:25| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

空の軌跡 SC プレイ日記その6

いよいよ空へ>挨拶



※この日記は【空の軌跡シリーズ】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【空の軌跡シリーズ】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 















第八章、混沌の大地――


お盆休み中、実家ではネットも出来ませんでしたのでPSPで遊んでいました。
この章は怒涛の展開の連続。古代都市が復活してしまい、オーブメントが完全停止。
都市機能の大半が止まってしまい、王都まで執行者に教われる始末。その上、帝国の暗躍――
今を生きる人達の真価が問われる章でした。
空を仰ぎ見ながらも止める手立てのないエステル達は、遊撃士として出来ることをすべく地上を奔走。
迷いなく行動が出来たのは、今まで迷い悩んで答えを見出せたからでしょう。
エステルやヨシュアだけではなく、クローゼやオリビエ達も自分の出来る事をすべくそれぞれに行動に移しました。
冒険だけではなく、政治的な判断や駆け引きまで求められるのが、この物語の壮大さを見せておりますね。
ネタバレになるので多くは語りませんが、前章から本章においてはめまぐるしく動いており、
まったく目が離せない展開になりました。ネットが繋がらなかった分、集中できたかもしれませんw


そして、いよいよ終章となる空の軌跡。


間違いなく執行者達との戦闘になるのでしょうけど、彼らにはそれぞれ個別の因縁があります。
以前拍手で頂いたアドバイスですと、戦闘要員は常に適材適所を求められるとの事。
執行者達の戦いは当然ラストダンジョンでしょうし、都度入れ替えが必要になるのでしょうね。
行ったり戻ったりで面倒かもしれませんが、各個別エピソードは見たいのでコツコツ頑張ります。

ちなみに私のメインパーティは、エステル、ヨシュア、ティータ、クローゼ。
ティータが鼻歌を歌いながら衛星レーザーを撃ちまくるのが、快感なのです)ぇー





大人気ゲーム【艦隊これくしょん】


→私のHP

ロードオブワルキューレ Lord of Walkure〜X指定〜 アダルトオンラインゲーム 

posted by リョウ at 19:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

空の軌跡 SC プレイ日記その4

お互いがお互いを守りながら、一緒に歩いて行こう>挨拶



※この日記は【空の軌跡シリーズ】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【空の軌跡シリーズ】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 
















※空の軌跡攻略。レン可愛いですよねー。
ティータが人なつこい子犬ならレンは悪戯好きの仔猫って感じで。ごろごろうにゃ〜ん♪

レン、可愛いですよね(*´Д`)ハァハァ
敵だと判明しましたが、好感度はむしろアップ)ぇー あのイタズラ好きの小悪魔具合がたまらないのですよ。
次に再会した時は多分戦う事になるのでしょうけど、その時は容赦なくボコボコにして泣かせてあげますよ(ΦωΦ)フフフ…


第六章、絆の在り処――


敵の手中に問われてしまったエステル、そして敵の懐に飛び込んだヨシュア。
離別も再会も半ば教授の仕掛けた罠でしたが、ともあれ二人は無事に再会出来ました。
ヨシュアの過去を危機、ヨシュアの今を知るエステルに怖いものはなし。
迷いの果てに導かれた答えを持って彼を諭し、凍りついていた心を溶かしてしまいました。
結構揉めると思っていたのですが、意外と落ち着いた会話を展開していて正直びっくりしました。
それこそヨシュアが意固地になって、エステルを遠ざけるべく戦うくらいの泥沼展開になるとばかり思っていたのでw

エステルとの和解もそうですが、仲間や父親との再会にも胸にじんわり来ましたね……

誰もヨシュアを責めることなく、無事だったことを喜べる仲間達が本当に素敵だと思いました。
英雄伝説シリーズはシナリオもそうですが、キャラクター達も魅力的なので盛り上がるんですよね。
テイルズシリーズには叶いませんけどね)ぇー チャットシステム、最強説φ(..)



大人気ゲーム【艦隊これくしょん】


→私のHP

ロードオブワルキューレ Lord of Walkure〜X指定〜 アダルトオンラインゲーム 

posted by リョウ at 22:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

空の軌跡 SC プレイ日記その2

今日は有給休暇が取れました(´・ω・`)+>挨拶


※この日記は【空の軌跡シリーズ】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【空の軌跡シリーズ】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 












※軌跡シリーズについて。FC、SC、3rd、零、碧、そして今度発売の閃の順番が一番分かりやすいし正しいと思います。発売順なので。
那由多はやりましたが、外伝というか、そもそも世界観が違うので気にしないという手もありますよ。
あと、依頼は受けると得です。モノによってはレベル上げにもなりますし、
手に入るアイテムが地味においしかったりして実は本筋の攻略が楽になったりすることもこともままありますから。

※リョウさん乙です。
軌跡シリーズのプレイ順はFC→SC→3rd→零→碧(あお)ですよ。
零と碧は空の要素が少し入ってくるので(キャラ、設定とか)空の後にプレイしたほうがいいですよ。
那由多は完全新作なので一番最後で大丈夫だと思います


※日記読みました。まあ絶対既にどなたか拍手で送ってるとは思うんですが。
作品を時系列で並べるとFC→SC→3rd→零→碧の順で、今度この時系列のどこに入るかまだ不明ですが 閃 が出ます。
那由多は一部用語やアイテム名に共通点があるだけで、軌跡シリーズというかゼムリア大陸のお話ではなかったかと。




なるほど、情報ありがとうございますφ(..)
五年くらいプレイしていなかったので、随分シリーズが進んでおりますね(;´・ω・`)
新作の閃が9月くらいに発売になりますが、それまで退屈はしなさそうです。
那由多は完全新作だったのですね。でしたら、慌てずに最後プレイするのがいいかもしれませんね。


ということで、今はSCプレイ中。現在二章をプレイ。


懐かしい仲間達と再び再会できて、結社の調査に乗り出しています。
PSP版はイージーモードがあるので、戦闘自体はさほど苦しまずサクサク進められています。
RPGをやりこまれる方にはヌルいかもしれませんが、私はそもそもストーリー重視なのでさほど気にならず。
どちらかといえば、本編やクエストに力を入れて頑張っています。

今は『盗まれた看板』を捜索中。怪盗紳士の馬鹿野郎の謎が解けずに大苦戦。おのれ、あのキザ野郎めo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!


齢40の翁の背中と言うから探しているのに、全然見つからず。
わざわざ街中を探しまわって背中をチェックしているのに、発見できないのですよ。
やはり怪盗紳士だけあって、変装か何かをしているのでしょうね。うぬぬぬぬ……
待てよ? 変装しているとすると、爺と見せかけて女の子の可能性もありますよね。


仕方ない。町の平和のため、女の子のスカートの中をチェックしますか。仕方ないね( ̄ー ̄)b







minne


→私のHP

 


posted by リョウ at 13:24| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

空の軌跡 SC プレイ日記その1

五年ぶりかしら(;´・ω・`)>挨拶










※この日記は【空の軌跡シリーズ】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【空の軌跡シリーズ】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 










FCを初めて攻略したのが、かれこれ五年くらい前のこと。
その後SCに続き、3rd、新シリーズと続々と発売されて言っている人気シリーズなのですが、
なかなかプレイする機会に恵まれず、何年も経過してしまいました(;´・ω・`)
とはいえ冷めたわけではなく、むしろ新シリーズが出る度にそわそわしていた次第。

ダンガンロンパ2も見事完全攻略したので、ついにSCPSP版を買っちゃいました!
ちなみにダンガンロンパシリーズはPSPソフトの中でも最高に位置する超名作なので、まだやっていない人は是非(σ・∀・)σゲッツ!!

ごめんよ、ヨシュア君。五年以上放置してしまって)ぇー
FCをプレイしたのはPC版なので、当然クリアデータはなく一からやり直し_| ̄|○
ただPSP版だと、難易度にイージーモードが有るんですね。気付いた時は、ついガッツポーズをしてしまいました(´・ω・`)+
ヌルゲーマーな私としては、難易度ノーマルでも苦戦してしまう温さ加減なので調度良いのですよ。
さあ五年間のブランクを取り返すべく、今からやりまくりますよ!!
FCだと依頼とかあまり重要ではなかったのですが、SCでは積極的に受けたほうがいいのですかね?


……ところで皆様。軌跡シリーズ、どの順でプレイしていけばいいのでしょう)ぇー

碧とか、那由多とかのタイトルで分かるかo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!



Car


→私のHP

 




posted by リョウ at 21:11| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

テイルズ オブ エクシリア2 プレイ日記最終回

証の歌>挨拶



※この日記は【テイルズ オブ エクシリア2】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【テイルズ オブ エクシリア2】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 















※テイルズ オブ エクシリア2、攻略しました! 
リョウさんもそろそろクリアーした頃だと思いますが、エンディングはどうでしたか?



ルドガーエンディングと、エルエンディングへ到達。こっちも涙なしには語れません。
さすがにエンディングまでネタバレするのもどうかと思うので、赤裸々に詳細を語るのは避けますが、
この物語は最後まで選択をプレイヤーに突き付けましたね。
最期に決断させる為に今までの選択肢があったのではないかと思うほど、重要かつ残酷な選択でした。
ルドガーが始終無口だったのも、エルエンディングを見るとものすごく納得させられるんですよね……
ジュード達に言葉ではなく、想いを向けて後を託したシーンは涙が止まりませんでした。

ただちょっと残念だったのは、最後の最後でキャラBONUSが少なかったんですよね。

今までキャラBONUSでエピソードに厚みが出ていたのに、最後のお別れであっさりと皆が受け入れるのは納得出来ませんでした。
別にお涙頂戴しろとは言わないですが、「うたわれるもの」エンディングのようなお別れを期待していたのに!
そこだけがすごく残念でした。不満とまでは言わないのですが、何だかいまいち納得出来ない感じです。
ただエルとの最後の会話は本当に二人のこれまでが描かれていて、ルドガーへの感謝と惜別が彼女の言葉にこめられていました。

最期に歌った証の歌で、涙腺が崩壊しましたよ……彼女を救えて、ルドガーも悔いはなかったのでしょうね。

ということで、私も攻略完了。終わってみれば、当初感じていたシステムへの不満は無くなっていました。
1と2、この二つが揃って初めてエクシリアは完結しているのだと思います。
まだ未プレイな方には文句なく薦められる作品です。


次のテイルスシリーズも期待して待ちたいと思います。





「パブー」


→私のHP

 

posted by リョウ at 22:13| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

テイルズ オブ エクシリア2 プレイ日記その11

ただし、ジュードは許さない)ぇー>挨拶



※この日記は【テイルズ オブ エクシリア2】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【テイルズ オブ エクシリア2】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 
















※キャラエピソードはどうでした? 私はミュゼが気に入っております。



全キャラ通じて私が一番好きなのは、ガイアスエピソードですね。

一人の男アーストとして、多くの民の王ガイアスとしての生き様。そして、考え方。
ジュード達やルドガーとの出会いを通じて変化もありましたが、王としての在り方はどこまでも貫き通していて――
友に肩入れできなかった彼がキャラエピソード後、友の為を思って仕事を紹介した事を知って胸を震わされました。
敢えてキャラエピソードの中でこの後日談を入れなかったのも、好印象。ガイアス王らしい物語でした。ローエンエピソードも似たような印象。

逆に変わったのがアルヴィンやミュゼ、彼らが心から望んだ変化だったのでしょうね。
前作では裏切りまくったこの二人が、今では超仲間思いになっていましたw
発展途上なのがエリーゼ、試行錯誤しているのがジュードやレイアでしょう。ミラは、ミラさんの事があるので後半は微妙だったかも。
何よりミラと再開してからの、ジュードがもう見てられない。ルドガー君、殴っていいのよ(にっこり)


さてさて、全て終わったのでこれよりカナンの地へ! ハッピーエンドを目指して、突き進みます。


スケール



→私のHP

 

posted by リョウ at 21:28| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

テイルズ オブ エクシリア2 プレイ日記その9

涙なしには語れない>挨拶



※この日記は【テイルズ オブ エクシリア2】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【テイルズ オブ エクシリア2】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。































チャプター15:兄の願い、弟の意志


カナンの地へ向かうには、『橋』をかけなければならない。
橋をかける方法は生贄を出す事、ルドガーかユリウスの命で魂の橋を架けるしかない。
てっきりリドウ先生の命があれば余裕、とか思っていましたが、社長が既に実行していました。おのれ、人でなしめ)ぇー!


と、なると――ユリウスの命をかけるしかないわけで……出来るかぁぁぁぁぁーーーー!!


ということで選択肢の組み合わせで回避できるのではないかと、色々やっていますが回避不能。
ジュード君達と結局戦う事になり、全員を殺してしまうハメに。ガッデム!
このイベント、もしかして本当に犠牲を出さなければいけないのですか!? どうして!? 奇跡の復活とかは!?

……分かってはいるんですよ。OPで演出もしていますし、多分兄貴と戦って道を切り開くんでしょう。

けど、そんなイベントを見てしまったら、トゥルーエンディングには行けないのではないかという危機感があります。
何より涙腺崩壊でとてもじゃないですが、カナンの地へ突っ込めない気がします。


うう、誰か助けて……他に、他に選択肢はないのか……!!



ニドー


→私のHP

 

posted by リョウ at 21:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする