2012年06月25日

Fate/Zero 第二十四話「最後の令呪」

重ねて、令呪をもって命ずる>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















・アインツベルン家


決着。誰も何も、救われなかった結末――
ゲームで言うバットエンドさながらに、世界は救われても人は救われず。
願望機に願いを託した切嗣は真実を知り、セイバーに破壊を命じました。
これで確かに世界は救われましたが、危機に瀕したのも聖杯あってのこそ。
この戦争に結局、意味も価値もなかったのでしょうね……

犠牲者を大量に出し、戦争は終わりつつあります。


・遠坂家


綺礼は敗北。己の願望が見えつつありましたが、願いには至らず。
切嗣に心臓を撃ち抜かれて、倒れました。
神に祈りを捧げる聖者が破滅を望んだ、この結末。

彼もまた、切嗣と並ぶ物語の顔役であったのかもしれません。

英雄王は、セイバーと絡むと大いに慢心しますなw
彼女と出逢ったのはある意味、不幸なのかもしれません。


・間桐家


……(´;ω;`)





節約のワザ


→私のHP



posted by リョウ at 21:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

Fate/Zero 第二十三話「最果ての海」

忠道、大儀である。努、その在り方を損なうな>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















・アインツベルン家


セイバーVSランスロット、切嗣VS綺礼――宿命の、対決。

対決は、避けられなかった。
傷つくことを知りながらも、戦うことは止められない。
逃げることも、出来無い。願いがあるゆえに。


・遠坂家


英雄王の、勝利。慢心無き王は無双にして、無敵。
更新の映像を魅せつけてくれた制作陣には脱帽ですな。

敵ながら、見事な勝利でした。ここが、ピーク)ぇー


・間桐家


おじさん、もういいんだ……(´;ω;`)


・ウェイバー君


ライダーとウェイバー、二人の聖杯戦争は終わりました。
王は最後まで王たらんとし、臣にその生き様を見せつけました。
ここまで偉大な王道を見せられては、もう怠惰に生きることなど出来ませんね。

敗北ではありましたが、ライダーが言っていたようにウェイバーの戦いはまだこれから。

彼が本当に己の生を賭ける時が来るまで、精進あるのみです。
彼がこの先どんな生き方をするのか、気になる所ですが――アニメでは語られそうにないですね。
それが心残りです。



シースリー


→私のHP



posted by リョウ at 00:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

Fate/Zero 第二十二話「この世全ての悪」

最終決戦>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















・アインツベルン家


アイリさんが聖杯へと変貌、残されたのは信頼関係のない二人のみ。
明確な目的がありながら、その想いは空虚。
形にならない想いだけを抱えたまま、個々に決戦へと望みます。

最初から目的が定まっていたとはいえ、結局何も変わらなかった二人。
それが強いのか、弱いのか――この戦いで、明らかとなるでしょう。


・遠坂家


あんな可愛い人妻を容赦なく殺した綺礼、許すまじ。
一話から多くのファンを魅了した美人妻を、よくも、よくも……(´;ω;`)ウッ…

空虚な男であった綺礼も本質に気づき、そして戦う意義を得ました。
彼も本気、英雄王もまた本気、この戦場は荒れそうです。


・間桐家


おじさん、せめて生き残って……(´;ω;`)


・ウェイバー君


***


我がサーヴァントよ、ウェイバー・ベルベットが令呪をもって命ずる。
ライダーよ、必ずや最後までお前が勝ち抜け。

重ねて令呪をもって命ずる。ライダーよ、必ずお前が聖杯を掴め。

さらに重ねて令呪で命ずる。
ライダーよ、世界を掴め――失敗なんてゆるさない。


坊主、刮目して見届けよ!

***


――ウェイバーとライダーの、決戦前の誓い。
己の未熟さを知り、イスカンダルの偉大さを知った、ウェイバーの決意。
ウェイバーの成長と決意を知り、戦友である事を認めたイスカンダル。

誰がどう見ても主人公勢である彼らが、決戦の舞台へと駆けていきました。

命懸けである事を知りながら、今では恐怖に震えないウェイバーは男としてカッコいいですね。
自分のサーヴァントを信頼しているのは勿論の事ですが、
この戦いを通じて得た彼なりの強さなのでしょう。

この二人の戦い、最期まで見届けたいと思います。




ルチア


→私のHP



posted by リョウ at 23:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

Fate/Zero 第二十一話「双輪の騎士」

令呪をもって命ずる>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















・アインツベルン家

セイバーとライダーの対決、切嗣の単独行動、攫われてしまったアイリさん。
この陣営はもはやバラバラで、綺礼に翻弄されていますね。
マスターとサーヴァントが協力し合えばもっと違う結果となっていたかもしれませんが、
主従関係すら成立しなかった二人では無理だったのでしょうね。

二人をかろうじて繋いでいたアイリさんは、運命に巻き込まれてしまっています。


・遠坂家


愛する夫を失い、かつての友人を糾弾してしまった葵さん。
綺礼を弟子に迎えたせいで、この一家は悲劇的な結末を迎えてしまいましたね。

一方の綺礼は英雄王と最契約して、再び聖杯戦争へ。
己の本質を理解してしまった彼は他者の不幸に愉悦を感じ、お酒を楽しんでいます。
おのれ、なかなか美味そうに酒を飲むじゃねえか)ぇー


・間桐家


もうね、おじさんがね……(´;ω;`)<ウオー

もはや二次作品でも奇跡中の奇跡を起こせなければ、幸せになれないほどの不幸度。
初恋の人にまで否定されてしまい、おじさんは絶望のどん底に叩き落されました。
魔術師を継ぐべきだったのか、継がぬまま離れるべきだったのか――
いっそ家の事も初恋の人も未練なく別れてしまえば、平凡かつ幸せな人生があったのかもしれません。

彼にとってそんな人生に価値はないのかもしれませんが、それでも……哀しいです。


・ウェイバー君


もはや、このコンビだけが本作品の癒しとなっておりますw

残念ながらセイバーには敗れてしまいましたが、少しでも状況が変われば結果は違っていたかも知れません。
ライダーはアーチャー戦に備えて、全力は出していませんでしたからね。
この結果を目の当たりにして、ウェイバー君が何を思うのか。
彼も戦いを通じて随分成長していますし、期待株ではありますね。

ヒロインとしての格も上がっていますけどね!



バンコム


→私のHP



posted by リョウ at 22:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド 第4話「いや、帰れご主人様 」

隠し味にニトログリセリンを使ってみました>挨拶


※この日記は【これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。























〜前半〜

魔装少女バレしてしまい、元気の無い歩。
そんな彼が癒しを求めた趣味は、プラモデル。コツコツ作り、ニヤニヤしておりました。分かるわー)ぇー
完成品にハルナも目を輝かせますが、はしゃぎ過ぎて壊してしまう羽目に。
落ち込む歩を見て、ハルナもまた落ち込んでしまいます。

悩める彼を元気づけるべく、友情パワーが復活したオリトがコスプレ喫茶店へと連れ出します。

ウェイトレスはどの娘もレベルが高く、特にVIPコースは何と吸血忍者達。
セラさんに、とものりまでコスプレでお迎えしてくれるのですよ。うひょー、罵られたい)ぇー
コスプレ+ツンツン喫茶店というハイレベルなお店、一見さんお断りってなもんですよ!
まあ何だかんだで知人友人と喋って、歩も元気を取り戻していきます。


〜後半〜


コスプレ喫茶店。ここではイベントが行われており、ウェイトレス5名をデレさせれば何と無料に!
ただし負ければ十万円という鬼のようなサービスですが、オリト達が挑むことに。

敵メンバーはとものり、ハルナ、セラス、ユー、そして三原かなみ。

とものりは歩がいるだけでデレる娘なので、余裕でクリアー。よ、嫁がいるくせにプラモに癒しを求めるな!
ハルナは出逢った頃ならいざしらず、今の好感度ならこれまた余裕。可愛いのです(^−^)
セラさんは手強いかと思いきや、歩が意外と男らしいところを見せて攻略。
ユーは存在が可愛いのでクリアー、うむうむ文句はないぞ(頷)
平松さんの友人である三原さんは常識人というある意味最強のキャラなのですが、
この方はどういう男の趣味をしているのか、オリトにデレているので無事攻略。オナゴの心は分からぬわ。
こうして、珍しく何のオチもなく勝利を飾りました。おお、珍しいw


帰った歩を待っていたのは、ハルナがバイト代で購入したプラモデル。
実に気持ち悪いプラモデルですが、彼女の想いが込められていると思うと可愛く見え――ないか)ぇー

心温まるエピソード、ハルナが一段と好きになりました。




NTT Com


→私のHP



posted by リョウ at 21:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

Fate/Zero 第二十話「暗殺者の帰還」

最終決戦へ>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





















・アインツベルン家

久宇舞弥、切嗣にとってある意味身近で在り続けた女性がこの世を去りました。
平和な世界に居場所のなかった女性、戦いの中で死ぬのは本懐だったのでしょうか。
戦争の後を話していただけに、微かな希望を奪われたのは残念でなりません。

せめてもの救いは、大切な人に看取られて死ねたこと。

彼女の死は、枯渇しつつある切嗣の涙を呼んでしまいました。


・遠坂家


暗躍中――まさに、暗殺者が帰還しようとしています。


・間桐家


お、おじさんを虐めるなとあれほど……(´;ω;`)

サーヴァントは容赦なく利用され、オジサンは無理やり再起動。
命尽き果てるまで戦わされる始末。
戦う理由があるだけに止められないのが、辛いですね。

その上、誰にも理解されない――悲しいです。



・ウェイバー君


ある意味、今回も休憩中でしたねw

消耗したライダーに力を与えるべく、召喚した場所に陣取って休息。
最終決戦に向けて、彼らは力を蓄えます。
これまでの激しい戦闘による経験が、ウェイバー君の精神にも大きな変化を与えているようです。
ライダーも気負いする主を叱りながらも、力強く励まします。

この二人だけが等身大、相棒を信じて決戦に臨みます。







魅惑の天使



→私のHP



posted by リョウ at 00:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

Fate/Zero 第十九話「正義の在処」

本当の正義とは?>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





















この物語の主人公、衛宮切嗣の青年時代。
ナターリアに引き取られて、彼女の知識や腕前を学んでいった。その生き方も。
煙草を吸うようになったのも、彼女の影響によるものだったのが印象的ですね。
彼女がいなければ、今の切嗣はありえなかったでしょう。
それだけに、己の生き方を曲げられなかった彼が痛々しいですね。

見知らぬ多くの他人を救うべく――育ての母を撃ってしまった、切嗣。

かつて初恋の人の最後の願いを聞き遂げられず、故郷を地獄と化してしまったのも、
彼の中で強い後悔となっていたのでしょう。しかし、それでも――と思ってしまいますね。
アーチャーなら分かりませんが、士郎なら選べなかったでしょう。
過去の過ちを撃ち抜くために、彼は生涯を正義に捧げる決意を固めました。


その集大成が聖杯戦争、物語は現代へと回帰します。



ヘミシンクCD



→私のHP



posted by リョウ at 23:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

Fate/Zero 第十八話「遠い記憶」

正義の味方が、生まれた日>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





















この物語の主人公、衛宮切嗣の遠い過去の日々。
彼が何故正義の味方を目指したのか、その始まりは何時なのか。
終局へと至る聖杯戦争を前に、彼の始まりが描かれました。

彼の過去は壮絶の一言につき、悲壮と悲惨に彩られておりました。

憧れていた初恋の人を失い、父親さえも殺害せしめてしまう。
何かを守るため、誰かを救うために、自ら手を汚すその異端ぶり。
魔術のせいで彼は何もかも失ったのですが、その魔術師になって彼は正義を突き詰める。
切嗣がもし精神的に弱ければ立ち止まれていたかもしれないのに――強いというのも考えものですね。

次回も、過去話。彼の戦いはこれから始まります。



DenTa


→私のHP




posted by リョウ at 15:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

Fate/Zero 第十七話「第八の契約」

何も気づかず、何も知らず、当主はこの世を去った>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





















・アインツベルン家

停戦協定を結ぶべく、遠坂陣営と接触。
最大懸念事項である言峰を抑えるべく、条件を突きつける。
本来のマスターではありませんが、アイリさんもなかなか頑張っていますね。
切嗣とセイバーとの不仲は決定的なものになっていますが、
その分二人の橋渡しをするアイリさん、マジいい女。でもこの人も儚い命……(´;ω;`)

美人薄命とはよくいったものです。幸せは望めぬものなのか――


・遠坂家


刺殺、最期まで信じていた弟子に殺されました。
油断しきっていたのか、心臓を一突きされています。
アニメでの描写は非常に生々しく、時臣氏の表情は凄まじいほど歪んでおりました。
美人な奥さんと可愛い子供の居るリア充さんでしたが、こうなってしまうと哀れ。

一方、言峰は己の本性を剥き出しにして再契約。
切嗣とは別ベクトルの非道ぶりを発揮しそうです、ブルブル。


・間桐家


お、おじさん……(´;ω;`)


・ウェイバー君


休憩中。多分、ライダーといちゃついているのでしょう)ぇー




オリジナルちゃんちゃんこ


→私のHP



posted by リョウ at 21:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド 第2話「嗚呼、さようなら俺」

好きだ、クソダーリン!>挨拶


※この日記は【これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





















〜前半〜


前回、クラスメート達が集まる中で魔装少女に変身してしまった主人公。
本来なら魔法で記憶を消すのですが、何とミストルティンさんが故障。
記憶を消すことが出来ず、彼は逮捕されてしまいました。み、皆を守ったのに(´;ω;`)
落ち込む主人公を罵倒するセラさん、愛を感じますな)ぇー
ユーやハルナもネット上に流れる動画を見ておおはしゃぎ、誰一人慰めてくれるものがおりません。
まあ、歩ならどうとでもなりますからね(頷)

ところが次の日、彼は一躍ヒーロー扱いに! 
平松さんでさえ、やだかっこいいかも……とぬかす始末。ぐぬぬ、主人公補正か! そうなのか!

はやし立てられるのもそれはそれで恥ずかしく、歩は羞恥で飛び出して例の妖精さんに相談。
明らかに酔っ払いの戯言なのですが、歩の心は励まされて涙ながらにお礼。
可愛いのは事実ですからね、何を言われようと私でも癒されますな(^−^)

そんな感じで意外と何事もなかった、かに見えましたが――親友たる彼の様子が変。
何事もなかったようにはならないようです。


〜後半〜


励まされたとはいえ元気の無い歩に気付いたのは、学園妻のとものり。
何とか励まそうと、健気にデートに誘います。とものりは本当に可愛いなー!
彼女はデートのつもりだったのですが、うっかり家で話してしまった歩は全員を連れて待ち合わせ。
全員美少女であるあたり、彼の不幸なんぞちっぽけに見えます。くそ、何て世の中だ!

納得いかないのはとものりもおなじですが、基本的にいい娘な彼女。
仲間達とのふれあいを楽しみ、満天の星空を歩に見せて元気付けます。何ていい子なんだ(/_;)

とものりの気持ちを知った歩はお礼を言い、彼女を名前で呼びます。
関係は一歩進展、心温まる終わり方でした。珍しく何事もなかった感じですね。


親友とのいさかい? あの男なら余裕で復活するでしょう)ぇー


カラーミーショップ
→私のHP




posted by リョウ at 18:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

Fate/Zero 第十六話「栄誉の果て」

ケイネス陣営、脱落>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。




















・アインツベルン家


衛宮切嗣の、本領発揮。

速やかに敵を葬り去る手際と、手段を選ばない非道さ。
ケイネスさんもなかなかの下劣な手段を選んでしまいましたが、
先手を打っていた切嗣の勝利。ランサーは謀略に翻弄されて、死んでいきました。

将来の息子が糾弾しそうな戦い方ですが、
未来のアーチャーも効率的な戦い方をしていましたし、行き着く先は同じなのかもしれません。
手段を選ばないことで、戦いを早く終わらせる。犠牲者を最小に留める。

問題は意思疎通が出来ていない事。
サーヴァント達の想いとは乖離するばかりで、ランサーも無念に果ててしまいました。
彼の苦渋を思うと、やりきれないですね……主が悪かったとしかいいようがありません。


・遠坂家


時臣氏は出ていないですが、弟子が暗躍中。
裏切りフラグが満載すぎて、見ていられない状況に。

敵を翻弄する策を練るのはいいですが、彼は己の足元を見るべきでしょう。


・間桐家


お、おじさんが、変わり果てた姿に……(´;ω;`)


・ケイネスさん


神童と謳われた魔術師が、陥落。
許嫁も策謀の犠牲者となり、ランサーを自ら手放した挙句殺されてしまいました。

聖杯戦争、これを魔術師達の競争と勘違いしてしまったのが彼の敗因か。
最後の最後は誇りまで失ってしまい、全てを失って死亡。
栄光は微塵もなく、人殺しの汚名までかぶる始末。
もしも戦争に参加せずにいたら、栄光も栄華も思うままであったでしょう。

皮肉にも、彼が馬鹿にしていた生徒は今も生き残っています。


・ウェイバー君


休憩中。前回大活躍だったので、ゆっくり休んで下さい。




e-lensstyle


→私のHP



posted by リョウ at 20:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

Fate/Zero 第十五話「黄金の輝き」

宝具、発動>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。




















・アインツベルン家


セイバーの宝具、開放!!


最良のサーヴァント、渾身の一撃。
星で鍛えられた聖剣は見事敵を討ち、勝利をもたらしました。
悪戦苦闘が続いていた彼女ですが、ここで面目躍如。

ただこの物語は基本主人公勢を虐めるので、今度どうなるやらw

それはそうと、携帯電話の扱いに不慣れなアイリさんが可愛い(´・ω・`)b
この人妻さんはイリヤとは違った魅力を見せてくれます。うむうむ。


・遠坂家


くそっ、おじさんを虐めるなよ(´;ω;`)

お弟子さんも一応回復はしていますが、下心満載の救助なのでニヨニヨしております。
一応マスター同士の戦いは完勝ですが、
サーヴァントが制御不能+裏切りフラグ満載の弟子がついていて、
完全勝利できる姿が全く見えません。ケイネス先生の次は、この人がやばい。



・間桐家


お、おじさん……もういいんだよ(´;ω;`)

バーサーカーは好き放題暴れて見せ場を作っておりますが、
おじさんは全身を焼かれて再起不能。それでもまだ、戦わされます。
次々とマスター陣営が脱落していく中、
一体どこまで生き残れるのか、先が見えません。


・ケイネスさん


出番なし。寝込んでおります。


・ウェイバー君


ライダーとのコンビは健在で、彼なりに奮戦していました。
今回は舞台裏的な役割ですが、極めて健全で一生懸命。
マスター陣営の中では実力不足が際立っていますが、
彼なりの懸命な姿は好感がもてますね。ライダーも貫禄の王様ぶりですし。

最期まで残ってほしいものですが、どうなるか――


・キャスターコンビ


今回で、脱落。

好き放題暴れて退場しましたので、彼らなりに満足はしたでしょう。
ジャンルさんがセイバー似の美人さんで、ビックリ。登場するとは思いませんでした。

青髭さんの願いは果たして叶ったのか――本人にしか、分かりません。




GMO


→私のHP



posted by リョウ at 23:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド 第1話「はい、今再びの魔装変身! 」

さて、レビューを始めるか(キリッ)>挨拶


※この日記は【これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。




















〜前半〜


さて、めでたく帰って参りましたこれゾン第二期!
お馴染みゾンビ君こと歩、ネクロマンサーであるユー、魔装少女ハルナに吸血忍者セラ。
一つの大きな事件を終えて、絆を深めた彼女達は今も一つ屋根の下に住んでいます。

歩は相変わらず日差しに怯えながらも、彼女達との同居生活を平和に過ごす日々。
学校では学園妻までいて、幸せに過ごしています。ちくしょう、悔しいけどトモノリが可愛すぎる(ギリギリギリ
愛妻弁当なんて大人になっても食べたことがないのに(´;ω;`)

そんな彼に新しく出来たのが、近頃流行りのエア友達こと妖精さん。

どういう理由かさっぱり分かりませんが、学校で酔っ払っている美少女。
彼女とこれまたどういう理由か酒友だちになってしまい、意気投合。
可憐な美少女である平松さんまで、プッシュ開始。
健やかに、女の子達との日々を送っておりました。ええい、このゾンビを葬り去りたい!


〜後半〜


そんな僕達の強い味方、メガロ。魔装少女を狙う妖怪共です。
相変わらず気持ち悪いですが、第二期に入って魔装少女になった歩に一目惚れ。真性です)ぇー

学校で大暴れするメガロ相手に、歩も応戦。

魔装少女姿を全校生徒の前に、そして平松さんの前まで晒してしまい大騒ぎ。
平松さんの好感度が激減したのは間違い無いですが、突き抜けると逆に上がりそうな不思議!
そんなこんなで何故か別の吸血忍者さんまで歩に興味を持ってしまい、
しかもメガロとの戦闘でミストルティン先生も大破。劇的なスタートを迎えてしまいました。

こうして第二期が始まりましたが、新キャラに加えて第一期では目立たなかったキャラも主役級に。
平松さんを応援したいけど、トモノリも可愛いし、ユーは妄想加わって最強だし、セラさんにも罵られたし……うおお(悶絶)
そんな感じで今期も応援していく所存です(キリッ





コロンブスの卵

→私のHP



posted by リョウ at 21:28| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

這いよれ!ニャル子さん 第2話「さようならニャル子さん」

カオスすぎるww>挨拶


※この日記は【這いよれ!ニャル子さん】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【這いよれ!ニャル子さん】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。




















(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!


ということで第二話、最終回ばりに敵の本拠地へと乗り込みました。早いよ!?
まだ刺客が出てきたばかりなのに、もう本拠地を突き止めたニャル子さん。
ニャル子さんと何故か被害者まで連れて、一気に襲撃を仕掛けました。


結果、敵本拠地壊滅)ぇー


いや、本当に壊滅したし!? 真尋くんを襲った理由もくだらないし!
レズっぽい子も何か出てきましたが、何故レズは病むのかと小一時間――(略)
ニャル子さんは今日も無敵で、大暴れしておりました。うむうむ、可愛い)ぇー
今回もギッシリネタを詰め込んでいましたが、殆ど分かった私もどうかしているのかも(遠い目)


あ、お別れっぽいタイトルですが、余裕で戻って来ましたよ(頷)
分かりきっていましたが、戻ってきた理由が軽くて吹きましたw




大和製作所


→私のHP



posted by リョウ at 22:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

這いよれ!ニャル子さん 第1話「第三種接近遭遇、的な」

あらゆる意味で馴染みすぎだろ、この宇宙人ww>挨拶


※この日記は【這いよれ!ニャル子さん】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【這いよれ!ニャル子さん】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。
















※fateとゾンビ二期に期待と言いながらすでにニャル子さんに這い寄られているな!!

※(」・ω・)」うー!(「>ω<)「にゃっほい! (」・ω・)」うー!(「>ω<)「にゃっほい!


***


八坂真尋、彼の平和な日常が崩れ去る。

突然襲い掛かる、凶悪な魔物――そして、彼を救った銀髪碧眼の美少女。

彼女の名前はニャルラトホテプ、クトゥルー神話の邪神を名乗る宇宙人であった。
彼女の目的は真尋を守る事だが、その破天荒ぶりには真尋自身が手を焼く始末。

超弩級美少女、ニャル子さんが今日も大暴れする!


***


(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!


ということで始まりました、春アニメ「這いよれ!ニャル子さん!」
原作は前々から知っていましたが、何処にでもありそうなラノベに見えたので、
別段購入もせずに放置。アニメが始まりましたので、何となく見た程度です。

お陰様で三十分、爆笑したり、可愛さにニヤニヤしたり、顔が崩れっぱなし。

ストーリーがどうこうよりも、ニャル子さんを楽しむアニメだと第一話で悟りましたw
逆に言うと、ニャル子さんのようなタイプの女の子が嫌いだと、見るのは苦痛でしょうね。
オタネタも満載で、分かる人には楽しめるかと思われます。
真尋くんはほぼツッコミ役で、主人公であるニャル子さんがひたすら喋りっぱなしです。
萌え成分もありやや露骨ではありますが、露骨というならば出版社の宣伝の方が酷い)ぇー


ともあれ、なかなか面白そうなのでひとまずみて行こうと思います。




デメカル


→私のHP



posted by リョウ at 20:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

アクエリオン EVOL 第14話「個の先」

他人の掘った穴に落ちるなんて御免だ>挨拶


※この日記は【アクエリオン EVOL】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【アクエリオン EVOL】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。













うーん、何かこう、よく分からない、残念な回でした。


ジン君の死を痛み、悲しみに暮れるのは人として当然なのですが、
後半妙な特訓と変な結論に達していて、結局何が何やらという感じでしたね。
立ち上がるのでしたら、もっと友情とか愛情とか、自分自身の心と向き合った上で、
仲間達と共に頑張っていけばいいと思うのですが……何を悟ったのか、分かるようで分からない(´・ω・`)


敵も敵でよく分からない思想に動いていますし、面白くなくなってきていますね。
春アニメ次第では、レビューを打ち切る事になりそうです。




うどん


→私のHP



posted by リョウ at 21:36| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

Fate/Zero 第十四話「未遠川血戦」

レビューも再開>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。















・アインツベルン家

セイバー、善戦。
最良のサーヴァントたる戦いぶりを見せつけるも、無限再生を繰り返す怪物には通じず。
ランサーの呪いで利き腕が使えず、宝具の開放も出来ない。

苦戦が続く中、動き出したのは彼のマスター。

見事なスナイプで、キャスターのマスターを射殺しました。
通常マスターが死ねばサーヴァントも消滅しますが、キャスターは暴走中。
止めるにはセイバーの宝具以外にないと結論を出し、再び策を練ります。
頼もしい限りですが、セイバーとは合わないのが厄介かもしれません。


・遠坂家


第二部が始まっても、英雄王に振り回されっぱなしの当主殿。
事前策は全て裏目に出てしまい、歯痒い状況が続いています。

そんな中、バーサーカーのマスターであるおじさんと対峙。

両者の言い分は根本的な価値観がずれており、結局決裂。
この人なりに考えての事だったのでしょうけど、桜が不幸なのは間違いない訳で。
良くも悪くも魔術師なのでしょうな……


・間桐家


第二部になっても可哀想過ぎるおじさん(´;ω;`)

奮戦していますがバーサーカーは暴れ回るだけ、
本人は寿命を削りながら戦う痛々しさ、見てられません。
この人ほど不幸が似合う人は居ませんが、せめて救いがあってほしいものです。


・ケイネスさん


出番なし。寝込んでおります。


・ウェイバー君


流石のライダーも、無限再生には苦戦中。
宝具を出せば勝てるかもしれませんが、影響力が大きく魔力食いで出せず。
ウェイバー君も人外の戦いには手が出せず、振り回されるのみ。
今の所痛手はありませんが、決め手もないために拮抗しています。


・キャスターコンビ


雨竜君、退場。最後まで独特の価値観を見せつけてくれました。
求めていたのは己の中に在り、犠牲になった人々も浮かばれません。
とはいえ、サーヴァントとの相性が良かったのは事実なわけで、
青髭も彼の死を悼んで、暴走しっぱなしです。うーむ、気持ち悪い)ぇー


それにしても第二部初回から、ここまで見せつけてくれるとは思いませんでした。
三十分があっという間で、見所も語り尽くせませんw






WebARENA


→私のHP




posted by リョウ at 16:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

アクエリオン EVOL 第13話「堕ちた巨人」

僕はジン・ムソウだ!>挨拶


※この日記は【アクエリオン EVOL】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【アクエリオン EVOL】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。













※リョウさんはヤッパリ、ユノハちゃんが一番好きなんでしょ?

何を言うんですか!
ユノハには、ジン君という大切な人がいるじゃないですか!!


……な、なぜ殺したし(´;ω;`)


このアニメは、あのホモ一人のせいで台無しになっている気がします。
個人的な恨みもありますが、あまりやりたい放題だと萎えるんですよね。
愛の味方とか言いながら、真の愛を手にしたジン君を容赦なく殺しましたし(ギリギリ)

生きていて欲しいと思いますが、次回は見事に葬式回。
次回予告が視聴者の希望を踏みにじりました。エグイよ、このアニメ!

ジン君がここまで化けるとは正直思っていませんでした。
ユノハと幸せになって欲しかったですね……






- Petit Homepage -


→私のHP



posted by リョウ at 22:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

COMIC1☆6

当選しました>挨拶



先日、当選通知が来ました。リリマジに続き、今年は運がいいです。
昨年はちょっと消極的だったので、今年は積極的にイベント参加してみようかと。

イベントの日は2012年4月30日(祝)、サークル位置は「つ23a」です。

先月出した総集編と、今回のイベント用に新刊を用意するつもりです。
まだ新刊は出来ていないので、詳細は後日に。
祝日、御時間ありましたら遊びに来て頂ければ幸いです。




ナースコンシェルジュ


→私のHP

 

posted by リョウ at 23:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

ペルソナ4 第24話「The World is Full of Shit」

世の中クソだな>挨拶


※この日記は【ペルソナ4】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【ペルソナ4】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。













〜前半〜


   ∧∧.∩      ∩_ ・∵’、
  (    )/ ⊂/"´ ノ )
 ⊂   ノ   /   /vV
  (   ノ    し'`∪
   (ノ


こんな感じでジュネスが殴られました)ぇー



〜後半〜


殺された者達の無念を背負って、真実を求め続けてきた番長。
集めた全ての手掛かりを繋ぎ合わせた結果、導き出された犯人は――足立。
刑事でありながら職務を全うせず、出世街道から外れた八つ当たりで、
偶然マヨナカテレビの力を知った彼が犯行に及んだのです。
真犯人の口から明かされるどうしようもない真実に、激昂するジュネス達。

ただその中で、全ステータスがカンストしている番長は冷静沈着。

小馬鹿にする足立を見下ろし、彼の犯行動機を全て受け止めた上で、
未成熟な彼の在り方に憐れみすら感じていました。
さすが菩薩級、どちらがラスボスなのか分かりませんw
私は原作ゲームを持っていますが、ここまで辿り着けなかったのでこのどうしようもなさはガッカリでした。
面白く無いという意味ではなく、犯人のちっぽけさに。


マヨナカテレビで今、最終決戦が行われます。






【シックスコア】


→私のHP



posted by リョウ at 22:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする