2012年01月04日

Fate/Zero 第十三話 禁断の狂宴

彼方にこそ栄えあり>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。























・アインツベルン家


キャスターの暴虐を阻止すべく、セイバー出陣!

――とカッコ良く幕を引いて、第一部は完結となりました。
最良のサーヴァントではありますが、マスターとの相性が悪い為に、
どうにも目立った活躍が見せられなかったのが残念。
人妻アイリさんの魅力はあれほど見事に演出されていたのに)ぇー
まあ、女の子らしい面はゲーム本編で見せているので今回はこの辺でw

でも意外だったのは、やはりアイリさんですね。
アニメ化でこれほど可愛い面を見せるとは、夢にも思いませんでした。
冬コミで薄い本を探せなかったのが、残念)ぇー


・遠坂家


第一部ではさまざまな戦略を駆使しましたが、ほぼ全て打ち砕かれましたw
結局マスター本人が出陣する他なく、サーヴァントや綺礼の暗躍が目立った形に。
そういう意味では、不遇な人です。凛ちゃんはあんなに頑張ったのに(´・ω・`)


・間桐家


最終回まで出番がなかったおじさん。可哀想過ぎる(´;ω;`)



・ケイネスさん


出番なし。寝込んでおります。


・ウェイバー君


第一部では主人公クラスの活躍を見せた、この二人。
ウェイバーちゃんのヒロインぶりは、アイリさんに匹敵しますな(頷)
最終回である今回では、ライダーの悲願とウェイバーの苦悩が描かれていました。
どちらも届かぬ未来を夢見ており、それゆえに覇を成さんとしています。
ウェイバーが彼を呼び出せたのは召喚物があったからですが、
相性の意味でももしかしたら彼を呼び出せたのかもしれませんね。

性格は全く違いますが、征服王はウェイバーがマスターである事に誇りを持っている様子。
第二部でも活躍を期待したいです。


・キャスターコンビ


やっていることは悪虐非道ですが、名台詞の数々が飛び出すこの二人。
いよいよ最大の修羅場である、大召喚を繰り出してきました。
有力なサーヴァント達が結集しなければ勝てない、強敵。

第二部は初回から、大きな見せ場がありそうです。



ブラックフォーマル


→私のHP



posted by リョウ at 21:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

ベン・トー 第12話「国産うなぎ弁当 790kcal」

戦わずして、何が狼か>挨拶


※この日記は【ベン・トー】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ベン・トー】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。
























いい最終回でした。いや、本当に。

意外や意外、ラスボス的な存在だった姉妹はその強さの余り恐れられていただけ。
他の狼達から敬遠されてしまい、戦う場を失って彼女達は一度戦場を去ったようです。
彼女達が黒スト先輩を狙っていたのも、彼女ほどの狼ならば戦ってくれると願っていた為。
非常に良い娘達で、生徒会長になったのも納得。巨乳美人ですしね(関係ない)

プライドがないのかとか言う以前に、普通に買えばいい話で――(禁句)

そんな彼女達の前に立ち塞がったのは、主人公である佐藤。
「オルトロス」の沢桔姉妹の天敵である「ヘラクレスの棍棒」、
そして敬遠する狼達まで食欲を刺激させて戦場へと狩りだし、彼女達を招きました。
変態なんぞと呼ばれていますが、ここまでされれば惚れるでしょう。
最後は見事月桂冠を手に入れて、大勝利。主人公にふさわしい活躍ぶりでした。

結局病気で寝込んだ黒スト先輩は、不参戦。佐藤が寝かせたので仕方がないですね。
その分立派なヒロインぶりを見せてくれましたし、今回は最初から最後まで素晴らしい演出でした。
オープニング・エンディングの逆転も、この演出だと映えますな。
エンディングテーマは私も好きで、毎日のように聞いています。


ということで、アニメ「ベン・トー」完結!
拍手で紹介してくださった方、ありがとうございました。面白かったです。
第二期があれば期待したいですね。



グーペ


→私のHP



posted by リョウ at 17:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

Fate/Zero 第十二話 聖杯の招き

意外と女性陣の活躍が少ないアニメ>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。
























・アインツベルン家


ライダーの宝具が明らかとなり、戦々恐々とする面々。
人妻さんとセイバーは城を一旦放棄して、自陣を移します。
新しい拠点は日本家屋、始まりとなるエミヤ邸です。未来の主はまだ子供ですがw
土蔵で新しい魔方陣を構成する人妻さん、この魔方陣が後々士郎を救ってくれる事になるとは。
魔方陣を見ていたセイバーも、自分が次の聖杯戦争で呼ばれる事になるとは夢にも思わなかったでしょう。

一方の切嗣は隠れ家に篭り、次なる戦術を練ります。
目標は犠牲者を出し続けるキャスター達と、敗北間近のランサー達。
そして、目的の知れぬ綺礼を不安視しています。狙われておりますぞ、うしし)ぇー



・遠坂家


ライダーの脅威を知り、出陣を決意する時臣氏。
何か戦術があるのかと思いきや、結局は英雄王頼みのようです。策も半ば使い果たしましたしね。
一方の英雄王はマスターではなく、綺礼に興味津々。裏切りフラグを着々と立てておりました。
アサシン総動員がやはり英雄王の気に障った様子。呼んだサーヴァントを間違えましたね。
最強なのは事実なのですが、扱えない相手。

キャスター、ランサーと並んで、敗北濃厚です。


・間桐家


愉悦対象に狙われてしまったおじさん。可哀想過ぎる(´・ω・`)



・ケイネスさん


出番なし。寝込んでおります。


・ウェイバー君


前回、大活躍だったこの陣営。
イスカンダルの威容を見せつけ、堂々たる存在感を出しております。
ウェイバー君はついていくのが精一杯ですが、それでも戦いを放棄しないのは立派。
次回のキャスター戦にも一番槍で乗り出すようですし、見所です。


・キャスターコンビ


今回、出番なし。次回、主役です)ぇー




キネ旬オンライン


→私のHP



posted by リョウ at 21:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

ベン・トー 第11話「ポカリスエット 125kcal」

出来立ての鰻弁当が半額という素晴らしさ>挨拶


※この日記は【ベン・トー】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ベン・トー】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。























〜前編〜


双子の狼である沢桔姉妹に敗北した、佐藤達。
佐藤は今では二つ名を持つ狼だが、敗北経験は多数。
落ち込んではいますが、敗戦で挫折することはありませんでした。

問題は氷結の魔女、黒スト先輩。彼女は、学校を休みました。

心配になり、佐藤はお見舞いに。自宅では何と、彼女はパジャマ姿でした(当たり前)
先輩は制服姿で戦いに望むケースが多いので、自宅着は珍しいですね。
黒ストではありませんが、にじみ出る色気は流石というべき。佐藤も興奮するってもんですよ(常時運転)
先輩も敗戦でめげてはおらず、リベンジするべく土用の丑の日に出る特別うなぎ弁当を狙います。


〜後半〜


一方勝者の姉妹は特に驕らず、佐藤に言い過ぎたのではないかと謝罪。普通に良い人でした。
何故無理にキャラ作りするのか分かりませんが、敵対しているというより、
スーパーでの半額弁当争いを通じて、切磋琢磨出来ることに喜びを感じているようです。
子供の頃の夢も、立派な狼になることですからね! 女子が見る夢じゃない!?
そんな彼女達を調査する麗人達。まだまだ彼女達には秘密がありそうです。

とはいえ、決戦は目の前。様々な因縁が絡み合いながらも、火蓋が切られます。


それにしても出来立ての鰻弁当を半額とは、普通に羨ましいw




バンコム

→私のHP



posted by リョウ at 00:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

ペルソナ4 第10話「Real Me Doesn’t Exist」

クマの本性とりせの本心>挨拶


※この日記は【ペルソナ4】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ペルソナ4】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。
























※先輩イイスッネその水着 ハイカラだろ ハイカラすっね〜
爆笑したと言うか番長水着気に入ってたのかよ

※カンジの扱いが酷すぎる
いや愛されてるかしかしなんじゃそりゃの表示は最高だった

※きたかムドオンカレー
番長よく食ったな俺ガチで拒否るけど



完二は意外と、スタッフに愛されていそうですな。
妙に力が入った演出でしたし、今回もなかなかの活躍ぶり。
男らしいのかどうなのかは、彼の性癖によりますがw


〜前編〜


マヨナカテレビに出てきたのは、りせのシャドウ。
ストリップ大公開と聞いて、迷わず録画ボタンを連打する番長の男らしさw
結局録画されておらず、真夜中に一人部屋でガックリとします。男らしくない)ぇー

阻止出来なかった事を悔やみ、番長達は奪還を決意してテレビの中へ。
マヨナカテレビの中では、見事なまでのナイトショーが公開されておりました。
ジュネスは鼻息荒く興奮、番長は真顔でガン見です。これが格の違い!?
シャドウの精神攻撃は巧みで、りせからもNGワードを引き出します。

ゲームではこのシャドウで、脱落しましたね。弱点攻撃&変化が強すぎて(汗)

番長達も応戦しますが、大苦戦。
全員が追い詰められる中、クマが立ち上がります。
燃えるクマの特攻――何と、そのままシャドウに大タックル。こ、こいつまで男らしさを!?

これも番長の影響だとするならば、伝達力アップも頷けますな)ぇー


〜後半〜


クマの大活躍で何とかシャドウを制した番長達。
自分自身を求めるクマに共感を覚え、りせも本当の自分を探すことを決意。
シャドウを受け入れて、彼女はもう一人の自分を受け入れました。

ところが何をトチ狂ったのか、今度はクマのシャドウが暴走。

深手を負った中、連戦となり追い詰められていく番長。
それでも諦めず、今度はりせがクマを救うべくシャドウを召喚。
クマは己の中の自問自答に悩みながらも、自らの答えを自分で探す事を選ぶ。
そんなものはないと嘲り笑われても、彼はやるのだと決意しました。


何だか今回はりせというより、クマの独壇場でしたね。
駆け足ペースではありましたが、見所の多い回でした。


セラミド


→私のHP



posted by リョウ at 22:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

ペルソナ4 第9話「No one sees the real me」

そのストラップ、美味しそうですね>挨拶


※この日記は【ペルソナ4】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ペルソナ4】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。
























〜前半〜


大人気アイドル、久慈川りせ。彼女の突然の引退宣言。
アイドル業を離れて、故郷である稲羽市へと帰って来ました。
時の人であるりせの噂は街中に広がり、番長達との間でも話題に。
連続殺人事件はテレビ関連と推理していただけに、彼女の事を懸念します。

案の定、マヨナカテレビには彼女の姿。

番長は何もコメントしませんでしたが、きっと録画したでしょう。
完二のマヨナカテレビを録画して、彼女をスルーだとさすがに許せない)ぇー
久慈川りせの身辺調査を開始します。

ところで恨まれる心当たりを聞かれた時、雪子がキッパリとないと言い切ったのが笑えました。
スタッフが彼女を暗黒面に陥れているんだ、きっとそうだ。


彼女は雪のように心が純白で――ごめんなさい)ぇー



〜後半〜



アイドルの身辺調査で浮かれまくるジュネス。早速、実家を突撃します。
その行動力は流石の一言ですが、当の本人に警戒される始末。当たり前だよ!
そこで、彼女の家の周りを警戒。怪しい人物がいないか、捜査します。こいつらが一番怪しいw
張り込みに必要不可欠なのは、差し入れ。ということで、出前を頼みます。やりたい放題!?
出前持ちのあいかちゃんは毎週登場で嬉しい限り。出る度に好きになりますw
皆で食べながら、楽しくわいわい。見張っている人の真後ろで。駄目だ、こいつら。

そこへ、彼女を見張っていた不審人物を発見。全員で捕まえます。

犯人逮捕と喜んでいましたが、どう見てもただのストーカー。アイドルオタクさんだったようです。
結局犯人は押さえられず、引き上げた番長達。この騒動で番長はりせと知り合いになります。
マスコミに追われる彼女を助け、彼女の悩みを聞く番長。
なかなかの男前ぶりでしたが、悩みには答えられずに喧嘩別れ。伝達力不足でした)ぇー


この決裂が、後の不幸に。彼女は、真犯人に攫われたのです。



東京書道


→私のHP



posted by リョウ at 18:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

ベン・トー 第9話「西洋和風幕の内詰め合わせ重 2910kcalとほっこりおかゆ弁当 340kcal」

とにかく酷い回でした>挨拶


※この日記は【ベン・トー】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ベン・トー】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。































 
白梅さんが、やりたい放題やっていました。以上)ぇー

どういう層に人気があるのか分からないですが、個人的には不快なだけの人。
半額弁当のバトルもなかったですし、見るんじゃなかったと真剣に思いました。
変にエロを押さずに、ちゃんと物語を描いてもらいたいです。

この人が出るだけで、このアニメの評価が下がります。


逆に今回株が上がったのが、死神ちゃん。
弁当の味をあれほど多彩に変化させられるなんて、素晴らしいw
主人公の感想一つ一つに笑いがこみ上げてきました。なかなか健気な子です。



カランメソッド


→私のHP



posted by リョウ at 00:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

ペルソナ4 第8話「We’ve lost something important again」

大谷さん、マジ女神>挨拶

※この日記は【ペルソナ4】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ペルソナ4】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。































〜前半〜


完二が仲間入りして、季節も春から夏に。夏服のシーズン到来。
番長達は林間学校、事件のことは今だけ忘れて学校イベントを楽しみます。
雪子達は料理当番で、番長達に手作りカレーをご馳走に。ムドオンカレーです。
これが愛情だと言わんばかりに、スーパーで手当たり次第に材料を購入。
全てを注ぎ込んだ結果、実に臭い結果となりました。ツワモノの番長ですらグロッキーw
それでも新食感だと感想を述べる番長には惚れますな。気絶しましたけどw

無論食えるものではないので、素直に出前を持ってきてもらいました。
ゲームではそれほど気にしてませんでしたが、出前大王のあいかちゃんがいいキャラしています。
いやー、可愛いですな。


〜後半〜


そんな楽しい林間学校に、暗い影が一つ。
事件の最初の被害者である小西早紀の弟、尚紀が仲間はずれにされて落ち込んでいました。
家族が殺されてしまい、学校やご近所でも噂の的に。
嫌われている訳ではないのですが、明らかに敬遠されていました。
番長達も励ましますが、根本的な解決にはならず。難しいですね、こういうのは。
彼の為にも事件を解決する意思を強くする番長達。皆で意見を出し合い、推理を進めていきます。
犯人が狙うのは、テレビで放映された人達――その関連性に気付き、今後の捜査の参考にします。

そして、夜。いざこざが起きてしまい、雪子達と番長達が一緒のテントに。
嬉し恥ずかしのイベント、お互いを意識してしまい眠れず。モジモジですw
無論エッチな事にはなりませんでしたが、こういう青春的な雰囲気はいいですな。


カランメソッド


→私のHP



posted by リョウ at 00:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

Fate/Zero 第九話 主と従者

マスターとサーヴァント。両者の関係が見事に描かれています>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





























・アインツベルン家


セイバーと切嗣。
平和を願う意思は同じなれど、その手段は明らかに異なっています。
今回の一件はセイバーの高潔さには敬意を払えど、
戦争である以上切嗣の言い分に納得させられます。
万が一にもありえないかもしれませんが、
ランサーが切嗣を襲っていれば、その時点で聖杯戦争は終了していましたしね。
令呪とか使われていたら、危なかったでしょう。

話し合うことさえせず、両者はただ孤立していきます。


・遠坂家


アサシンと綺礼、ギルガメッシュと時臣。
主従関係は成立していますが、その間柄に感情は一切ありません。
戦争で会っても優雅を求める彼の戦い方に、弟子やサーヴァントは不満な様子。
戦略としては正しいかもしれませんが、サーヴァントに選んだ相手は悪かったかもしれません。

この陣営も不穏な気配が漂っています。



・間桐家


バーサーカーとおじさん、一切の意思疎通もなく、ただ戦うのみ。
この陣営はただ哀れです(´・ω・`)



・ケイネスさん


ケイネス先生は脱落、魔術師として殺されてしまいました。
命があっただけでも不幸中の幸い、という訳でもなく、
婚約者はサーヴァントに夢中。忠節を求めるランサーは苦悩するばかり。
この陣営はサーヴァントこそ忠義が高いのですが、
肝心のマスターやその婚約者が自分本位で、彼の忠義も汚されていくばかり。

巡り合わせが悪かったというほかはありません。


・ウェイバー君


イスカンダルとウェイバー君、他の陣営とは群を抜く仲良しぶりw
征服王の気ままさに振り回されてはおりますが、
ウェイバーも彼も見上げも見下ろしもせず、当たり前のように接しています。
ライダーもマスターを小僧扱いはしていますが、
自分の主としてウェイバーをきちんと認めており、
地道ながらも確かな成果を出したマスターを褒め称え、彼の成果に報いるべく行動しました。

キャスターの工房を破壊、恐ろしくも哀しい光景を見せつけられてしまいましたが、
二人はキャスターの打倒を誓い、共に戦っていきます。

前半のドロドロぶりがあってか、後半のこの二人の話は癒しとなりましたねw
このエピソードは大好きです。


・キャスターコンビ


キャスターとマスター、いいコンビですが最悪です。



Windowsデスクトップ


→私のHP



posted by リョウ at 01:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

ベン・トー 第8話「たっぷりニラハンバーグ弁当 765kcal」

半額弁当を半分分けてやろう>挨拶


※この日記は【ベン・トー】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ベン・トー】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






























※リョウさんが現在レビューしているベン・トーですが、
あれ原作者様の学生時代の実体験が元になっているそうです。
その作者様はこう言われておりました。
『定価の弁当なんてブルジョアの食い物ですよ!!』と…。


なんという名言、私が間違えておりました!
高校時代、100円玉片手に素うどんかパンかで苦しんだなー(T_T)


〜前半〜


ある日、部室でセガサターンの「バーチャファイター2」で遊んでいた佐藤達。
黒スト先輩が部員とプレイしますが、悲しくも全敗。実戦は強くとも、ゲームは慣れていない様子。
全敗に怒った先輩は、何と窓からゲーム機を放り投げてしまいます。
佐藤は慌てて窓から飛び出しますが、部室は五階。入院と相成りました。
変態キャラである主人公が五階から落ちて大怪我、という極めて常識的な負傷にむしろ驚きました。

流石の先輩も反省。佐藤に素直に謝ります。

最近主人公を平気な顔でボコるヒロインが多い中、この素直な謝罪には好感が持てました。
暴力ヒロインとか、需要あるんですかね……今だに、魅力がわかりません。


〜後半〜


佐藤達の通学する学校の会長・副会長を務める、美人姉妹。
彼女達は表向きは要職を務める真面目な生徒ですが、裏では鋭い牙を持つ狼達。
氷結の魔女の勇姿に惚れ込んで、彼女を付け狙います。
今回は間違えて入院した佐藤を狙ってしまい、ナース姿に変装して身体チェックする有様。
その奇行ぶりにお色気とお笑いを感じさせながらも、常識を疑ってしまいそうに。

でもそれを疑うとこのアニメが成立しなくなるので、素直に笑って楽しんでおりました。

なかなかいいキャラをしている二人。
スーパーでの激闘に期待したいところです。帝王があんな感じでしたしね(´・ω・`)



ウェルニカ


→私のHP



posted by リョウ at 01:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

ペルソナ4 第7話「Suspicious Tropical Paradise」

愛の汗だく熱湯天国>挨拶


※この日記は【ペルソナ4】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ペルソナ4】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。































※DBです。コメは数年ぶりですが、一言あり。
ペルソナ七話目のアナタの反応が、物凄く気になるこの頃です。あれは笑える


スタッフ、マジすぎるww あそこまで表現するとは思いませんでした。
規制? そのような圧力に屈するものかと言わんばかりに、ホモ絶賛回。
あれだけの悪夢を見せられたら、冷静な番長も汗くらいかくってもんですよ!



〜前半〜


その日マヨナカテレビに映ったのは、銭湯でしなをつくる完二の姿。
雪子回で録画出来なかった悔しさは分かるのですが、
ないわーと言いながら録画する番長が流石過ぎる。誰得ww

まぎれもなくシャドウであり、完二がテレビに放り込まれたのは明らか。

早速マヨナカテレビの中に行きますが、肝心の行方が掴めず調査開始。
周辺で聞きこみを行った結果、不良の噂は武勇伝が誇張されただけであり、
本当の彼は親を大事にする優しい人間であることが分かりました。
小物関係の裁縫なども得意で、女の子っぽいと言われるのが嫌だったようですね。
その結果すぐに囃し立てる女性が苦手となり、男性に走ってしまったようです)ぇー

子供らしい悩みといえばそれまでですが、番長を見習ってもらいたいものです。
彼は初回まとも話せなかったのに、今では名言ベラベラなんだぞ!
単なる発言なのに、一言一言が名言になる素晴らしさ。伝達力も上がるってものですよ!


〜後半〜


手掛かりを突き止め、クマの鼻を頼りに完二ステージに辿り着いた番長達。
……言いたいことは山ほどありますが、とりあえず完二シャドーの褌もっこりしすぎ(そこかよ)
そんな完二をカワイイと説得する番長も凄まじく、
ホモ描写が気持ち悪いと言うよりも、とにかく笑いを誘われっぱなしでしたw
敵は本当に強く、悪魔合体まで発揮して、ようやく倒せたのですが、
戦闘シーンのカッコよさよりも、ホモ→ホモ→ローション→掘る→ホモ→ホモ仲間入りの怒涛の流れが、
全てを押し流してしまいました。スタッフ、何してんだww

とにかく今回は色々と酷すぎた回ですが、番長達がどうにかしたというより、
完二が自分で自己完結して解決した感じでしたね。悲壮感ゼロすぎる。
まあそれほど大きな悩みでもなく、心の影が自己主張しただけでしたw


完二が仲間に入り、パーティも盛り上がって来ましたね。



クロスレコメンド


→私のHP



posted by リョウ at 01:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

Fate/Zero 第八話 魔術師殺し

次こそは、きっと勝とう。二人で一緒に、守り抜こうね>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。



































・アインツベルン家


『魔術師殺し』、衛宮切嗣の本領発揮。
敵の魔術師が優秀であればあるほど、彼の起源が力を発揮する。
修羅場をくぐり抜けた彼の経験と戦術が上乗せされて、見事な勝利を収めました。

セイバーは彼の戦法が気に入らないようですが、これは聖杯戦争。
襲撃を仕掛けてきたのはケイネスである以上、非はないと思われます。
むしろ先生に意識があって、令呪発動されていたら切嗣が殺られていたでしょう。
その点が不満ですが、セイバーの高潔な騎士道も嫌いではないので悩みます。

一方アイリさんは敗北したものの、切嗣の為に最後まで頑張りました。
こんな健気な奥さんを持ちたいものです。男度を上げなければ( ー`дー´)キリッ


・遠坂家


遠坂当主の心情も、切嗣とは合いそうにないですね。
当然彼を強烈に意識するお弟子さんも、内心不満はある様子。
ほぼ独断で行動し、人妻を暴行しました。許せません、ぐぬぬ。

でも、黒鍵ってカッコイイですよね)ぇー

・間桐家


出番なし。おじさん、カワイソス(´・ω・`)



・ケイネスさん


先生は魔術師としては優秀なのでしょうけど、
時計塔で教鞭を振るっていた方が絶対良かったですね。
学者タイプとまではいいませんが、何でもありの戦争には不向きなタイプではないかと。

ランサーに何とか救い出されましたが、重傷。
戦線復帰は望めないでしょう。彼の未来は断たれました。
アイリさんとは違い、こっちの奥さんは他の男に夢中ですしね。(´・ω・)カワイソス


・ウェイバー君


出番なし。予告によれば、次回辺り出番がありそうです。



・キャスターコンビ


今回はひたすら吠えていただけな感じw
セイバーよりもむしろランサーにいきり立っており、ガーガー言っておりました。
撤退しましたが、充分も余力を残している状態。まだまだ突っかかってくるでしょう。

セイバーには、お気の毒としか言いようがありません。
外道ではありますが、妙に憎めないタイプですなw


heteml(ヘテムル)


→私のHP



posted by リョウ at 21:22| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

ベン・トー 第7話「オムっぱい弁当 752kcalとロコもっこり弁当 1100kcal」

虎 王 完 了!>挨拶


※この日記は【ベン・トー】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ベン・トー】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。



























※破れたタイツを買い替える方が定価で弁当買うより金がかかるという事実


今回なんて、絶対交通費の方がかかってますよねww
遊びに来た佐藤達はともかく、茶髪達はマジ金の無駄。



〜前半〜


麗人が手に入れた屋内プール施設の招待券を持って、皆で遊びに行くことに。
招待券を提供してくれた人妻さんも加えての、日帰り旅行。
二時間以上かかる遠距離ですが、佐藤は黒ストさんの水着姿を想像して興奮状態。
というか、先輩の事しか頭にありません。人妻さんもいるのに!(そっちかよ)
麗人は個人的に好感度が低く、白粉さんは腐っているので欄外。

水着姿はやはり、黒ストさんが一番ですよ。健康的なナマ足とか(*´Д`)ハァハァ

黒ストさんに目をつけた佐藤は、なかなかの逸材。
めでたく変態の二つ名が与えられていますが、どちらかといえば変態度はウルフさんの方が上です。
ちなみに彼も招かれており、人妻さんに始終ハァハァしておりました。
ええい、ムッチリウルフめ!



〜後半〜


さて、このアニメが何だったのか忘れかけていましたが、
今回は水着回ではなく、あくまでも半額弁当。
屋内プール施設で半額弁当というのも意味不明ですが、
半額弁当4つをプールに流して、客同士で取り合う催しに。狂っています
ただでさえこぼれたらアウトなのに、此奴等はプールでも暴れる狼達。
既に交通費だけで半額弁当代を余裕で超えていますが、嬉々として取り合います。

そんな中――黒スト先輩からの、今宵最大のプレゼント。


上顎と、下顎。

噛み砕く虎の顎になぞらえた秘技。


その名も――虎王!!



いやー、今週のバキは面白かったですね)ぇー







クロスレコメンド


→私のHP



posted by リョウ at 01:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

ペルソナ4 第6話「I’ll beat you, and beat you good」

そんなんじゃねえからな、マジ違うからな、きゅっとシメるぞ!>挨拶


※この日記は【ペルソナ4】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ペルソナ4】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。




























〜前半〜


GWに家族旅行を計画していた堂島家だが、親父さんが仕事の為おじゃんに。
落ち込む奈々子を連れて、番長は千枝の発案でジュネスに遊びに行く事になりました。
家族旅行とはなりませんでしたが、大好きなジュネスで番長達と遊べて奈々子もご満悦。
仲間達だけではなく、菜々子とも交流が深まり、番長もすこしずつ成長していっています。
このアニメではステータスとして現れるのですが、寛容さは上がっているのですが、伝達力がいまいち。
事件を通じて苦しむ人達とぶつかっていけば、上がるのかも知れませんね。

それにしてもペルソナに目覚めた雪子、毒舌すぎるw

結局家族旅行はなくなりましたが、親父さんも責任を感じて奈々子にプレゼント。
市民を守る刑事として忙しいのは分かりますし、男一人子育てするのも大変でしょう。
なんとか両立していこうとする親父さんに、男気を感じます。
プレゼントの品はすごいセンスの服ですが、本人は喜んでいたのでいいのでしょう。
ちなみに、番長の分もあったのですが、本人の反応は↓


>ハイカラですね(デーン)


〜後半〜


その事件の鍵となるマヨナカテレビ、写っていたのは完二。
染物屋さんの息子ですが、学校でも有名なハグレ者。テレビでも放映される不良です。
とはいえ悪という雰囲気ではなく、生来の気性を持て余している感じですね。
雪子が彼の住所を知っていたので、早速捜査を開始。彼の近辺を探ります。

つけ回した結果、同じく事件を調べている少年を発見。彼と接触を図っていました。

因縁をつけられるのを恐れて完二には近づけず、番長達は遠巻きに尾行。
ジュネスは千枝と、番長は雪子と二人ペアで行動を開始しました。
雪子は事件後少し変化が出てきたのか、男の子と二人っきりでも照れながらも何とか会話。
助けてくれた番長を意識しているのか、頬を染めております。初々しいですな。
今後の捜査の為携帯電話の番号を番長に聞かれて、顔を真赤にしながらも番号を交換。
ジュネスが同じ理由で番号を聞いた時は、スルーでした(´;ω;`)

そのジュネス組ですが、アホコントしている間に完二に見つかって逃走。
少年と二人っきりで会っていたのを怪しいと指摘されて、顔を真赤に。そうなのか、お前はそうなのか!?
そしてなし崩し的に、番長ペアも追われる始末。別行動した意味がない!?
必死で逃げているのですが、その間に頼んだ出前が到着したりと、なかなかのカオスっぷり。
感想だけでは意味不明だと思いますが、見ている私も意味不明でした。ひたすら笑ったよこの辺ww


という感じで、捜査ははかどらずに解散。
物語は大して進んでいませんが、面白すぎる回でした。シリアスとは何だったのか。




電子タバコ専門店


→私のHP



posted by リョウ at 21:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

ベン・トー 第6話「特製ザンギ弁当 795kcal」

3日も食べてなかったら、普通に力が出ないよ!?>挨拶


※この日記は【ベン・トー】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ベン・トー】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。



























〜前半〜


帝王の計画を阻止するべく、佐藤達は西区の狼達を集めて情報会議。
計画の詳細を伝えた上で、魔女が帝王との直接対決に望む。意外と、積極的です(ぽっ)
麗人はというと、古き狼に帝王の真の目的を聞き出す。そう、彼の目的は別にあったのだ!
自分の伝えた情報が間違いだと気付いて慌てて引き返すが、時は既に遅し。

組織ぐるみで襲われて――魔女は、深手を負った。

麗人、役立たずにも程がある(-_-;)
初登場から今日まで、好感度が下がる一方です。というか、いいとこないよね)ぇー


〜後半〜


帝王の真の目的は過去輝いていた女性の面影、憧れの人を追って彼は戦場へと出て来たのです。
三日間の断食で文字通り飢えた狼となって、戦場へと出てくる帝王。
魔女も傷ついた身体を引き摺って参戦。絶体絶命かと思いきや、そこへ現れたのが主人公。
遅まきながら麗人から話を聞いて、駆けつけたのです。

真の決着はやはり、半額弁当の奪い合い。

帝王はカートを片手で振り回して、佐藤達に攻撃します。余裕で犯罪すぎる
だが飢えていても弁当ではなく、憧れの人を追っているようでは狼にはなれず。
獲物に集中しない帝王に魔女は制裁を加え、佐藤がトドメをさしました。この辺のアクションは見事です。

野望が潰えた帝王、完全敗北。見事なまでの出オチでした。






イルミ・サンタサン


→私のHP

 

posted by リョウ at 00:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

ペルソナ4 第5話「Would you love me?」

ジャーマネとの恋愛かと思いきや、お笑い回だったでござる>挨拶


※この日記は【ペルソナ4】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ペルソナ4】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。



























〜前半〜


シャドウとの戦闘を終えて、雪子を無事に救った番長達。
激戦が続いてジュネスはお疲れモードですが、番長はいつも通りのご様子。
平然としている彼を頼もしく思ったのか、千枝はバスケ部への仮入部をお願いすることに。

部員の一条康、一条の友人長瀬大輔――そして、マネージャーの海老原あい。

彼らと知り合い、番長の束の間の部活動が始まります。不束者ですが)ぇー
練習の日々を通じて部員達と仲良くなった番長、問題なのはマネージャーでした。
外見が派手な美人マネージャーは噂が噂を呼び、部員から遊び人扱いされていたのです。
根も葉もない噂に本人は内心傷付くも強がりますが、番長が不器用に励まして二人は仲良くなります。


――そして、仮の恋人同士に。どうしてこうなった!


〜後半〜


マネージャーは一条が好きなのですが、彼は千枝が好きだという複雑な関係。
更にジュネスが千枝は番長が好きなのだと思い込み、千枝を仮マネージャーとしてバスケ部に入れてしまいます。
この焚き付け具合、最高の余計なお世話です。ええい、地雷屋め)ぇー

振り回されるのは、何の関係もない番長。

マネージャーの恋愛ゴッコに学校までサボらされ、チューを迫られたり散々な目に。
嘘から始まる恋というのもありますが、番長の場合微塵もその気配はなく、
この関係が終わった時も、心から安堵していました。シャドウとの戦いでも、ここまで疲れてなかったのに(´;ω;`)


それでも部活を通じて友人もでき、マネージャーも何とか立ち直りましたので、
全体的には非常にいい話でした。こういうコミュ回もいいですね。



書道の全て


→私のHP



posted by リョウ at 00:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

Fate/Zero 第六話 謀略の夜

ソラウさん、初登場。美人令嬢さん、ムチムチですね)ぇー>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















※Fate/Zeroのセイバーはアレだ。逆ハー状態なんだよきっと多分おそらく

セイバーにとっては、物凄い迷惑なメンツww
ランサーさんはNTRに悩んでいますし、こうなればライダーに支配されるべき)ぇー



・アインツベルン家

身勝手な臣下に傅かれた、セイバーさん。
ブリテンの王だとハッキリ名乗っているのですが、相手は聞く耳持たず。
この勘違いが解消される事は恐らくなさそうなので、
最期までしがみついて来そうですね。これぞ、ストーカー。

一方、清楚な人妻さんは意外とエネルギッシュな方でした。
イリヤも天真爛漫でしたし、血筋というのはあるものですなw

貴方の夫は、タバコ吹かせてビルを破壊していますよ)ぇー


・遠坂家


当主殿、ほぼ出番なし。英雄王様はワインを堪能されておりました。
綺礼さんはまだまだ暗躍というほどではないですが、
初めてわいた他者への興味に動かされているようです。

外道神父、と一言で述べるには難しい人。
ギルガメッシュが興味を抱くのは分かる気がします。
というか興味を抱かれてしまったから、堕落したのかもしれませんが。


・間桐家


出番なし。おじさん、カワイソス(´・ω・`)



・ケイネスさん


自分の失態を棚にあげて、部下を罵る駄目な上司。
今の自分の職場にもいるタイプなので、見ていて胸が痛くなりました。
庇ってくれたソラウさん、政略結婚とはいえこんな美人を嫁にもらうなんて(ギリギリギリ)
でもランサーさんの魅惑のホクロにヤラれていそうなので、メシウマかもしれません(どっちだよ)

優秀なのでしょうけど、ライダーのマスターにはなれなかったでしょうね。
令呪で強制して戦わせているようでは、真価は発揮できないですし。


・ウェイバー君


出番なし。今頃ライダーに振り回されているでしょうw
いいコンビです。今のところ、一番応援しております。


・キャスターコンビ


全サーヴァントから狙われそうな、雰囲気。
幼女に手を出すなんて万死に値します。死ぬべきです。何で幼女に――(しつこいよ)

ところで贄を捧げると言ってましたが、神様は否定しているのですよね?
悪魔信仰とも違うでしょうし、魔術の媒体にでもするのかしら。





竹翆園


→私のHP



posted by リョウ at 14:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

ベン・トー 第5話「北海道の鮭を使ったあら汁 326kcal」

新キャラが唐突に出てきて、すぐに去って行った。何を言って――(以下略)>挨拶


※この日記は【ベン・トー】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ベン・トー】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















〜前半〜


半額弁当をかけた、攻防戦。狼達の修羅場を、欲望の眼差しで見る一人の男がいた。
丸富大学「庶民経済研究部」に所属する、帝王(モナーク)。
この男は西区のスーパーの支配を狙い、大組織を結成していた。
あらゆる機材を用意し、様々な強者達を集め、西区を一斉に襲撃し、半額弁当を掻っ攫う。
それが帝王である、彼の大いなる野望だった!



――定価で買え



もう一度言ってやる。



――定 価 で 買 え




ふー、スッキリした)ぇー



〜後半〜


無駄金を使って半額弁当を狙う帝王と、「ガブリエル・ラチェット」の一人、二階堂。
そんな彼らが目を付けているのが魔女であり、麗人であり、主人公佐藤。
北海道フェアーの半額弁当を巡って戦い合う彼らの下へ、帝王は自ら乗り込んでくる。
必死に抵抗するが、相手は帝王。圧倒的な力を見せつけ、主人公を佐藤を血に沈める。障害、障害!(今更)

そろそろスーパー経営者はキレていいと思うのですが、何と店員は帝王に縁のある美人さん。

麗人から語られる帝王の野望。修羅に走った彼を思い、憂い顔を見せます。
主人公はそんなことよりも美人さんとの関係を早合点していました。うむ、ヤツなど放っておけ)ぇー
始まろうとしている全面戦争、今日の敗北を明日の勝利とするべく、彼らは再び戦場へ出向きます。


――新キャラ? 脈絡の無い登場など、ニンフさんが既に実現しておるわ(くわっ)





初心者・中高年の方でも安心なお仕事です。

→私のHP



posted by リョウ at 21:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

ペルソナ4 第4話「Somewhere not here」

逃げ出した先に楽園なんてありゃしねえのさ>挨拶


※この日記は【ペルソナ4】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ペルソナ4】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















〜前半〜


天城雪子、老舗旅館の女将の娘。彼女は幼い頃から旅館で働いていた。
跡取り娘として毎日仕事に精を出し、高校生活と両立していた。
彼女は真面目だった。それでいて、普通の女子高生だった。

周りが青春を謳歌しているのに、自分は日々旅館で働く毎日――

嫌気がさしていたのではない。不貞腐れる性根ではない。
ただほんの少し心が疲れていて、小さなコンプレックスがあっただけ。
シャドウは、そんな彼女の心の影から生まれた。


〜後半〜


前半は彼女の心理描写、後半はシャドウとの壮絶な死闘。
心の影から語りかけられる声に耳を塞いでしまい、自分を否定してしまった雪子。
一話丸々使っただけあって、中身の濃い戦闘でした。
ゲームでもこの辺の戦闘には悪戦苦闘させられて、積んでしまった苦い経験が)ぇー

彼女を救ったのは大事な友人と、クラスメート二人。

千枝だけではなく、番長も熱く語ったのはよかったですね。
伝達力アップも納得ですよw 今回は勇気も上がっていたけど!
ジュネスとクマは流石というべきか、悲鳴上げて逃げまわっておりましたw
というかクマは直接関係ないのに、一番ダメージ食らっていて泣いた(´・ω・`)
心の傷をさらけ出して友達同士受け入れて、雪子もシャドウを受け入れました。


次回は、コミュ回。
どうやら部活動関連の話のようですが、日常回にも期待したいところです。




マンモス


→私のHP



posted by リョウ at 01:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

Fate/Zero 第五話 凶獣咆吼

煽り耐性ゼロの英雄王>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





















・アインツベルン家

セイバー、狙われすぎww
アーチャー、キャスタに見初められ、バーサーカーに呪われ、
ライダーとランサーに申し込まれる有様。ほぼ全員にロックオンされております。

混戦はひとまず終了しましたが、片腕の自由を奪われた騎士。
ランサーを倒す以外に手はなく、本人もまた望むところだったり。

人の闇が蠢く聖杯戦争で、清廉な騎士がどれほど立ち回れるのか見所です。


・遠坂家


我が儘な英雄王に四苦八苦する当主殿。早速、令呪を使う羽目に。
想定していた作戦も上手く行かず、サーヴァントに振り回されっぱなしです。
策を弄するあまり、足元が見えていない感じで危ういですね。

美人の奥さんと子供を泣かせる結果にならないことを、祈ります。


・間桐家


バーサーカー、出陣。この人もサーヴァントに振り回されておりますが、
元々正規の魔術師ではないので、無理もないですね。
桜と凛、そして葵さんの為に必死になっていますが、
相手に想いが届いていないのが、本当に悲しいです。

己の死を覚悟して挑む戦争、苦しみながらも戦いを続けます。
愛する人達のために。



・ケイネスさん


コケにされっぱなしだった、今回の敗北者w
切嗣さんも影に潜めて戦っていたのですが、
この人の場合変に自己主張するので、馬鹿にされてしまう始末。
自尊心の強さが裏目に出ていますね、戦術が無駄になっています。

セイバーの腕を奪ったのは殊勲賞ものですが、早々と退場しそうな雰囲気です。


・ウェイバー君


彼というより、ライダーが主人公クラス格の活躍。
思う存分存在感を発揮して、いいとこ取りして去って行きましたw 何しに来たんだよ!?
マスターのウェイバー君はケイネスさんよりいい所がなかったのですが、
ヘタれた面を見せるだけで許されております。それはヒロインの特権なのに!?

いいコンビなのは間違いないので、今後も頑張ってもらいたいものです。


・キャスターコンビ


セイバーさんにロックオン。
ブリテンの王と名乗っていたのに、間違える始末。
狂人のストーカーという最悪属性を持って、戦争に挑みます)ぇー



IBJ


→私のHP




posted by リョウ at 13:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする