2017年10月03日

拍手

FGO。星四サーヴァントでお迎えしたニトクリスちゃん、大活躍中(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※iPhoneでヴァンドレッドが最初から読みたいなー
昔、小説読んでて泣いたのはこの作品だけだから、、、
お願いします ドキドキ


おお、リクエストありがとうございます。
流石に話数が膨大なので一気に行けるかどうかは分かりませんが、
タグ打ち自体は簡単なので、早速挑戦してみますねφ(..)


※やはり夜の姫君たちはいいキャラしてるな。

※お、久々の一族集結、みんな魅力的だぜ。
しかし未知の世界の開拓……TOKIOに協力要請しましょうw

※次は未開の世界の開拓か……つまり鉄剣!DASH!!が始まるわけですねw


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
麗しきお嬢様達と、夜の密会(意味深)
男なら誰もが憧れるハーレム空間で、移民問題に頭を抱える主人公の物語です)ぇー
勢力としては龍族を超える最大規模なのですが、敵がいないと全く意味がない勢力。
平和な世界ではただの難民でしかなく、国家を持たない庶民には辛い問題です。

そうであれば国家建造となるのですが、良介は国土とか何もないので、
まずは開拓から始めなければなりません(´・ω・`)


※人狼のさくらにデンジャラスなビーストの服を着せてみたw 
この服>ttps://pbs.twimg.com/media/Cvcpf5fUMAE2V6C.jpg


良介「これで夜の一族の少子化問題は解決だな」

さくら「恥ずかしいなんてものじゃないんだけど……こういうのは、うちの姪っ子の方がいいと思うわ」

良介「本人に勧めると、ノリノリでやりそうだからやだ」

さくら「……羞恥心があるのかないのか、よく分からない子ね」



※ナハトがユグドラシル(グラブル)を連れてきましたw



ユグドラシル「くーん」


アイシス「そんな鳴き声だったかしら、あの生き物!?」

トーマ「懐いているのか、懐かれているのか……意思疎通が可能なのかな、あの子」



※夜の一族ピックアップ!!

古の怪異、真紅の吸血姫。星5 カーミラ・マンシュタイン 混沌・善
HP 13545 ATK 13385

カードQAABB

クラス:バーサーカー


スキル

真紅の眼:敵単体にスタン付与(1T)+敵単体の防御力ダウン(3T)
鮮血の魔:敵単体のチャージを減少+自身のNPチャージ+自身の攻撃力アップ(3T)
伝承の姫:自身の弱体化解除+自身の防御力アップ(3T)+ガッツ付与(2回・5T)


宝具

神代回帰・真紅月姫(ミュトス・シャルラッハロート) バスター
自身のバスター性能アップ(オーバーチャージで効果上昇)+無敵貫通を付与+敵単体に超強力な攻撃+自身のHP回復(3000×3T)


解説
敵スタン、防御力アップ、ガッツ、生存能力の高いバーサーカー。
アーツカードが二枚ありその性能は優秀なうえ、スキルにNPチャージもあるため宝具の回転率もよい。
しかし最大の特徴はその宝具であろう。古の吸血鬼の特徴を色濃く残しながら、その弱点を悉く克服した高貴なる魔。
そんな彼女の特性を表している。驚異的な身体能力であらゆる守りを貫き、自身の傷を瞬時に修復する。
ちなみに宝具演出では、彼女は第三再臨状態(大人モード)になる。

リョウさんの感想とネタ的レスをお願いしたいです!!


第三再臨状態になると美人さんになりそうで興奮しますな(;´Д`)ハァハァ
彼女が夜の一族の中で一番吸血鬼らしい女の子なので、バスター宝具でも納得。
魔属性が強いだけにヴラド三世よりかもしれませんが、良介と出逢って彼女も今では克服しているので平気でしょう。
自らの在り方を誇る彼女は気高く、強いのです。


カーミラ「最終再臨では、下僕も登場するぞ」

良介「ほう、お前に付き従う騎士のような立ち位置か」

カーミラ「翼の手入れをさせているのだ」

良介「本当に下僕扱いじゃねえか!?」

お前に肩を揉ませている



※ナハトの3分建築〜お宅編〜

設計図込みで一軒分の資材を食べます。

ナハト「もぐもぐ」

そして手からどん!!と出せば出来上がりです。

ナハト「おー!!」



良介「ふむ、商売になりそうだな」

ヴィヴィオ「いえ、絶対にならないと思うよ、パパ」

良介「お、おお、珍しく断言しやがったな……それはまた何で?」

ヴィヴィオ「材料費

良介「しまった!?」


※カレンとツーショットを撮るには一億円必要です。
なお良介であれば、チューショット(誤字にあらず)ととるのでも無料です。


アリサ「( °▽°)=◯)`ν°)・;'.、◯)`ν°)・;'.、◯)`ν°)・;'.、」

良介「オヤジギャグには訪問者さんでも厳しいな、お前!?」




※リョウさん!今回も平成ウルトラシリーズの初期作品、平成三部作の第一作品目「ウルトラマンティガ」に付いての解説をしたいと思います!!
今回はいよいよ最終章、通称、最終章三部作と言われる、全話52話の内の3話、第50話「もっと高く!〜Take Me Higher!〜」
第51話「暗黒の支配者」 そして最終話、最終回の、第52話「輝けるものたちへ」の計3話の内用に付いて解説したいと思います!
まずこの作品、物語に置いて最も重要な最終章3話を担当した方々ですが、第50話「もっと高く!〜Take Me Higher!〜」を、
1996年の本放送当時担当した方々は、脚本は小中千昭、監督は原田昌樹監督、特技監督は北浦嗣巳監督です!
当時は1997年の8月16日の夏に、その次の第51話「暗黒の支配者」は、脚本は小中千昭、長谷川圭一氏、右田昌万の御三方、
監督は村石宏實監督、特技監督は神澤信一 監督、当時は1997年の8月23日の同じく夏の季節に、
そして最終話、第52話「輝けるものたちへ」は、脚本は上記の御三方、小中千昭、長谷川圭一氏、右田昌万の3人が、
監督、特技監督も上記の村石宏實監督、神澤信一監督の御二人が、続けて担当なされました!
本放送は1997年の8月30日の真夏、丁度夏休みが終わる時期に放映されました!
エピソードポイント@「1980年の80の放映終了から約16年ぶりの最新作であった作品の最終回」
このエピソード、最終話3話の見所、ポイントですが、まず長〜〜く解説してきました様に、この「ウルトラマンティガ」と言う作品は、
@1980年から1981年にて放映された昭和ウルトラシリーズの最終作の、「ウルトラマン80(エイティー)」の終了から約16年ぶりのTVシリーズであった事であり、
当時では約16年ぶりの放映、復活であった事。
A1996年から1997年当時に置いての最新のSFXや、この頃から導入され始めたCG技術を使った新たな表現のしかたの可能性、
B初代から80まで長く続いてきた、延長線の世界観、所謂M78星雲シリーズ、世界とは「保々リンクしない」、
「地続きの世界ではない」、「完全な別世界」と言った思い切った世界観の作品、ストーリー。
C新旧の初代から80までの作品を製作してきたスタッフと、リョウさんの様な昭和シリーズをかつて視聴した世代の当時は、
新世代、次世代に当たったスタッフの合同による、今までの作品とは全く違う、次世代の、新しいウルトラマンとして作られた平成ウルトラシリーズ初の、
平成ウルトラマンであった。と言う事ですがこの最終話3話はまさにこれ等4つの点、議題の全てが注ぎ込まれた、
当時の全ての集大成と言って良いエピソードだったんです!!
エピソードポイントA「1996年から1997年当時の全ての集大成」そして最後にこの最終話3話に付いてですが、
この最終回を持って「ウルトラマンティガ」は後の平成三部作と評される様になる、
2作品、そして21世紀初頭、2000年代にて製作された平成シリーズ後期作品、と後の平成ウルトラシリーズの土台、骨格、基礎、礎と呼べる作品になったんですよ。
其れを為したポイントはですね、@1996年から1997年のこれまでの約1年間で培ってきた映像表現。
A此処までの全編、全52話を通して出てきた数多くの印象的に強く残る、ゲストキャラを含めた登場人物たちの多数出演。
B従来のシリーズ、作品では思いもよらなかった、存在しなかった、今までに無い形のラスボス。
C担当スタッフの文にある様に三人の脚本家の方々による合作。と言った当時に置いて約1年間係わってきた製作委員会のスタッフ方々の全てを注いだ、
と言っても良い最終話数なんです。



なるほど、推薦ポイント分かりやすいですね。
豪華なキャストに登場人物たちの多数出演、加えてスタッフ陣の素晴らしい面々。
ヒーロー物ではこの集大成こそが、一番燃える展開ですよね。

この辺は昭和時代より受け継がれている良さだと思います(´・ω・`)+




エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 00:22| 大阪 ☔| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

拍手

FGO。星四サーヴァントはニトクリスをお迎え致しました、次のイベント特攻対象で嬉しい(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※ネロ様良いですね。賛成です。

※以前イメージキャラをコロコロ変えるのはよくないというお話がありました。
それはもちろんその通りだと思います。コロコロ変えるとぶれますしね。

ただ熟考し、きちんとした理由があればいいと思います。

というか今回はネロに変えた方がいいかな、と思いました。
理由としてはあくまで外見イメージだから、ということです。

現在のカレンのイメージキャラである椎名沙夜音。
彼女の場合外見だけではなく、性格もカレンとかなり近いです。

その場合外見まで近いと、オリキャラというより椎名沙夜音の名前を変えただけ、と見られてしまう可能性もあります。
もちろんカレンは沙夜音そのままではありません。

ただしっかり差別化するためにも、性格は大きく異なるネロの方が外見イメージとしてはいいと思いました。

※おー、これはエイプリルフールのネロ様のイラストか。
いまのイメージ画像は制服だけど、赤いドレスの方がカレンっぽくていいと思いますよ。

※カレンという人物をオリキャラとして確立させるためには、外見イメージはネロ様の方がいいかもね。

※ガリの新イメージいいね。ガリとデブももっと掘り下げてほしい。

※カレンはネロ様がいいね。
カーミラの大人モード、推薦された画像もいいけどこれはどうだろうか? 

>ttp://grand_order.wicurio.com/index.php?plugin=ref&page=%E6%A6%82%E5%BF%B5%E7%A4%BC%E8%A3%85%E4%B8%80%E8%A6%A7&src=w292.png

概念礼装サマータイム・ミストレスのカーミラ。
この礼装のカーミラは色っぽいですしね。


前回推薦して頂いたネロ様については、賛成の意見が多いですね。
外見イメージとして割り切れば、彼女のイメージとしてはいいかもしれませんな。
椎名沙夜音は学生イメージが多いので、画像にもなかなか困りますしね(エロゲーなので当然ですが)
きちんと差別化する意味でも、外見イメージは差し替えた方がいいかもしれませんな。
ただ嫁入り衣装はあからさますぎるので、そっちはやめておきますw

カーミラ大人モードについて、推薦ありがとうございます。
今回推薦頂いた分は吸血鬼としてのイメージでも近いので、悩みどころです。
ただオーレリアさんも明後日発売の閃の軌跡3で大活躍してイメージが一新されるかもしれませんし、
なかなか悩みどころですな。うーむφ(..)



※戦争決着。良介に新たな民ができたw

※戦争には勝利、しかして未だ剣士としての道行きは見えず、か……。

※剣士としての良介はどうすんのかね? 
ガリの新イメージいいね。ガリとデブももっと掘り下げてほしい。



小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
戦争とは正義と悪の戦いではなく、良介と天狗一族との戦いもまた単純な勝ち負けでは終わりません。
良介本人は戦後処理は夜の一族に任せるつもりだったのですが、
思いっきり勝者となってしまったので、国盗りのように勢力を吸収してしまう結果に。

本人は孤高の強さを求めているのですが、今のところは真逆を突っ走っております。
剣への情熱もまだなく、探求が続きます。


※やったぜ。ゆゆゆいでたまっち先輩の誕生日イベント発生したぜ!


ほら、言った通りだろう( ゚д゚ )クワッ!!←てのひら返し



※ナハトがジンベエ(ワンピ)を連れてきましたw



ジンベエ「メル友じゃ」


アイシス「あの子、メールが出来るの!?」

トーマ「あの子の場合、音声でメール送信とかできそうで怖いよ……」



※FGOの1000万DL記念の星4鯖交換チケット、リョウさんはもう交換しちゃったでしょうか。
もし交換していないなら、交換期限数日前まで待ったほうが良いかと思うのです。

なぜなら……マーリンピックアップの後に剣豪が始まるかもしれないからですよ!
剣豪ピックアップですり抜けて星4が出てきたら……なんかもったいなくないですか!?
いや、交換期限と剣豪ピックアップが被るかワカンナイですけど。
それにマーリンピックアップの後、第二弾としてプロトアーサーとジャンヌピックアップがあるかも!という噂ですぜ。

まあ自分は既に乳上オルタと交換しちゃったんですけどね。


説得力がないΣ( ̄ロ ̄lll)
でも意見としてはよく分かるので、納得できますw

私も結構悩んだのですが、結局ニトクリスに決めました。
恒常ではあるのですが縁がなく、水着も結局迎えられなかったので(´;ω;`)ウッ…
第二弾は確かに欲しいですよね、マーリン駄目だったので特にw

ただプロトアーサーは正直、あまり惹かれないですね。
いいキャラだとは思うのですが、頑張って手に入れたいというほどじゃないかな。
ジャンヌは当然迎えておりますぜ( ゚д゚ )クワッ!!



※良介がカリーナへの生贄……ではなく、プレゼントとして最近出番のないふなっしーを送り込みましたw 



カリーナ「オワコンですの」

セレナ「粗大ごみ行きですね」


ヴィヴィオ「し、辛辣ですね……」

良介「可愛い物好きには多いタイプだな」



※とある屋台――
女木島冬輔「降りかかる 火の粉払って ぬらりひょん、か…
ただ自分の信条(あじ)を守りたいだけだったってのに災難だよなあんたも。ほら」
(差し出される一杯のラーメン)


良介「うう、この塩味が目に染みるぜ……」

女木島冬輔(味噌ラーメンだけど、何も言わずに肩を叩く)


忍「ちょっといい雰囲気で嫉妬する」

アリサ「分かる



※忍ー、君が補習してる間に良介とアナスタシヤさんが私服デートしてたよー。
>ttp://livedoor.blogimg.jp/are13-kuroko/imgs/a/f/afc36323.jpg


忍「許せん!」

アリサ「珍しく怒っていますね」

忍「侍君とのデートそのものより、私が勉強している間というのが許せないの!」

アリサ「ものすごく学生らしい理由で怒ってる!?」



※ナハトの3秒クッキング〜カレーライス編〜

まずはカレーライスの材料と盛り付けるお皿を用意します。
そしてそれをお皿込みでナハトが食べます。

ナハト「もぐもぐ」

そして手からにゅっと出せば出来上がりです。

ナハト「おー!!」


良介「生温かそうで笑う」

シュテル「なるほど、所感としては実に頷けますね」

ユーリ「味の成分よりも気にするところですか!?」



※超絶極限難易度〜聖王出陣〜とか考えてみる。

良介・ゲージ3(10万、20万、40万) すずか・ゲージ2(30万、60万) アナスタシヤ・ゲージ2(40万、50万)
開始時スキル
良介:悪運の申し子(相手全体に強化無効状態付与・3回、永続、解除不可)
すずか:剣士さんの護衛(良介への弱体無効 良介へのダメージ0 解除不可)
アナスタシヤ:聖王の白旗(良介への弱体無効 良介へのダメージ0 解除不可)

ブレイク時スキル1
良介:ダブルユニゾン(攻撃力・防御力 中UP 解除不可)
すずか:夜の女王(剣士さんの護衛+攻撃力大UP+全ての攻撃に対する耐性を得る+ガッツ1回+毎ターンHP回復・チャージ+1を付与 +弱体無効 解除不可)
アナスタシヤ:貴方の騎士(聖王の白旗+攻撃力・クリティカル威力 大UP+全ての攻撃に対する耐性を得る+ダメージカット中 +弱体無効 解除不可)
ブレイク2
良介:聖王良介(攻撃力 大UP=アギト +防御力 大UP=ミヤ +すべての攻撃に対する耐性を得る・行動不能無効=オリヴィエ +毎ターンチャージ+1=アリシア +無敵貫通を付与=御神流 解除不可)

とかどうでしょう? ちなみにお供2人のブレイクスキルのイメージは公明+マーリンのバフのせ+α



ギミックがなかなか凶悪でワロタ
結構攻撃力よりも防御や回復のパフのほうが厄介なんですよね、このゲーム。
妹さんの護衛ぶりはなかなか徹底されていて、敵に回ると非常に手強いですね。

アナスタシヤさんは原作通りの人間要塞ぶりでしゅごい(゚A゚;)ゴクリ



※夜の一族ピックアップ!!

月夜の歌姫。星5 ヴァイオラ・ルーズベルト 秩序・善
HP 13245 ATK 12385
カードQAAAB
クラス:キャスター


スキル
神代の美貌:自身に無敵付与3回+毎ターンHP回復(3T)+毎ターンNPアップ(3T)
破邪の歌声:敵全体の強化解除+強化無効化状態付与1回+敵の防御力ダウン(3T)
月夜の加護:味方全体のNPアップ+強化倍率アップ(3T)

宝具
我が愛しき君へ捧ぐ歌(ミスティック・ムーン) アーツ
味方全体の攻撃を優位属性へ変化(3T)+クリティカル威力アップ(オーバーチャージで効果上昇)+弱体解除

解説

無敵やHP回復による自身の生存率の高さ、敵の強化解除、味方のNPアップなど、優秀なスキルを持つキャスター。
また強化倍率のアップ、攻撃クラスの変化(攻撃のみバーサーカー状態)など、独自のスキルを持つ。
マーリン、孔明と並んで高難易度で活躍でき、差別化もされている。
スキルで星出し性能をアップ、宝具で攻撃属性を変化させ、クリティカルの威力も上昇。その攻撃サポート能力は凄まじい。

また夜の一族由来の高い身体能力で、キャスタークラスにして高いATKも魅力。
優秀な削り性能をもち、Artsカードの性能も高い。まさに唯一無二の特性を持つキャスターである。

リョウさんの感想とネタ的レスをお願いしたいです!!


回復サポート系としてはずば抜けておりますな。
色んなサポート型が出ておりますが、星5での回復系は初めてかも。
まあ回復というよりパフ系というべきかもしれませんが、能力的には素晴らしいですな。
なんかこう、魔法使いらしい魔法使いになりそうw


良介「最終降臨が気になる」

ヴァイオラ「安心して、脱ぐのは貴方の前だけだから」

良介「世の中には着ている方が興奮するタイプもいる」

アリサ「え、えらいところをついてくるわね……」



※リョウさん!今回も前回と同じく、平成ウルトラシリーズ初期作品、平成三部作の1作品目「ウルトラマンティガ」
の第45話「永遠の命」のエピソードに付いて解説します!
今回はエピソード終盤と少しばかりのシリーズでは当時では史上初だった事の内容です!
エピソード終盤1「ティガ=ダイゴ隊員の選択と覚悟」前回の拍手で解説した様にダイゴ隊員は、「光であり人である」と言うかなり特殊で特異な立ち居地から、
光の巨人=ウルトラマンとしてではなく、人=人間として自分に出来ること、正しいと思えることをしようと決断し、
覚悟と意を決してウルトラマンティガへと変身し!ギジェラの大元の根に向かい、ギジェラを排除、駆除するべく行動を開始しました。
しかし、そんなティガの元にギジェラの花粉による幸福な夢の世界の虜になってしまった、人々がギジェラへの攻撃を止めてくれと悲願し、そして非難を上げる。
と言うシリーズ全体から見てもかなり異例、初と言える戦況となりました。昭和シリーズでなかった、見受けられなかったポイントその1がこれです!
ポイント@「人々の非難の声の中奮闘する、と言う超アウェイな孤独な戦い」です!こんな展回と状況は1996年当時までのシリーズでは無かったんです。
エピソード終盤2「作中世界のウルトラマンとしても異例中の異例、在り得なかったティガ=ダイゴ隊員の行動」
人々の非難の声が響く戦場、それでもウルトラマンティガはギジェラへの攻撃を止めません、そんなティガの行動と戦況の様子を目撃した、
ヌーク親子は、ヌークは驚愕しこう吐きました!ヌーク「人間の選択にまで干渉した光の巨人は、ティガ、君が初めてだ」
と次のポイントその2がこれです!
ポイントA「作中世界の古代のウルトラマン達は太古の当時の最後まで人類の事に関しては干渉しない=異邦人と言う立場と立ち居地を貫き、
ヌーク=また当時の人類のウルトラマンとはそー言う存在だと認識していた」と言う事です!これは当時の視聴者及びファンや、
ティガと違って異星人であった、M78星雲出身のウルトラマン達に対しての認識に通じる物でもあったんです。
エピソード終盤3「夢の世界から抜け出し、辛い現実を乗り越える事を選んだ現代の人類」過去の人であるヌークが現代のウルトラマンであるティガの行動に驚愕する傍ら、
そんなティガの苦しみながらも奮闘するその姿を見た人々はティガに触発されて、段々と正気に、目を醒まし始め・・・・
同じくギジェラの花粉に侵されて戦闘に参加出来ずに居たGUTSメンバーも、シンジョウ「ギジェラを倒そうぜ!みんなで、次の時代へ行こう!」
レナ「そうよ!そのために戦ってきたんだもん!」 ムナカタ「ティガを援護する!!」 シンジョウ&レナ「了解!」
ホリイ「よっしゃ」 と覚醒、正気に戻って決意を固めティガを援護!と言う燃える展回になりました!
ポイントその3がこの人々が覚醒する場面です!ポイントB「幸福な夢の世界よりも辛く苦しい現実を選んだ現代の人類」
です!これは同じ状況に陥りしかし滅びてしまった古代人類(ヌーク親子)、とそれとは逆に幻覚の夢から抜け出して未来を歩む事が出来た現生人類(人々とGUTSメンバー)、
と対比になっているのがポイントです!エピソード終盤4「本当の命とは?」そしてそんなGUTSの援護とサポートによって、
ティガは反撃のゼペリオン光線でギジェラの地表の花を撃破し、更に地下に逃げようとした根っこを捕え、両腕にエネルギーを集めた、
「ウルトラヒートハッグ」と言う全身から熱線を発し、ごく至近距離から敵を爆発させる必殺技で、
ギジェラの本体を焼き尽くし、ギジェラの完全焼灼、撃破に成功しました!がしかし同時にギジェラで3000万年間命を繋いでいた、
テラ&ヌーク親子も消滅してしまいました、しかしヌークは、ヌーク「<短い生>を精一杯生きて、後の者がそれを受け継ぐ。 それを繰り返し成長していく人類。 人間は素晴らしい」
と「(本当の命)を知ることができた」とティガ=ダイゴに礼を言い、そして親子2人は穏やかに消えていきました。
戦いが終わった後仲間達と語らう中でダイゴ隊員は個の様に言いました、ダイゴ「結局選んだのは人間ですよね?」と言い植木鉢にある枯れたギジェラを見つめる。
と言う所でEDを向かいこの45話のエピソードは終わりました。
以上がウルトラマンティガ第45話の終盤とポイントですが、リョウさん如何でしょうか?
前回の拍手でも解説したとおり、このエピソードは全話52話の内のストーリーの終盤と言える話数と言う事もあり、
@当時までのシリーズでは1967年の初代マンから1980年の80まで、
出身地がハッキリとし且つ宇宙人、異星人と言う存在であったウルトラマン達とは全く違う、異なる出自及び世界観で戦うウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴが、
改めてウルトラマンとしての過酷な戦いに覚悟を固める。Aギジェラへの依存から脱却し決別しようとする現代の人々。
Bそしてダイゴ隊員が人知を超えた存在である巨人=ウルトラマンとしてではなく、1人の人間としてギジェラの排除の選択をする。
等等と言った主役のダイゴ/ティガの決断と覚悟の過程描写や、また最終回=最終決戦、最後の戦いが近い、
ストーリー全体が最終章へと向かっていると言う事を示す名編とされているんです。



ウルトラマンとして、人間として成長を遂げたということでもありそうですね。
人間とウルトラマン、二つの面を持ちながらも、
同一の個であるという認識はなかなか興味深いですな。

割り切らなければならない面もある分、本人の立場としては悩ましいものがありそうです。



エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+

posted by リョウ at 21:24| 大阪 ☀| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

拍手

FGO。超絶難易度フィナーレのプロトタイプは、マーリンか孔明のどちらかいないと無理なのでやめておきます>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。




※リョウさん、久々の外見イメージ推薦行ってみます。
まずはカーミラの大人モード。現状はお風呂なのでもう少し凛々しい感じで。

大人モード>ttps://pbs.twimg.com/media/DAbhJRBWAAEF-81.jpg

閃の軌跡3からオーレリア。
銀髪で軍服っぽいところがカーミラっぽいかなーと。


それからずっと気になっていたカレン。
彼女だけ少し旧めの作品で、絵柄が旧めなのもずっと気になっていたんですよね。
そこでよくよく探したらこの人ピッタリじゃないかな、と。

外見イメージ>ttps://pbs.twimg.com/media/CxriO2gVQAEDe6O.jpg:large

ネロ様です。
金髪巨乳はもちろんですが、女帝、暴君、多才、実は可愛いなど共通項も多いので。
もちろん基本的な性格は異なりますが、あくまで外見イメージなのでいいかなと。

嫁入り衣装>http://fatemaster.net/wp-content/uploads/2016/10/4bb4f93080e26b9daf8acfb0ff53ef83.png
社交界ドレスhttps://pbs.twimg.com/media/DF4CF9PV0AAVkPc.jpg

※リョウさん、ガリの外見イメージの2、このあたりの画像はどうでしょうか?
>ttps://pbs.twimg.com/media/C1QC2xJVIAA62-f.jpg

現在のは抱き枕っぽくて歪んでいるので推薦してみました。


推薦、ありがとうございました!
ガリの外見イメージは素晴らしかったので、即採用。
今週中には作業させてもらいますねφ(..)

カーミラとカレンについては、なかなか悩みどころですね。
特にネロは性格こそ全然違いますが、あくまで外見イメージですし、
外見自体の特徴は旧新共に共通点は多いですしね。
ただどのみち差し替えとなってしまうので、難しい問題ではあります。

この辺は是非、皆さんの意見を聞きたいところですねφ(..)



※相変わらずの妹さんの在り方が尊いね。

※妹さんの健気さがいいね。
リョウさんキャラ設定ですが、すずかの大人モードにアリサの大人モードを上書きしてしまっていますよ。

※妹さん、強い!! そして可憐だ!!


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
イメージ部分については、後日修正させていただきますねφ(..)

今回は夜の一族の王女と天狗の長との死闘。
足りない経験を才能で補い、妖術に対して魔法で対抗する形で奮戦。
技術と、何よりも格の違いで勝利を収めました。
すずかは良介の護衛である事に徹底しているので、天狗の長からの指摘については特に賛否もありません。
孤高の存在は、他者の思想になど惑わされたりはしないのです。




※管理人様へ:ヴァンドレッド小説の感想
あの星の人がテレパシーで会話するのは覚えてたんですが、
それが刈り取りの結果だとは……視聴当時はそんなこと全く思いませんでした。
(アニメの内容を細かいところまで覚えてないので作中で言われていたかもしれませんが)
今度DVDでも借りて見直そうかと思います



ヴァンドレッド小説の感想、ありがとうございます。
声については原作通りですね。
声なんてどうやって奪ったのか、不思議で仕方ないですけどねw
その辺についても、小説で触れていこうと思っています。

もう随分前の作品なので、私も都度アニメを確認しながら書いていますねφ(..)


※ナハトがエクスカリバーを拾ってきましたw



ナハト「ほじほじ」


トーマ「砂場でスコップ遊びしてる!?」

アイシス「解放しない限り、普通の剣だもんね。罰当たりな気がしまくるけれど」



※ネロ祭の高難易度、一番難しかったのは山の翁かなー。
あのクエだけがタイミングが合わなくて令呪使ってしまったし。

リョウさん、超絶難易度のフィナーレのプロトタイプですか、フレにギル(礼装は限突二神)。
という方がいれば意外といけますよ。とにかくギルにバフを重ねてエアです。
できれば一巡目はアルトオルタまで一度に仕留めます。
二巡目は天草の宝具が来る前にエア。
注意点はオジマンやネロが皇帝特権を重ねているとエアでもダメージが通りにくいところ。
強化解除かスキルの切れ目を狙えればいいですね。

※今年のネロ祭の高難易度クエスト一番難しかったのは山の翁な気がしますね。
ただどのクエストもやっぱり頭使うので楽しかったですねw


私も今年の高難易度クエストで一番難しかったのは山の翁ですね。
少なくとも令呪無しでのクリアーは不可能でした(一画使用)
宝具を喰らえばほぼ確実に即死してしまうのが、特に厄介ですよね。
BBちゃんか山の翁なら防げますけど、通常攻撃も痛すぎるので殺されてしまうのです。

私はフレ玉藻ちゃんで時間を稼いで、何とか攻略することが出来ました。
あの子のスキルや宝具が有能過ぎて、本当に助かりましたよ(´;ω;`)ウッ…

攻略情報、ありがとうございました。
ただ超絶難易度のフィナーレのプロトタイプ、これは現状攻略は無理そうですね。
ギルか天草での攻略が理想そうですが、両方持っていない上に孔明やマーリンが不可欠でしょうから(´;ω;`)ウッ…



※白旗への依頼
聖王様!! どうか意中の女性を口説く方法を教えてください!!



良介「下駄箱にラブレターを入れておくのだ」

ヴィヴィオ「どうして靴の中に入れるのですか、パパ?」

アインハルト「大切な手紙が汚れてしまうのではありませんか、ヴィヴィオさんのお父様」

アリサ「古い!? 古すぎて現代っ子知らないわよ!」


※アプリゲーム「ゆゆゆい」で毎回キャラの誕生日イベントが開かれていますが、
タマッっち先輩のはやらないんでしょうか?
丁度文化祭の時と誕生日の時期が被っていたものですから・・・・。


結構被っているとやらないものですよ、アプリゲーム。
一緒にやればお得と考えるのはユーザー側の希望であって、
運営側としては二つ同時にやるのは損だと考えそうですからね……困ったものです(´・ω・`)



※ネロ祭裏フィナーレ〜超絶極悪難易度〜 主とメイド

構成は良介とノエル。
良介(ブレイクゲージは3本(それぞれHPは100万、120万、150万)、永続解除不可で攻撃力&防御力アップと無敵貫通とガッツ3回(50万回復)と毎ターン宝具チャージMAX、あらゆる攻撃に耐性(ノエルを倒すとこれは解除)、宝具は敵単体に超強力な攻撃)
ノエル(ブレイクゲージは3本(それぞれHPは120万、150万、200万)、永続解除不可で防御力大アップとターゲット集中とガッツ3回(80万回復)と毎ターンHP10万回復、2ターンに一回宝具、宝具は防御力極大UP(1ターン)、無敵付与(1ターン)、HP回復(20万))

運営がネタで作った極悪難易度、クリアできるかどうかは不明www


まさか前回のネタ拍手に、構成を練ってくださる方がいるとは思いませんでした。
拍手、ありがとうございました。こいつは恐るべき戦力。
マーリンと孔明、もしくはジャンヌあたりがいないと長期戦は困難ですね。
宝具やスキルによるでしょうけど、ブレイクシステムがやばい。


忍「ノエルのガードの固さが異常」

ノエル「貞操観念がモチーフとなっております、忍お嬢様」

忍「ガードの固さに定評あっても、鉄壁は逆に男ウケしないよ!?」



※ガリが良介のメイドに就任したそうですw 
ttp://blog-imgs-50.fc2.com/2/g/i/2gigenchan/image_20130522234129.jpg

ガリ「履歴書を持ってきました、よろしくお願いします」

アリサ「あ、貴方もこりないわね……有名な作家さんなんだから、兼業は困るんだけど」

ガリ「あの人の補佐はライフワークですので」

アリサ「あっさりやりそうだから嫌だわ、淡々とエロいこと受け容れそうだし」



忍が弁当を忘れたので良介がいやいや届けたら騒ぎになったそうです。
>ttps://pbs.twimg.com/media/DJZnQWcVoAECcBr.png
これの逆バーションw


南先生「まーた君ですか、今度はガッツリ補修を受けてもらいますよ」

良介「しまった、女子トイレ事件のほとぼりが冷めてなかった!?」

忍「現在時間で五年以上前だけど、作中ではまだ半年経過してないもんね」



※リョウさん!今回も前回と同じく、ウルトラマンティガ第45話「永遠の命」の内用を解説したいと思います!
このエピソードはウルトラマンティガ=ダイゴ隊員の重い覚悟と、そして平成ウルトラシリーズ初期の三部作で示された、
[ウルトラマンの力を手に入れた、持ってしまった地球人=人間]所謂、[人間ウルトラマン]と言われるウルトラマンの真骨頂を描いた見所、
ポイントを解説したいと思います!
1「人間=地球人は太古から何も変わっていない?」前回の拍手で解説した様にこの作品の物語のファクターと最大の謎である、
「超古代文明は如何して滅亡、滅んでしまったのか?」、と言う最大にしてこの作中世界の最大の謎と伏線ですが、
それは前回で解説したようにその時代の当事者である、3000万年前当時の人類、超古代人類の生き残りであるテラ・ヌーク親子によって、
@現代の人類と同じ様に古代の人類もギジェラの花粉が齎す快楽の幻覚によって、 幸福な夢の世界から抜け出せず依存してしまった事。
Aそして古代人類はギジェラの花粉による幸福の夢の世界を選び、 戦いを放棄してしまい自ら滅びる選択をしてしまった事。
Bその夢の世界に陥っている間に「巨大な悪」、「巨大な闇」と評される存在によって、滅ぼされてしまった事。
Cそして当時の地球人=古代人類と地球文明を守護していた、 光の巨人=古代ウルトラマン達は「ウルトラマンは人類の選択には干渉しない」、
と言う方針と立場から地球での自身達の存在意義を失い自らの身体=石像を残して、地球から去って行った。
の4点が明かされました。この衝撃すぎる古代の真実にダイゴ隊員は唖然とショックを受け、
そして当事者のヌークはこう言いました、ヌーク「久しぶりに戻ってきてみたが、人間は3000万年前と何も変わっていない」
そしてギジェラが活動を停止する夜間にギジェラを燃やしてしまえばと言うダイゴ=ウルトラマンティガに、
ヌーク「しかしねティガ、人間の欲望はギジェラの根より深いよ?」と言いました。
2「ギジェラを求めて苦しみ、そしてそれを奪い合う人々を見て苦悩するダイゴ」ヌークに地球人=人間の欲の深さの心理を言われたダイゴ隊員は、
街をさ迷い、そしてウルトラマンと地球人のクォーターの子孫である為、自身には何も影響が無いが・・・・、そうではない一般人の市民の人々を目撃して、
ダイゴ隊員は如何すればいいのか?と深く苦悩します。
ポイント1「ウルトラマンは唯の巨大な力で意思は無く、決して答えてはくれない平成シリーズ初期」
さてまず最初のポイントですが、リョウさんの様な昭和世代に馴染みがあるM78世界、シリーズでは、
ウルトラ兄弟達は1人で戦っていると言う認識が強いと思われますが、でもですねリョウさん実際はそうではないんです!
ちゃんとシリーズ全体を見ていると、視聴していると解るんですが、ウルトラ兄弟達はいざって時は義兄達や父母、そしてキングが援護、手助けしてくれました、
恒点観測員として地図を作成する傍ら地球防衛をする決心をしたセブン以外は、初代マンはゼットンに敗れた時にはゾフィーが、
ジャック(新マン)はべムスター、ナックル星人&ブラックキング、バット星人&2代目ゼットンの時に、
セブンからウルトラブレスレット、初代マンは自身の経験からゼットンの危険性、と其々貰い又は救援と助言を。
エースはゾフィー、マン、セブン、ジャックと4人の義兄とそしてウルトラの父に。
タロウは5人の義兄達と両親に。そして昭和で最も過酷な戦いをしたレオも実弟のアストラと伝説の超人のキングに。
とウルトラ兄弟達は時折に兄達や父母キングに助けられていました。
これはM78世界のウルトラマン達が我々と同じくちゃんとした個としての意思と命を持った生命体、宇宙人、異星人と言う存在だったからです。
がしかしそれとは違って平成シリーズ、特に初期の平成三部作では、「ウルトラマンは意思が無く唯の巨大な力」と言う位置づけだったので、
このダイゴ隊員の様に三部作の主人公達は深く苦悩し自身で答えを出さなければならない。と言う環境と立ち居地だったんです。
3「巨人=ウルトラマンとしてではなく1人の地球人、人間として・・・・!」
街での人々の有様を見たダイゴ隊員は心を痛み、深く苦悩し悩み迷いますが、ダイゴ隊員はある選択を、覚悟を決めて答えを見つけこのセリフを言いました、
ダイゴ「ダイゴ。お前の正しいと思ったことをやれ!」と自分の、自身のやるべきことを掴んだダイゴは覚悟を決め、
スパークレンスを掲げティガへと変身しギジェラの根元に向かいました!
4「人としての答え」ヌークから古代文明と古代人類滅亡の真実、古代のウルトラマン達が取ったウルトラマンの存在意義、
これ等の事情と現代の人々が過去、古代と同じ道を進もうとしている状況を、ダイゴ隊員はかつてユザレが言った、
「光であり人である」と言うそんな自分に出来ること、正しいと思えることをしようと3でのセリフの下、
ウルトラマンとしてではなく、地球人として、1人の人間として、ティガに変身したダイゴ隊員はギジェラを処分、始末することを決断したんです!
そしてこれもまたシリーズ史上初と言える、人々から非難される中を戦うと言う物でした。
以上がこのエピソードの最大の見所にして、1996年から1997年当時までのシリーズでは無かった、存在しなかった展回ですが、
リョウさん如何でしょうか?
この展回ができたのは、@ウルトラマンティガが従来のウルトラマン達とは異なる出自と世界観であり、
Aティガ=ダイゴ隊員が「光であり人である」、光=ウルトラマンでもあるけれど、人=1人の地球人、人間でもある。
と言う当時までは宇宙人・異星人=異邦人であるウルトラマンでは決して出来ない、やってはいけないと言う事を暗示しつつ、
そしてこの様な選択と行動が出来たのはティガ=ダイゴ隊員が、古代ウルトラマンと古代地球人のクォーターの子孫、
ウルトラマンでもあるが人間でもある。と言う立場、立ち居地だったから出来たと言えこれが平成三部作の見所、
人間ウルトラマンの真骨頂であり最大の特徴だと、1996年〜1997年の放送から21年経った今でも評価されているんです。



人であるのか、光であるのか――
私個人はウルトラマンと人とは心こそあれど、違う存在であるとは思っています。
差別や区別ではなく、ヒーローとしての在り方であってほしいという願望ですね。

この辺は仮面ライダーと同じく、宿命といえるのかもしれませんな。





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 20:28| 大阪 ☀| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

「Eternal Advance Chapter 22 "Singing voice of a spirit" Action13 万事」予告編

FGO。ボックスを回しまくる日々、スキル石だけではなく種火も集まるのは嬉しい(´・ω・`)>挨拶









*****


 カイ・ピュアウインドは打撲こそ酷かったが、怪我自体は重症とまではいかずに済んだ。それが幸運でもあり、不運でもあった。
大怪我こそ負わなかったが打ち所が悪く、行動不能となってしまったのだ。立つことも出来なかった彼は、惑星の住民の手で運ばれた。
意識はあったので恐縮しきりだったのだが、遠慮しても無意味なので黙って運ばれていった。彼が抵抗もしなかったのは、この惑星の事を知っていたからだ。

死の商人、ラバット。ミッションで同盟を組んだ彼が、同盟者に対して気前良く情報を提供してくれた。


『人手が欲しいってんなら、お前らの所の近くにも人が住んでいる惑星があるぜ』
『タラーク・メジェールから近い惑星か。故郷では貧民育ちだからかもしれないが、そんな星があるなんて聞いた事がなかったな』

 タラークでは三等民、労働階級だったカイに与えられる情報は少ない。日々の教育も満足されない国民性、貧民は奴隷に等しい。
彼らに必要なのは知識ではなく、健康な肉体である。肉体労働さえ出来れば、教育なぞ必要ないのだ。
当然メディア関係にも軍事国家より徹底した規制管理がされており、彼らが望む一方的な情報しか提供されない。

そうしたタラークの国家体制を知っているのか、ラバットも別段追求したりしなかった。


『少なくともお前らん所の上の連中走っているだろうよ。植民船で旅立った連中を祖としているからな』
『マグノ婆さんと同じ、植民船時代の仲間か。婆さんは知らなかったのかな』
『植民船といっても当然、一隻じゃねえからな。全員揃って仲間意識を持てというのは無茶だろう』

 苦笑い気味のラバットの感想に、それもそうだとカイは肩を落とすしかない。
百五十人が乗るニル・ヴァーナでも、全員揃って家族付き合いとまではいっていない。仲間意識はあっても、全員が友達ではないのだ。
マグノも当時はまだ少女時代、大人達に囲まれた植民船生活を送っていたのだ。既に覚えていない人間の方が多いだろう。

ラバットの言い分にはひとまず納得したカイだが、疑問は残っている。


『タラークもメジェールも、人の住める環境を望んでいる。その星に人が住めるのであれば、その……
移住とか、考えないのか。主義主張あれど、お互い長年争うほど困っているのに』

*****





『お前は今、この可能性も考えたんだろう――どうしてその星に、"侵略"しないのか』






エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:13| 大阪 ☁| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

拍手

FGO。去年と同じく、フィナーレに大苦戦。まさか二年続けて苦戦させられるとは(´;ω;`)ウッ…>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。




※シグナムさん、突然ですが貴方に依頼が来ました。内容はアニメ「賭ケグルイ 」のEDの出演依頼です。
何でもコミック「賭ケグルイ 」の最新巻で主人公が現在動けないとのことなのでEDに出れないとのことです。
ちなみに既にさる方が既に申し込んだと言っておられました。


良介「バイト料ははずむと言っていたぞ」

シグナム「その言葉に感謝を述べるべきか、罵倒するべきか。
一定の職に就いていない身としては非常に悩んでしまう」

はやて「水着モデル等の方面にはいかへんところが、硬派やね」

アリサ「……このアニメの場合、硬派というのもまた違う気がするわ」



※今回良介自身はあんまり動いてないね。

※なんか今回は良介自身が闘ってる感じが薄いですね。
やっぱり熱意がないからかな?

※聖騎士さんと妹さんすげぇwww やりおるわw



小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
良介は今回指揮官として戦っているので、一介の剣士という立場では挑んでいません。
とはいえ天狗の長との因縁はあくまで個人的なものなので、
戦争と決闘の境界線を踏み越えないように、節度を持って戦っています。

ということでお読み頂いた通り、今回主役となって戦うのはすずかさんです。
彼女もまた、成長しています。



※ヴァイオラさんがお嫁さんにしたい女性ランキング一位に選ばれました。


良介「コメントを聞かせてください」

ヴァイオラ「既婚者ですので」

良介「既婚者ではないだろう、少なくとも!?」

アリサ「自分の中で立場がはっきりしているからね、この人も」



※ナハトが赤いポーネグリフを拾ってきましたw




ナハト「いーろはーにほーへと」


トーマ「落書きしちゃ駄目!?」

アイシス「そういえば壊せないけど、上から書くこと自体はできるのね」



※良介がネロ祭にノエルと参加するようですw


良介「ふふふ、ノエルと俺が組めば優勝間違いなし」

ノエル「光栄です、旦那様。無敵メイドの役割を全うしましょう」

良介「何だそれ!? わっ、俺にもジャパン侍の看板がかかってる! 
だれだ、こんな名をつけたのは!」


ネロ「余だよ♪」

アリサ「……それがやりたかっただけでしょう」



※フィアッセの両親から良介へ婚姻届けが送られてきましたw



良介「ぐっ、ご丁寧に日本の婚姻届を用意するとはやるな!?」

ヴィクトーリア「しかしながら詰めが甘いですわね。
わたくしほどの花嫁であれば、世界を超えて渡しに行きますわ!」

ヴィヴィオ「わっ、堂々と家の中にまで乗り込んできた!?」




※リョウさん!今回も前回から引き続き、平成三部作第1作品目、「ウルトラマンティガ」第45話「永遠の命」関する解説をします!
今回はゲストキャラ及び、この作品物語の確信、真実に関する事実です!
1「第2話でのユザレの言葉の意味と伏線の解答」まずはこの45話のエピソードでのゲストキャラの所載です!
テラ 分類:超古代人 身長:不明 体重:不明 出身地:地球(太古の時代)演:金綱理香
今回のエピソードのゲストキャラで分類の通り、このティガ世界の太古の地球にかつて存在し、そして作中の重要な要、
キーワードである「3000万年前に存在した超古代文明」を築き上げた、有史以前、太古の地球に存在した、
超古代人の少女です!ギジェラを調査するダイゴ達、特捜チームGUTSの前に現れ、以前の拍手でも解説した様にギジェラの人類、地球人には大変恐ろしい、
脅威と言える生態を教えました。
ヌーク 分類:超古代人 身長:不明 体重:不明 出身地:地球(太古の時代) 演:佐渡稔
超古代人テラの父親でGUTSの本部である、ダイブハンガーに娘のテラを迎えに来る為にダイゴ隊員の前に現れました。
ダイゴ隊員に人間の、人類の果てしない欲望の巨大さと、自身達が暮らしていた時代の事実と最終回のラスボスの存在の伏線を教えました。
2「第2話でのユザレが言った、他の土地へ向かった者」さてこのヌーク・テラの父娘の親子ですが、
ご紹介したとおり、この親子は3000万年前の、太古の地球にて文明を築き上げた、当時の人類=超古代人です。
この親子が第2話「石の神話」で同じ当時の人類、超古代人の、ユザレの人格を模したホログラムがダイゴに言った、
[ある者は滅び、ある者は他の土地へ向かった]、と言うセリフの[他の土地へ向かった]者の達の内の1人と言う事です!
第2話から約44話分に置いての伏線の回収、解答となりました。
ですが何故?3000万年前の人間が宇宙人やウルトラマンでもないのに、3000万年経った21世紀の現代に存在、生きているのか?、
と疑問が湧くと思います。これも以前の拍手で解説したギジェラの生態の通り、
[ギジェラのエキスは人間に麻薬、ドラッグの様な効果をもたらす他に、人間の脳細胞を半永久的に活性化させる]、
と言う作用、効果があると言う事です!それを利用してこの古代人の親子は父娘共に全身をサイボーグ化、
改造人間となってギジェラエキスをエネルギーとして、不老不死となり当時の文明の崩壊と滅亡から生き延びて、
当時から3000万年経った現代まで生きてきた。と言う事なんです!
確信のポイントその1「超古代文明と超古代人類の大多数が滅んだ理由」このストーリー、物語に置いての重要なファクターである、
[3000万年前の超古代文明は何故滅び、滅亡したのか?]と言う謎ですがこの親子の父親である、
当事者であるヌークが真実(の一部)を明かしました!超古代文明が滅んだその理由は、[超古代人は自ら滅びる選択をした、してしまった]と言う物でした!
ど言う事か?と言うとですね[3000万年前の超古代文明は何故滅び、滅亡したのか?]
A以前のギジェラの解説での最初でのダイゴ隊員の遺伝子、DNAに刻まれている、ダイゴ隊員の先祖、始祖であるウルトラマンティガ本人の記憶の映像、当時の風景、
3000万年前の都市と思われる風景に幾つ物のギジェラの花が咲いている風景です、この事から3000万年前当時にもギジェラが咲いていた、咲いた、
そして現代の人々の様に、ギジェラの花粉がもたらす、麻薬、ドラッグと言える吸った者に強烈な快楽と幸福な夢の幻覚を見せる効果、
によって当時の人類、人々も幸福な夢の幻覚に堕ちていった。と言う事でして、ですが現代のダイゴ隊員の様に所謂、
リリカルなのはの主人公のなのはの様な[不屈の心]、又は[黄金の精神]とも言われる、
一部の心、精神が強固な者達も居て、ギジェラが活動を停止する夜、真夜中の内に、ギジェラを燃やしてしまおう!
と多くの者に呼びかけたみたいなんですが・・・・、しかし当時の人々はギジェラのもたらす幸福の夢の世界から抜け出せず、
ギジェラの花粉に依存して無防備になってしまい、そして当時の人類は[最後にやってきた巨大な悪]、
又は[巨大な闇]と評される存在によって、ユザレやマサキの先祖、ヌーク親子、そしてダイゴ隊員の人間側の先祖と言った一部の者のみが、
命辛々生存して生き延び、栄華を誇った超古代文明とその文明を築き上げた、人類の大多数は滅亡、死亡し、
そして超古代文明は滅亡し永久の時の中に消え、忘れられた。そして現代のダイゴ隊員達の時代、
作中世界の21世紀、西暦2007年から2010年の時代まで、再び文明を築き上げた。と言う事だったんです!
物語の確信ポイントその2「光の巨人=ウルトラマンの立場とその本質」そして最後に最も重要かつ注目である、
第2話でのダイゴ隊員、及び43話&44話でのゲストキャラの、タンゴ博士が言った、
ダイゴ「あんなに沢山の巨人(ウルトラマン)が居たのに、君たちを守りきれなかったのか?」、
タンゴ、「超古代人にはウルトラマンがいたのに滅亡してしまった。」、タンゴ「ウルトラマンは何もしてくれなかった、だから」、
の数々の疑問ですが、しかしユザレはこの現代の者達の疑問と不信感に対して、第2話で既に答えていました、それが、
ユザレ「ウルトラマンは人類の選択にまで干渉しない、何故なら彼らは光だから。」、と言うセリフ、言葉です!
この言葉が古代の真実とこのティガ世界のウルトラマン、そしてシリーズとしても、初代から続いていた制約でもあった
と言う事でもあったんです!この世界のウルトラマン達及び当時までのウルトラマンは、
@M78世界の異星人、宇宙人であるウルトラ兄弟達と同じく、 あくまで第三者、異邦人の立場で戦っていた。
AそしてM78星雲のウルトラ族との違いは、この世界のウルトラマンは光の象徴的な存在、所謂光の化身の様な存在でもあった。
B上記の@とA、異邦人と一種の超常的な自然現象の化身の様な立ち位置、 立場でもあった為に当時の地球人の滅びると言う選択にまで干渉、横槍はせず、
彼らの意思を優先、尊重して地球での自身達の立場と存在意義を見失い、 そして宇宙へ、星雲へ帰って行った。
と言う事だったんです。 以上が超古代文明とこの世界のウルトラマンの行動ですが、リョウさん如何でしょうか?
この回まで謎だった超古代文明滅亡の謎の解答は、@当時の人類はギジェラの花粉による幸福な夢と言う快楽、幻覚の中に溺れ堕ち、
その幻覚の中から抜け出せず、そしてそのままある存在によって滅ぼされ。そして古代ウルトラマン達の行動の有無は、
Aこの世界のウルトラマンはM78世界の異星人、宇宙人であるウルトラ兄弟達の様に、 第三者、余所者の異邦人であり、そして人の心の光の化身の様な存在、
神の様な存在であった為に地球人の種族としての選択にまでは干渉しない、横槍をしない、 と言う立場と種族としてのある種の掟を持っていた為に戦いはするけれど深くは関らない。
もっと大雑把に簡素に言うと内政干渉まではしない。と言う事だったんですよ



幸せな夢を見せるというのはある種、一番残酷ですよね。
コードギアスでも夢を見せる薬としてリフレインという麻薬があって、
幸せな夢の残滓に苦しめられると話もありました。

日々一生懸命生きていると、時に懐かしい過去を振り返ってしまう事もありますな。
楽しかった、あの頃を。






エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 22:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

拍手

FGO。1000万DL記念でセミラミス様が来てくれないかな( ´・ω・`)>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※管理人様へ:ヴァンドレッド小説の感想
この辺りは原作と同じですね。しかし大気圏突入して無事というのは、カイも蛮型もすごい頑丈ですよね
蛮型に載せてあるペークシスがカイを守ったのかな



ヴァンドレッド小説の感想、いつもありがとうございます。
スーパーヴァンドレッド誕生により、蛮型もヴァージョンアップしていますからね。
大気圏突入可能となっていたお陰で、何とか助かりました。

勿論、ペークシス搭載も大きな要因となっているのは間違いないですね。
蒼と紅、二つの光はいつもカイを守っています。



※娘たち大活躍だね。

※良介はまだ自力で薙旋を放てるわけではきたいないんですね。今後に期待かな。

※良介がんばれ!! いつか自力で奥義を取得してほしいぞ!!


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m

今回は良介の成長の秘密と、シュテル達なりの成長面を書かせていただきました。
戦力自体は白旗が圧倒的ではありますが、
シュテル達の場合はむしろ心境に大きな変化が訪れています。
いみじくも良介が知った絆の強さを、自分達なりに消化している感じですね。

個人でも強いのに、集団戦さえもこなせるレベルに達しております。



※クイーンファイターアマゾンエルダーの全身イラストキタアアアアアアア!!!
@FateStrangeFake3巻
これでアマゾンヤンガーとのコンビイラストがピクシブに増えるよ!


検索してみたら早速あってワロタw
(コンビイラストそのものじゃなかったですが)
森井しづき先生のイラスト、好き(;´Д`)ハァハァ



※ナハトがカブトムシを捕まえてきましたw



ナハト「じー」


トーマ「食べたら駄目だよ!?」

アイシス「その心配、分かる。あの子、何だか齧り付きそうな無邪気さがあるのよね」



※ふと思ったのですが、妹さんとセッテ、どちらがハサン(山の翁)になったらヤバそうですかね。
2人ともアサシンの才能はあると思うんですよ、能力的にもヤバそうですし。
個人的には妹さんのほうがヤバそうだなーとは思うんですが、ご本人的にはどうなんでしょう。
リョウスケの命令なら嬉々として(勘違いだとしても)躊躇いなく命を奪うと思うのですが。
あれ、セッテも似たようなもんかな……


妹さんよりセッテの方が似合いそうですね。
あの子は物静かな忠義者であり、陛下のためなら平気で手を汚せますからね。
妹さんは敵を倒すよりも良介を守ることが主体なので、
命令があればやるかもしれませんが、主体的には動かない子ですな。


※白旗が調べたバハムートの生態
>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm30845632



アギト「――こんな感じで大空を暴れ回る化物だったんだ。そいつをアタシがやっつけたって訳だ!」

ヴィヴィオ「おおおおおお、凄い、凄すぎます!」

アインハルト「ワールドチャンピオンの私の次に素晴らしい戦績ですね!」


良介「……いくら何でも誇張しすぎじゃねえか?」

アリサ「子供相手には見栄を張りたいものよ」



※エレノアさんに渡されたセクシーな勝負下着で、ヴァイオラが良介の布団に忍び込んできましたw 


良介「……忍び込む必要まではないんじゃないか?」

ヴァイオラ「日本人の文化でしょう」

良介「男女が逆転している!?」



※良介が公園でナハトとサッカーをやっていると、
偶然通りかかったハリルホジッチ監督にスカウトされる。
そのまま良介は日本代表に選ばれゴールを量産、ワールドカップへの出場を決めましたw 


アリサ「途中経過がすっ飛ばされていて草」

忍「侍君って足は苦手なんじゃないの?」

良介「剣を足とする、一本足打法よ」

忍「反則だから!?」



※迫りくる隕石、良介は剣に力を籠め、振るう!! 
良介「威国!!」

実は妹さんと一緒に特訓して習得していましたw


アリサ「あれって槍じゃないの……?」

良介「槍を足とする、一本足打法よ( ゚д゚ )クワッ!!」

すずか「流石です、剣士さん」

アリサ「なんでもイエスマンはやめて!?」




※リョウさん!今回も前回と同じく、平成三部作第1作品目「ウルトラマンティガ」全話52話の、第45話「永遠の命」の解説をいたします!
まずは用語としてゲスト怪獣の解説です!これもまた非常にヤバイ、人類滅亡案件の怪獣です!
超古代植物ギジェラ 身長:53メートル 体重:4万2千トン 出身地:超古代から現代までの地球
ティガ第45話にて登場したこれまでのシリーズでも見られた植物怪獣です。
ティガ世界に置いて「人類が滅亡するとき」に咲くという花で、ホリイ隊員は「これまで地球上では見られなかった新種」として作中で分析と解析をしましたが、
このエピソードのゲストキャラの1人である少女のテラによれば「地球産の植物」とのことです。
生態1「このギジェラと言う花、植物はティガ世界の太古の地球にも、それも多く咲いていた」
まずこの植物怪獣ですが、この植物は、作中に置いてこの植物、花を見たダイゴ隊員は自身には見覚えないのに、
何故か見覚えが、デジャブウが、見知っている?と言う状態になったんです。
その認識、状態を知るために自身の身体の中に存在する、自身の遠い先祖、始祖であるウルトラマンティガと言う、
ウルトラマン本人の血統、遺伝子、DNAに刻まれている、眠っているリリカルなのはの古代ベルカの血筋、血統を引くヴィヴィオやアインハルト達の様に、
所謂、先祖の記憶が遺伝子レベルで刻まれていると言う、記憶遺伝子からこのギジェラと言う花、植物に関しての太古の記憶を呼び覚まして、
事実と情報を知りました!ダイゴ隊員が先祖のティガ本人の古代の記憶遺伝子から得て解った事は、
ウルトラマンティガ本人が戦っていた頃の時代、3000万年前当時の地球で、ティガ本人が見たであろう3000万年前の古代文明の都市の記憶映像で、
その記憶映像には、爆炎に、炎に包まれる、炎を背景とするティガ本人が見た、ティガ本人が当時見ていたであろう、
3000万年前に栄えた超古代文明の都市の1つと思われる都市に、現在の物よりも巨大なギジェラの花があっちこっちに在る?!、
古代の都市に多く咲いている・・・!と言う3000万年前当時の記憶映像でした、
この先祖の記憶遺伝子から情報を得た子孫、末裔のダイゴ隊員は、このギジェラと言う花、植物が自身の先祖、ウルトラマンティガ本人が戦っていた時代、
3000万年前の太古の時代、当時の地球にも、それも今と違って多く咲いていた事を知りました。
生態2「明かされたギジェラの恐ろしい能力と生態」ゲストキャラの少女テラ、及びその父親のヌークによると、
ギジェラの放つ花粉には、地球人=人間を幸福の夢へと誘う幻覚を見せる作陽があり、
これによって齎される快楽は人を溺れさせて人間を堕落させる、更に夜間ギジェラの活動が弱まり幻覚から醒めても花粉を吸った人間は、
ギジェラの花粉の効果に依存するようになる。 と言う所謂、現代で言うとヤク中の状態になってしまう、
つまりギジェラと言う植物は現代で言う所の麻薬、ドラックみたいな物と言う事です。
唯例外もあるらしく、人から巨人になった者、つまり人間からウルトラマンになった物には効果が無い、
つまりウルトラマンには効かない、効果を及ぼさないと言う事です。
生態3「ウルトラマン化した者には無力でも常人、人間にとっては非常に脅威な生態を持つ植物には、実は意外な作用があった」
2でのギジェラの我々地球人、ウルトラマン化していない常人には抗う事が非常に困難な性質を持つ、吸った人間を快楽の夢へと誘う植物ギジェラですが、
ですがギジェラにはもう1つ、意外な作用、使い方がありました!
それは、ギジェラから抽出されたエキスには「人間の脳細胞を半永久的に活性化させる」と言う、作用がありこれを使用した使用者は不老不死、(永遠の命)を得られる。と言う物です!
これには驚きですね!
生態4「成長しきったギジェラの生態」そして成長しきったギジェラの本体、根っこと言える部分は、
植物怪獣と名づけられているらしくまるでゴジラのビオランテの様に、@花粉を攻撃手段として使う。
A蔦や電撃などの防御手段を持っている。等です!
@の花粉攻撃に使う花粉は腹部にある花のおしべから出し、またこの花粉は通常の倍以上の幻覚を見せる効果があり、
Aは花の本体の中にある怪獣だと言う事を解らせる、恐ろしい顔を使った噛み付き、放電、電撃は触手で向かってきた者を攻撃、迎撃する。
と言う物です!またこの本体、巨大な根っこがある物の花が咲くと永遠に人類は夢に溺れるという。
言われています。これは@の通常の倍以上作用をもたらす花粉の事と思われます。
以上が作中で咲くと地球人類が滅ぶ時、滅亡する時に咲くと言う、上記での恐ろしい生態を持つギジェラですが、リョウさん如何でしょうか?
この植物、植物怪獣の恐ろしい所は、この麻薬、ドラックみたいな作用もなんですが、
もう1つ恐ろしいのはその植物としては異常と言える驚異的な繁殖力も驚異的でして、
作中では1つ咲いただけで直ぐさまティガ世界の地球全土に咲くと言う場面を見せたんです。
対処法は植物なので炎、火炎で燃やしてしまえば良いんですが、それを使用とする者に反応して花粉や電撃触手で攻撃し、
そして人間からウルトラマン化した者には全く平気でも、常人には抗い難い花粉の麻薬、ドラック効果と、
驚異的な繁殖力も合わさって人間には非常に恐ろしい植物なんです。



ワンピースのロギア能力者といい、
有害な自然現象を起こせる能力者ほど怖いものはないですよね。
考えてみればウルトラマンは基本真っ向勝負なので、特殊な能力を持たない分厳しい戦いになるのかも。

シンプルであるが故の強さというのも当然あるでしょうけどね(´・ω・`)



エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 22:04| 大阪 ☁| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

拍手

FGO。1000万DL記念でセミラミス様が来てくれないかな( ´・ω・`)>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※リョウさん、日記更新されてない気がします。


ご指摘、ありがとうございます。
早速投稿させて頂きました。拍手返信して投稿ボタンを押すのを忘れてました(;´・ω・`)



※良介かっけぇー!! こういう良介が見たかった!!

※プレセアはもちろんですが、天狗の親分も半端なく強いですね。
そして良介の勇姿も最高です!! 巨大隕石を純粋な剣技で木端微塵とか痺れます!!

※剣を捨てて――剣への想いを捨て去ってこそ、極地へと至れる。
リョウさんすまない、この意味を解説してもらってもいいですか? 
良介は剣にこだわるあまり、逆にその思いが枷になって剣が鈍っていた。
剣は剣であり、それ以上でも以下でもないと認識したからこそ、余計な力が抜けて境地に至れた。

というような認識で大丈夫ですか?

※薙旋を放った技術そのものは良介の実力。
成長が嬉しいです。
そう言えば本来は二刀の技ですが、良介は一刀で放ったんですが?
それとも風を刀状にして二刀で?

※リョウさん、

「人魔一体」
『ネフィリムフィスト!』
 ――天狗という語は、中国において凶事を知らせる流星。
一秒経過。竹刀を抜き放って、荒御魂オリヴィエ・ゼーゲブレヒトを解放する。

とありますが、ネフィリムフィストは違うんではと思いまして。
ネフィリムフィストはオリヴィエを憑依させて戦う技ですよね。
この場合オリヴィエを体に憑依させてしまえば剣からは抜けてしまいますし、
剣術を使う上では体捌きに齟齬が出てしまうような。

や、あくまで私の認識なので、間違っていたら申し訳ありません。

※オリヴィエを解放し剣を竹刀から真剣へ。
アギトとのユニゾンで飛行し、アリシアの風で塵を吹き飛ばす。
つまり隕石を斬った技量自体は、良介自身の業。本当に格好いいです!!

そして天狗とプレセアも強い、いや、読みごたえがあります。

ただ二つほど疑問が。一つはネフィリムフィスト。
あれって聖王の格闘技を使う技なので、
御神流を使う上ではむしろ動きの邪魔にならないかなーと。
もう一つは薙旋、あれは本来二刀で放つ業ですが、良介はどうしたのでしょうか? 


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m

今回小説を書くにあたって読者様の反応にドキドキしておりましたが、
案の定色々な反響を頂けて恐縮しております。
良介が最も到達困難だった絶技、剣や剣士に対する全ての雑念を捨てて思うがまま解き放ちました。
説明になっているかどうか分かりませんが、返答させていただきます。


極地>


明鏡止水の精神です。
そもそも良介はチャンバラごっこから剣に憧れた剣士であり、
海鳴りでようやく基礎を学んできたとは言え、頭の中にある剣士像や剣技に拘りすぎていました。
その為型や技の形で崩れていたのに、良介はなかなか拘りを捨てられませんでした。

そういうのを全て捨てて、師匠から教わった知識を在るが儘体現したのがこの技です。


ネフィリムフィスト>


雑念を全て捨てた事で、オリヴィエは良介の記憶を完璧に共有しました。
その為魔法で良介自身の体を超強化するという、聖王独自の技術を用いて実現したのです。
流石に巨大隕石を叩き切れるほど、良介の身体はまだ出来上がっておりません。


二刀>


放ったのは竹刀が变化した神刀によるもので、派生する形で魔法による刃で補った形です。
つまり御神流奥義ノ六、薙旋という「構成」を練って、
魔法という形で技を具現化したということになります。

神がかり的な構成は良介の知識を元にしたオリヴィエが、
魔法による技の体現はユニゾンしたアギトと、心を通わせた花嫁が放っております。



※サナト・クマラ・ホイールに改造されたティアナのバイク。
それにはもう一つ機能があって、犯人追跡中に突如バリアジャケットが
ttp://livedoor.blogimg.jp/fategr/imgs/2/a/2af277f8.jpg
こうなったようですw 


ティアナ「露出じみたことはやめて下さいと言いたいのですが――」

スバル「……これって一応、水着なんですよね?」

良介「うむ、公式の水着だぞ。エロイなどというお前達こそハレンチだ」

ティアナ「ぐぬぬ、正しい指摘だけど根本的におかしい気がするんですけど!」


※ナンバーズの皆さんにお聞きします。
今度ドクターがシンフォギアのウェル博士と仮面ライダーエグゼイドの檀黎斗と手を組むみたいな事を
お聞きしたのですが本当ですか?



セッテ「ほんと」


アイシス「一番良識的な子が、何故か力強く頷いてる!?」

トーマ「キワモノ揃いだと逆に突き抜けて、常識的な作品になるというアレかな……」



※なんか蒼銀のフラグメンツがドラマCDになるらしい。
セイバー陣営はどうでもいいけどアーラシュ兄貴とエルザさんのやり取りだけが
どんな感じになるのか気になる。アールマティかヘスティアみたいな
ぐう聖おかん神霊系疑似鯖枠でFGO来てくんないかなー。


FGOでアーラシュの兄貴が大活躍していますからね。
知名度の高いサーヴァントが原作だとどのように活躍するのか、
そういった意味でもドラマCDには期待したいところですね。

ただ疑似鯖は扱いが難しいだけに、素体次第になりそうですな(´・ω・`)


※ナハトが天の牡牛の幼体(イシュタルの足元にいるやつ)を拾ってきましたw 




ナハト「うおー!」


良介「お、お前が背中に乗せて走るのかよ!?」

ヴィヴィオ「ナハトちゃんの背にちょこんと乗っているのが愛らしくて、もう……!」

アインハルト「最終的には足になるんですよね、あの子」

ヴィヴィオ「辛辣ですよ、アインハルトさん!?」



※ヴァイオラが浴衣で良介と夏祭りに行ったそうです。


良介「これが日本のたこ焼きと言うんだ。思いきって一個食べてみろ」

良介「金魚すくいの極意を教えてやろう。身長かつ大胆の姿勢だ」

良介「お面を買ってやろう、これで堂々と二人で回れるぞ。ふふふ、ナイスアイデアだ」


アリサ「……いいんですか? あいつ、浴衣には一切触れませんが」

ヴァイオラ「あの人が楽しそうだから、それでいいの」



※良介が家に帰るとディアーナが、
「お帰りなさいませ、私に致しますか? それとも私になさいますか?」
を発動して来ました。


良介「ならば、お前の命はもらったー!」

クリスチーナ「とぉー、かくごー!」

ディアーナ「きゃー、おかされるー!」


アリサ「……あんたらのテンション、全員噛み合ってないわよ」



※良介が恭也をからかう為に持っていたエロ本がヒミコさんに見つかってしまいました。


ヒミコ「……わざわざ本に高町恭也という名前まで書くとは、用意周到だな」

良介「ふふふ、これぞダイイングメッセージ戦法よ」

ヒミコ「筆跡という概念を知らんのか、アホ息子」



※プレセアが恩赦を勝ち取るには、CV社の広報誌のモデルをしなければいけないようですw


プレセア「待て、何故このような薄着に着替えなければならん」

セレナ「夏なのですから、水着モデルは当然です」

プレセア「我を世間知らずの乙女と思っておるのか!? ハイレグくらい知っておるわ!」

アリサ「……逆に知っていると、オールド世代っぽいわね」



※アリサが大人モードで「どうていをころすふく」を着た結果、すごいことになりましたw 

>ttps://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51evSmPLWyL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

プレセア「見ろ、こやつでよいではないか!」

良介「おい、タイミングが悪いぞ!?」

セレナ「迂闊でした、まさか同時期に拍手が来るとは思いませんでした」


アリサ「フッフッフ、勝ったわ。肌を見せることだけがエロスではないのよ!」

すずか「……それでいいの、アリサちゃん」



※バベッジの変形機構を見て、良介がアースラに変形機構を仕込んだようですw 


クロノ「機構からわざわざ変更を加えるな!?」

良介「何を言うんだ、蒸気機関だぞ!」

クロノ「いまどき蒸気機関で次元世界を飛び越えられるものか!」



※那美ー、那美にはフランの水着とか似合うと思うよー。最後の包帯も試してみようかw 


那美「えっ、でも私は怪我をしていませんよ」

忍「……天然はこういうところが怖いわ」

アリサ「正しいことを言っているのに、何故か頓珍漢という不思議さ」



※リョウさん!今回も前回と同じく、平成三部作第1作品目である、「ウルトラマンティガ」全話52話に置いて、
終盤、物語の最終回への移行に入ったと言える、また最終回及び完結編である劇場版の壮大な伏線となるエピソード、
第45話「永遠の命」の解説に入りたいと思います!
このエピソードは今まで解説してきた、前編後編エピソードである、第43話「地の鮫」、第44話「影を継ぐもの」、
これ等でのゲスト、キーキャラクターであった、1996年の当時は史上初であった、
もう1人のウルトラマンのイーヴィルティガとの、善と悪、光と闇に位置するウルトラマンの、
ウルトラマン対ウルトラマンと言う在り得そうでしかし無かった要素、展回を描いた、これ等のストーリーとは正反対の話、戦いだったんです!
担当したスタッフの方々は、脚本:右田昌万 監督:松原信吾 特技監督:大岡新一が担当し、放送は1997年の7月12日の真夏の頃でした。
「このストーリーに置いての伏線とポイント」まずこの最終回、物語の結末が近いと言えるこのストーリーですが、
前回はこのティガ世界に置いてのウルトラマンの立場と立ち居地、原点のM78世界のM78星雲のウルトラ族の差異に付いてでしたが、
このエピソードのポイントの1つ目は、ポイント1「超古代文明は何故滅亡したのか?」、ですこの「ウルトラマンティガ」の世界での重要なファクター、
そしてこの世界の物語に置いての重要な要素、ストーリーのキー、鍵と言える、このティガ世界の地球には有史以前、3000万年前の太古に、
かつて栄えた、この世界の21世紀の文明よりも遥かに高度な文明だったと言う、そして前回でも、前回の事件の首謀者の1人だった、
タンゴ博士も言っていた、「超古代人にはウルトラマンがいたのに滅亡してしまった。」、タンゴ「ウルトラマンは何もしてくれなかった。だから、」、
と、@21世紀の現代の自身達と違って過去の、超古代の当時の地球人には光の巨人=ウルトラマン、と言う当時の人々から見ても神の様な存在が居た。
A現代の自分達にはウルトラマンティガ(主役のダイゴ隊員)1人しか居ないのに、それに比べて超古代の当時の地球人達には1人だではない、
幾多数多の、何十人、何百人、何万人、何千万人と言って良い程の、沢山の巨人、ウルトラマンが居た。
Bそれなのに超古代文明も、その文明の担い手であった超古代人も殆どが、滅亡した、滅んでしまった。
C古代のウルトラマン達は当時の地球人達を助けてくれなかったのか?と言う疑問が投げかけられた訳です。
これ等4つの疑問、謎に対しての解答、答えが示されたのがこのエピソードだったんです。
ポイント2「このエピソードは1996年当時までのウルトラマンでは、異なった、
違った出自であったウルトラマンであったウルトラマンティガ=ダイゴ隊員が改めて戦う、戦い抜く覚悟をする、覚悟を決める重要な物だった」
と言うエピソードでした!ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ隊員は当時のシリーズでは異色な、異質だった、
ウルトラマン、及びウルトラ主人公だったのは今まで解説してきた通りです。それは第2話「石の神話」に置いて強調された、
ダイゴ隊員は、<光であり人である>と言う、光=ウルトラマンであり、人=がしかし地球人でもある、と言う物です!
ダイゴ隊員はウルトラマンでもあるけど人間、地球人でもある。と言う特異な主人公で、これは昭和の初代マンから80までの、
異星から来た宇宙人、異星人であったウルトラ兄弟達とは異なるウルトラマン。
太古の地球で神の様な存在として人々の守護神、巨神と言える立ち居地だった。と言う事です。
がしかしこのエピソードでは、そんな所謂、人間ウルトラマンと評されるウルトラマンの真骨頂を見せた、
また作品的にも後の平成シリーズ骨格となったエピソードでもあったんです。



平成ウルトラマンシリーズには設定も数多く組み合わされて、
骨の太い物語に仕上がったのですね……

昭和時代はシンプルなだけに分かりやすいヒーロー像だったので、
どちらであろうと一長一短あるかもしれませんな(´・ω・`)




エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 22:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

拍手

FGO。やはりアサシン星5が我が陣営にいないのがやばい(;´・ω・`)>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※管理人様へ:ヴァンドレッド小説の感想
メイアのカイへの信頼がいいですね。
生きていることを微塵も疑っていないのはこれまでの旅の積み重ねがあるからでしょうか。
前話が子供たちの喧嘩だったせいか、メイアに「大人」を感じました。
登場人物の誰もが成長しているのでしょうね



小説の感想、いつもありがとうございます。
とても励みになっておりますm(_ _)m

メイアとの信頼関係は盤石なものとなっているだけに、
彼女自身もカイの生死不明については色々思うところがある様子。
信頼したいと気持ちと、心配する気持ちは両立するようで両立せず、
彼女も持て余している感じですね。



※いよいよ戦いか、楽しみだな。

※プレセアがいよいよ動き出しますか、楽しみです。

※戦いもそうですが、良介とプレセアの関係がどう変化していくのかも気になります。


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m

今回から戦争開始にしても全然良かったのですが、
ミッドチルダから管理外世界、しかも日本ではなく諸外国派遣となると、
手続きとか厄介そうだと考えて、自分なりに考えた世界観のやり取りを書いてみました。
ついでに事務方となっていたクアットロさん達も久しぶりの登場ということで、合流。
次回より本格的に戦争開幕となります。
ナンバーズに加えてユーリ達も加わっているので、
良介は全く自覚していませんが、原作の機動六課並の戦力で挑んでおります。

勿論プレセアさんも参戦しますので、彼女の活躍も見て頂ければ嬉しいです。



※良介がティアナのバイクをサナト・クマラ・ホイールに改造しました。


ティアナ「……今までの改造バイクに比べれば、安全性は高く見えますね」

良介「うむ、全てはお前のためだ」

ティアナ「あ、そういうのはいいんで」

良介「全然信用してないな!?」



※トーマが連載休止の戦犯として、メイヴの監獄に収監されましたw



ケツァル・コアトル「有望な新人さんが来てくれて嬉しいデース。東京タワーダイブ、挑戦ネ!」

トーマ「何故管理外世界一都市のシンボルをご存知で!?」

アイシス「本当にやってくれたらおいしいかも」

トーマ「真剣に検討しないで!?」


※リョウさん水着オルタ狙いですか術ネロと同じ星5はたして手持ち石でお迎えなるか
自分は単体ピックアップの25日まで我慢ですがね


残念ながら、100連頑張っても出てくれませんでした_| ̄|○
石はまだ残っていたのですが、爆死十連が続きまくったので流石に心が折れました(´;ω;`)ウッ…
エレナママと頼光ママが宝具2になるまで来てくれたので、一応惨敗ではないかな。
特に頼光ママは星四でも破格の性能らしいので、聖杯を使ってレベル90にする予定です(´・ω・`)+


※ナハトがゲート・オブ・バビロンの鍵を拾ってきましたw 



ナハト「おとーさん、これー!」

良介「これは大人になる薬、まさに禁断の果実!?」

ヴィヴィオ「ナハトちゃんはどういう大人になるのか、知りたいような、知ってはいけないような……」

良介「うむ、世界の難題だな」


※忍ー、あかいいなづまは厳しくても、頼光さんの水着くらいならいけるんでね?


良介「いかがですか、ノエルさん」

ノエル「旦那様の家で風紀を乱す服装は厳禁です、お嬢様」

忍「あの家、私の家だよね!?」

那美「……忍さんの場合、抜群にお似合いだから余計に目のやりどころに困るというか」


※ヴァイオラ・ルーズベルトが、初めて男性のアーティストとコラボ!!
男性の方は顔などの詳細は不明、ミスターRの名前で活動!!

名曲がまた一つ生まれました!! 

>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm31723539


アリサ「あんたはともかくとして、あの人の選曲には合わないんじゃないの」

良介「あいつの歌唱力ならいけるだろう」

アリサ「この歌を歌唱力抜群で歌ってどうするのよ!?」

良介「お前の言っていることも十分ひどいぞ!」


※リョウさん! 今回も前回と同じく平成三部作の第一作目である、「ウルトラマンティガ」(全話52話、本放送・西暦1996年〜1997年)、
の第43話及び第44話の内用の解説です!今回は本放送から21年経った現在でもティガのエピソードで語られる程、
この話の目玉である主役のウルトラマンティガに続く、作中世界での2人目の古代ウルトラマンである、
イーヴィルティガと共に登場した、ガーディー、と言う怪獣を解説します!
超古代狛犬怪獣 ガーディー
種類:超古代狛犬怪獣 身長:52メートル  体重:4万8千トン 出身地:九州のサイテックビル地下神殿
作中世界での2人目のウルトラマン、3000万年前の時代から永い時が経った、作中世界では西暦2007年から2010年の21世紀の、
今世ではイーヴィルティガ=邪悪なティガ、邪なティガ、と言う意味、又はティガの紛い物、偽者と言う意味のネームを付けられてしまった、
古代ウルトラマンの身体の石像が安置されていた、古代の神殿と思われる遺跡でイーヴィルティガと名づけられてしまった、
ウルトラマンと共に隣に安置されていた、狛犬に似た石像から復活した、第1話に登場したゴルザとメルバ、
第39話で登場したガルラと言う、超古代怪獣と言われる種類の怪獣達とは似ているようで違う、
また別の種の古代種の怪獣です!1「3000万年の眠りからの復活の切欠、精神の柱となるのは意外な者から」
さてこのガーディーと呼ばれる怪獣なんですが、この怪獣の石像=保存された身体も、主役のティガ、
第1話にて復活できぬまま散った名も知れぬ2人のウルトラマン、そしてこの話の要である、
ゲストキャラのマサキ・ケイゴと融合する事で現代に復活した、イーヴィルティガ、
これ等の古代ウルトラマン達と同じように、最初はイーヴィルと同じく身体が石像化した状態で登場しました!
そしてマサキがイーヴィルティガの身体と無理矢理融合して、神殿の遺跡から飛び立った後に、
前話にてスパークレンスをマサキに奪われて途方にくれていた、ダイゴ隊員を遺跡に導く、誘導した子犬が、
・・・・リョウさんの様な昭和世代の方にはまたも初、ビックリする事なんですが、
この子犬が第1話のダイゴ隊員、そしてこの話のマサキと同じように、子犬が光となって石像に宿る、融合して現代に復活したんです!!
この展回には当時の視聴者だけでなく、古代ウルトラマンと当時の地球人との混血、ハーフの血筋を引く、
クォーターの子孫であるダイゴ隊員も驚愕しました。2「ウルトラワン、ウルトラドッグと呼べる、ガーディーの出自は不明」
まさかの子犬と融合して復活する、と言うビックリな復活をした、まさに犬種、イヌ科のウルトラマン、
ウルトラドッグと呼べる怪獣であるこのガーディーなんですが、ティガ、そしてイーヴィルと出身や出自は同じく全くの不明です!
作中で描写された物から解る事とは、@身体が作中世界のウルトラマン達と同じく石像化していた事、
A身体にウルトラマンと同じカラータイマーの様な器官が胸部に付いている事、B身体の石像がイーヴィルティガの身体が安置する様に在った、
古代の神殿と思われる遺跡に共に安置されていた事。Cイーヴィルティガの傍に、隣に置かれていた事、
これらの3点から、@原点世界、M78世界での怪獣使いとして有名なウルトラ兄弟三男の、
ウルトラセブンが所持、飼育、使役する味方怪獣として有名なカプセル怪獣のミクラス、ウインダム、アギラの3体の様な存在。
この世界、宇宙でのカプセル怪獣の様な立ち位置の怪獣だったのではないか?
A身体がイーヴィルティガの身体と共に安置、保存されて居た事から、3000万年前の今世のマサキではない、ティガと同じくウルトラマン〇〇〇、
と言う個人名を持っていたであろうイーヴィルティガ本人と共に、3000万年前の地球での戦いを潜り抜けて戦場から生き残った、
M78世界のセブンとカプセル怪獣達の様な主従関係、又は人間と犬の関係の様に戦友、友の関係だったのではないか?
とファンの方々は推測しているんです!作中でダイゴ隊員も視聴者と保々似た推測をしていました!
3「1人の邪悪な、邪な人間によって奪われた主人?友?の身体を取り戻すべく戦うが・・・」
かつて共に3000万年前の地球とその地球文明とその当時の地球人を守護し、戦場から共に生き残ったのであろう主人?、友?の身体を取り戻すべく、
7月31日での拍手で解説した、ガーディーの主人?、又は種族を超えた友?であったであろう、ーヴィルティガの身体に秘められた、
我々地球人=人類から見れば人知を超えた神の如く巨大な力を持つ、ウルトラマンの人知をはるかに超え超越した巨大な力をコントロール、
制御出来ず逆に吞み込まれて暴走して狂ってしまった、マサキ・ケイゴを止める為に、そしてマサキから大切な者(イーヴィルの身体)を取り戻すために、
ガーディーはイーヴィルを止めようと、諌めようと涙を流して立ち向かうんですが・・・・、
イーヴィル=マサキはウルトラマンの、ガーディーの主人?、友の力を弄んで(と言うより狂って暴走していると言った方が良いでしょう)、
情け容赦なくいたぶらされて、最後はウルトラマン達と同じカラータイマーが点滅するまで、
痛め付けられて即死の重傷を負った身体を押して立ち上がるんですが、その時イーヴィルが放った「イーヴィルビーム」と言う光弾が致命傷、急所となり、
ウルトラマンにとってはそれは死を意味する、カラータイマーの点滅が消え、ガーディーは今までの攻撃によるダメージが重なって、
最後はマサキから主人?、友?の身体を取り返せないまま、死んでしまいました・・・・(涙)
その後はそれを見たスパークレンスを取り返して変身し、戦場に駆けつけたウルトラマンティガ=ダイゴ隊員が激情の怒りと共に、
イーヴィル=マサキに立ち向かい、最後にガーディーの無念を晴らして仇を取り、そしてガーディーの遺体を宇宙へと運びました。
以上がウルトラドッグことガーディーの所載とその悲しい最期ですが、リョウさん如何でしょうか?
このガーディーの行動を通して、作中ではダイゴの先祖、始祖であるウルトラマンティガ本人と共に謎であるマサキではない、
ガーディーの主人?又は友?であったであろう、イーヴィルティガ本人の人柄、人物像は、
@ガーディーが涙を流して痛めつけられても立ち上がって何度も向かっていく、
事からイーヴィルティガ本人はティガと同じ正にウルトラマン、ヒーローと呼べる、勇敢且つ勇猛な英雄と呼べるウルトラマン、ウルトラ戦士だった事。
Aイーヴィル本人は正義の為に戦う、正義感溢れる人柄だったであろうこと。
Bガーディーとは固く厚く深い友情、絆で結ばれた者同士、まさにバディ、相棒と呼べる関係だった事。
等が解るんですよ! 3000万年前の本人達では無いですが、遠い未来でまさか、主人?友?の身体が奪われて、
そして最後はその身体で殺されてしまう、そしてその身体の持ち主は、身体を奪われてしまっただけでなく大切な相棒を殺してしまう、
と言う悲劇になったんです。


ウルトラマンは昭和世代、常に一人で戦っていましたからね。
警備隊なども一緒に戦うこともありましたが、怪獣と戦えるのはやはり彼一人。
地球の命運を背負うヒーローと言うだけあってカッコイイのですが、重みが違います。

その点、相棒が出来るというのはやはりいいものですね。
残念ながら死別してしまったのが惜しいですな(´・ω・`)








エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

拍手

FGO。来週はいよいよ水着オルタ様ガチャ、全力で挑みますぜ(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※管理人様へ:(ヴァンドレッド小説の感想)
暑い中、お休みが少ない中の更新ありがとうございます
最後にユメが動揺したのは「家族」という言葉に反応したのかな?
ユメも以前に家族を失くしたと思って暴走したことがあるから、
ツバサの怒りの感情を理解(共感?)したのだろうか


いつも小説の感想、ありがとうございます。
こちらこそ感想をいただけて感謝感激ですm(_ _)m

ツバサも家族や友人がいない人生を生きていましたからね。
集団生活であっても絆を結べた人はだれもおらず、子供ながらに一人で生きてきました。
だからこそ同じ人を家族として慕っている分、共感は大きいのかも。


※プレセアいいな。あの可憐な容姿で苛烈な性格がギャップがあっていいぞw

※対天狗にプレセア参戦か。楽しみだな。

※プレセアが海鳴の戦いに参加かー、楽しみだな!!


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
あの聖地での一大決戦後の、プレセアとの再開。
殺し合いをした後で友情なんぞ結ばれるはずもなく、お互い睨み合った上で交渉しております。
それぞれ代表者なので、武力による脅しをしつつも交渉はキチンと行います。

ひとまずプレセアとバハムートは恩赦を得るべく、共同戦線に復帰。
次回からは龍族と天狗一族、そして白旗との大戦争となります。

……龍と天狗が戦う小説って、うちくらいなものかな(;´・ω・`)


※良介がレヴィのデバイスを
フラン(セイバー)の持ってる武器に改造しました。


レヴィ「……うーん、パパが用意してくれたのは嬉しいけど」

良介「おや、何か不満か」

レヴィ「パパの金髪ちゃん(フェイト)と、ちょっと被っているかも」

良介「しまった、あっちがあったかΣ( ̄ロ ̄lll)」



※ナハトがメジェド様の被り物を拾って被ってきましたw 

ナハト「ふけーでーあるぞーおー」



トーマ「ははは、単なる被り物じゃ人気は取れない――( ゚∀゚)・∵. グハッ!!」

アイシス「セルラン一位なのよ、今!
そういう浅はかな見識が、連載停止に追い込まれたのだと理解しなさい(殴った)」

リリィ「……カッコイイ」



※リョウさん、
今回の水着サヴァ、ガンダム、スケバン、ウルトラマンとか、いろいろオマージュし過ぎだよねw 
いや、いいんだけどさw 

ネロのエクストラアタックとかトランザムですよねw 

※お久しぶりです
水着イベ始まりましたね

今までの星5は全て引けていたのですがホームズ引けずに豪運終わったかと思ってたら配布石きたので早速水着ガチャ回したら何とアルジュナ引きましたw
豪運引き続き発動中ですがすり抜けも発動しましたw

※ネロ様、ビーム攻撃以外完全にダブルオーライザーなんだがw 
肩武装のフォルムといい、剣メインの戦い方といい。
エクストラアタックとかトランザムじゃない?w

※FGO イべいよいよ今日からですね艦これイベも明日からそしてコミケ忙しい夏のなりそうです
リョウさん術ネロ狙いですか、がまたしも星5これは厳しい戦いになりそうだ

ちな自分は槍ライコウに全力です


水着イベント、開幕! 第一、第二弾と目玉ガチャが用意されていますね!
どの娘も非常に魅力的でありながら、遊び心もあるという素晴らしさ。
私は水着ネロ様こそゲットできましたが、正直ニコクリスが召喚できていないのが悔やまれています。
あれはもう反則の領域ですからねw

石はあるので追撃出来るのですが、星4でも確率は低いですからね。
メイドオルタ様やスク水エレナが待っている以上、無駄遣いは出来ないので様子見(´・ω・`)<グヌヌ


第三の光( ゚д゚ )クワッ!!←お気に入り



※聖杯大戦開幕バトル。
白のセイバー(アナスタシヤ)VS赤のセイバー(モードレッド)激突!!



アインハルト「敢えて王道のセイバーで挑むとは、戦士としての気概が出来ておりますね」

良介「……素直な賞賛なのに上から目線に聞こえるのはどういう訳なのか」

ヴィヴィオ「あはは……ちなみにパパはどちらが勝つと思うの?」


良介「モードレッドはアニメ化――後は、分かるな?」

ヴィヴィオ「水着化されていればよかったのに(´;ω;`)ウッ…」



※良介が剣の代わりにバットを持って甲子園を目指すそうですw


良介「うぐっ……ちょっとタイミングの悪い話題だな」

アリサ「高校野球の根性論は今、ニュースで賛否両論出てるもんね」

良介「竹刀を持って叫びたかったのに」


※忍が大胆水着を用意して、この夏良介と一線を越える計画を立てています。


忍「あかいいなずまが今旬で狙い目なんだけど」

良介「お前が迷うなんて珍しいな」

忍「あれってビジュアルで狙うのはいいけど、実際着るとひたすら恥ずかしくて縮こまるんだよね」

良介「……確かにはみ出しそうだもんな」



※リョウさん! 前回に引き続き、平成三部作第1作品目「ウルトラマンティガ」全話52話の内の、
前編後編ストーリーの、第43話「地の鮫」、第44話「影を継ぐもの」の解説をします!
今回は主役ウルトラヒーロー、ウルトラマンティガと同じく3000万年前に宇宙に帰る時に石像=身体を残して行った、
イーヴィルティガの石像=身体と融合し、しかし主役のダイゴ隊員(演:長野博)と違って、
ウルトラマンの、地球人=人知を超えた側から見れば神に近いと言って良い巨大な力を制御出来ず、
逆に飲み込まれて暴走してしまったと言う結果と失態をしてしまった、マサキ・ケイゴは何故この様な行動をしたのか?
に付いて解説したいと思います。まずは用語その@です!
用語:@「アーク」ティガ本編第1話「光を継ぐもの」に置いて登場した、本作の主役ヒーロー、ウルトラマンティガの石像と共に、
東北地方の山脈に透明となっていた光のピラミッド内に保管、保存されていた、
惜しくもティガの様に3000万年の眠りから復活する事は叶わず石像のまま、超古代怪獣ゴルザと超古代竜メルバの2大怪獣によって破壊されてしまった、
名も知れぬ2人のウルトラマンの石像=身体の血痕、肉片と言って良い、石像の砂です。
作中世界の国際的な巨大組織の国際平和連合TPCによって、第1話後にティガを初めとした光の巨人=ウルトラマン、
と言う地球人=人類から見ると、人知を超えた神の様な巨神の存在の秘密も、怪獣と同じく解明し、解き明かすと言う目的もあって、
2大怪獣に破壊されてしまった言えばウルトラマンの死体の一部と言っていい、石像の残骸からサンプルとして回収した物品です。
作中ではこの人類にとっては神の様な存在の肉片と言っていい、人類学的にも考古学的にも、そして生物学的にも最大の研究対象と言っていいこの品の、
分析と解析を任されていた作中人物の1人の、タンゴ・ユウジ博士(演:岡村洋一)と言うTPCの技術、研究部署に所属する科学者によって、
強奪、持ち出されてしまいました。04:12 作中ストーリーの要ポイントその@、
「マサキ・ケイゴとタンゴ・ユウジ博士の目的、野望」作中ではダイゴ隊員とマサキ、
超古代人の子孫、末裔と古代ウルトラマンと超古代人のクォーターの子孫、末裔の超古代の血統、血筋を引く2人の子孫、末裔がストーリーの中心ですが、
一方別の所でマサキとその協力者、同士のタンゴ博士の巨大で大きな野望と計画も語られたんです。作中ではダイゴ隊員の同僚、仲間である、
タンゴ博士及びマサキと同じ科学者、技術者である、ホリィ・マサミ隊員が対極の立ち位置として相対しました!
タンゴ博士がサイテック コーポレーション本社の研究室でアークを取り戻しにやって来た、ホリィ隊員に語った、打ち明けた自身達の野望、
それはアークを使っての石造の複製、量産化、ウルトラマンの大量製造、
つまり「地球人=全人類ウルトラマン化、地球人全員のウルトラマンへの進化」です!
作中ストーリーの要ポイントそのA、「昭和シリーズの世界=M78星雲世界とリンクし、通じる物」
さてこの壮大なにして大きな野望、計画ですが・・・・、昭和世代のリョウさんには驚愕、大変な戸惑いを覚えると思います。
ですがこれは原点世界、M78星雲世界のウルトラマンに通じる計画ものでもあります!
それは以前リョウさんに7月4日の拍手、及び7月12日の拍手、7月17日の拍手にてM78星雲世界のウルトラマン達、ウルトラ族の生体を解説した通り、
@M78星雲=光の国のウルトラ族は、 26万年から27万年前は我々地球人と良く似た、保々同じと言って良い、
等身大の人型種族=ヒューマノイド型の宇宙人、異星人だった事。Aそして今現在知られている銀色の身体に赤のラインが入った姿だったり、
又は真紅色の身体に頭部から胸部にかけて銀色の頭部とプロテクターをしていたり、 と言った姿、容姿なのは人工太陽の光を浴びて我々地球人と保々同じ、
等身大の人型種族から今現在の何十メートルもある巨人型の種族へと変化、進化したから。
Bこれら@、Aの背景を知るとウルトラマンは我々地球人を含めた人型種族の、
究極の進化、極まった進化、神の領域に踏み入れたと言える、人の行き着く先の果て。と言える物であることが解ります。
そしてこの背景設定を知ると理解出来るんですよ!つまりマサキとタンゴ博士はこのウルトラの星の、M78星雲人の歴史の、
地球版、地球人版、地球人ウルトラマン、地球ウルトラ族へと現在の地球人類全員を強制的に変化、強制的に進化させよう、
とした訳です。作中ストーリーの要ポイントそのB、「M78星雲の人々は成功し新たな歴史を歩み始めた、しかし地球人は?」
タンゴ博士は作中でこの別世界のM78世界のM78星雲のウルトラ族に通じる、壮大な計画をマサキと打ち立てた理由を語りました、
それはこの世界の最大と言って良い、また作中物語の最大のファクターと言って良い、「有史以前に栄えた超古代文明の滅亡と滅び」に纏わる物でした、
タンゴ「超古代人はウルトラマンがいたのに滅亡してしまった。」、タンゴ「ウルトラマンは何もしてくれなかった。だから、」、
と言い、だから自分達を導いてくれる存在=神を自ら生み出そうとしたと言いました。
それにホリィ隊員はこう反論しました、ホリィ「だから、同じ過ちをくりかえせな様にあかんのでしょう?!」
と激しく言い、そして、ホリィ「タンゴ博士、貴方、人として大切な事をわすれてるわ!」、と怒りそしてモニターに自身達の過ちと言える、
マサキが融合して現代に復活させた、しかし暴走して街を、都市を破壊しているイーヴィルティガを見せて、
ホリィ「見てみいいやこの巨人!! 自分の力を制御できなくて暴走しているやないか!」とイーヴィルティガが狂って暴走している映像を見せ、
それを見たタンゴ博士は驚愕、唖然とし、そしてショックを受けて・・・タンゴ博士「マサキさ・・・ん(号泣)」
と泣き崩れて自分達の計画の失敗とそして過ちを自覚しました。作中ストーリーの要ポイントそのC、終
「M78世界のウルトラ族の背景を知ると改めて解る、ネオフロンティアスペース=ティガ世界のウルトラマン、光の巨人の特異な立ち位置」
以上がマサキ・ケイゴ及びその賛同者にして協力者であるタンゴ・ユウジ博士の壮大な計画もとい、野望とその失敗の結果です!
この「ウルトラマンティガ」の世界観とその世界の歴史、及び後の同一世界で続編のダイナ、また別の世界であるガイアまでの平成三部作とされる平成初期作品では、
ポイント@「ウルトラマンは人知を超えた巨大な力」で、ウルトラマンには意識は存在せず、意識はあくまで変身する変身者、
主役の人間の物。と言うのが特徴だったんです!其処には、その力には善悪は無く善悪はそれを扱う人に委ねられる。
と言う物でした。ポイントA「M78世界のウルトラ族とティガ世界のウルトラ族の違い」
世界が、宇宙が違えばウルトラマンの立ち位置と立場と在り方もだいぶ違うのが解ります、
まず昭和世代の方には馴染みのM78星雲のウルトラ族は、@西暦1966年の初代ウルトラマンから2006年から2008までのメビウスの時代、
そして遠い未来、セブンの息子のウルトラマンゼロ及びジードと言ったウルトラ族側の新世代、子世代の
時代まで、地球と地球人=人類が外宇宙まで進出できるまで約数千年から1万年は係わり続けた。
と言う交流の歴史があります。しかし其れとは逆にティガ世界のウルトラ族は、
@M78世界の1966年で初代マンが初めて地球人と接触、出会ったのとは違って、
この世界では1966年=西暦以前、紀元前よりも更に前、3000万年前=有史以前に地球人と接触、係わった。
AM78世界のウルトラマンは宇宙人、異星人として認識されているが、
ティガ世界のウルトラマンは宇宙人ではなく光の巨人=神の様な存在として扱われている。
B作中世界に置いては3000万年前の太古の戦いが終わった後は、宇宙へ、星雲へ帰還しその後、3000万年間、地球と人類には係わっていない、
交流を断っている。C作中に置いてはその古代ウルトラマンが地球に残して行った力=身体、
のみが残されてダイゴ隊員はその残された力でもって戦っている。Dなので其処にはその体、その肉体の本来の、本当の持ち主である、
古代ウルトラマン達の意思、意識は無い(交流を断絶、断っているため)。と言うのが原点世界、M78世界のウルトラ族との差異、違いです!
リョウさん如何でしょうか?
この様な背景と歴史がティガ世界の現状だった為に、M78世界のウルトラ族の地球版、地球人バージョンの
@全地球人、全人類ウルトラマン化、ウルトラマン進化計画。Aウルトラマン大量生産計画、大量製造計画。
と言った要素、ストーリーが成り立った訳です。



全人類ウルトラマン化してしまったら、この宇宙はどうなってしまうのだろうか(゚A゚;)ゴクリ
恒久的な平和を迎えられるのか、
それともウルトラマン同士による犯罪や戦争が起きてしまうのか。

根本が変わらない限り、人間の進化は起こり得ないのかもしれませんね。



エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 22:26| 大阪 ☁| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

拍手

FGO。水着ネロ様、金髪巨乳水着とか最強すぎる(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※チェインクロニクルとのコラボ、キター!!


さすがチェンコロ、時期に敏感ですよね(´・ω・`)+
まさかなのは劇場版とコラボするとは思いまでした、さすがだ。

結構良さそうなカードで、興味を惹かれてしまいました(゚A゚;)ゴクリ



※やっぱカリーナとセレナさんいいキャラしてるなw

※良介の取り上げられたお土産が気になりますねw 
しかしやはりこの主従、いい空気吸ってますねw 

※天然ものって一体何だ?w 
しかしこれまた良介の名前が広がっていきますね。
あとゆるきゃらで機嫌が直る姫様ちょろ可愛いw 

まああくまで良介からもらったから、でしょうけどね。


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m

久しぶりの主従登場、平常運転でございます(敬礼)
カリーナお嬢様は良介は自分が望めばすぐ来ると思い込んでいるので、
いつまで経っても帰ってこない事にイライラしておられました。
セレナさんはセレナさんで常時教会に網を張って、良介の帰還時期をチェックしていた模様。

帰ってきたその瞬間に拉致られるのも、本人達からすれば当然なのです)ぇー



※管理人様へ(ヴァンドレッド小説の感想)
更新ありがとうございます。ここを乗り越えれば故郷まであと一踏ん張りといったところでの
人間関係のいざこざが勃発。しかも原作にいない二人だからどうなるか読めません。
保護者のカイは行方不明。とても先が気になります


小説の感想、ありがとうございました。
お陰でやる気が出まして、何とか更新することが出来ました!
人間関係が原作より劇的に改善されてこそいますが、
放置していた問題もあり、このような事態になっております。

行方不明になってしまった主人公。彼の命運よりも残された仲間達が不穏です。



※ナハトが拾ってきた聖杯をこねこねしたうどん粉へ入れようとしていますw



アイシス「やめなさい、新しいマスコットキャラはもう不要なの!?」

トーマ「人気取りからの妨害!?」

アイシス「劇場版後編に向けて、あらゆる芽を摘むわ」

トーマ「……涙ぐましい努力だな……」



※福袋ガチャでモーさん、ホームズ30連してジャック(2枚目)とアン&メアリーでした。
槍星5が来ない…


私は2017年水着の為に、ホームズさんは我慢の子。
福袋は遠慮なく回しまして、弓王さんをゲットすることが出来ました。
宝具2になりましたけどね(´;ω;`)ウッ…←かぶった



※聖王陛下、イレインさんが四つん這いで仔狐とおっかけっこしてましたよ。
どっかの反逆の騎士みたいに



イレイン「ち、違うぞ、マスター!? 
アタシはただマスターのペットを捕まえようとしたんだ、アホガールじゃない!?」


良介「ああ、なるほど。そういう時期だもんな、分かる」

ヴィヴィオ「絶賛放映中ですもんね……」



※アリサー、大人モードでツインテ水着でレースに参加してなかった?w


良介「いかがですか、アリサさん」

アリサ「大人モードなら余裕( ー`дー´)キリッ」

良介「えー、ホントでござ――なんでもありません」

アリサ「よろしい←車で轢き殺そうとした」



※白の陣営、マスター:宮本良介
セイバー:アナスタシア
アーチャー:シュテル
ランサー:レヴィ
ライダー:プレセア
キャスター:ディアーチェ
バーサーカー:ナハトヴァール
シールダー:ユーリ

ちなみに娘たちは全員大人モードで参戦。


アリサ「あたしだったらあらゆる手段を用いて、マスター殺しを狙うわね」

良介「聖杯戦争なのに、俺一人が標的なのかよ!?」

忍「シールダーが凶悪だもんね、仕方ないね」



※久遠がゼウス(ワンピース)を子分にしたようですw


良介「自家発電だと……(゚A゚;)ゴクリ」

アリサ「需要と供給が見事に成立しているわね」

ゼウス「この子の雷、あったかいナリ……」



※世界陸上、日本のサムライ、宮本良介が世界新記録で金メダル!! 快挙達成!!


セレナ「お嬢様、各種一面に掲載済みです」

カリーナ「よろしい、大いに盛り上げなさい」

良介「誤報による嫌がらせじゃないか!?」



※∠(`・ω・´)中堅提督ですー メモリアルクエストの黒王で詰まってるとお聞きしたのでちょいとアドバイスをば……
拍手の方の戦法でももちろん良いのですが、もう少し踏み込んで攻略方法をお伝えできればと思います。
もちろんノーコン令呪なしなので、鯖さえ育っていればリョウさんでもできると思います。

私はジャンヌ・オリオン・孔明・マシュ・フレジャンヌ・クロのメンバーで挑みました。
タマモで回復しつつスキルターン短縮……をせず、無敵とスタンで乗り切るという超耐久アーツパ構成となっております。 そもそもタマモも弓王もいないし仕方ないね。
まあ孔明もクロも使わなかったんですが。

カルデア戦闘服のガンドは非常に強力です、ジャンヌの拘束もスキルマでないと確実ではないので。
鯖の礼装はキュート・オランジェットや凸フォーマル、凸天の晩餐など、とにかくNP回収効率の上がる礼装を装備させておりました。
宝具の回転数こそが命綱ですので。

さて、戦闘ですがとにかくジャンヌのNPを貯めることだけに集中したほうが良いでしょう。
真名決裁やガンドで確実にスタンを取りつつ、黒王のモルガンのタイミングで宝具開放してやり過ごします。
スタンのタイミングに余裕があればオリオンの宝具をぶち込むと、確率ながらチャージダウンがあるので敵宝具開放までターンを稼げます。
同様に弓王もスキルマまで育っていれば高NP回収率と合わせて代役以上の存在になると思います。

どうしてもNPが溜まりきらずスキルもガンドも使えない、というときは宝具威力を下げてライフで受けます(死に顔)
鯖をチェンジして、マシュのスキルで耐えたり、足りないNPをブーストして一時的に乗り切ることも可能です。
ただ、基本的にはジャンヌの宝具で受けるのが前提なので気をつけましょう。

もうちょっと続きます。

∠(`・ω・´) さあ、令呪は無い、石も無い。 けれどAPは残っているぞ……黒王!
黒王はどうやら孔明とマーリンが場に出ている場合、他の鯖より優先してターゲットする特徴があるようです。
私は孔明の出番が来なかった上マーリンは闇鍋福袋で引いたばかりなので知るよしもありませんが……
キャスターというクラスにターゲット優先がついているのか、と検証情報もありましたが定かではありません。
まあルーラー・アーチャー・ルーラー・シールダーの面子でしか戦って無いので関係無かったんですが。
タマモ?どうだったんですかね。
黒王はスキルで攻撃力アップ、バスターアップなど攻撃面を強化してきます。
防御バフを詰んでいても不意にクリティカル入ると体力3分の1くらいは持って行かれるのでご注意を。

最初のブレイクまでは特に注意することはありません、回転数を意識して削っていけば20ターンほどで削りきれるでしょう。

問題は次のブレイクです。
特殊スキル『人理の防人』を、ブレイクと同時に高確率で使ってきます。
チャージ増加、通常攻撃に確率で敵防御力ダウンを付与する強化解除不可スキルです。

最初のブレイクでスタンさせておけば、ブレイク後チャージ増加からの即モルガンでパーティ全滅は避けられるでしょう。
スキル使用のタイミングはブレイク後に必ず一回挟みます。
ブレイク後の直後か次ターンかは良くわかりませんが、必ず使いますので敵チャージにはご注意を。

黒王が攻撃する度、受けた鯖に防御力ダウン状態が確立で付与されます。
こんなんジャンヌやオリオン、もしくは弓王だろうと、3つもデバフが重なったら全滅もいいところです。

でも大丈夫、宝具強化したジャンヌ・ダルクならなんと無敵付与!HP回復状態付与!さらに弱体解除!ができちゃうんです!
ちなみに微々たるHP回復状態(2ターン)は貴重な回復ソースです。
スタンや無敵を上手く使えば大幅に回復できるので使い所は慎重に!

こんな感じの超弩級耐久アーツパ戦法でしたが……クリアに121ターンかかりました。
ですが、途中NPが足りずオリオンと入れ替えたマシュが奮戦の末堕ちただけでした。
Wジャンヌやべえ……
オリオンか弓王、クロをダメージソースとして構築すれば突破できると思います。

がんばってください!



攻略情報、ありがとうございました!
黒王はなかなかの難敵でしたが、攻略情報のおかげでクリアーすることが出来ました。
前回教えていただいた方も弓王を推して下さっていたので、
黒聖杯を装備してガンガン宝具を撃ちまくりました(´・ω・`)+
かぶってしまいましたが、福袋でも弓王を召喚できたのはやはり大きかったですね。

私としてはやはりジャンヌちゃんの強化により使えるようになったのが嬉しい。



※リョウさん! 今回も前回と同じく「ウルトラマンティガ」TVシリーズ全話52話の内、
終盤に入ったと言える前編後編ストーリー、第43話「地の鮫」、第44話「影を継ぐもの」、で描かれた、描写されたこの物語全体の核、
伏線の1つと言える、「超古代人の遺伝子」の関連です!
1「ダイゴ隊員とマサキ・ケイゴ、遺伝子、血筋、血統の大元を共通とする者達の差異」さて前回で解説した作中世界に置いての2人目の、
光の巨人=ウルトラマンである、「イーヴィルティガ」の暴走ですが、何故この様な事態、事が起きてしまったのか?
それは以前の解説でも解説したとおり、@マサキがダイゴ隊員よりも人として精神的に未熟で弱かった為に、
ウルトラマンの神に近き人知を超えた巨大な力を制御し切れなかった。
Aマサキが人間として歪んだ欲望を強く持ってしまっていた為。の計2点がイーヴィルティガが暴走し、狂ってしまった原因です。
ですがこの2点の他にも隠された伏線、3つ目の原因があったんですよ!
2「マドカ・ダイゴ隊員とマサキ・ケイゴの違い」ダイゴ隊員とマサキ、血筋、血統の大元、ルーツを同じくとする遠い過去、永い時の最中失われた、
超古代の子孫、末裔であるこの2人(イルマ隊長を含めれば3人)ですが、同じ子孫、末裔、血を引く者でありながら何故、
ダイゴ隊員は光=ウルトラマンになれ、マサキはウルトラマンに変身してもなれなかったのか?、
ですが・・・・これは根本的な運命的な要素とマサキの血筋、血統の隠されていた問題もあったんです。
2「マドカ・ダイゴ隊員とマサキ・ケイゴの違い」Aまず1つ目は「石像=ウルトラマンとの出会い方」、です!
マサキは前編で初めてダイゴ隊員と顔を会わせた時に、この様なセリフでダイゴ隊員をあざ笑い、見下し、馬鹿にしました、
マサキ「ダイゴ君。人よりも進化した姿を獲得できるって言うのに、何でそんなつまらない事ばかりしているのかなぁ?」、
と、そしてマサキは次にこの話の事件の発端と為る事を言いました、マサキ「君は自分が選ばれた唯一の存在だとでも思っていたのかね? 違うんだ。君はたまたまティガのピラミッドに出会っただけ。僕は違う! 自分の力で超古代の遺跡を見付けたのさ。このゲオザークでね」。
と後の後編で登場したイーヴィルティガの石像です。ですがねリョウさん!此処がダイゴ隊員とマサキの結末を分けたポイントの1つなんです!
ポイント@<ダイゴは先祖のティガと深い関わりが在った者(ユザレ)の霊魂?に導かれた、
マサキは自身の力で古代遺跡と石像を発見した。>本編第1話「光を継ぐもの」に置いてダイゴ隊員は自身にしか聞こえない、
ユザレの声?と思われる謎の声を聞いて先導される様に、導かれる様にして3000万年前の過去で自身の先祖(ティガ本人)である、
ウルトラマンティガの身体=石像と出会い、そして自身の先祖と同じウルトラマンになりました。
しかしマサキはダイゴとは間逆に鮫型ロボット怪獣ゲオザークを使って、超古代の神殿?と思われる地下遺跡でイーヴィルティガの石像を発見しています。
この2人のウルトラマンとの出会い方の違いから解る事は、「自身の先祖に導かれる様にウルトラマンになったダイゴ」と違って、
マサキは「自身の力でウルトラマンになった」、これはマサキがイーヴィルティガに導かれなかった、選ばれなかった事を意味しています。
3「暗雲を分けたのは超古代英雄戦士と言う暗号、単語の意味」ダイゴ隊員とマサキの暗雲を分けたのは、
1つ目がウルトラマンとの出会い方、だとすると此処で疑問が出てくるのは何故、「マサキはイーヴィルティガに導かれなかったのか?、選ばれなかったのか?」、
ですが・・・・これは大雑把に簡単に簡素に言うと、「同じ超古代人の子孫、末裔でもマサキはイーヴィルティガの血統、血筋を継いだ直系の子孫、末裔ではなかったから」、
と言うのが解答です。同じ超古代人の子孫、末裔と言ってもそれがその人物の直接の血統だとは限りません、
ダイゴ隊員とマサキを分けた伏線の1つが、この話のかなり前の話である第35話「眠りの乙女」と言う話で登場した、
「光の英雄戦士」と言う単語が出てきたんですが、その意味は作中世界の太古の地球で当時の人類と文明を守る為に戦っていた、
「古代ウルトラマン」の事を意味していた事が解ります。38話から張られた伏線がこの43話、44話でわかると言う事です!
この事からダイゴ隊員とマサキの暗雲を分けた物の2つ目が、ポイントA
「ダイゴ隊員は人間からウルトラマンティガと言うウルトラマンになった人物の血統、血筋を直接引いている遠いクォータの子孫、末裔であり、それとは逆にマサキはイーヴィルティガと言うウルトラマンの直系の子孫、末裔ではなかったから」
と言うのが隠された4つ目の差異です、自身の家系、一族ととても深い関り、縁があった(遠い直系の子孫)ダイゴ隊員と違って、
マサキはイーヴィルティガと言われたウルトラマンとは縁が薄かった、若しくは無かったから(直系の血筋、血統を引いた子孫、末裔ではなかった)、
身体と融合出来てもコントロール出来なかったとも言えますね。
以上がダイゴ隊員とマサキの暗雲を分けた物の隠されていた要因ですが、リョウさん如何でしょうか?
第43話と第44話で判明する物語の要因の最大のファクターである、超古代人の血統、血筋と言っても実は二通りあり、
作中世界に置いての超古代人の子孫、末裔は、@古代ウルトラマンと当時の地球人両方の血統、血筋を引いたハーフ、混血児の子孫、
クォーターと呼べる子孫。A当時の地球人類同士の間に出来た、純血とも言える純粋地球人の血統、血筋を引いた、
純粋古代地球人の子孫。の2系統が存在している事が解るんです!
そして作中に置いては、主役のダイゴ隊員は前者の@=古代ウルトラマンと当時の地球人両方の血統、血筋を引いた、
混血児、ハーフの血を引いた遠いクォータの子孫、末裔で、一方のマサキは恐らくイルマ隊長と同じ、後者のA=当時の地球人類同士、純粋古代人の血統、
血筋を引いた所謂純血の古代人類の子孫、末裔であった可能性が高い。と言う事なんです。
先祖、始祖が、M78星雲人の様に、地球人=人間からウルトラマンになった人の血筋か?、
神の様な超人にはならず純粋な地球人のままだった人の血筋か?の違いです。
作中ではダイゴとマサキの2人に終点を絞っていますが・・・・、これを世界規模に考えると、
ティガ世界の地球人=人類、人間の何人かはウルトラマンの血を引いたクォーターと言えます。



ウルトラマンの血族が広がっていく(゚A゚;)ゴクリ
昭和世代にとってウルトラマンは別次元の存在とも言えるので、
あのウルトラマンに血が流れているのかと思うと、何だか想像がつかないですね。

血も涙もないという意味ではなく、絶対的な象徴だったので。




エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:38| 大阪 ☔| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

拍手

FGO。次のガチャチャレンジは当然、水着ガチャです。メイドオルタ狙いますぜ(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※アリサですが、新しいイメージがいいと思います!! 
大人っぽい&スーツっぽい服ですから!! 

良介の秘書でもあるアリサに合うかと思います!

※大人アリサ新しい方がいいですね。
服もなんとなくスーツっぽくて秘書っぽいですし。

※個人的にはVのアリサの方がいいと思いますね。
大人っぽくて大人モードにピッタリな感じですし。

※推薦されたアリサの方が大人な感じでいいかな。
胸に関しても別に気になりませんし。
ネタがそれ関係だったから、リョウさんが必要以上に気になっているんじゃないかな?


大人アリサ、なかなか評判が良いですね。
同じアリサなのでイメージそのものが変わる訳ではありませんしね。
ご意見、ありがとうございました。差し替え作業をしておきますφ(..)

ゲームでの登場も今から楽しみですな。



※娘たちが可愛すぎるんですけどw 
アリサは3の方がいいですね。より大人っぽいですから。

※マテリアルズ可愛い!! これにつきますなw 

※娘たちが可愛くて尊い……可愛いは正義だね! 
とくにナハトやばいw 


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m

今回はシュテル達との親子関係と、彼女達に関する情報交換を行いました。
原作とは違ってシュテル達は法術を通じて実体化しているので、本人達の目的はほぼ達成済み。
特にユーリの力が完璧に制御できるようになっている点は非常に大きく、
闇の書問題も本体そのものより、法や政治が絡む問題へ変容しております。



※なのは映画を見て思った事、良介はイリス発狂フラグとキリエハードモードフラグを立ててしまった。
なのは映画で思った事その2、FORCEの時代の兵器群があの時期出てるの見て良介の運命力に戦慄した。


なのは劇場版、すごく評判がいいですね!
私はまとまった休みが取れないほど忙しい状況なので、お盆休みにゆっくり見に行く予定です。

正直シュテル達が出ているので早めに観に行きたいのですが、仕事が許してくれない(´;ω;`)ウッ…



※劇場版公開されたけど、で、トーマ、何か言うことある?



トーマ「俺達の戦いはこれから(Detonation)だ!」

アイシス「時空が歪みでもしない限り、なかなか際どいと思うけどね」

トーマ「き、君ともあろう人が諦めるのか!?」

アイシス「時空を歪ませてやるわ( ゚д゚ )クワッ!!」

トーマ「意気込み!?」



※メモリアルクエストのセイバーオルタ、令呪なしでクリア完了。
いや、楽しかった!! リョウさんはどうやってクリアしましたか? 

自分は弓王さんに黒の聖杯つけて、マシュ、玉藻ってメンバーでしたね。
それぞれ防御力アップスキルがあるんでそれで攻撃を凌ぎつつ、
玉藻の宝具で回復とNPチャージ&スキルの再使用を早める。
あとはアーツチェインとかでNPをためて、弓王さんの宝具でひたすら削る、って感じですね。



おお、タイムリーな攻略情報ありがとうございます!
私はガヴェインで令呪を使ってしまったので、回復待ちでした。
明日には全快する予定なので、今夜日が変わる時刻に挑戦する予定です(´・ω・`)+

福袋でちょうど弓王が出て宝具2になりましたので、黒の聖杯を付けて挑みますね(´・ω・`)b
玉藻が我がカルデラにいないのでフレマーリンを頼って戦ってみます!



※白旗が白の陣営として聖杯大戦に参加するようです。



アナスタシヤ「方針をお聞かせ下さい、我が主」

良介「うむ、我らがワールドチャンピオンに戦法で挑んでもらおう」

アインハルト「お任せ下さい、私とヴィヴィオさんが手を組めば出来ないことはありません!」

ヴィヴィオ「巻き込まれてる!?」



※ナハトが聖杯を拾ってきましたw 


ナハト「ゴクゴク」


良介「なんか飲んでいるんだけど!?」

アリサ「ジュース、ジュースよね!?」


※白旗ピックアップ!! 聖騎士さんの大胆水着姿!! 



良介「俺としては本当にピックアップされるのか、注目している」

アリサ「分かるわ〜、その気持ち。ネタにしておいて出なかったら泣く羽目になるもんね」



※フィアッセがシンフォギアを纏ってセクシーな感じになりましたw


良介「20点」

アリサ「女性には厳しいあんただけど、今回はやけに辛口ね」

良介「フィアッセはこの前大胆水着を着ているから、正直今回はコスプレの域を出ていない」

アリサ「……なるほど、パワーダウンはしているかも」



※白旗リポーター「紫天一家の皆様並びにフローリアン家の皆様、映画公開おめでとうございます」
ディアーチェ「うむ!偉大なる父に我らの新たな勇姿を見せる事が出来て感無量だ!」
シュテル「父上も誇らしく思っていることでしょう」
レヴィ「パパー、見てる−?」
ユーリ「うー、こ、後編を期待して下さいお父さん」
ナハト(家族と共に映画鑑賞中)
アミタ「ありがとうございます!これからもお姉ちゃん道を貫いていこうと思います」
キリエ「お姉ちゃんがおかしい事言ってる!? やっぱりあの男が原因……!」
グランツ「いやー私は大した出番ないけど、こうやってインタビューされるのは嬉しいね」
エレノア「わざわざ白旗の方が取材に来て頂いてありがとうございます」

イリス「そう……そうよね、全てご破産になったなら、その原因を……ふふふ」



アリサ「いちいち問題を増やしていかないでくれないかしら?」

良介「最近思うんだが俺本人じゃなくて、俺自身が巻き込まれているだけの気がする」

アリサ「ラノベのように一般人を気取ってくれるのなら、剣士を気取るから性質が悪いのね」

良介「女であろうとぶった切るぜ」


イリス「……ほう」



※リョウさん! 今回は解説が脱線してしまった、ウルトラマンティガ第43話、第44話の解説に戻りたいと思います!
前回、前々回等で解説してきた、M78世界のウルトラ族との差異等を交えて、
ティガ世界のウルトラマンの特異性を解説します!
1「主役マドカ・ダイゴ隊員と天才児マサキ・ケイゴのウルトラマンの認識の違い」
さてこの話の主軸に戻りますが、6月27日の拍手で解説したように、@ダイゴとマサキの遺伝子、血統、血筋のルーツ、大元は同じであること。
A上記@から物語の点回の1つである作中世界の太古の地球にかつて存在したと言う、
超古代文明、及びその文明の担い手であった超古人はダイゴとマサキの存在から、全てが絶滅した訳ではなかった事。
Bダイゴ隊員の先祖、ダイゴ隊員の一族の始祖である、 ウルトラマンティガ以外にも太古の地球での戦いが終わった後に、
石像を残して行った古代ウルトラマンが居た事。等の3点が判明しました!次にこのストーリーの最大のポイントである、
「ウルトラマンと言う存在2人の認識の差異」です!
1「主役マドカ・ダイゴ隊員と天才児マサキ・ケイゴのウルトラマンの認識の違い」Aダイゴ隊員とマサキはこの様な問答と議論、主張をしました!
マサキ「言っただろう? 君だけが特別な存在なんかじゃないんだってね」、
ダイゴ「そうだ。僕は特別な人間なんかじゃない・・・・・・。だけど、僕は自分の出来る事をする。この星と、この星の仲間達を・・・・・・皆と一緒に守る!」、
マサキ「皆? 皆はウルトラマンを神だと思っているんだよ? いいのかよ、そんな情けない意識でいてさぁ」、
ダイゴ「情けないだと?」、
マサキ「君は光の力に頼っているだけだ。人類の進化を強制的に導くのがウルトラマンの使命さ!」、
ダイゴ「・・・・・・」。
とこの様にダイゴ隊員にとってウルトラマンティガの力は、後に恋人にそして妻となるレナ隊員のガッツウイングの高度な操縦技術、
ホリィ隊員の科学者、技術者としての発明、良くコンビを組むシンジョウ隊員の射撃技術、自身より年下のヤズミ隊員の高度なプログラミング技術と情報分析と解析、
と言った能力、スキルと同じ認識、自身の出来る事にして自身のスキル、と言う延長線上で捉えています。
ですが反対にマサキはウルトラマンの力は地球人の、人類を変えられるほどの特別な力だと考えている、認識しているのが特徴です。
この2人のウルトラマンの認識の違いが良く出ていて、そして対比になっているのがポイントです。
2「ウルトラマンは答えてくれない、答えをくれない、ウルトラマンになる、ウルトラマンたる資格は?」
ウルトラマンと言う存在とその神と写れる巨大な力に付いての問答をマサキとした、ダイゴ隊員はこう言い切り、断言しました、
「お前がどんなに頭が良くても、お前はウルトラマンにはなれない!」、ティガと言う古代ウルトラマンの血統、血筋、遺伝子を継いでいること意外は我々常人と同じ、
凡人、常人であるダイゴ隊員は自身と違って、天才と言える優秀な頭脳を持ち、その頭脳を持って3000万年と言う永い時の中、
失われた、光の力=ウルトラマンの力を現代で解明してのける、と言う状況が違えば作中世界での歴史に残るであろう偉業と言える事をしました、
しかしそれでもダイゴ隊員はマサキは神の如き巨人、神に近き存在とも言える、ウルトラマンにはなれないと断言しています。
上記の事を言われたマサキは、「やはり自分が特別な人間だと思っている」と嘲笑います。
しかし、ダイゴは更に踏み込む様にこう言いました、「間違った心を持って光になってはいけない」と。
ダイゴ隊員が言いたいのは、ウルトラマンになる、なれる、ウルトラマンたる資格は子孫、末裔、血筋、血統と言う資格ではなく、
心、精神、魂の資格だと言っているのがポイント2です。この様な魂、心だ!と言った概念は他のジャンルでも見られますね!
3「神々しい神、神の如き巨神とは間逆の悪魔、魔神と言える姿の皮肉」
ダイゴ隊員の警告と忠告を聞き入れず、自身が開発した光遺伝子コンバーターと言う装置と、ダイゴ隊員から奪ったスパークレンス、
超古代の神器と言える神秘のアイテムと、現代の最先端技術の象徴たる機械を使って自身を光=ウルトラマンの魂、精神の柱として、
イーヴィルの石像と融合してしまいました。ここに作中世界で主役ヒーロー、ウルトラマンティガに続く、
第2の光の巨人=ウルトラマンが3000万年の永い眠りから目覚め、現代に復活しました!それを見たダイゴ隊員は、
「そんな、馬鹿な・・・・!」、と自身=ティガ以外のウルトラマンが復活した事に唖然、衝撃を受ける中、
その第2の古代ウルトラマン=イーヴィルティガは、古代神殿の遺跡から飛び立ち、熊本の都市に着地して人々を威圧しながら見せ付ける様に進軍します、
またこの時に壮大な音楽=ワーグナーの「タンホイザー」を、バックに流れそしてこの様に高らかに宣言しました、
マサキ「私は進化した人類だ。愚かしい旧人類は私に導かれる事だけが生き残れる道だ。見よ! 私の神々しい姿を! 私は神に近付いたのだ。私に続くのだ!」。
と演説しました!これに度肝を抜かれ、驚愕するTPC及び特捜チームGUTSですが、しかしこれはヤズミ隊員によって熊本にあるマサキの会社の、
サイバネティック・コーポレーション本社から流れて来ている事から、マサキ=イーヴィルティガがウルトラマン特有のテレパシーで伝えている訳ではなく、
マサキが事前に録音した物だと判明します。そしてダイゴ隊員の予感は的中します。
3「神々しい神、神の如き巨神とは間逆の悪魔、魔神と言える姿の皮肉」A人々をウルトラマン特有のその巨大な姿で威圧する、
イーヴィルティガ=マサキ・ケイゴですが、しかし段々とイーヴィルの様子がおかしくなり・・・・そして、何と街を、都市のビルを攻撃し、破壊し始めてしまいました?!
「間違った心を持って光になってはいけない」、とダイゴ隊員が言った事が現実化、的中しました、
真相は、@マサキ自身が人としての心がダイゴ隊員よりも未熟だった事、A人間としての野望や欲望が強すぎた、
これ等2点の理由から、イーヴィルティガ=ウルトラマンが持つ、人類の常識と人知を超えた神に近い巨大な力を制御しきれず逆に飲み込まれて暴走してしまった、
と言うのが背景です。この状況、結果を見たTPC最高責任者のサワイ総監は、サワイ「神々しいか・・・・・・。皮肉だな、マサキ君」、
と天才ゆえに自身がこの様な事になる事態を予測出来なかった事、
神々しいのとは間逆の禍々しい、怪獣や巨大化した星人と何も変わらない姿を哀れみました。
以上がティガ世界の2人目のウルトラマンになる筈だった、ウルトラマン、イーヴィルティガの哀れな末路ですが、
リョウさん如何でしょうか?
ダイゴ隊員=ウルトラマンティガと違い、イーヴィルティガ=ウルトラマンの神に近き人知を超えた力を制御出来なかったマサキは、
ティガの紛い物、ウルトラマンティガのニセモノ、としか認識されてしまいました、この話、
44話のタイトル名である「影を継ぐもの」と言う物も、第1話「光を継ぐもの」と対に、対比になっているのが特徴でして、
ダイゴ隊員は人とウルトラマンの光明面「ライトサイド」を継ぎ、この話の中心人物と言って良いマサキはウルトラマンの、
使い方を間違えれば怪獣や侵略宇宙人と何ら変わりない、ウルトラマンの暗黒面(ダークサイド)と、人間誰しもある光と影の内の、
影を示し、継いだ者であると言う強いメッセージ性を現しているんです。


うーん、昭和世代としてはウルトラマンは正義の象徴なので、
人間ドラマが入ってしまうのは面白いと思いつつも、ちょっと複雑ですね。
特に私の中では超然としたヒーローなので、出来ればそうあってほしいと思ってしまいますね。

面白いとは思うんですけどね、善悪が絡む物語はw




おお、紹介ありがとうございます。
いよいよ新シリーズがスタートするのですか!
新しいウルトラのシリーズが始まるのだと思うと、期待が高まりますね(´・ω・`)+
リアルタイムで見れるかどうか分からないので、
ネット配信を楽しみにさせて頂きますね。うーむ、楽しみだ。




エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 22:35| 大阪 ☀| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

拍手

FGO。水着イベントは去年クリアーしたので、マイペースに遊んでおります(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※アリサの大人モードですが、より大人っぽいこっちの方がよくないですか?
>ttps://dengekionline.com/elem/000/001/557/1557834/sen3_02_cs1w1_900x900.jpg

ネタ
アリサ、大人モード、胸の谷間が色っぽいよーw


うーん、確かに魅力的ではあると思うのですが、
エリゼと違ってあそこまで行くと狙い過ぎな気も……(´・ω・`)

ネタまで送ってもらって恐縮ですが、
これは真面目に皆さんのご意見を伺いたいですね。



※ついに夜天の人に名前付いたか、よかったなー。

※お、はやてに話しましたか。一歩進んだ感じかな。

※すずか大人モードいいっすねw 
良介が主ということで押し通すようですが、
シグナムたちの存在が把握されたときどう説明するんですかね? 

※リョウさん、誤字の修正数話跳ばしてる気が……

※リョウさん、三十九話と四十話に誤字が残ってたんで履歴を見てみたんですが、
三十八話から四十一話に修正が跳んでて間が抜けてますよ〜。


おっと、申し訳ない。修正しておきますねφ(..)
ずっと忙しくてなかなか時間が取れない(´;ω;`)ウッ…

小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
今回はシュテル達ではなく、はやてと守護騎士達の話。
はやての存在は完全に隠蔽して、騎士達の存在をなんとか誤魔化す方向性を固めました。

ただ、彼らの立場を確立させるのはなかなか難しいですね。

特に闇の書についてはクロノやリンディと深い因縁がありますので、
折り合いを付けるのはかなり厳しいのです。



※娼婦さん、
最近の聖女さんは格闘がすごくて凄女とも呼ばれるらしいけど、カリムさんもそうなのかな?


娼婦「そんな事はありません。私はご主人様がいらっしゃらないと生きていけない女です」

良介「お前が?」

娼婦「い、いえ、聖女様がそう説うておられました!」

良介「誰に聞かせているんだよ!?」



※白旗夏イベント開催決定!! ピックアップは水着のセレナさん!! 
色っぽい水着に聖王様も悩殺だ!!



セレナ「いけませんわ、旦那様……このような露出の多い水着を着せて、どうなさるおつもりですか」

トーマ「ノリノリで着てるのに!?」

アイシス「こ、この人、出来る……(゚A゚;)ゴクリ」



※アポクリファのベルフェバン翁ってに似てません?


分かる( ゚д゚ )クワッ!!
基本的にノバルティス博士は死んで欲しいくらい憎たらしい人物なのですが、
妙に印象深いので今でもよく覚えているんですよね。ぐぬぬ(´・ω・`)



※良介がナハトのために次元世界中から素材を集めて作ったバースデーケーキ。
それを狙ってビックマムがやってきました!! 



ビックマム「バースデーケーキ〜〜〜〜〜〜!!!」

良介「うわっ、空からなんか襲い掛かってきたぞ!?」

ヴィヴィオ「あ、アインハルトさん、こんな時こそワールドチャンピオンの出番ですよ!」

アインハルト「一般の女性に振るう拳はありません( ー`дー´)キリッ」

良介「どの口が言うか!?」



※ナハトがシンフォギアを拾ってきましたw


ナハト「あうわー、あうあーうあー」


リーゼアリア「ウットリ聞き惚れてしまうほどの美声ですね」

良介「うむ、将来は演歌歌手だな」

アリア「親バカ――と言いたかったのに、演歌で仰天だわ!?」




※リョウさん!今月の7月からウルトラシリーズの最新作である、ウルトラマンジードがスタートしました!
ttp://m-78.jp/geed/
主役の朝倉リクことウルトラマンジードは、以前解説したウルトラセブンの息子、ウルトラマンゼロの因縁の敵にして、
宿敵であるウルトラマンベリアルの息子?!
と言う衝撃の出自で今ツイッターやニコニコやよつべ等でも話題を呼んでいる、注目作品です!
そしてそんな主役のジードの父の因縁の敵である、ウルトラマンゼロも戦闘の師の1人である、
ウルトラマンレオが現役だった頃の時代の、父、ウルトラセブンと似た様な立ち位置で活躍する予定みたいです
作品の簡単な説明はここまでにして、リョウさんはご存知でしたでしょうか?
リアルの用事や仕事等で見逃した人の為に、YоuTubeでウルトラチャンネルと言う名で、
公式から毎週土曜日の朝9:00〜9:30の、最新話の本放送まで、実質来週の土曜日の朝8:30まで、
約一週間、無料で配信してくれています!
また他にもリョウさんが知るニコニコやよつべでも、
ttp://ch.nicovideo.jp/m-78-geed
等で毎週土曜日の1回だけですが、無料の生放送もしています、他にも円谷プロ公式は多くの人や視聴者に観て欲しい為か、
ttp://m-78.jp/news/n-4905/
で作品の最新話等を動画配信しているサイトを紹介しているので見てみてください



おお、紹介ありがとうございます。
いよいよ新シリーズがスタートするのですか!
新しいウルトラのシリーズが始まるのだと思うと、期待が高まりますね(´・ω・`)+
リアルタイムで見れるかどうか分からないので、
ネット配信を楽しみにさせて頂きますね。うーむ、楽しみだ。




エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

拍手

FGO。水着イベントは去年クリアーしたので、マイペースに遊んでおります(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※うん、エリゼがいいですね。
しかしネタが載ってなかったから次のときかー楽しみにしてます。
あとリョウさん、また感想へのレスが抜けてますよー。

※すずかの大人モードはエリゼがいいですねw 

※じゃあ自分はエリゼに一票で!!


ご指摘、ありがとうございます。感想へのレスは追加しておきますね。

大人エリゼのイメージ評価が高いようなので、正式採用にしますねφ(..)
閃3では淑女となったエリゼの登場が今から楽しみですな!

妹さんはご覧の通り達観した女の子ではありますが、
それでも夜の一族の女らしく身体的成長はしますぜ(´・ω・`)b



※もう蒼天の書と闇の書は別物ですからね。同じものとは証明できないでしょう。
ただグレアムはどうするのかなー。

※良介うまくまとめましたね。さすがだな。

※久々の登場で脱がされそうになるはやてに草生えますwww


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
闇の書関連とシュテル達関連の要件が、同時進行で進められています。
原作でもアニメとゲームで分かれるほどの難題なのですが、
同時になんとかしようと、良介が今四苦八苦しております。

もしリーゼアリアが同席していればもっと荒れたでしょうけど、
あの人は闇の書の暴走原因であった子と、ノホホンと遊んでおります(´・ω・`)




※リョウさん、誕生日おめでとです!!

※誕生日おめでとうございます!!

※お誕生日おめでとです! 
いつも楽しい小説をありがとうございます!


お祝いメッセージ、ありがとうございました!
大人になったとはいえ、誕生日にお祝いがないとやはり寂しいですからね。

皆さんのメッセージに癒やされる思いです(´;ω;`)ウッ…



※ナハトがTOKIOを連れてきましたw



ナハト「しまー!」

トーマ「開拓するつもりだ、この子!?」

アイシス「新規開拓は重要よね、その気持ちはよく分かるわ!」

トーマ「ファン層の開拓じゃないから!?」



※聖地の夜会に良介とパートナーとしてアナスタシヤさんが招かれたようです。
左上、おめかしドレス>ttps://pbs.twimg.com/media/DEvoGHqUIAAB7ZT.jpg:large


アナスタシヤ「陛下には相応しいご婚約者がおられると思うのですが、私でよろしかったのでしょうか」

良介「安心してくれ、盛大なパーティの場でも全く見劣りしていない」

アナスタシヤ「恐縮です。ご安心下さい陛下、どのような局面に置かれても対応可能です」

良介「ドレスの中から何か飛び出してきそうだ!?


※管理局が聖杯をロストギア認定して黒のランサーに返り討ちにあったそうです



ヴィヴィオ「熟練の魔術師50人を僅か30秒で全滅――これが真の英雄、ですか」

アインハルト「ええ、それほどワールドチャンピオンの座は高いということなのですよ」

ヴィヴィオ「同列で語ってますけどいいのですか!?」

良介「挑戦しそうだから怖い」


※ヒミコさんが今週のソーマを読んで。
ヒミコ「料理の技術がどうこうより、まずはしつけからだな。食材を投げるとはけしからん」


良介「常識的なことも言う奴だから侮れない」

ガリ「母さんは女性的な人だもの、子供達を指導する教養と礼儀は持ち合わせているわ」

良介「お前は昔から母親への評価は高いけど……私生活は粗雑なところもあるんだぞ、あの女は」

ガリ「ふふ、息子である貴方の前でしか見せていないと思うわ」


※アナスタシヤさん、そろそろあなたの妹さん、登場しないかしら?w 


アナスタシヤ「陛下へのご面会には、事前の申請が必要となります。家族であろうと例外ではありません」


良介「身内でも例外にしないのか!?」

アリサ「言ってくれれば、気軽にスケジュールを調整するのに」


※ヴァイオラさん、あなたのお母様のエレノアさんが良介と腕を組んで夜の街を歩いてましたよー。


ヴァイオラ「お母様が迷惑をかけてごめんなさい。熱燗の支払いはさせてもらうわ」

良介「何故おでんの屋台に行ったと分かる!?」

ヴァイオラ「母と夫の行動だもの、容易く予想ができるわ」


※白旗にモーさんが加わりました
>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm31538897


モードレッド「言っておくがマスター、アタシを女扱いしやがったら――」

良介「何を言うんだ、剣士に男も女もない( ゚д゚ )クワッ!!」

モードレッド「おお、すっげえ信念だぜ――うん……?」

アリサ「分かるわ、その煮え切らない感じ



※4「ウルトラ族の幼年から成人するまでの成長過程」
M78星雲のウルトラ族もちゃんと、男性型のウルトラマン、
そして女性型のウルトラウーマン、の我々地球人とは大分変化して、かなり異なりますが、
男女の生殖の過程を得て、ウルトラマンの赤ちゃん=ウルトラベビーが誕生します!
ですがここまでは我々地球人と同じですが、此処からが我々の様な短命種族には大変、気が遠くなる過程でしてね・・・・・
@我々地球人で言う幼稚園児から小学生の年代は、1000歳から2000歳。
流石長寿の種族と言いましょうか、ウルトラ族の赤ん坊が幼少期まで育つには、約1000年から2000年は掛かるらしく、
ウルトラ族で幼少期、幼稚園児から小学校卒業の6年生の年齢は、約0歳から1000〜3000歳、
がウルトラ族の幼少期、幼年代で、中学校1年生から青春真っ盛りの高校3年生の年齢は、
約4000歳から6000歳前半、が未成年、準青年期の年代らしいです
A6000歳後半から9000歳が我々地球人で言う所の大学1年生。
そして成人年齢ですが、約7000歳から9000歳が、大学1年生〜新人社会人に相当するらしく、
1万年、1万歳からがウルトラ族の種族的な成人、青年期と呼べる年齢の始まりらしいです。
5「ウルトラ族の種族的な短所、弱点、欠点」ウルトラ族の種族としての成長過程と年齢はここまでにして、
次に種族的な弱点、欠点ですが、ウルトラの星は26万年から27万年前の恒星消失事件の折、
常に人工太陽の光に照らされていて地球の日本で言う所の、季節と言う物が無く、
常に環境が一定の温度で定着しているので、@地球の様な苛酷な環境化ではエネルギーの消耗が元の姿よりも著しくなった。
Aウルトラの星全体の気温が一定の為か、急激な温度変化(特に強烈な寒波や寒さ)に弱い。
と言った所が短所、弱点となりました。
以上がM78星雲のウルトラ族の生態その2ですが、リョウさん如何でしょうか?
特にウルトラ族の成長過程、我々地球人で言う所の小学生の年齢になるまでも、
約3000年も掛かるというのは驚きだと思います!
ウルトラマンの赤ちゃんを養子として育てようとしたら、ウルトラ族の生態を知ると、
我々地球人の様な短命種族が育ての親になっても育てられない事が解りますね。


ウルトラマンの歴史は深い(゚A゚;)ゴクリ
でもそう考えると、たった十年二十年で精神的に熟成していく人間という生き物は、
ある種進化的な生き物だといえるのかもしれませんな。

100年超えると、精神は植物の域に達するとか何とか(´・ω・`)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 20:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

拍手(小説の感想分)

申し訳ない。書いたと思っていたのですが、抜けておりました(;´・ω・`)>挨拶




※あ、リョウさん、前回のレス、肝心な感想への返信がないですよー。



ギャー、本当だΣ( ̄ロ ̄lll)
めちゃくちゃ書いたつもりになっていましたが、ポッカリと抜けておりますね。
大変、失礼しました。
今週分といっしょにするのは流石にどうかと思うので、今日と明日で分けて掲載いたしますねm(_ _)m



※お、ついに闇の書の件に踏み込みますか。楽しみだな。

※シュテルたちは辻褄が合いそうですが、シグナムたちはどうなるかな?

※ひとまずシュテルたちは大丈夫そうですな。
ただヴォルケンズはどうするのだろうか?


改めて、小説の感想ありがとうございました。
一週間遅れとなってしまい、申し訳ありませんでした。

親権問題が一歩前進したので、今度は身内の身元調査へと移行。
その上で棚上げになったままだった、シュテル達や守護騎士達の秘密へと迫りました。
普通はまず人間関係を構築する上で程度はあれど踏み込むべきだったのですが、
良介が適当に放置していたので、ようやくという感じですねw


特にシュテル達は出会いの頃から慕ってくれていた子供達だったので、
本人達の素性などはどうでも良かったのかもしれません。







エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

拍手

FGO。アガルタの女ピックアップ2、開催。目新しいサーヴァントがないので回避かな(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※リョウさん、すずかの大人モードにエリゼを推薦します。
>ttp://dengekionline.com/elem/000/001/544/1544217/sen3_05_cs1w1_820x820.jpg

以前美月とエリゼの二択になった時に大人モードというには幼いから、ということで敗北。
ただ閃の軌跡Vでは成長して大人っぽくなっており、髪の色や雰囲気があっているので推薦しました。
大人モードはあくまで一時的なものなので、変更してもいいかなと思い推薦させていただきました。


まさかの大逆転キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

確かにやや幼いのではないかという評価があって、棄却したんですよね。
まさか大人のレディになったエリゼが登場することになるとは夢にも思いませんでした。
閃の軌跡Vは私も今から発売が楽しみで仕方ないのですが、
アルフィン皇女殿下もあれほど美しくなるとは思いませんでした。巨乳美人さんになりましたよね(´・ω・`)+

追加して、皆さんの感想を聞いてみましょうかφ(..)



※お、ついに闇の書の件に踏み込みますか。楽しみだな。

※シュテルたちは辻褄が合いそうですが、シグナムたちはどうなるかな?

※ひとまずシュテルたちは大丈夫そうですな。
ただヴォルケンズはどうするのだろうか?


小説の感想、ありがとうございます。
ご返事遅くなりまして申し訳ありません。

いよいよ闇の書とシュテル達に対して、確信に触れていっています。
肝心なところがまだ聞けていませんが、辻褄合わせとして良介が試行錯誤して、
帳尻を合わせるべく頭を悩ませております。
守護騎士達もシュテル達も平和な日常を望んでいるので、陰謀も何もないのですが、
管理局側が納得してくれるはずがないので理由が必要になってきます。





※ヒミコさん、ドレス姿美しかったです!! 
>ttps://pbs.twimg.com/media/DDaRFiGUAAA-gjg.jpg


良介「ドレスなんぞ着る機会が、あんたに訪れるとは思わなかったな」

ヒミコ「うむ、私のような家庭的な女にはエプロンが似合う」

良介「真逆のイメージじゃ、ボケェ!?」

ヒミコ「ふふふ、愛する母に着飾ってほしくない息子の嫉妬というものか」

良介「くそ、何を言っても通じない鉄の女め」



※セミラミス「ついに放送が開始されたか」
アヴィケブロン「僕達がカルデアに召喚される日も近いかもしれないな」
ケイローン「私の同郷の神々や英雄、教え子達も頑張っているようです。おや、どうしましたアキレウス?」
アキレウス「先生…英雄として、お呼びがかかれば応じるつもりなんだが…どうも寒気が止まらねぇんだ」



トーマ「俺達もいよいよ今月、公開されるよ」

良介「まるで出番が確定しているかのように話すお前の度胸が凄い」

アリサ「この子なんて、戦々恐々としているのに」

アイシス「……このサーヴァントの方々が実装されるより早く登場する機会、あるのかな」



※∠(`・ω・´)どうも中堅提督です。
艦これの夏イベ目前にバケツ30切ってるっていう、
無茶な6−4、6−5攻略をしてしまったので非常にやばい状況ですが元気です。
鈴谷改二任務のために6−5敵連合艦隊相手にS勝利しろって考えたやつホント……ほんと……もう……泣きそう。

FGOは水着イベの前にアガルタ配信になりましたね。 
これから水着復刻からの今年度水着イベになると思うとお財布がお亡くなりになりそうです。
(ネタバレ割愛)
不夜殺引けてないけどエルドラ狂引けたので大人しくしときます……


中堅提督に敬礼(`・ω・´)ゞ
6−5敵連合艦隊相手にS勝利とかいう鬼畜設定は、えげつないですな(゚A゚;)ゴクリ
このハードルの高さはエンドコンテンツレベルなのですが、
気軽に楽しめるラインを遥かに超えてしまっている気がしますな。

FGOはいよいよアガルタの女が、配信。
私はネタバレ回避の為詳細はいえませんが、船に乗って敵陣営に突撃するところですね。
今のところさほど苦戦はさせられていませんが、
教えて頂いた攻略内容を見る限り、後半戦がえげつなさそうですな(´;ω;`)ウッ…

まあ例の天災が出た時点でもう、長期戦覚悟なんですけどねw



※迷い込んだのは動乱の理想郷。夢か現か、人と魔が入り乱れ争いあう。
Fate/Grand Order Epic of Remnant 「聖地の女」

カリーナがメイド服、マイアがセーラ服で登場!!



カリーナ「排出率は0.0001%ですの、オホホ」

ヴィヴィオ「ガッツリ稼ぐ気満々ですね!?」

マイア「……何気なく着せられているわたし」

良介「なるほど、脱ぎたいと」

マイア「極端ですよ、お客様!?」


※リョウさーん、前回のワンピネタのレスだけど、すずかのセリフが途中で切れてますよー。

※妹さん、今週のジャンプのサンジのセリフ。過去にジャッジに言われた、
「父だといわないでくれ」
の対比になってますよね。すごい!!


すいません、このすずかの台詞はカットでφ(..)
消すつもりが残っておりました(´・ω・`)


すずか「先生ほどのお人になれば、台詞の一つ一つに信念が込められているのです」


良介「大げさ過ぎる!?」

忍「大真面目に語っているのが凄いわ、うちの妹ちゃん……」



※ナハトがくまもんを拾ってきましたw


良介「俺はく⤴まもん派」

忍「私、く↘まもん派」

良介「……譲らんぞ( ゚д゚ )クワッ!!」

忍「当然よ( ゚д゚ )クワッ!!」


アリサ「ほら、どうでもいいことに拘るでしょう」

ナハト「おー」



※ナハトは次元世界を滅ぼせる存在であり、
たくさん食べる子であり、お父さん大好き娘である!! 

ナハト「おー!!」
(食戟のソーマの竜胆の紹介風)


シュテル「勿論大人モードで描写されています」

レヴィ「流石だね、シュテル」

ディアーチェ「抜かりがないようだな」

良介「少年たちの視線を意識するな!?」



※アナスタシヤさん、CM見ました!! あの巨体のパンチを受け止めるとは流石です!!
>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm31413552

アナスタシア「ありがとうございます。ですが、大した事ではございません。
陛下を思う一念があればこそ」


良介「……想いそのものは純真な乙女なのに、行為は荒男顔負けの力技なんだよな」

アリサ「今季は大活躍するのか、恋愛脳に陥ってしまうのか――見どころね」




※1「ウルトラの星=光の国の歴史」そもそもウルトラ族は何故、銀色と赤のラインが入った身体や、
赤い身体に銀色の頭部とプロテクター、と言った身体、姿をしているのか?
それはマン〜メビウスの頃は約「26万年前」、セブンの息子のウルトラマンゼロが活躍する時代では「27万年前」、
前まで遡ります!これは昭和の頃から在った物なんです。
2「26万年から27万年前のM78星雲、光の国」ゾフィーからメビウス、そしてヒカリと言った、
ウルトラ11兄弟が生まれる前、ウルトラの父、及びウルトラの母と言った親世代の更に前、
兄弟達から見て祖父、祖母世代の時代までは、M78星雲人は実は「我々地球人=人類と保々同じ姿をした種族、だった」、
事をリョウさんは知っていますか?
ウルトラの星の住人は元々は我々地球人と保々同じ外見をした、
所謂、「ヒューマノイドタイプ」と評される宇宙人、異星人だったんです。
3「何故、人間型宇宙人から巨人型の宇宙人の姿に変わったのか?」
そして昭和世代には謎の1つだったであろう、ウルトラマンは何故、今現在知られている姿に変わったのか?、
ですが・・・・これにもちゃんとした訳、理由と略歴がありましてね、この時代の光の国に、
国家と惑星、星の全ての住民の命運を左右する、とんでもない事件、出来事が起こったんです。
4「星の光の消失」26万年から27万年の光の国に起きた事件、それは、「太陽の爆発、太陽の消失」です!
この時代まではウルトラの星にも我々地球人が住む太陽系と、同じ様にウルトラの星周辺にも太陽の惑星があったんですが・・・・、
この時代でこの太陽の寿命が尽きてしまい、爆発、ウルトラの星は空の光を失ってしまったんです。
5「偶然か? それとも必然か?、神に近き種族への進化」太陽の光、太陽光を失ったウルトラの星は、
強烈な寒さと寒波しかない、氷の惑星、しかし何も育たない死の惑星になってしまいました。
がしかし、ウルトラの星の住人は地下世界へと逃れ、寒さと飢えを凌ぎながら、星へ再び光を取り戻すべく、光の国の科学力と技術力の総意を結集して、
「人工太陽」の開発に着地したんです、そして実験は大成功し、ウルトラの星は光を取り戻す事が出来たんです。
ここまでは良かったんですが・・・・、しかしM78星雲人に予想外の出来事が起きました、
ウルトラの星の科学力の総意を結集して開発した人工太陽、「プラズマスパーク」に搭載されていた「ディファレーター光線」と言う光線の因子が漏れ、
その光線の因子を浴びた技師の2人が浴びてしまいました、ですが、この2人の技師は逆に以前の身体と比べて強靭かつ強固な身体へと変わっていました、
この事故と身体の変化を聞いたウルトラの星の上層部=ウルトラの長老達は、「国民全てにこの光線を浴びせてみよう」と言う方策を立案し、
そしてウルトラの星の住人は、@光線発射能力、A宇宙空間を亜光速で飛べる飛行能力、
等と言った強大な戦闘力を持った現在の姿、我々が知る姿に変化、進化しました。
こうしてM78星雲人は人間型種族から、神に近き超人族、ウルトラ族へと進化しました。
以上が昭和シリーズのウルトラマン、ウルトラ族の歴史ですが、
リョウさん如何でしょうか?
@M78星雲人が大昔は地球人と保々同じ外見の異星人だった事、A人工太陽の光を浴びた事であの姿へと進化したと言う事、
これらを知るとウルトラマンは我々地球人を含めた、人型生物の行き着く果て、人の進化の究極の姿とも言えます。



なるほど、興味深い設定ですね。
最初からウルトラマンだったのではなく、地球の環境に似た自然の驚異や
その後に経過するであろう数々の災害における戦いの果ての結果といえるかもしれませんな。

人工太陽なるものまで作れるとは、超科学の分野ですな。SFだ……(゚A゚;)ゴクリ






沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:37| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

拍手

FGO。今の討伐戦、ノッブが大活躍で個人的に嬉しい。ガンガンダメージが入るお(´・ω・`)+>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※デブのイメージいいですね。本当にきれいなお嬢さんです。

※デブ……美人! 圧倒的美人!!

※デブのイメージ、ほんと綺麗ですね。


お待たせしました!
ようやくというべきか、デブの詳細設定とイメージを追加しました。
推薦頂いたキャライメージも評判が良くて嬉しいですね。

改めて推薦してくださった方、ありがとうございましたm(_ _)m



※今回はユーリメインでしたが、やはりかわいいですね。良介の娘はみんなかわいいw 
そしてルーテシア登場ですが、さっそくフリーダムな性格の気配がw 

※ついにルーテシアと対面、楽しみだな。
 
※最新話は子供たちとのやり取りにほっこりしましたw 

※宮本家の子供たちはやっりかわいいw

いつも小説の感想、ありがとうございます。


今回一気にルーテシア登場とメガーヌとの会話を書くつもりでしたが、
子供達との会話を最近書いていなかったのと、
そろそろ劇場版も公開されるので、マテリアルズ達との交流を書いてみました。
うちはシュテルがとにかく自己主張が強い子なので、今回はジャンケンでユーリに決定ということでw
宮本一家ではナハトに続いて、甘えん坊なユーリさん。ファザコンさんなのです。
人前での触れ合いは照れまくるので控えめですが、
お父さんと二人だとこうして素直に甘える仕草を見せております。


次回はミニルーテシアが大暴れします(´・ω・`)



※妹さん、今週のワンピ、ジェルマだけ世界観が少し違う気がするwww


すずか「私のバリアジャケットが確定しました」


良介「確定しちゃった!?」

アリサ「早まらないで、すずか!?」

忍「……実現しそうで怖いわ、この子」



※次回のハレトークは、海外で大活躍し日本の国際的評価を高めた立役者。
現代によみがえった侍、宮本良介大好き芸能人!! 

なんとヴァイオラ・ルーズベルト、フィアッセ・クリステラ、アイリーン・ノアも参戦!! 
これは見逃せないぞ!!



アイシス「では早速、人気投票をやりましょうか」

良介「やめろや、今の時代荒れる原因になってしまうわ!?」

トーマ「アイシスは本当、貪欲に急所を狙っていくよね」

アイシス「ふふふ、炎上させてもトップを狙ってみせるわよ」



※Fate/Apocryphaの鯖とジーク以外のキャストがまだわからん…
獅子劫さん役が誰なのかが一番気にかかる…


FGOファンとしてはコラボイベントがあるのかどうかも、気になっていますね。
何しろこのチャンスにしか、赤のアサシンことセミラミス様がサーヴァント化されなさそうですしね。
アニメ化情報が出る度に、ワクワクさせられておりますw

アニメそのものも当然期待していますが、情報は今のところ小出しで気になりますな。



※ナハトがプルー(原作:RAVE)を拾ってきましたw



ヴィヴィオ「い、一応ペットになるのでしょうか……?」

アリサ「この前のアレは論外だったけど、微妙なところをついてくるわね」

アインハルト「あの生き物はなんなのでしょうか、私の拳は通じますか?」

良介「試そうとするな、チャンピオン!?」



※日本のアイドルに倣って、ヴァイオラが生放送で人妻であることを話したよですw


良介「普通に答えていてお茶吹いた」

アリサ「あの人、基本的に嘘をつけない人だから」

アイシス「となればやはり、炎上商法ですね」

良介「すげえワクワクしてやがるし、こいつ!?」



※創愛ー、音遠が裸ワイシャツで良介に迫ったらしいよwww


創愛「成果を聞かせてもらおうかしら」

音遠「プライベートを狙って挑んでみましたが、首絞めには成功しました。寝技で攻めるのも良いかもしれません」

忍「……射止めるのではなく、仕留める方法なのね」

創愛「この人達については今更よ」




※リョウさん!今回も前回から「ウルトラマンティガ」のゲストキャラである、マサキ・ケイゴ関連及び、重要な用語を解説します!
ティガ52話全話に置いてこの43話、44話の話は最終回、クライマックスが近かった事もあり、改めてネオフロンティアスペース=ティガ世界が、
Q〜マン〜80と続いた昭和シリーズの舞台であった世界観、M78スペースことM78星雲世界とは異なる世界観、
全く別の世界、異世界であると言う事を更に強調している作風、及びストーリー構成になっているのがポイントなんです、
まず用語を1つ解説したいと思います!
用語:「スパークレンス」
ティガ関連の解説の中で何度か書きましたが、改めて紹介、解説します!
「ウルトラマンティガ」の記念すべき第1話「光を継ぐもの」の終盤、ラストに置いて何時の間にかダイゴ隊員のGUTSの制服の胸ポケットに、
何時の間にか入っていた・・・、作中の主役ヒーロー、ウルトラマンティガに変身するための、変身アイテムです!
これも「ウルトラマンティガ」と言う作品に置いての印象的なアイテム、象徴の1つです。
形、デザイン等はグーグル先生等でググってみてください。 「ティガへの変身方法と変身パターン」
このスパークレンスを使っての変身ポーズ、パターンが実は幾つかありまして、1つは、
@両腕をクロスする、Aそのまま腕を大きく回し、Bスパークレンスを空に掲げる、と言った順に行うAパターンと言われるパターン、
2つ目は、上記のプロセス、過程を省略して変身する、Bパターンと言われるパターン、
そして3つ目に、胸の前にスパークレンスを掲げて、等身大サイズ、人間サイズに変身する、Cパターンと呼ばれる計3つの変身パターンがあるんです。
2「スパークレンスの機能及び機構構造その1」
上記の計3つの変身プロセス、パターンのどれかを行う事によって、@先端のティガのプロテクターを模したパーツが左右に展開、
A内部にあるティガのカラータイマーを模したレンズが出現し、Bレンズから放たれた光に変身者(本編ではダイゴ隊員)が包まれ、
Cウルトラマンティガ・マルチタイプへ変身完了、と言うこの4つの過程を得てダイゴ隊員は作中でティガへと変身するんです。
3「スパークレンスの機能及び機構構造その2」ここまで解説してきたスパークレンスですが、
この変身アイテムが本放送の1996年から1997年、の当時までに置いて初だった点、ポイントは、
「TVシリーズで始めて、機構構造やウルトラマンへの変身機能が作中で説明、明かされたアイテムだった」、
と言う所なんです!これも昭和シリーズでは無かった所だったんですよ!
作中、劇中で明かされたスパークレンスの仕組み、機能は、43話でダイゴ隊員から強奪したマサキ・ケイゴによると、
@スパークレンスはダイゴ隊員を人間の身体から光=ウルトラマンティガへの身体へと粒子的に変化、
変換させる一種のデバイスの様な物、道具。
Aではスパークレンスを使えば誰でも、光=ティガへと変身出来るのか?と言うと、そうではなく・・・・、
スパークレンスはダイゴ隊員の身体の中にあるDNA、遺伝子にある、作中名称・光遺伝子、光因子と評される=ウルトラマンの遺伝子に反応して動く、起動する。
と言う仕組み、機能、構造らしく誰でも使える訳ではない、と言う事みたいです。
「昭和シリーズには無かった、ウルトラマンに変身する為の条件」
以上が作中ヒーロー、ウルトラマンティガの変身アイテムスパークレンスの、機能設定ですが、リョウさん如何でしょうか?
この変身アイテムの詳しい機能や構造と言った物が明かされた、解説されたのは、
ティガが始めてだったんですよ!そして改めてティガ世界でウルトラマンになるには、
1超古代の遺伝子=古代のウルトラマンの血統、遺伝子を引いている事、
2媒体となる古代のウルトラ戦士達が宇宙に帰る時に残して行った身体=石像、
3ティガのスパークレンスの様な人間の身体からウルトラマンの身体へと変えるアイテム、と言う計3つの要素が必要だと視聴者にも改めてティガ世界が、
M78世界とは違うと理解出来る作風と世界観設定、シナリオ構成になっているのも大きなポイントなんです。



昭和時代のウルトラマンは確かに、変身自体はシンプルでしたね。
変身シーンそのものがありませんでたし、変身アイテムを掲げて一気にウルトラマンになる感じでした。
その登場シーンが鮮やかだったからこその頼もしさがあったのかも。

後はやはり、平成ならではのビジュアルの良さかもしれませんな(´・ω・`)




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:07| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

拍手

FGO。頼光ママ好きだけど、水着まで絶対我慢してやるぞ。ハァハァ(過呼吸>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※思ったんですけど、
原作で「教会組」と呼ばれている残りのナンバーズの面々は登場しないでしょうか?
INNOCENTでも全く触れられてないですけど。


一応、構想はあります。
現時点で登場させること自体は不可能ではないですし、いずれ登場する予定なのですが、
実を言うとなのはINNOCENTで早く登場しないか、待ってたんですけどね。
イメージ的な意味も含めてw


※そういえば自分も気になったんだけど、デブの婚約話ってどうなるんですかね?

※婚約の話は今回触れるからレスになかったんですね。
ありがとうございました。

※いろいろと新情報が出てきましたね。個人的には良介の娘を名乗る存在が気になりますね。
……魔女かな?

※プレセア関係の問題が出てきましたね。
オルティアのこともどうなるか楽しみ。

※また聖地でのストーリーも始まりそうですね。
カリーナ、セレナ、マイア、プレセア、オルティア、エテルナ、ノア。
再登場が楽しみですなw 


いつも小説の感想、ありがとうございます。
今回は幕間として良介の周辺事情について触れました。
良介が休暇中の間も、聖地は色々な世情で揺れていたりします。
プレセアやバハムートについても今のところ、明確な処分が決まっていませんからね。
事件自体は解決しても、人間関係の問題は多く抱えております。

いずれ聖地の事情にもまた触れるつもりですが、しばらくはまだ海鳴フェーズです。


※千葉ロッテのマスコット「謎の魚」をナハトが捕まえてきましたw

ttps://twitter.com/forever_marines/status/868715122843279360/photo/1
(参考資料)


良介「怖っ!?」

アリサ「う、うちはペット禁止だから返してきなさい!?」

ナハト「あうー」



※白旗最新PV公開!!
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm31365155



良介「そういえば来月公開の劇場版もPVが発表されたな」

アイシス「プロモーションは常に狙う必要がありますからね、白旗の活動を見習っていますよ」

良介「……現時点で、お前らは影も形もないが」

トーマ「き、切り札ですから(震え声)」



※月曜日のたわわ良介ヴァージョン。
ヴァイオラに耳かきをしてもらったら頭への胸のあたり方がすごかったらしいw


良介「女性側からすれば、耳元がよく見えないのではないだろうか?」

ヴァイオラ「哲学ね」

アリサ「哲学なの!?」



※夜の姫君たちの暗躍の結果、日本に一夫多妻制が導入されましたw



カレン「民主議会制度では、法律一つ変えるだけでも苦労させられますわ」

ヴィヴィオ「もう変えたかのように喋ってる!?」

アインハルト「これでようやくヴィヴィオさんにも正式な親権が与えられますね……ううっ」

ヴィヴィオ「アインハルトさんは少し怖い理由で感涙していますし!?」


※デブが罰ゲームで良介のメイドをすることになったようです。
>ttp://strikeblood.gamedbs.jp/images/d597a3e27467884ed43d87f2023ea3ec6b5ada68.jpg

良介「しまった、こういう罰ゲームを入れておけばよかった」

音遠「労働者の服装を着させて、私を辱めようとするつもりなのですね!?」

アリサ「階級差別で文句言ってる!?」



※リョウさん! 前回に引き続いて今回もティガ第43話、第44話のゲストキャラ、マサキ・ケイゴの解説をしたいと思います!
また主役である本作に置いてウルトラマンティガになった、
V6の長野さんが演じた、ダイゴ隊員も踏まえて解説していきます!
「マサキとダイゴ隊員、対称的な2人」マサキは前回に置いて解説したとおり、
作中世界では、@作中世界でも類を見ない類い稀な頭脳を持つ鬼才と呼べる天才児、
A作中世界では国際的な巨大組織TPCの科学力、技術力を超える頭脳と技術力を持つ、天才物理学者
B作中世界では宇宙開発の主力企業「サイテック コーポレーション」と言う、一大企業の若き最高責任者、
と言うハイスペックな人物だと言う事を解説しました、また作中ではTPCが誇る精鋭チーム、
特捜チームGUTSのメンバーであり、そして作中世界の人類をあらゆる脅威と戦い、
守護する光の巨人=ウルトラマンである、ダイゴ隊員を(ゲオザークとの戦闘で消耗していた事もありますが)格闘戦で圧倒する、
と言う事までやってのけていまして・・・・、ダイゴ隊員に対して、
「僕は俗人には及ばない知性を持っているぅ、生まれつきね。でもそれだけじゃないんだ。
でも、それだけじゃないんだ。体だって鍛えてきたんだよ!! 超人になる為の努力はしてきた!
でも、君は何も努力してない」、とダイゴ隊員に対してこの様なセリフを言い切ってましてね。
そしてこの後ダイゴ隊員からティガに変身する為の、変身アイテム・スパークレンスを奪っています。
「ダイゴ隊員とマサキ、対称的かつ対の関係と立ち居地」
マサキはまさに誰もが認める、認めざるを得ない、天才科学者なんですが、前回の解説の最後でも書きましたように・・・・、
今作の主役であるダイゴ隊員に限らず、昭和シリーズの世界観でも、
ウルトラマンになった人達は偶然が重なってウルトラマン側から見出されて、与えられて、変身能力を得ています。
ですがマサキは自ら体を鍛えていた、と言う面を見ると、実際は常人を超える才能もあるが、努力も怠らない、努力型の天才と推測されます。
それだけに何の努力もせずに(実際はダイゴ隊員も別の面で努力しているんですが)、
神の様な力を持った超人=ウルトラマンになったダイゴ隊員が気に入らなかった、
嫉妬していた、妬んでいた事が作中の描写でも察する事が出来ます。
そして、そんなダイゴ隊員なんですが、ダイゴ隊員はイケメンな好青年で鮮やかで優しく、
そして内には熱い正義感と勇気を持つ、まさに主人公に相応しいと言える好青年なんです。
しかし・・・そんなダイゴ隊員は実は我々に近い人物像なウルトラ主人公でもあるんです。
「自身にあるのはかつて太古の英雄の、太古の守護神の血統のみ」ダイゴ隊員は本編の全52話、そして完結編である劇場板も入れて、
計2回は在る事に苦悩します、それは、<ダイゴ隊員には他のGUTSメンバーの様な際立った能力、特化した才能が無い>、
と言う事なんです!他のメンバーは流石、精鋭チームメンバーに抜擢されたと言うだけあって、
隊長であるイルマ隊長は頼もしい冷静さと、優れた観察眼と分析力を持ち、皆を纏め的確に指示し指揮する指揮能力の他に、
宇宙及び考古学者としての面も持っていおり、副隊長のムナカタ・リーダーはイルマ隊長の次に、
判断力・行動力に優れ、そして戦場、事件の現場である前線で現場指揮を練れる、とサブリーダーとして相応しい能力を持ち、
後に恋人として、そして妻となるレナ隊員は、22歳と言う若さで訓練校を主席で卒業した抜群の操縦技術を持つ、
エースパイロットで、作中では良くコンビを組むシンジョウ隊員は、
隊員養成所のエースで射撃の名手かつ、元アストロノーツと言う凄い経歴を持ち、
ホリィ隊員は天才的な閃きとアイデアでチームの助けとなる、数多くの装備を自力で開発出来る程の天才発明家にして、
優秀な科学者、技術者でもある、そして自身よりも年下である、チーム最年少であるヤズミ隊員は、
コンピューター操作やプログラミングに関しては天才的な頭脳と技術力を持つ、と言う天才児と言える能力を持っています。
そんなハイスペックな同僚達に囲まれたダイゴ隊員にとっては、自身の唯一の能力、際立った物は、
かつてこの地球と当時の人類を守護した神の様な存在の血統と、
その先祖から形的には引き継いだ神の様な力=ウルトラマンへの変身能力、と言う事だったんです。
43話ではそんな自身にとってチームの仲間達の様な自身にしか無い物が、
@超古代人の血統=ウルトラマンの血統、Aそしてその先祖から引き継いだ変身能力=スパークレンス、
のみでその内の1つ、Aが奪われて無くなってしまい、自身のアイデンティティーはこの2つ以外は際立っだ物が無い、
ダイゴ隊員は無力さを一心に受けて仲間たちの元から半場逃げ出す様な形で、
姿を消して、そして自身の唯一の物であるスパークレンスを探す中、43話のラストで、
自身の先祖=ティガ以外のウルトラマンの石像=イーヴィルを発見したんです。
以上がマサキと主役のダイゴ隊員の対になる関係ですが、リョウさん如何でしょうか?
自身にあるのは古代からの血統と、その先祖から引き継いだ物のみと言う、
ティガ本編、全話に置いての作風の特徴の1つとして、このマサキの様な、ティガ=ダイゴ隊員に妬みを持った敵が多かったのも、
「ウルトラマンティガ」と言う作品の特徴の1つでもあったんですよ


実際、地球という巨大な惑星を守る使命の隊員であれば、
守ってもらう側からすればエリート達でないと不安という一面もありますからね。
アニメや漫画では血統は重んじられる風潮にありますが、
血統くらいしか誇れるものがないというのは、それはそれで俗物的なイメージが出てきますな。

それらも含めて、人物像というのは大切ですね。




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 20:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

拍手

FGO。それでもたまに、鬼殺し級は事故るけどね(´;ω;`)ウッ…>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※ロードエルメロイ二世事件簿コミカライズ決定!
……いやちょっと早すぎません?汗) 
原作半年に一冊のペースでようやく折り返し地点なのにすぐ追い付かれる危険が。まあ楽しみですけど。
ただ欲をいうならfateZeroと同じく真じろう先生画でやって欲しかったなあ。
今月のヤングエース掲載の二世誕生エピソード読んで思わざるを得なかった……
ょぅじょライネス可愛すぎる。


おお、コミカライズが決定ですか!
原作はコミケベースで発売されているので、連載ペース次第では追いつかれそうですね。
だからこそオリジナルストーリーに期待したいところではありますが、
あれほど濃厚な世界観とキャラ揃いだと、オリジナルを描くのは難しいかもしれませんね。

作者様の技量に期待したいところです。




※良介と天狗の戦いを見てデブは勝てないと悟ったんかな。
そういえば良介に勝つためにデブも婚約したけどどうなるのかなー。
そろそろキャラクター設定にデブのも欲しいね。

※天狗との落としどころはどうなるかな。
簡単な条件では舐められますし、かといって難しすぎればより険悪になりますしね。

音遠と良介の和解。良介の「いちいち俺に関わろうとするな」という言葉の真意……感動した!! 
あ、そういえば音遠の貴族様との婚約ってどうなるんですかね? 

良介への当て付けでしたような婚約ですからもう必要はないですし。

※天狗からどういう条件を引き出すのか楽しみ。


いつも小説の感想、ありがとうございます。
これで良介とデブとの決戦は終了、二人の関係は一区切りです。
ひとまずデブのエピソードは一応区切りは付いたので、そろそろキャラ設定にも追加したいところですね。
仕事が忙しくてなかなか時間が取れていませんが、なるべく早く追加しようと思います。

そして新しい火種である天狗一族、良介が棚上げしていた問題の一つです。
課題を多く残したまま異世界へ行ってしまったので、ある意味良介のツケでもありますね。
難儀な問題ではありますが、取り組んでいきます。



※今週のワンピース……え、これなんてホラー?
というかマムこれってもしかして(ネタバレ)ったの?皆(ネタバレ)なの((((;゜Д゜)))……
いやいや流石にジャンプでやっていい内容じゃ汗)



今週のジャンプはなかなか衝撃的な展開でしたね。
ビックマムは生まれつき校なのか、それでも何らかの変異でこうなってしまったのか分かりませんが、
本人に悪気がないだけに余計に性質が悪いですね。
もっとも今は悪辣な人間になってしまっているので、もはやどうしようもない状態ですが。

この悪質な食いわずらいが今現時点で起きてしまった場合、
解消できるのはサンジの料理のみとなるかもしれませんね。



※今週のワンピースをナハトが読んで。
ナハト「おー!!」

自分なら我慢出来ると怒っています。



アリサ「そういえばナハトは、好きなものに噛み付く癖があるのよね」

シュテル「ええ、父上にも時折齧りついています。もっとも甘噛みですけれど」


アイシス「……甘噛み少女なんてのも、斬新でいいかも」

トーマ「徹底して研究してる!?」



※リョウさん、茨木童子に一度でどれくらいのダメージを与えられるか挑戦するのも面白いですよw 
自分は師匠、孔明、フレ孔明というメンバーで挑戦しました。
礼装の効果で師匠の攻撃力は700%アップ。
師匠にバフを重ね掛けしつつ、ダブル孔明の宝具で防御力ダウン、そして師匠の宝具。
そしたら何と……450万というダメージを叩き出しましたw これは凄い爽快でしたねw 


おおおおお、すごいじゃないですか!
私もチャレンジこそしましたが、孔明が我が陣営には居ないので、
フレンド便りでパフ掛けして実行しても、ジャンヌオルタで200万くらいでしたね。

それでもガッツリ決まった時はなかなかの爽快感があるのは、よくわかりますぜ(´・ω・`)b



※ナハトがティアマトさんを拾って来ましたw



ナハト「ブーン」

ヴィヴィオ「無邪気に乗っかってる!?」

アインハルト「人類の悪となれば、このワールドチャンピオンの出番ですね」

ヴィヴィオ「アインハルトさんも別の意味で乗っかっている!?」



※お疲れ様です
今やってるデレステのガチャでウエディング歌鈴引きましたw

豪運、継続中ですw


ニコニコ動画でちょうど今、ガチャ動画を見ておりましたw
何百連もしてようやく出たという歌鈴動画で、見ているだけで課金の恐ろしさを感じさせましたね。
私は個人的に凛ちゃんのウェディングも大好きなので、ちょっと引きたい衝動に駆られましたw


※アナスタシヤが旗を振って一人で戦ってると、
頻繁に味方が無敵になって体力が回復して状態異常も解けるらしいよ。
さすがっすねw


良介「戦場ならともかく、日常でやると応援団長みたいだな」

アリサ「あの人はいつも胸を張って旗を掲げるから、女性であれど凛々しく見えるのよね。本人の気風かしら」

シュテル「応援といえばチアガールでしょう。今、準備致します」

良介「対抗するな」


※管理局でもレクリエイターズのまみかちゃんのお別れ会やりましょう!


良介「会費、一万円ね」

アリサ「……あんた、人の弱みに付け込む時は思い切った値段設定するわね」

良介「エンディングはサライだぞ」

アリサ「無理やり盛り上げようとしてる!?」


※ヒミコさんの料理は食べると服が脱げるほど美味いらしいです。


ヒミコ「安心しろ、下着は残してやろ」

良介「そこまでいったらもう裸にしてやれよ、余計に恥ずかしいだろう!?」

ヒミコ「無論私は常に、気温には注意を払っているぞ」

良介「原作へのネガティブ発言!?」



※ナハト+久遠=可愛いは正義



        /
 |T ̄て ̄ ̄`ー-<
 ||   ̄\   ヽ
 |/    \\  _|
_|\__ 、\\)/L|/
  (_(_\_)_)ノ




※リョウさん! 前回はティガ作中にて、また1996年当時では初の悪のウルトラマンであった、
イーヴィルティガの不遇と不運、偶々ティガと似た容姿だった為に、風評被害を受けてしまった事等に付いて解説しましたが、
今回はそんなイーヴィルが被害を受けた原因である43話、44話でのゲストキャラ、「ウルトラマンティガ」と言う作品及び、
ユザレの次にティガ世界の物語の象徴的な人物の1人である、マサキ・ケイゴの解説をしたいと思います!
「マサキ・ケイゴ」、演じたのは高良隆志氏で、作中での経歴は、生年月日は西暦1982年の7月31日生まれの、
出生地は鹿児島県で、身長は178cm、体重は62kg、血液型はB型、で作中では作中世界では国際的な巨大組織TPCの科学力、
技術力を超える天才的な頭脳を持つ天才物理学者で、尚且つ作中世界の宇宙開発の主力企業である、
「サイテック コーポレーション」と言う一大企業の最高責任者、と言う我々から見ても羨ましい、ハイスペックな人物です。
「作中の主役、主人公のダイゴ隊員とはまさに対極のその人物像」
性格は鮮やかで熱い正義感と勇気を持つ、まさにイケメン好青年と言うウルトラシリーズの主人公に相応しい、
ダイゴ隊員とは段違いの、経歴設定に置いての他の作品でも見掛ける、その他者や常人を超える天才的な能力や才能から、
他者を見下す嫌な天才キャラ、傲慢な性格でして、本編第43話でダイゴと映像越しですが、初めて顔を会わせた時も、
この話の4話前、39話「拝啓ウルトラマン様」、と言うタイトルでの話でダイゴ隊員は自身が作中世界で人類を守る神の如き存在、
ウルトラマンティガであると言うことを皆にばらす、と脅しをかけて自身に挑戦してきた、超能力者であることから周りから、
疎まれ恐れられてきた、と言う悲しい過去を持つ、39話でのゲストキャラ「キリノ・マキオ」、と言う人物と出合った経験から、
超能力者=エスパー、テレパスなのか?、と言う質問に、光の巨人=ウルトラマンとは別の神秘、
超常的な力である超能力等の神秘的な力を「くだらない」と軽蔑しする性格です、
ですがその実は努力家と言うその傲慢な性格からは信じられない、意外な一面も持っています。
マサキは俗に言う才能を持った努力家の天才キャラ、人物と言えます。
「マサキは作中世界の永い時の最中、失われた神秘=ウルトラマンを解き明かした人物」、
マサキは作中では兎に角その我々のような常人を超える天才ぶりが強調、描写されていまして・・・・・、
その才能、能力、頭脳は作中で同じく天才と呼ばれているヤオ博士をもってして、「君のひらめきは素晴らしい」と高く評価する程なんです。
同じく天才技術者、発明家であるGUTSの隊員であるホリイ隊員によると、高校生の頃から「天才」と言われ、
コンピュータソフトやプログラム技術等で頭角を現していたとのこと。
鮫型ロボット怪獣を自力で開発したり、また「ウルトラマンティガ」の世界観では物語の重要な要素の1つである、
ウルトラマンへの変身、その神秘の秘密を解き明かした、と言うビックリな人物でもあったんです。
「1996年当時までのシリーズには居なかったそのキャラクター性」、以前まで解説したイーヴィルティガが、
長い歴史を持つウルトラシリーズでは、当時までは悪のウルトラマンと言う存在しなかったキャラとして解説しましたが、
そのイーヴィルティガになったマサキ・ケイゴも当時では衝撃的でして、マン〜80までの昭和シリーズには居なかったその人物像、
昭和には無かったポイントは、ポイント@:1つの作品に複数のウルトラマンと変身者、
前々回でも言いましたが、昭和では1つの作品にウルトラマンは事実上1人で、他のウルトラマンは前作等の主役ヒーローだった者達で、
主人公格のヒーローと保々同格のウルトラマンは、前作の主役は未だしも作品内にてもう1人居ると言うのはいませんでした、
そのためウルトラマンに変身できる2人目の人間、マサキ・ケイゴの登場は衝撃的だったんです。
ポイントA居そうで実は居なかったそのキャラ、人物像、作中でマサキはダイゴ隊員をウルトラマンティガに変身出来る事意外は、
他のGUTSメンバーと比べて、目立った、尖った能力及び才能が見られない事から見下し、批判するんですが、
その言動からマサキはウルトラマンになりたい、進化したい、ウルトラマンの力を得たいと考えている初めての人物だったんですが、
実はこの「ウルトラマンの力を得たい、ウルトラマンに進化したい」、と言う考えは実は昭和シリーズには見受けられなかった物だったんですよ。
「シリーズでウルトラマンになった人間の共通点」、作中での主役、主人公のダイゴ隊員を初め、M78世界の初代マンとハヤタ隊員、
ジャック(新マン)と郷、エースと北斗と南、タロウと光太郎を初め、ウルトラマンになった地球人=人間は、
たいてい殆どが偶然と言える物が重なって、ウルトラマンへの変身能力を得ています、
また昭和のシリーズの舞台であったM78世界のウルトラマンは、ちゃんとした自身の意思、1つの固体、個人としての意思を持っていて、
融合する、変身能力を与える、と言った決定権はウルトラマン側に大きくあり、保々ウルトラマンの一存が全てだったのが昭和シリーズでした、
なのでマサキ・ケイゴの様な「ウルトラマンの力を得たい」と、考えを持った人物は初めてだったんです。
この様な考えを持つ人物が出て来たのもティガ世界のウルトラマンは、
ウルトラマン側の意識が存在しない唯の抜け殻と言う立ち居地だった事も生かされているんです。


ほほう、ウルトラマンへの進化を望んでいる人はいなかったのですか。意外ですな……
でも確かにウルトラマンには憧れても、実際にウルトラマンになりたいというのはいなかったのかな。
勇姿というのは傍目から見ると見惚れますが、実際やっている本人は痛い思いをしていますからね。

意外でこそありますが、実際にウルトラマンになるとなれば覚悟を要しますね。



沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

拍手

FGO。鬼殺し級周回楽しすぎ、ワロタ>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。


※>剣には価値はない。剣士でいることに意味はない。

うーむ、何というか良介って極端ですよね。
現代社会に追いては価値はなくとも、自分がそうでありたいと思えば意味が生まれ価値がついてくる。

先駆者として聖騎士さんとかもいますし。
これは症状としては改善したのか、それとも悪化したのか判断に迷いますね。

※良介の今の状態って良くなってるんですか? それとも悪くなってる?


精神的な改善はされていませんが、
自分の心境や剣への価値観に変化が出てきているという点で、
状態は一歩前進しているとは言えますね。

元通り剣が振るえるようになるのを求めるのではなく、
今の世に生きる剣士としての在り方を見つめ直すことになるでしょう。



※天狗との戦い、技量重視の戦いで面白かったです。
剣の熱意は無くとも、命の危機にまで陥れば身に付いた技量が十全に発揮される。
努力は嘘をつかない、ということですね。

オリヴィエを憑かせるまでは魔力による身体強化も行わず、
逆にリニスによる筋力魔力負荷の枷がある状態での勝負。
良介の成長具合が伝わって来ますね。

※良介の技量が光ってますな。デブの心境も気になるよ。


いつも小説の感想、ありがとうございます。
デブとの試合に乱入した形となった天狗との死闘、そしてデブとの試合への決着となりました。
暗殺的なやり方こそしていますが、この人は天狗一族の中でも一流の戦士だったりします。
隊を率いる隊長クラスの天狗ですが、立場や手段に拘らず目的を達成すべく機会を伺っていました。

オリヴィエの力添えがなければもう少し苦戦させられていたでしょうが、
彼女の存在もまた良介の力であり、良介も今回の戦いを通じて自覚するようになりました。

デブの心境などについては次回、書かせて頂きますねφ(..)


※ナハトが赤いポーネグリフを拾ってきましたw


ナハト「かいたー!」

良介「うちの子が書き足しているぞ」

アリサ「歴史的遺産に落書きしちゃ駄目よ!?」



※ティアナがキアラの服を着ているところを部下に目撃されたようですw



トーマ「見ました」

アイシス「写真に取りました」

良介「そういえばお前ら、原作では一応部下の扱いだったな!?」

アリサ「……アニメ組の評判を落とそうと必死ね」



※良介、ジャンヌかなり強化されたね。
ラストの単騎になった時の継戦能力がヤバイw


正直、このタイミングで来るのは意外でしたね。
てっきりAPOコラボとかアニメ放映記念とかで、
ジャンヌちゃんの強化が行われるのだと思っていました。

茨木ちゃんとの耐久レースに大いに役立つと思いきや、
茨木ちゃんはバーサーカーなので無意味というのが悲しいです(´;ω;`)ウッ…


※白旗にメルト、リップに続きBBが加わりました。



BB「ふふふ、もうすぐ公開予定の劇場版にもお邪魔しますよ」

良介「タイミングいいな、おい!?」

ヴィヴィオ「ママの映画が乗っ取られちゃう!?」



※FGOのエリザベートを見たカリーナが、
プレセアアイドル化計画を思いついたようです。


カリーナ「ふっふっふ、角にリボンなんてのも可愛いですの」

セレナ「お任せ下さい、カリーナお嬢様。
このセレナ、お部屋の扉にリボンを付けた経験も多々ございます」

カリーナ「たまに部屋から出られなかったのはそのせいですの!?」



※リョウさん! 今回も前回解説した平成三部作の第1作目である「ウルトラマンティガ」で初めて登場し、また後のシリーズにも多大なる影響を与えた、
今から約21年前、1996年当時ではシリーズ史上初の存在だった、初の悪のウルトラマンである、
イーヴィルティガの解説その2です!
「現代に蘇ったもう1人のウルトラマン、イーヴィルティガ」第43話のラストで変身アイテム・スパークレンスをマサキに奪われてしまい、
マサキを捜すも途方にくれていたダイゴ隊員がある1匹の子犬と仲良くなり、
その子犬と共に入った、地下洞窟の中に在った超古代の神殿の様な遺跡に、祭られる様に安置されて石像化していました。
前回も解説した様にティガの世界では太古の昔に沢山のウルトラマンが、超古代文明と超古代人類を守護していた、と言う歴史があるので、
主役ウルトラヒーローのティガ以外にも地球に石像化させて身体を残して行った、ウルトラマンが居ても不思議じゃないんです。
作中ではゲストキャラのマサキ・ケイゴが石像と融合する事で現代に蘇りました。
「イーヴィルティガのスペック及び技」イーヴィルティガの身体スペック、能力スペックは、ティガと同族、同じウルトラ族なので、
作中では保々互角の戦闘を見せました。なおティガのM78世界のウルトラマンとの最大の違い、特徴である、
「タイプチェンジ能力」を有していたのか?は作中では使用しなかったので解りません。
主な必殺技は両腕を逆L字に組んで放つ黒紫色の光線の「イーヴィルショット」、拳から放つ同じく黒紫色の光弾、エネルギー弾の「イーヴィルビーム」、
等が必殺技です。ティガと同じ、同族である為か?必殺技も似た様な物が殆どなんですが、一体化したマサキ・ケイゴの歪んだ精神性からか?、
光弾の色がティガが光の巨人と言う立ち居地からか、闇を思わせる黒紫色なのが特徴です。
「その見た目、容姿から付けられたレジストコード」イーヴィルティガの名前の意味は、イーヴィル=邪悪、なので「邪悪なティガ」と言う事になるんですが、
そのコードネーム、レジストコードが名づけられた通り、イーヴィルはティガと似た容姿をしているのが特徴でして・・・・、
頭部はティガと同じ削減頭部と評される、削り頭部で、眼はティガの目が白金色なのに対し邪悪さを思わせる水色に近い青、
身体のカラーリングは銀色を中心に黒色のラインがあり、胸部のプロテクターは金色と赤色、全体的にティガと良く似た容姿、デザインなんですが、
基本的にティガと偶々似た容姿、顔付きをしていた、赤の他人、全くの別人のウルトラマンなんです。
Fateシリーズで言うネロや沖田、アルトリア顔の様な物です。
その為、作中ではその偶々ティガと似た容姿をしていたせいで、レナ隊員を初め、GUTS及びTPCからティガの紛い物、
ティガの偽者扱いされてしまうという・・・・・、その身体の本来の持ち主のウルトラマンからしたら豪い迷惑、
全くの風評被害と言った所なんです。「作中では偽者扱いされるが、経歴的にはオリジナル、本物のウルトラマン」
作中での行動と暴走のせいで「悪のウルトラマン」、又は昭和シリーズでの宇宙人が化けた偽者や、
宇宙人がそっくりに製造したロボットの様な、「偽のウルトラマン」に分類されてしまう事が多いんですが、
イーヴィルは身体に融合したマサキ・ケイゴのせいで暴走してしまっただけで、
その身体の本来の持ち主であるイーヴィル自身、イーヴィル本人は、
ティガと同じ3000万年前の太古の地球の文明とその当時の人類を守る為に戦った、ウルトラ戦士の1人で、
昭和の様な偽者ではなくティがと同じ本物のウルトラマンなんですよ。 01:20 以上がイーヴィルティガの所載ですが、リョウさん如何でしょうか?
纏めますとイーヴィルティガは、
@融合した人間のせいで人類に牙を向いただけで、
 本来はティガと同じ人類の平和を守護するウルトラ戦士、
Aその容姿で作中で偽者扱いされるが偶々ティガと似た顔立ちをしていた人物で、 風評被害を受けた不遇な人物、ウルトラマン、
B本来はちゃんとした個人名がある偽者ではない、本物であるもう1人のウルトラマン
C融合する人がダイゴ隊員の様な正義感と正しい心を持った人物だったら、
頼もしい仲間として、ティガ=ダイゴとコンビを組んでいたかもしれなかった、
と折角未来の子孫、末裔の為にと地球に残した身体が、悪用されて被害にあったウルトラマンなんですよ。


未来の為に尊き願いを込めて残したものであっても、
後世の人達が必ずしも善良とは限りませんからね。
ヒーロー物では巨悪の封印処置などが、その代表例でしょうか。
どれほど厳重な封印であろうと、後世に悪を残したままになってしまいますからね。

他に手段がなかったと行っても、無責任だと誹る声も出てしまうのは事実ですな。





沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

拍手

FGO。CCCコラボも間もなく終了ですね、素晴らしいシナリオでした>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※とらいあんぐるハート3 To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第三十三話、
消えてしまったのですか。キャッシュがあればいいのですが;;


ご心配おかけしておりますm(_ _)m
一応ネット上を探してはいるのですが、難しいですね。
うぬぬ、何処かに残っていないものか。



※どっちの味方をするつもりもないけど、

>そのままの良介が強いと思ってる読者のほうが少ないと思います。

この拍手が一番失礼だと思う。

※予告読んだ時点で笑ってしまったw 
良介は自分で着地できるだろうに仲間たちが過保護すぎるw 

まあ多分場外の時点で負けになるからの行動だろうけどね。
じゃないと反則負けになりそうな行動を彼女たちがとるはずないだろうし。

しかし本当に愛されてるなw 

※勝手に良介の強さについてあれこれ言って申し訳ないですm(_ _)m

聖地のときの良介と比べるとどうしても違和感を感じてしまったので、ああ書いてしましました。
ただほかの方も言っていますが、剣士として在るだけで今は熱意は無いんですよね。

そして泣くほど、不安定。確かにそうであれば不覚も取ると思います。
早とちりしてしまって申し訳ないです。

※良介の内心が吐露されましたが、本当に複雑ですね。
かつて特別を求めて剣をとった。しかしそれは現在では剣士がいないからの特別。
今は剣士になったからこそ強くなりたいが、相手となる剣士がいない。

虚しさを感じつつもとっさに剣を抜くほど体には染みついている良介。
これからどうなるのか物凄く気になります。

※まあ、読者が勝手に良介の強さを決めつけるのは良くないよね。
そこはせめて疑問形でリョウさんに質問した方がいいかな。

ただ読者が読者の事を決めつけるのもよくないですけどね。
拍手から「そのままの良介が強いと思ってる読者のほうが少ないと思います。」
というかこれは作者さんにも失礼じゃないかな? 

※悩む良介、ここに極まれり。どんな結論を出すのか気になります。
あ、リョウさん、多分ですが、良介って場外に出たことで一本取られたんですよね? 

であるならば、「一本、御堂音遠の勝利を告げた宣言であった――」のあとあたりに、
場外判定でってことを追加した方がいいかなーと。

多分良介なら無事に着地できたと思うのですが、
それでもシュテルたちが助けたということはその時点で一本が決まっていたから。
仮に場外判定がなければ手を出さなかったと思うのでそう判断したんですが、
間違っていたら申し訳ないです。

※>その認識で間違いないです、この子は基本何でもありのフリースタイル。
ただ良介が剣士だということも勿論ありますが、
レスリングスタイルで攻めているのは、彼女なりの得意分野であったりもしています。

すみません。書き方が悪かったです。
自分がお聞きしたかったのは、デブがはじめレスリングスタイルで攻めていたのは、良介が真剣ではなく竹刀を持っていたから。
という前提でいいでしょうか、ということでした。

空手や柔道に比べるとレスリングはスポーツ色が強いので、仮に良介が真剣であれば使わなかったのかな、と。
レスリングは超接近して押さえつけるので、真剣との相性は悪い気がしたので。

仮に押さえつけても手さえ振れれば目の前に斬る標的が居るわけですからね。


いつも小説の感想、ありがとうございます。
強さ判定についてその後も拍手を頂き、良識ある方々ばかりで安心しました。
改めて、ご心配おかけしましたm(_ _)m

デブと良介の試合も互いに一本で、いよいよ最終戦――となる筈でしたが、思わぬ敵襲。
場外乱闘となればルール無用となりますので、良介も本能的に剣を抜いております。
実戦経験もそれなりに積んで来ているので、考えるよりも先に行動に移った感覚ですね。


場外>


なるほど、場外一本ですか……
ご意見ごもっともではあるのですが、この一本はタックル返しによる技の判定が大きいですね。
異種格闘技戦の実戦形式なので、場外のみだと警告になりそうです。
ただ判定としてはありなので悩みますね(´・ω・`)



デブ>


確かに今回試合なので、デブも正統派で攻めている感じはあります。
異種格闘技戦とはいえ、試合の礼儀に則ったやり方でないと反則になってしまうので。
良介が真剣を持っていれば、戦い方も変えていたでしょう。

まあでも実際問題真剣で戦うのはまずいので、デブもその辺は分かっているでしょうね。



※良介が手書きでこの動画を作ったそうです。

>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm31244573


アリサ「これ作ったの、本当はアンタじゃないでしょう」

良介「証拠があっていっているのかね、名探偵」

アリサ「カラーだもん

良介「( ゚∀゚)・∵. グハッ!!」



※トーマが不憫な扱いを受けてるって? しょーがないにゃあ、アイシスさんにお任せ!
FGO風だけどいいよね?

真名『異世界のアヴェンジャー』
真名開放『トーマ・アヴェニール&リリィ・シュトロゼック』【3回目の霊基再臨で開放】

クラス『アヴェンジャー』
宝具 ディバイドゼロ・エクリプス
『断絶する白銀の咆哮』
Buster ランクA+ 大軍宝具

敵全体に超強力な攻撃[Lv 600〜800]
&自身に無敵貫通状態を付与(1ターン)
&強化全解除
&スキル封印状態、宝具封印状態、弱体耐性ダウン300%状態を付与(5ターン)
&中確率でスタン付与〈OC:確率UP50%〜100%〉
&極低確率で即死付与[Lv 2%〜10%]
+自身に防御力ダウン50%、弱体耐性ダウン200%、呪い状態1000ダメージを付与(5ターン)[デメリット]

保有スキル
Skill1:『殺戮衝動』 D  CT 7 
自身の攻撃力30%〜80%、クリティカル威力30%〜80%をアップ(3T)
&スター集中度をアップ300%〜700%(3T)
+自身の防御力をダウン30%〜80%(3T)
&HP減少【デメリット】(-800)

Skill2:『銀十字の書』 A CT 6
〈スターが10個以上ある場合のみ使用可能〉
自身のNPを増やす[Lv 20〜50]
&宝具威力をアップ30%〜50%(1T)
&自身のHPを回復[Lv 2000〜5000]
+スターを10個減らす【デメリット】
                         エンゲージ
Skill3:『リアクトプラグ シュトロゼック−4th:誓約』 EX CT 9
自身の最大HPを増やす5000〜10000(3T)
&自身のBusterカード性能をアップ30%〜50%(3T)
&毎ターンHP回復状態を付与1000〜3000(3T)
&被ダメージカット状態を付与1000〜2000(3T)
&スターを大量獲得5個〜50個
&自身の宝具使用時にチャージ段階を2段階引き上げる
+4ターン後に自身にスタン状態を付与【デメリット】(解除不可)

クラススキル

復讐者 C
自身の被ダメージ時に獲得するNPアップ
&自身を除く味方全体〈控え含む〉の弱体耐性をダウン【デメリット】

忘却補正 A
自身のクリティカル威力をアップ

ドライバー
ゼロ因子適合者 EX
自身に毎ターンNP獲得状態+10%、与ダメージプラス状態+500、被ダメージカット状態-500を付与


サーヴァント紹介

『異世界のアヴェンジャー』

クラス アヴェンジャー


プロフィール

 やめて やめてくれ 痛いんだ
 傷つけようとする意思が 破壊しようとする力が
 頭の中に突き刺さる
 なんでみんな どうしてみんな
 俺や 俺が大切にしているものに
 ひどいことばかりするんだ!?
 傷つけるものみんな 邪魔するものみんな
 怖い戦いも 全部みんな
 
 消えて なくなれば いい

 破壊と断絶の具現、ここに顕現。
 この黒騎士からは、逃れられない―――!


異世界のアヴェンジャー
SSR ☆☆☆☆☆

最大ATK 17581   最大HP12685

これでどうよ!
やりすぎだって? 暴走状態とはいえ『あの』なのはさんを追い込むくらいのぶっ壊れ性能だし良いでしょ!
イメージは暴走状態の黒騎士、霊基再臨で真名開放して、リリィもボイスと宝具で参加よ!
とんだぶっ壊れ性能だけど、よーく見るとバカにできないデメリットもあるの、よく考えて使ってよね。

現実のトーマもこれくらい強くてカッコよければねぇ……




スゲエエエエエエエエエエエエエ
この設定、スゲエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!?

申し訳ない、ネタ返信を激烈に希望していたのだと思うのですが、
これほどの設定を見せられてネタで返せないっすよ旦那!
最大ATKがジャンヌオルタを超えていて草、これほど強ければガッツリ戦えそうですなw

しかもスキルもガッツリ強いし、ガンガン戦える(;´・ω・`)



※白旗にメルトに続いてリップも加わりましたw


リップ「メルトが迷惑をかけていませんか? 
あの子は素直じゃないんですけど、本当はとても良い子でマスター思いでして」

メルト「……何であの子、お姉さんぶっているのかしら」

シュテル「突然姉妹というものが出来ると、姉として振る舞いたくなるものです。
かく行く私も、父上との玉の輿を狙っておりますしね」

メルト「何の脈絡もないじゃない!?」



※アインハルトVSゲーティア、レディ……ファイト!!



アインハルト「お任せ下さい。私とてミッドチルダのワールドチャンピオン、頂点をかけて決戦です!」

ヴィヴィオ「突然、頂上決戦になってる!?」

良介「勝ち目は全く無さそうなんだが、拳一つで挑むその気概は良しとしよう」

リンネ「止めないのですか!?」



※久遠の新技

久遠「狐の嫁入り……行ってみる……?」

――数多の剣を空に浮かべて――

久遠「文殊智剣大神通、恋愛発破、天鬼雨」



良介「久遠だったら本当に出来そうで怖い」

那美「あの子も日々、頑張っていますからね最近」

良介「というと?」

那美「エプロンを自分で着れるように努力しています」

良介「キャット!?」



※ティアナにキアラの第二以降の衣装を着せてみましたw 


ティアナ「……先輩にはこれまで数多くの衣装を無理やり着せられましたが」

良介「そろそろ快感に目覚めたか」

ティアナ「不覚にも、この程度の露出で拍子抜けしてしまいました」

良介「それはそれでやばいだろう!?」




※リョウさん!前回は鮫型の怪獣と思いきや、実は鮫型ロボットだった、地中鮫ゲオザークを解説しましたが、
ティガ第43話ではティガに直ぐ倒されてしまって余り印象に残らない、ロボット怪獣だったんですが・・・・・、
この実はゲオザークには、@後編に関る重要な物を地底から発掘する、
Aウルトラマンティガ=ダイゴ隊員を誘き寄せて体力を消耗させて弱らせる、と言った二点が任務だったんです!
今回はまた昭和シリーズには無かった点回の物を解説します!
イーヴィルティガ
身長:54m、体重:4万4千t、出身地:九州・サイテックビル地下の古代神殿、最初の登場はティガ本編第43話のラスト、
本格的な活躍は次の第44話です。第1話「光を継ぐもの」で登場した、
巨人A、巨人B、そしてウルトラマンティガ、の3体のウルトラマンの石像が保存されていた、
「ティガの地」に在った「光のピラミッド」ととは別の、作中世界の日本の熊本の地下に在った超古代の神殿?と思われる、
「ティガの地」の「光のピラミッド」とは異なる超古代遺跡に、安置されていたティガとは別のウルトラマンです。
シリーズ史上初の1つの作品に2人目のウルトラマンが登場した事は当時までは無く、衝撃的だったんですよ!
<3000万年の太古からの復活>、最初の登場は1話でのティガ及びその時一緒に安置されていた、
2体の名も無きウルトラマン達と同じく、石像化した状態で第43話のラストで登場しました。
作中では本編第43話、及び44話でのゲストキャラの、天才的な頭脳を持つ天才児の、
「マサキ・ケイゴ」と言う人物が前回解説したロボット怪獣・ゲオザークを使って、熊本の超古代神殿の遺跡から発見したウルトラマンで、
マサキ・ケイゴが43話の終盤でゲオザークとの戦闘で体力を消耗した、ダイゴ隊員を襲って強奪した、
ウルトラマンティガの変身アイテムのスパークレンスと、これも昭和シリーズには無かった物である、
マサキ自身が開発した、人間を光=ウルトラマンへと変身させる、後の最終回でも重要となる「光遺伝子コンバーター」と言うアイテムを使って、
無理矢理石像と一体化して21世紀の現代に復活、目覚めました。
<ティガ以外のウルトラマンの登場の衝撃、しかし世界観から見ると>、
「巨人が……他にもいた」。と作中でもダイゴ隊員がこのセリフを吐いて衝撃を受けるんですが、
しかし「ウルトラマンティガ」の「世界観」から見ると・・・・、これは納得出来る物でして、
作中での主役ヒーローであるウルトラマンティガは、「かつてこの世界の太古の地球で今の現世人類よりも前に繁栄し、
文明を誇っていた超古代人類を守護していた古代のウルトラ戦士の1人」、と言う設定なので、
ティガと第1話での名も無きウルトラマン2人以外にも、地球から去る時に身体=石像を残したウルトラマンが居ても、
ティガ以外の他にもウルトラマンが多く居たとしてもこの作品の世界の歴史的にも、世界観設定的にも不思議じゃないんですよ。
<史上初の悪のウルトラマンの登場と、1つの作品に複数のウルトラマンの登場>、
昭和シリーズには無かったポイントを幾つか解説してきましたが、特に大きなポイントがこのイーヴィルティガの存在と登場でして、
詳しく解説しますと、ポイント@初の悪のウルトラマンの登場、昭和シリーズにも似た様な話と戦闘が幾つかありましたが、
それは保々全てが変身や擬態が得意な宇宙人が化けた偽者、若しくは宇宙人がそっくりに作ったロボットで、
純粋な、偽者ではない、悪のウルトラマンと言うのは昭和には存在しなかったので、
1996年から1997年放送当時は主役ヒーローと同じ種族、ヒーローと同格の敵役、しかもウルトラマンでと・・・・、
マン〜80までのM78シリーズの昭和からのファンの方々や、当時のメイン視聴者の子供達も驚いたんですよ。
ライダーに例えると、シリーズ史上初のダークライダーの、世紀王シャドームーンのウルトラマン版、と言える存在です。
ポイントA1つの作品に1人だけではなく複数のウルトラマンの登場、昭和シリーズではマン、帰ってきた、A、T、レオ、80、
でその時の主役ウルトラマン以外の戦士も登場しました、しかしそれは前作や前々作の主役です、
また変身する、または人間態もその人は前作か前々作の主人公だった人で、昭和の作品では基本的にウルトラマンに変身する人は1つの作品に1人だけです、
それだけにウルトラマンになれる、変身できる第二の、2人目の人間=マサキ・ケイゴの登場は衝撃的だったんですよ。


ウルトラマンにおいて1つの作品に2人目が登場した事は当時までは無かったというのは、
今までを振り返ってみても意外ですね。
これほど有名なヒーロー物だとついつい他と混同してしまい、
今までのシリーズでも数人のウルトラマンが出てきていたような錯覚がありましたw

確かに主人公格で二人以上というのは初めてなのかもφ(..)




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 22:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする