2006年01月18日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


カイの出陣。
クリスマス開催まで一時間を切り、主催者としての最後の仕事に出向きました。
多分分かる人にはすぐ分かるプレゼントです。
バートやドゥエロの場面も用意しておりますので、お楽しみに。
次回も主人公の出番で、忘れられたあの敵との戦いが待っております。
殆ど目立たないまま登場し、そのまま去っていくでしょう。
戦いは今章では無意味ですので、激しいバトルは次章に回したいと思います。


物語は終焉へ向けて。
クリスマスは開催へ向けて、一気に突き進んでいきます。


私の小説系HP「生まれたての風」









posted by リョウ at 23:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


遅くなって誠に申し訳ありません。
私生活や仕事で忙しかった――

のではなく、「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」をやっていたら朝だったという具合でして(最悪)
このくらいの物語を書いてみたいものです。

本日書き上げたヴァンドレッド小説。
お読み下さってお分かりかと思いますが、物語はほぼ終盤です。
彗星に潜む敵と、プレゼント。
主だった話は遺すところこのくらいで、一気に書き上げたいと思います。
今回書きたかったバーネットへの伏線と、パイロット四人のお話。
特に後半の四人の話は以前から書きたくてたまらなかったので、満足です。
会話内容は平凡そのものですが、今までの関係からするとその平凡が奇跡とも言える進展なので。


残す話数もわずか。
今度は遅れないように、必死で頑張りたいと思います。


私の小説系HP「生まれたての風」









posted by リョウ at 23:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


今年最初の更新。
年始早々出掛けてばかりでしたが、無事展示は出来ました。
正月にクリスマスの話を書くのは違和感ですが、ヴァンドレッドの世界は比較的書き易いのでありがたいです。
前々から書きたかったお話を入れました。
第十一章より過酷な話になりますので、今までを振り返る意味で。
次の章からはそんな話題を書く余裕も無いほど、悲惨な話になりかねないので思い切りました。
プレゼントの話とも絡めますので、全体的な話数は長くはなりません。
何とか終盤まで勢い任せに持っていくつもりです。


本年もどうぞよろしくお願いします。



私の小説系HP「生まれたての風」










posted by リョウ at 23:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


今年も残すところ後わずか。
このHPでもっとも頑張れた活動の一つとして、この連載が挙げられます。
五日更新を目指して書き続け、遅れは多数ありましたが連載数は何とかこなせました。
心残りはやはりクリスマス。
現実のクリスマスで終わらせたかったのですが、予定を遥かに超えてしまいました。
書きたい事が増え続けてしまい、この有様です。
書いた事に対しては後悔していませんが、今年中に終えられなかったのは心残りではあります。
残念無念ですが、ここまで御付き合いして下さった方には本当に感謝の気持ちで一杯です。


今年の連載は残り一話。
悔いが無いように全力を尽くしたいと思います。





私の小説系HP「生まれたての風」










posted by リョウ at 02:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


遅くなりまして申し訳ありません。
バーネットのお話、後編を書きました。
予定日に展示出来ず、お恥ずかしい限りです。
目立たない舞台ですが、ドゥエロが彼なりの考えとやり方で患者を救おうとしています。
難しいお話で神経を使いましたが、何とか仕上げました。
完全なる救済にはなりませんが、バーネットも少しは和らぎました。
クリスマスで書きたかった一場面でしたので、ほっとしています。


次回は場面を切り替えて、別人物へ。
近頃目立たなかったあの人を出そうかと思っています。



私の小説系HP「生まれたての風」







posted by リョウ at 22:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


何とか時間を作って展示。
今回はディータと、男二人のついてのお話を書きました。
ヴァンドレッドはキャラ一人一人が生きている世界で、カイだけの物語ではありません。
主人公も今回は名前しか出ておりませんが、苦にならないのがこの物語の持ち味ですね。
いえ、ヴァンドレッドの魅力と言うべきでしょうか。
来週も更新を怠らず、バーネットのお話を描くつもりです。

いつも拍手やメールでのご感想、本当に有難うございます。
全て必ず読ませていただいています。
この場をお借りして、お礼を申し上げます。 



私の小説系HP「生まれたての風」







posted by リョウ at 15:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


賛成派と反対派の決着。
結局はお流れとなり、反対派は妥協する形で終わりました。
本当の決着は次回以後で。
困難で複雑な状況が続きましたが、最後で訴えに成功したのはディータ。
彼女もまた明確なお答えは持っておらず、カイへの純真な好意でしか関係を成り立たせていません。
根本的な問題について気付いているのは、何より反対派かもしれません。
結局当人同士でしか解決は出来ないのですが。
とにかく、様々な争いが勃発したクリスマス前戦はこれで終わりです。


次回よりクリスマス当日。
平和で、賑やかな一日の始まりが――待っている筈はなく
カイに試練が訪れます。




私の小説系HP「生まれたての風」







posted by リョウ at 00:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


ディータとミレルの御話。
四ヶ月を経て、変わった女の子と変わらない女性。
意見の食い違いと、反対派の堅固な女性を描いてみました。
ディータもタジタジでしたが、彼女も負けてはいません。
この話は終われば、ようやくクリスマス当日へと持ち込めます。
次回は後編。
二人の対決に――賛成派と反対派の対立にある程度の区切りをつけます。


この連載ではディータはなかなか面白い位置に到達しています。
主軸に絡んでいるようで、独立しかかった状態。
書き手の私も予想外で、書いていて彼女の行動力に驚かされたりもします。




私の小説系HP「生まれたての風」







posted by リョウ at 21:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


いよいよクリスマス当日まで二日。
書かなければいけなかった人物も、これで最終を迎えました。
長々となりましたが、ようやく本編十話冒頭へ入れそうです。
今回・次回はカイの出番は一切なし。
ヴァンドレッドはキャラ一人一人に魅力があるので、書いていて楽しいです。
主人公がいなくても、物語は進められます。


ディータ・ピョロ・ソラの三人組。
珍チームの活躍を描きたいと思います。


私の小説系HP「生まれたての風」







posted by リョウ at 18:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


問題解決には至らずとも、主人公に休む暇はなし。
悩み苦しむ時間も惜しんで、仲間と共に励んでいます。
必要な資材が持ち去られ、協力する仲間達もまだ少ない。
困難な状況ですが、覚悟を決めて頑張り続けています。
本当に諦める事は無いでしょう。見守ってくれる人達がいる限り――
カイは一人でも戦うタイプではありますが、協力者がいる現状は心強いはずです。


次回は問題解決への一歩。
一つ一つ向き合わせるつもりです。



私の小説系HP「生まれたての風」







posted by リョウ at 00:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


カイとバーネットのそれぞれ。
いつのまにか男女関係の要になっているこの二人です。
賛成派・反対派の争いの根幹にタラーク・メジェールの価値観がありますが、覆すのはなかなか難しいです。
特に反対派は自らに非が無いと思っているのがありますね。
人間、自分の間違いを見出すのは難しいです。
カイもカイで、迷いを重ねて自分を見つめ直している最中ですが。


このクリスマスではその第一歩にするつもりですが、両者の争いの根絶はまだ先です。



私の小説系HP「生まれたての風」







posted by リョウ at 22:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


バ ー ネ ッ ト の 心 情 は ど う し た

予告なんて飾りですよ、と言わんばかりに一言も触れていない本編。

も、申し訳ないil||li_| ̄|○ il||li

事情説明とカイの悲壮な決意に、分量を裂かれ過ぎました。
今回のお話でクリスマス準備編は終わりです。
次回は後編、そしてクリスマスへと移行していきます。
長々とお付き合いしていただき、本当に有難う御座いました。
賛成派・反対派の抗争は第十一章以降激化しますが、今章では何とか停戦へ向かわせます。
事件の裏側やバーネットの心の動き等書かなければいけない事は沢山ありますが、皆さんより頂いたご感想やご意見を元に書いていくつもりです。

いつもご返信が遅くなっておりますが、ご意見・ご感想は毎日あり難く拝見させていただいております。
お世話になってばかりですが、何とか報いる形でお話を進めていく所存です。



私の小説系HP「生まれたての風」







posted by リョウ at 22:31| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


今から書く予定ですが、とりあえず前回のおさらいを。
反対派の一人であるバートを捕まえて、任意(?)の事情聴取。
私の考える現状のバートを出しましたが、皆さんからの反響は良くてほっとしています。
彼は彼なりに味のあるキャラで、今後も活躍の舞台は用意しております。
そして、バーネット。
かつて無いほど遠慮なく書いていますが、苛めるつもりは無いです。
彼女がある意味で一番男女関係に重要で、慎重にステップを踏んでいっています。
変化に否定的ですが、それは決して悪いことではないですからね。
多くの人々を巻き込んでいますが、マグノ海賊団は安定している世界でもあります。
折り合いをつけるか、突き進むかはこれからの二人次第。


今日更新予定の小説は、彼女なりの今を書くつもりです。



私の小説系HP「生まれたての風」








posted by リョウ at 14:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

かかずゆみさん、ご出産

男の子だそうで>挨拶


ヴァンドレッドでディータ役を務められたかかずさんが、この度ご出産なされました。
心からお祝いを申し上げます。
ヴァンドレッドは終了しましたが、他作品で活躍されている声優さん。
自分の好きな作品のヒロイン役をされていたとあって、私も感銘を受けてしまいました。
御結婚されていた事実を知らなかったので、このニュースを知った時は驚きでしたが。


ディータの声は今でも小説を書く度に響きますが、かかずさんはぴったりだったと思います。
引退される事は無いとは思いますので、今後のご活躍をお祈りしております。
そして、良き母となってくださるように――
posted by リョウ at 20:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

十二月に発売

ヴァンドレッドが最後に復活するようです>挨拶


ヴァンドレッドが豪華DVD-BOXとなって、発売されるようです。


記事より抜粋―

【商品仕様】(1)黒田和也描き下ろしDVD−BOX付き
(2)32Pカラーブックレット<もり監督×出渕裕のスペシャルトークを収録>
(3)DVD9枚組<ヴァンドレッドシリーズと映像特典を全て収録>
収録内容:ヴァンドレッド第1話〜第13話(4話×2枚、5話×1枚)
ヴァンドレッド胎動篇 (×1枚)
ヴァンドレッドthe second stage第1話〜第13話(4話×2枚、5話×1枚)
ヴァンドレッド激闘篇(×1枚)、特典ディスク(×1枚) 
※特典ディスクには新作のPV&CM映像はもちろん、今までの全ての映像特典を収録!



ファンの一人として復活は嬉しいのですが、心を動かされる特典が無いですね。
多分今まで発売されたDVDが全て揃っているだけで。
出来れば新エピソードの一つは欲しいですが、終わってしまったのでもう無理なのでしょうか。
何にせよ、新しくファンが増えるかもしれないのは嬉しいです。
今までヴァンドレッドを知らない人には、お勧めの購入セットなので。


ただ、私個人の身勝手で言わせて頂くと――ヴァンドレッドと聞いて、ヒビキがパッと頭に出てこなくなってます。

カイに作者の私が影響されてきているかもしれません。




 
posted by リョウ at 23:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

GUNDAM SEED DESTINY PHASE49 「レイ」

レイの好感度アップ>挨拶


キラとアスランの激戦。
二人の強さは言うに及ばずなので気にもしませんが、なかなか派手な活躍ぶりでした。
ムゥの戦線復帰と記憶回復は正直苦笑いでしたが、燃えるべきか笑うべきかは悩みます。
アカツキの防御力や特殊設定を除いても、ちょっと無理があるような気がしますしね。
イザークとディアッカ、メイリンとルナマリアの会話は素直に心躍らされました。
少し短かったのが不満ですが、熱のこもったそれぞれの話し合いは胸に響きました。

シンに関してはもう何もいわず。
どこまでも自分の考えが見えない主人公に、何も感じません。
来週の結果で、総合評価したいと思います。

次回、最終回。
期待は少ないですが、お気に入りキャラの命運を祈ります。

アニメ・ゲーム二次小説メの私のHP「生まれたての風」











posted by リョウ at 20:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(9) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


現状の評判について。
ヴァンドレッド本編では、クリスマス時点でヒビキ達は殆ど相手にされていませんでした。
バーネット達が準備している間、他人事のように過ごしておりましたし。
親しくなった人達から誘われなかったら、きっとそのまま見ていただけだったでしょう。
小説ではカイも誘われたとはいえ、今では自主的に参加。
その行為はプラスになるかはどうかは別にして、現状での成果を出してみました。
この数字をどう見るか――カイの真価はここから問われます。


次回はそんな男達の物語。




アニメ・ゲーム二次小説HP「生まれたての風」








posted by リョウ at 00:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


今回で250話目を迎えました。
連載開始から一年以上過ぎていますが、250話もよく書いたと思います。
250話で十章半ば辺りなので、セカンド終了まで軽く500話は超えるでしょう(最悪)
書きたい事はまだ山のようにありますし、この物語はまだ半分も到達しておりませんので。

今まで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

悔しい事に、ヴァンドレッドという作品はメジャーではありません。
衛星放送のみで公開されて、ネット上でも二次小説を書いている人はごく僅かです。
恐らく500話到達する頃には、私しか書いていないかもしれません。
それでも、この小説は最後の最後まで書くつもりです。
カイの戦いはまだまだこれから。

ファーストステージ最大の敵となる母艦、そしてマグノ
海賊団との戦い。
ソラの心の行方と、敵対するユメとの確執。

私本人先行きどうなるか予想も出来ませんが、情熱だけは消える事はないでしょう。
特に、皆さんから送られるご感想やご意見はいつも励みにさせていただいております。






アニメ・ゲーム二次小説HP「生まれたての風」








posted by リョウ at 21:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

ヴァンドレッド 小説執筆

Action22 −激務−>挨拶


ヴァンドレッド小説、無事執筆。
一日遅れまして申し訳ありませんでした。
今回クリスマス当日ではありませんが、秘密アイテムの登場となりました。
本編では軽くスルーされていたこの一品。
効果があったのはピョロのみなのはあまりにも不憫なので、小説では波紋を投げかけるつもりです。
カイとの交流で男女関係がかなり激化していますので、効果は期待出来ます。


そしてルカについて。
サブキャラなので登場頻度はさほどでもないですが、今後もサポート役として顔出しはさせてやりたいですね。
メインはヴァンドレッドのヒロイン達のは間違いないのですが。


いつも読んで下さっている方々に心よりの感謝を。




アニメ・ゲーム二次小説HP「生まれたての風」









posted by リョウ at 18:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

ヴァンドレッド 小説執筆

Action22 −激務−>挨拶


クリスマスへ向けて。
準備も大切ですが、まず初心の参加者募集について。
ヴァンドレッド本編では女性だけのクリスマスだったので、何の問題もありませんでした。
ですがこの小説では男参加が前提となっているので、女性陣もひいています。
その改善策として色々考えていますが、具体的な案は今だ出ず。
この問題は本当に難しいです。
タラーク・メジェール国家間の劣悪な価値観の差異が発端ですので。

次回はその改善案として、ルカがあるアイテムを紹介します。
たぶん察しの良い人はすぐ分かると思います。
そんなに大した伏線でもありませんので。


アニメ・ゲーム二次小説HP「生まれたての風」









posted by リョウ at 23:58| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする