2016年11月21日

拍手

その点、FGOはユーザーのペースで楽しめるのがいいですよね(´・ω・`)b>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※良介の昔の女その1のガリこと「空条 創愛」登場
肩に届くストレートな大和撫子
キャラとしては、両儀 式や雪代巴あたりかしら?


いよいよ今回初登場となったガリ。
今まで頂いた中で、イメージキャラ候補となっているのは以下の通りです。

・本命:雪ノ下雪乃
・候補:アカメ、鷺沢文香、両儀 式、雪代巴

どのイメージがキャラ的に合いそうかな……



※世界から特異な存在として見られるなか、良介だけが自分を見た。
だから良介が特別に成った。って所かしら?

実際どんなキャラになるか楽しみにしてます。

※ガリさんが先に登場。名前はソアラと綺麗ですね。
高校生ではないとのことなので気になりますね。

※良介の幼馴染、ガリの登場。静かな美人さん。
以前拍手でデブとガリは高校生ではないと仰っていましたが、どうゆうことなのでしょうか?

※誤字と思われる箇所をお送りしますので確認をお願いします。

※ガリ来たーーー!! やっぱり美人!! それにしても名前が凄いなw


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
今回から登場となりましたガリこと、そあらさん。
幼馴染なのですがギャルゲーのような可愛らしくなく、ゴミ溜めの中で一緒に育った際物です。
次回は久しぶりの幼馴染との会話なのですが、微笑ましくも何ともないグレたトークを御見舞してくれます(´・ω・`)


高校生ではない>


良介と同じく、高校生ではないという事です。
美人なので惑わされがちですが、生まれ育った環境と同じく良介と本質は同じです。
魔女ほど際立っていないですが、社会からはみ出して生きている子です。



※スカルエッティがナンバーズのメンバーが全員女の子なのは、ハーレム目的って本当ですか?



スカリエッティ「元来より遺伝子は男性より女性の方が優れているからね、当然だよ」

良介「じゃあもし男の方が遺伝子が優れていたら、野郎軍団を作っていたんだな」

スカリエッティ「き、君の表現はなんというか急所を突くね



※アイシスが人気獲得のため、競女に参戦するようです。



アイシス「行くわよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

トーマ「ものすごいテンションだ!? そんなに好きなの、この競技!?」

リリィ「ハンマー・ヒップー!」

トーマ「リリィまでなんか楽しんでるし!? 敢えてお尻で攻める当たり、ちょっとツボをついているね」



※アナスタシヤの妹さんが良介たちとボードゲームをするようですwww


???「ふふふ、聖王陛下ともあろうものがだらしない。私が輝かしい一位となってしまいますよ」

良介「……千円チップ一枚の差で強気だな、こいつ」

アナスタシヤ「勝利目前とは言え、油断してはいけませんよ。陛下はここから大逆転をなさるのですから」

良介「ストーリーが決まってる!?」



※ネオ「おっ、おー」

ナハト「おー? ……お!!(良介に買ってもらったおやつを分けてあげる)」

ネオ「あっ、あー!!」

―奪ってばかりの生の中で、初めて食べ物を分け与えられた―

ナハトとネオが友達になったようですw



アインハルト「見てください、リンネ。あの美しき友情の光景を――勝利とは奪うのではなく、分け与えるものです」


リンネ「……直球で実に申し訳ありませんが言わせてもらうと、全くわからない

ヴィヴィオ「ごめんなさい、アインハルトさん。ナハトちゃん達は可愛いのですが、その結論はわたしも分かりません」



※ヴァイオラさんがサンタオルタの服装で良介にプレゼントをもってきました。


ヴァイオラ「いつも良い子にしている貴方に、プレゼントです」


良介「……聖書を貰ったんだが、これは嫌味なのだろうか?」

アリサ「う、うーん、真剣なのか冗談なのか、ちょっと判断に困るわね……
というかこの人のミニスカは嫌味なほど似合うわね、くっ」」



※黒王&オルミーヌ、宮本良介のVSプレセア戦&VSガルダ戦を見ての一言。
オルミーヌ「もう無茶苦茶だ!「侍」はおかしいと大師匠様から教わっていたけど、
まるで命を捨てて、命を的にして、功名…敵の首を獲る…
そんな意志に四肢が生えているかの様…そんなのまるで『廃棄物』じゃない!!?」
黒王「ドーモラッシャイ宮本良介君。キミ絶対ウチの陣営だね」



アイシス「見なさい、トーマ。博士の言う遺伝子的には人間でも、ああいう際物達に好かれるのよ。
遺伝子まで組み替えられていそうなアンタも負けては駄目よ!」

トーマ「そうは言われても、俺にどうしろと……?」

アイシス「とりあえず槍持って、馬に乗ってみましょうか」

トーマ「別の黒王を言っているよね!?」



※知り合いがレヴァンティンとグラーフアイゼンを
ガシャコンブレイカーとソードに改造しようとしています。


良介「Bボタン連打操作ってのは懐かしいよな」

シグナム「……正直私にはあまり理解できない概念なのだが」

はやて「ボタン操作世代には、ついホロリとしてしまう玩具なんよ」

アリサ「知らないのに薀蓄を語るのはやめなさい」


※二次小説投稿サイトハーメルンにて凄いFGO二次小説がありました。

時系列は第五章後〜第六章前。ぐだ子こと主人公達が降り立つ舞台は神代真っ只中のトロイア戦争。
アカイア(ギリシャ)の大勇者ザ・コメットことアキレウスによって打ち取られたはずの、
護国の英雄キャプテン・トロイアことヘクトール。しかし彼は死んだ直後、サーヴァントとして甦った。
裏で糸を引くのはアヴェンジャーとして現界したトロイアの王女。
ヘクトール最愛の妹にして、クソアポロンに未来視の力と狼少女の呪いを押し付けられ、
トロイア敗北の折にアカイアの小アイアスに強姦されて殺されてしまう非業の王女カサンドラ。
兄を始めとする珠玉の大英雄達を援軍として召喚し、アガメムノン率いるアカイア軍を木端微塵に打ち砕く!
誇りなどなくアンブッシュ!聖杯とアカイアが産んだオリンポスレイヤー!
狂気のくびきは解き放たれた!三國無双のサイボーグケンタウロス!
闘いません勝つために!扇動EXが猛威を振るうふくよかなりし神算鬼謀!
ドラキュラ呼びは極刑な!慈悲と断罪の刺突を振るう、蛮族滅殺・護国の鬼将!
ドゥリンダナが旗印ならこいつだけは外せない!シャルルマーニュの最終兵器!

あらやだ、アカイア詰んでる(CV:レフ教授)

トロイア戦争が逆転すれば、ローマ誕生の歴史がなくなり、征服王の覇道(トキメキ)の原点『イリアス』も書かれない!それ即ち人理焼却!だがそれならば滅すのか?ただ侵略に抗うだけの無辜なるトロイアの民達を…。

世界を救う最後のマスターとして、究極の選択を迫られる主人公達。心を乱す暇もなく襲い来る無双の英霊達。
敵の猛攻にマシュの勇気が!エミヤの魔術回路が!孔明の胃が!小次郎の剣が!邪ン怒(ジャンヌ)の筋肉が軋みを上げる!

アカイア軍の英雄達や野良サーヴァント達と死力を合わせ、戦い抜いた果てに主人公は垣間見る。
飄々とした薄ら笑いの奥、その絶望の慟哭を――――。

『Fate/Grand Order 特異点X 死滅英雄血戦トロイア』

オリジナル英霊や独自解釈設定も多々でてきますが、GrandOrderのゲーム設定を細かく踏襲しつつ、ギャグからシリアスまでStaynight・Extra・StrangeFake・Apocrypha各作品から拾い上げたネタ使いの丁寧さがヤバイです。、一話一話の文章量も凄まじい読み応えでした。
何だよこの作者…FGOのシナリオライターさんがボツったネタ横流ししてんのか?と思わず疑うレベル。
そして敵も味方もとにかく見せ場が多い多い。宝具もスキルも使いまくりの過労死祭り。
不完全燃焼で消えたサーヴァントなんていないってくらいどのバトルも熱いです。
ドスケベ公ォオオオオオ!
肥エサルゥウウウウウウウ!
オジサぁああああああああン!
…なんて実際はこんなふざけた呼び方してらんないくらいギャンギャン泣かされます。
ホントどいつもこいつもカッコ良すぎて…。

このコメントしてる時点でまだ完結一歩手前なんですが、きっとこの作者なら走り切ってくれると信じています。
良ければ是非ご一読を。



なんという熱い紹介。久しぶりの二次小説紹介、ありがとうございました。
大歓迎です( ゚д゚ )クワッ!!
何しろ出張中の移動は新幹線なので数時間単位、暇すぎて死にそうなので嬉しいです(´;ω;`)ウッ…
FGOも一年以上が経過して、随分コンテンツが広がっていますよね。
同人誌は勿論ですが、こうした二次小説の展開がやはり嬉しいです。
かなり読み応えのある連載シリーズのようで、今から読むのがほんとうに楽しみですね。

ハーメルンのところの小説は未完が多いので正直最近は避けていたのですが、
完結まで走りきってくれるのであればどこまでも付き合いますぜ( ゚д゚ )クワッ!!



※リョウさん 拍手の返信で間違いがありましたよ!

メカライダー×
ロボライダー〇

今回もティガのタイプチェンジについてですが前回の続きとして、
パワータイプとは対象に紫・・・と言うより青紫色に
ティガクリスタルを光らせて紫一色になった姿は「スカイタイプ」と言い
パワーとは反対に飛行速度や動きの俊敏性とスピードが高くなります
ですがその代わり速くなった代わりにパワータイプとは対照的にパワーが弱くなってしまいます
この時の姿では両腕を胸の前で交差させたあと、瞬時に左右に伸ばしてから上にあげてエネルギーを集約し
両手を左腰に置いてから右腕を胸の前で水平に伸ばして、爆発力の高い光弾を敵めがけて撃つ
「ランバルト光弾」が必殺技です
と前回の拍手と今回のを合わせて以上がティガのタイプチェンジのだいたいの所載です。
赤と紫の2色の全ての能力が高水準でバランスが良いマルチパワーと格闘戦に優れた赤一色のパワー
飛行能力とスピードに長けたスカイとティガはこの3つのフォームを戦う敵に合わせてチェンジして臨機応変に戦う
万能なウルトラ戦士なんです。基本的にティガはこの3つの姿が基本なんですが
この他にも最終回での姿や劇場版で明かされた姿などあるんですがそれはおいおいに、
ティガのタイプチェンジ能力と言う概念は後の三部作のダイナ、ガイア、
M78シリーズの完結編のメビウスにも
メビウスの後のウルトラ戦士にも受け継がれました。
最後に詳しい文で説明するにも難しい所があるので

ここと(割愛)
ttp://hicbc.com/tv/tiga/
ここを観覧してみてください


しまった、ロボライダーだった(゚□゚;)ガーン

紹介、ありがとうございます。
アドレスが長いとプログの感覚が危なくなるので、
申し訳ないですが割愛させて頂きましたm(_ _)m

RXと同じ三タイプだと思うと、なんだか身近に感じられるのが不思議ですね。
敵にあわせてタイプを変えて戦う多種類さも魅力なんですよね。





沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)




神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 21:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

「To a you side To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第七話」予告編

マロロおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお>挨拶





***


「スクール形式の会議室か……またずいぶんと手厚い歓迎がされたもんだ」


 血が繋がっていない娘達について、血が繋がっていない母親から小難しい法律や教育指導を延々と受けさせられた。相談に乗るという名目で、超強制的に子育ての厳しさと難しさを叩き込まれてしまった。
血縁もない分際で何を言うかと文句をつけたかったが、シュテル達とも血縁関係じゃないのでその反論は通じない。久々に会ったせいか、生き生きと教育して来やがった。血の繋がりもないのなら、どうやってこの縁を切れるのか。

エイミィから呼び出しを受けた時は生意気ゴリラであろうと可愛い女だと感極まったが、思いっきり容赦なく連行された。俺は一体、何時になったらこの入国管理局から出られるのだろうか。

そろそろ監禁で訴えようかと思っている間にも、エイミィが俺を一つの施設まで強引に案内してくれやがった。国際司法級の立体会議空間、大型プロジェクターが搭載された海外交流施設が貸し切られていた。
スライド多面同時映写を可能とした大型ビデオプロジェクターは、ミッドチルダの空間モニターに匹敵する通信施設。6カ国語対応同時通訳設備と、明記までされている。管理局や教会でも、これほど立派な施設はなかった。
椅子や長机だけではなくソファセットまで用意されており、歓談用のお茶まで準備済み。舞台モニターテレビに至っては移動式と、何から何まで不自由なく設置されている。セキュリティまで完璧だ。

一応確認するが、容赦なくドアには鍵がかかっている。こういう真似を一般人は監禁というのだが――あいつらは、分かっていないだろうな。



***






程なくしてプロジェクターが稼動して、暴力的な美の少女が大写しで飛び出した。







神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)



ある5,500t級軽巡洋艦のさらなる改装を今秋中実装予定!


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 10:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

拍手の返信について

急遽、返信させて頂きました>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
この拍手の返信をさせて頂きます。


※日記で何かあればと以前書かれていたので少し意見をー。

最近拍手ネタが増えたせいなのか、少し噛み合ってないような感じがします。
ネタに関して真正面から返すというよりは、一歩横にそれているような印象です。

それから最近艦これやFGOの攻略記事が多いですが、攻略記事は載せないほうがいいかなーと。
というのもネタバレにつながるからです。自分も意図せず読んでしまってネタバレしたことがorz 

正直攻略なら攻略サイトで見ればいいので、意図しないネタバレを防ぐためにも載せないでほしかなーと。

というのが自分が思ったことです。
リョウさんがお忙しい中していただいているレスに意見をしてしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

※拍手に関して気づいたことがあれば、と書かれていたので僭越ながらいくつか書かせて頂こうかと。

まず一つはまだ良介の実力が弱いと感じさせる返答があること。
読者からふったのなら自然ですが、全く関係ない拍手からも良介の実力への疑問へとつなげています。

それからもう一つは、ネタの内容とレスの内容が微妙にずれている気がします。

例えば今回の場合ですが、まずディアーチェのwikiネタ。
これを送った方が読みたいレスは誰がwikiを書いたかどうかではなく、wikiの内容に関してのレス無きがします。

それからフィアッセとのデート。これも真実かどうかではなく、フィアッセと良介とのやり取りではないでしょうか? 

またマイアの衣装ですが、これはどこで販売するのではなく、衣装に対するレスだと思います。

もちろんこれは私の想像にすぎませんが、もし私が送った本人だとしたら、少しずれていると感じると思います。

長文、失礼いたしました。

※この頃日記について思ったことがあるんで書かせて頂こうかと。
この前のFGOの攻略記事の方と中堅提督になんですが、
攻略記事はメールでリョウさんへ送っていただけないでしょうか? 
もしくは拍手で送るさいに日記へは未掲載でいいとしてほしいです。

既に感想でもネタでもなく、ガッツリとした攻略記事となっており、かなりの長文。
どうしても日記が窮屈に感じてしまいます。
ですので出来ればリョウさんとの間の限定的な物にして、第三者の目に留まらないようにしてほしいと感じました。



日記へのご意見及びご指摘、本当にありがとうございました。
貴重なご意見ですので、一つ一つ返信させて頂きます。


良介の実力>

すいません、話題のネタ程度に触れたつもりだったのですが、
以前にもご指摘受けていましたね。注意いたします。

攻略記事>

少し誤解があるので、釈明させて下さい。
攻略記事については中堅提督さんや他に送って下さった方々からは、
長文+ネタバレなので掲載については私の意思に委ねると、頂いた方々からご配慮頂いております。
ですので掲載したのはあくまで私の責任なので、私から謝罪させて頂きます。

FGOや艦これ等については、私の方で頂いた拍手を長文やネタバレ防止に配慮して掲載させて頂きますね。


ネタ>

えーと、あの……マイアの衣装販売ルートとか、私なりには結構面白い返しだと思っていたのですが……
つまらなかったみたいですね……本当に申し訳ありませんでした_| ̄|○

ただ頂いた拍手についてですが、私もプロの芸人さんではないので正直これ以上面白い返しが思い付かず、
返信に困って即興のネタにしたというのもあります(下ネタとか)
今後出来る限り配慮はさせて頂きますが、返信に困った場合のみ即興で書く事をどうか許して下さいm(_ _)m

でも確かに最近頂いた拍手については即興でやってばかりだったので、ずれていたりしますね。
配慮不足で本当に申し訳ないです。以後、気をつけますね









神姫プロジェクト、始めてみました。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)



TOHOシネマズのサイトで劇場版の公開日が10月15日になってるけど本当かな?


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+

posted by リョウ at 00:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

HP復活

レンタルサーバー>挨拶




※突然ウェブサイトが見れなくなりました。何かが起きましたか?

※リョウさん 
HPのアドレスが無効になってしまっています 
キャッシュからしか行けずじまいです至急ご確認をお願いいたします

※リョウさんへ
サイトに入ろうとしましたら無くなっているのですが戻るのでしょうか?


ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
今年移設した先のレンタルサーバーが本日の午後停止してしまった事により、
昨日から今日にかけてHP「生まれたての風」が落ちておりました。
レンタル料金の未払いが原因でした。
(自動引き落としにしていなかった_| ̄|○)

早速業者に問い合わせまして支払いを行い、本日サーバーが復活しました。
今後とも頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします(_ _)m


拍手は見れますので、何かありましたらお気軽にどうぞφ(..)











神姫プロジェクト、始めてみました。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)



TOHOシネマズのサイトで劇場版の公開日が10月15日になってるけど本当かな?


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 20:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第七十七話」予告編

GWも休日出勤、忙しなく働いておりますφ(;..)>挨拶





***


 戦場のど真ん中、噴煙を上げる戦車に突き刺さっている白き旗。苛烈な戦場には場違いな白旗が戦風にたなびいており、血潮を上げる戦士達の脅威として戦況を延々と圧し続けている。
各局面で血と泥に塗れている戦場の中で、旗は高潔な純白で飾られている。砲弾も魔弾も着弾せず、強者達の誰もが手出し出来ない。平和の象徴は、戦火を抑圧せんと主張していた。
初めて掲げた白い旗を、誰もが皆嘲笑した。降伏の証だと馬鹿にされ、恭順の姿勢だと罵られる。悪党共は哂い、強者達は嗤い、権力者達は嘲笑い、弱者達まで笑った。ひ弱であると、神様も呵っていただろう。

聖地に生きる者達に笑われながら、彼女達は誇りを胸に騎士である事を誓った――その微笑みが、本物になることを信じて。


「聖王騎士団団長、セッテ。陛下の命を受け、貴方達を殲滅する」


 絶望と悲しみの海から生まれ出た、召喚獣。地獄の底から溢れでた巨大昆虫は群れを成して、凛々しい騎士服を着た小柄な少女の元へ押し寄せてくる。数の暴力は壮観であり、圧倒的であった。
地を鳴らし、大地に吠え立てる彼らを、セッテは無感情に見つめている。機械的でありながら、人間的な感情に燃えている少女。俺の敵であると断定したのであれば、如何なる情も向けようとはしない。
自分の能力に対する過大評価も、敵の暴力に対する過小評価もない。彼女に在るのは自分の中にある信仰心であり、敵への敬意であった。戦場に立つ以上、自分と敵の間に上下はないのだと律している。

可憐な少女には過ぎた、巨大な刃を雄々しく掲げた。


「IS発動、スローターアームズ」


 戦闘機人であるセッテの、先天固有技能。ブーメランブレードと呼ばれるセッテの固有武装、手に持っている長いブーメラン状の刃の扱いと制御を行う為の能力であると本人が申告してくれた。
本来の用途は打撃武器ではあるのだが、高速回転時は切断能力を有している。ブーメランブレードを投げて使用した際、軌道を自由に変化させる事も可能で、小さな体格の少女でも能力で自由自在に扱える。
妹さんより借りた漫画を参考に、黄金とも呼べる美しい軌跡を描いて地雷王を両断。戦闘機人である彼女だからこそ可能な、完璧な計算に基づいた投擲術。修行により、最大4本を同時制御することが可能となった。

恐るべきは、バリアブレイク性能。完璧な計算による投擲術は正確無比な機能となって、防御や幻術を無効化して敵を両断する対人殲滅戦向け能力へと進化を遂げたのである。

魔法であろうと、能力であろうと、強大な力には精密な構成が構築される。雑多な人間には不可能でも、戦闘機人であれば超精度な分析が行えて綻びを検出。完璧な投擲術により先を斬り、点を穿つのだ。
ブーメランが持つ元来の弱点である投擲についても、この能力は完璧に補足している。地雷王の大群を一直線に切り裂いたブーメランブレードは、簡易転送の技能によって手元に呼び寄せられた。
ブーメランブレードを手に取って、セッテは遠距離から伺っていた俺を見つめ返す。相当な距離があるのに容易く察していたらしい、戦場のど真ん中で最敬礼してトランシーバーを手にする。


――トランシーバー……? あれっ、俺の腰から呼び出し音が鳴っているぞ!?


『このトランシーバー、何時俺に持たせたんだ!?』
『……』
『護衛を目的に、妹さんが仕込んだ!? 何時からそれほど仲良くなったんだよ!』
『……』
『ノアの排除!? いやいや、こっちは大丈夫だから目の前に集中してくれ!』



***




"我が騎士達よ。地雷王を、殲滅せよ!"

"かしこまりました、陛下!"





神姫プロジェクト、始めてみました。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)



艦これアーケード筐体が店舗に続々と搬入中!稼働は4/26(火)φ(..)


→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 11:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第七十三話」予告編

オブリビオン、プレイ中。単なるサブイベント一つ一つでもドラマが有って非常に面白い(´・ω・`)+>挨拶





***



「その冷酷な殺意、その凍て付いた眼差し――いいわ、すごくいい。"わたし"の遺伝子が濃厚に刻まれている証ね」
「世迷い言は地獄の鬼にでも思う存分語れ」
「たとえ魔王であってもわたしと語る資格はないのよ、うふふ。"黒炎"」

 大広域氷結魔法コキュートスによって氷柱に捕らわれていた暗黒の魔女が、たった一言呪文を紡いだだけで解き放たれる。業火の戦場を凍らせた暗黒のブリザードが、漆黒の邪炎によって蒸発させられる。
自分自身が解き放った極地的な暴風雪が一瞬で溶解させられた事実に舌打ちしつつも、ディアーチェに動揺はない。巨大な氷柱から飛び出した魔女が抱擁してくるのを察し、有無を言わさず蹴り飛ばす。
上空からの猛烈な蹴撃が直撃したはずなのだが、魔女の浮かべる歓喜に陰りはない。おぞましく向けられる妖艷に周囲は身震いさせられるが、上空を飛来するディアーチェは王の威厳を持って迎え撃つのみ。

ロード・ディアーチェ。彼女が俺から受け継いだのは、剣士が持つ非情と暴虐性。攻撃タイプは俺とは違う、遠隔攻撃型。愛用の杖エルシニアクロイツを、容赦なく突きつけた。


「魔女を騙る貴様の稚気など、王たる我が全て飲み込んでくれるわ。"ダークドレイン"」


 猛然とディアーチェに接近する魔女を中心に、闇のオーラによる敵陣が展開。高精度かつ高密度な魔法陣はディアーチェの濃密な魔力により、攻撃と吸収を同時に行う大魔法へと発展する。
ロード・ディアーチェが法術により備わった新しき才能、魔力の吸収。ユーリ・エーベルヴァインに比べれば小規模ではあるが、優しいあの子に比べてディアーチェの魔法には一切の容赦がない。
吸収するのはあくまで魔力だが、魔導師にとって魔力は生命線。吸収されれば消耗し、略奪されれば摩耗する。奪い尽くされたら、生命の危険だってあり得る。魔力吸収はそれほど恐ろしいスキルなのである。

ディアーチェの才能と才覚は、遺憾なく発揮されている。剣士の無慈悲さを継いだ我が娘は、親と同質の魔導師に対して何の慈悲も与えなかった。


「我が父と違い、貴様は所詮魔女を気取る哀れな小物よ。拠り所である自分を全て奪われれば、死ぬしかあるまい」
「正しいわ、愛しき我が子。"わたしがわたしで無くなるのであれば、生きている価値などないもの。わたしはわたしだからこそ、意味がある」
「手加減など期待せぬことだ。父と同一などとほざく貴様なぞ、死すら生温い!」

「さあ、我が子ディアーチェ――わたしから全てを、受け取りなさい」

「馬鹿な、我がエルシニアクロイツにヒビが――我に匹敵する魔力量だとっ!?」

「どうしたの、ディアーチェ。私から全てを奪うのでしょう、何もかも奪いなさい。

さあ、さあさあ、さあさあさあ、さあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあ
さあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあ
さあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあさあぁぁぁぁぁぁ―――!!

あーーーーハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ!」



***





"我が娘、ロード・ディアーチェ。魔女を討伐せよ"

"承知した、父よ"








くつろぐ集積地棲姫の描き下ろしピンナップあり!「娘TYPE5月号」φ(..)


→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 23:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第七十話」予告編

Fallout3、プレイ中。次の三連休でユニーク武器を集めてみせる(´・ω・`)+>挨拶





***


 ――振り返ってみると実戦経験こそあっても、俺には戦争の経験が一切なかった。木の棒きれを振り回して剣士を気取ろうとも、平和主義国家の日本では戦争が行われる事はない。徴兵もなく、呑気に生きて来た。
この聖地で戦乱が起きる気配は確かにあったが、実際に戦争が起きる事を想像していた人間は恐らくいない。聖地には聖王教会騎士団が治安を守り、ミッドチルダは時空管理局が法による守護を行っているからだ。
誰かが守ってくれるという確信は、自分では守らないという怠惰でもある。戦乱だの戦争だの危機感を募らせても、結局のところ俺も平和な世界で生きて来た一般人であり、甘ちゃんだったのだろう。


だからこそ――本物の戦争を目の当たりにして、棒立ちになってしまった。


 剣と血が飛び交う戦場に、信徒達が祈りを捧げる神は存在していない。戦場という非日常には、民衆が謳う正義の法は行使されていない。血と肉が焼け爛れ、強烈な臭気と殺意が夥しく蔓延していた。
地平線を覆い隠す黒い異形の魔物、地雷王の大群。召喚魔法陣を中心に湧き出てくる巨大甲虫の群れは広大な大地を我が物顔で破壊しており、局地的地震を起こして世界と人類を滅ぼすべく闊歩している。
破壊の権化を指揮するのは、黒衣の魔女。狂気と狂乱の魔力を十全に撒き散らしながら、かつて戦乱を巻き起こさんとしていた科学者を相手に、敵意と殺意の微笑みを浮かべて睨み合っていた。

血が迸るような戦火に燃え上がる戦場を蹂躙しているのは、装軌式戦車。ミッドチルダでは一般的な回転砲塔を持つ戦車で、比較的短砲身かつ大口径の砲を装備した対歩兵戦用の主力兵器。
六連装ランチャーに加えて、シーカーまで搭載されている誘導弾発射装置まで設置。撃ちっ放しまで可能とするアクティブホーミング式魔導弾が、戦場に雨あられと降り注いでいる。
実戦用ではなく、戦争用の最新装備。ハンドグレネードまで手にした戦争屋集団、猟兵団が柄付手榴弾まで用いて、聖地を荒らす障害を破壊している。対象が人間であろうと、一切の躊躇がなかった。

凍てつく大地を焦がす灼熱の戦場を、凛々しくも怜悧な殺戮集団が数多ある命を奪い去る。戦場を彩る殺戮の舞踏を舞うのは、対魔導式銃火器装備を搭載する殺戮の軍勢。冷徹な殺意が、戦場を血に濡らす。
望むと望まぬとに関わらず、美しく例外もなく破壊。万物を呑み込む死は、法や正義より平等に敵を討伐。金で雇われた暴力の傭兵達、破壊を約束された殺意の機械人形達。正義を成せと、悪が叫ぶ。
無慈悲に投下されているのは、M24型柄付手榴弾。弾頭部分に化学兵器を装填、噴煙の中舞い上がる麻痺性の毒ガスが戦場の狩人達を一瞬で無力化。許さぬと、ただ許さぬと、敵味方無く殺し続ける。


かつて魔天の空を覆っていた、漆黒の魔龍。空の覇者が見下ろしていた大地に鎮座、轟音と地響きを伴いながら白き旗の元に集った勇士達が結界を張り巡らせている。熾烈を極める地上戦が、繰り広げられていた。


「何やっているんだ、こいつら」
「……陛下」

 
 ベルカ自治領に刻まれている火柱、絶え間なく響き渡る銃声と魔音、人類と人外の咆哮に埋め尽くされており、敵を殺さんとする殺意が蔓延している。地の底より龍が昇り立つかのように、世界が慟哭していた。
震源地である戦場は絶え間なく地面を振動させていて、頭上から土砂や瓦礫類が降り注いでいる。魔物の山が高く積み上がっていて、何人もの戦士が倒れ伏している。されど、誰もが止まる気配がない。
争いを止めるべく、争いを起こす。戦争を止めるべく、戦争を起こす。戦いを止めるべく、戦い続ける。鉄臭い血の匂いが鼻につき、銃声が騒音のように鼓膜を震わせる。正義も悪もあったものではなかった。

初めて目の当たりにした戦争を前にして、心の底から込み上げてくるのは――煮え滾るような、怒りだった。義憤などでは決して無い。単純に、ただ馬鹿らしかった。



***





「我が騎士、アナスタシヤ。この馬鹿騒ぎを治めよ」
「かしこまりました」







今週末実装される新装備と改修装備って何だろう


→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 11:11| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

拍手

ちなみに私が勧めるソフトは軌跡シリーズ(´・ω・`)b>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。


※フィリス先生、ほんといい人だよね。
イメージ画像の現代版はカレンでいいけど、この画像を推薦。
URL
こっちの方が可愛らしいし。

※フィリスがまた出てくる時が楽しみだなw 
イメージ画像のカレンだけど、確かプリヤのカレンって話だった気が。

※リョウさん、フィリスのイメージ画像のカレンってプリズマイリヤの方ですよw

※[意識も心も閉ざした彼女を救ったのも、また良介――フィリスにとって、良介は希望となった]
これだけならかっこいいものの
[娘ってどういう事ですか、良介さん!!]
だもんな。
よくよくかんがえたらこれだけ聞くとマジ修羅場だよね。
いや、リョウスケの人生そのものが修羅場か。もうデフォだなこれは。

※フィリス先生いいよねw というかあの病院も好き。
良介が常連になってるし、怪我して病院に行くと厳戒態勢になってすぐフィリスがとんでくるしw 

ただイメージのカレンってプリヤのカレンじゃなかったっけ?

※良介のフッケバインコスチュームのイメージって
怪剣クロード@コンクリート・レボルティオとルーザー@ディメンションWならどっちが近いですか?

※キャラ絵があれに決まったという事はフィリス先生は普段の顔の下にサドでマゾな性を持っているのかな。
そうだとしたら、フィリス先生にこれを進呈します。
>履いてない衣装とマグダラの聖骸布

男性を刺激して取り付いた悪魔を活性化させ、そして鎮めるためにとある修道女が利用していた立派な聖具です。
良介が行く先々で出会うトラブルを考えると悪魔に憑かれていても可笑しくないからこれを装備して良介に悪魔祓いをお願いします。

あと、せっかくイメージをカレンにしたなら良介に自制を覚えさせる為に心をSにして良介の教育(調教)でもやってくれないかな。
多分、行く先々でスタボロになってくる良介にいい加減心労も危険なレベルになっているでしょう。
それを吐き出すと思って。



外見イメージへの御意見やご感想、ありがとうございます。
今回はフィリス先生の追加。以前より要望のあった現代風イメージも追加しております。
私の好きなカレンイメージを追加したのですが、採用したのはプリヤの方でしたね。失礼しました。
幸いにも推薦頂いた画像があるので、今週差し替えさせて頂きますね。
それにしても優しいフィリス先生がドSイメージ……いいかも)ぇー

そしてフッケバインコスチュームイメージ。

折角なのでお遊び企画として今週推薦イメージを追加して、アンケートしてみましょうか。
ジークリンデ・エレミアの憧れである悪のイメージ像を追加してみますね。



※リョウさん、すみません、書き方が悪かったです。ヴィータのテーマソングの存在は知っています。
ただその歌は現実世界だからあるわけであって、この小説の世界の中にはないわけじゃないですか。

だからこその、 

1、あの世界の中に、真紅の花っていう歌がある。
2、その歌はヴィータとは全く関係ない。
3、その歌をどこかで聞いたヴィータが気に入って、個人的に好きな歌(テーマソング)としている。

という書き方でした。

えーと、つまり小説設定でいうと、もともとのろうさ人形は小説世界の中のアニメの登場キャラ。
そしてそののろうさ人形にテーマソングがある。
そこからのろうさ好きなヴィータが個人的にその歌を自分のテーマソングとした、という解釈でOKですか? 


※久々のカリーナ姫とのやり取りにほっこりw セレナさんも相変らずいい女だw 
最後にこう来るか、いやどうなるか気になるな。

※良介に絡む理由を探してる姫さん可愛いなw セレナさんと良介はもはや以心伝心w 
ここで魔女やほかの組織が動き出すかー。
猟兵団との絡みはありましたが、傭兵団、というかオルティアとの絡みはまだほとんどないからいつ出てくるか楽しみ。

※良介に絡んで満足するカリーナぐうかわwww 
セレナさんも相変わらずの謎っぷりだなw 

ただリョウさん、鬼瓦って重さ、厚さ、大きさ的に懐に入るものじゃないと思う。
中には小さいものもあるだろうけど、瓦割ように持ってきたものだからある程度大きいだろうし。

この鬼瓦が銃弾とかから良介を守りそうな気がしないでもないけど、懐に入れるのは無理な気がひしひしと。

※リョウさん。

聖騎士がまたもやアナスタシ"ヤ"がアナスタシ"ア"になってますよ。
もう、名前のほうをアナスタシアに改名しませんか?
その方が呼びやすい気がしますが。

※やはり良介、カリーナ、セレナさんの会話は秀逸だな。
姫さんもセレナさんも可愛すぎるw 

だが謎なの鬼瓦、なぜベルカにある?w あと良介、懐には入らないだろw 

※決闘決着、団長とも分かり合えてよかったなー。
そして久々のカリーナとのやり取り。
良介に絡む理由を探してて、絡んだら満足する姫さんが凄い可愛いですw 

そして相変わらず謎満載のセレナさん。
身振り手振りもなく、視線だけで良介に意図を伝え、良介もそれを読み取る。
この二人、通じ合っておるな!!w 

そんなこんなで魔女の暗躍、いやー、どうなるか楽しみです。


小説の感想、いつもありがとうございます。
聖騎士の名前がまた違っていましたね、編集しておきます。
出張中のパソコンで使用している変換機能が、そっちを優先するんですよね。有名な名前なのかしら(´・ω・`)
彼女の名前はそれなりに意味のある名前なので、申し訳ないですが変更は出来ないですm(_ _)m

今回は久しぶりにやってみた、カリーナ姫とセレナさんのやり取り。
この先しばらくは戦争となるので、空いた間を利用してちょっとやってみました。
良介と本音で会話できる関係になっていますが、このやり取りもカリーナは気に入っております。


テーマソング>


そ、そんなに気になる点でしょうか、これ……(;´・ω・`)
ものすごくストレートに言うと、「小説内の設定では」のろうさのテーマソングは「真紅の花」なんです。
原作ではのろうさのテーマがなかったので、そういう設定にしているだけです。


鬼瓦>


皆さん、似たような指摘でワロタ。も、物知りですな……
懐に入れるのは厳しかったか(´・ω・`)
修正させて頂きますね、ご指摘感謝ですm(_ _)m



※先週のゼロ使感想でふと思い出したんだけど。
トーマ、アイシス、確かお宅等の原作画者ってゼロ使のコミカライズもやってたよね?
確か作者急逝で打ち切り食らっただけで向こうはアニメ4期まで放映した間違いなく人気作品。
完結のメドが立ったなら再開しても不思議じゃないよね……
まあ、何だ。そろそろ本気で復活運動しなきゃヤバくね?


アイシス「何を言っているのよ。漫画の人気で言えばこちらが上よ!」

トーマ「ち、知名度が違いすぎるような……」

アイシス「ちっちっち、そんなのは所詮はネット上の声よ。肝心なのは読者様よ、読者様!」

トーマ「ネット社会を否定している!?」



※トーマよ。おまえは確かに主人公だった・・・・・・・・・・・・

そう、それは
遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・

※白旗情報部から入電
「アイシスがなのはMOVIEを乗っ取ろうとしている模様。
ただ残念なことに乗っ取りが難航。そのせいで情報展開が遅れている模様。」
トーマ「やはりそうか。もっと早く気づくべきだったんだ。アイシスが全ての元凶である事を。」

※>アイシス「重い設定があるから主人公とか言う男の人、キライ」
 トーマ「嫌いとまで!? 故郷を滅ぼされた復讐設定とか、すごく今時の主人公らしいじゃないか!」

はー、これだからトーマは駄目なんだよ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ 
アイシスのいう通りだね。 

重い設定があるとかないとか、そんなのどうでもいいんだよ。
大事なのは今その主人公が魅力的かどうか。

重い過去があろうがなかろうが、いい主人公は魅力的なんだよ。
設定すがるような奴(トーマ)は三流もいいところだな( ゚д゚ )クワッ!!

※人気を得たいならば少しドSな性格のロングの黒髪に巨乳になればいいよ!!!
何故ならば一部のアニメのメインヒロインの共通点だからだ!!



良介「見た感じ読者の中ではアイシスかトーマ、元凶はどちらか二分しているな」

アイシス「メインヒロインとしては、作品を少しもプッシュしない主人公には物申したいわ」

トーマ「メインヒロインじゃないから!?」

アイシス「何でよ、巨乳じゃないけど黒髪でしょう。あの世界では希少価値が高いわよ!」



※FGOイベント、3/3で全クエスト完了、全アイテム交換完了。やったね!! 
流石きのこ先生で内容は面白かったね。

クエストは周回がしんどいものもあったけど、やりごたえはあったかな。
リョウさんは現状進み具合どんな感じですか?w


私は現在、98クエストを完了。
残りは式さんの第二段階の再臨のみで、明日中には完了しそうです。
ミッションは確かに大変で果実も使いましたが、やりごたえは十分でしたね。
ストーリーも気になる布石を入れていてなかなか興味深く、コラボイベントとしても十分面白かったです。

イベントは今週で終了、その後は新ガチャのボーイズガチャでアストロフォちゃんが登場。
来週は高難易度イベント開催とのことなので、注目ですね。



※良介がヴィクターとジークにプリキュアを見せた結果、二人がプリキュアチックに治安維持に乗り出したようです。

ヴィクター「ひらめくいなづま(閃く稲妻)!! きゅあ・らいとんにんぐ!!」

ジーク「やさしきよぞら(優しき夜空)!! きゅあ・ないと!!」

ヴィクター&ジーク「まほうせんし!! ぷりきゅあ!!」


良介(ビデオカメラで撮影中)

アリサ「……良介、ビデオとってどうするの?」

良介「この映像を将来二人に見せてからかってやろうと思ってな」

アリサ「やっぱりか!?」




良介「結婚式について」

ヴィクター「まあ、ようやく決意して頂けたのですわね!」

良介「祖国の結婚式だと、プロフィールムービーというものがあって」

ヴィクター「延期いたしましょう


※GATE最新話、異世界幼女有能だなw 
菅原さんは男らしいけど、仲間内ではロリコンの称号確定だなw 

しかしえらいことしちゃったけどどうなかな? 


世界で一番かっこいいロリコンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
単なる我儘な幼女であればともかく、この子は幼いなりにしっかりとした才女ですからね。
良い拾い物をしたと思いますが、外交官としては当然エラいことをしてしまったわけで。

GATEは毎回、続きが気になって仕方がないですね。


※良介はアリサに「業物の包丁」を渡した。……おや? アリサの様子が…… 

テッテッテッテッテッテッテッテーン(ポケモン進化のBGM)

アリサは薙切えりなモードを取得した!! 


アリサ「何で弱い剣士。そう、まるで――ニシローランドゴリラと混浴してるような弱さなのよ」

良介「ちょっと強そうじゃねえか!?」



※別に赤塚不二夫リスペクトでも何でもないし、
おそ松くん好きってわけでもなんでもないけど、おそ松さんに対しての拒否反応が、何故か半端じゃない。


すごくよく分かります(´・ω・`)
実際おそ松さんは面白いのでしょうけど、腐女子イメージが付いてしまって拒否反応がありますね。
人気を出したという点では確かに成功なんでしょうけど、
少なくとも私はもう見るのをやめてしまいました。昭和との違いがキツイ(´・ω・`)



※良介が白旗の人員を募集したところ、
何やかんやで『戦場お掃除サービス(by ヘヴィーオブジェクト)』を雇うことになったそうです。


セレナ「試用期間中の教官としてまいりました、よろしくお願い致しますわ」

アリサ「何でアタシじゃないのよ!?」

良介「カリーナ姫様の朱印状を持参して来たんだよ。無理やり押させた感あるけどな」



※シンフォギア4.5期
一般市民「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
キターーーーーーーーーーーーーーー!!!
大事なことなので二回言ったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

なのはMOVIE
一般市民「情報来ネぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

なのはフォース
一般市民「・・・ハッ」


アイシス「見なさいよ。シンフォギアの奏者は巨乳と貧乳のバランスが完璧に取れているわ。
大体前にも言ったけど、巨乳のメインヒロインなんて今時はやらないのよ」

トーマ「そもそもヒロインと言っているけど――俺の事、好きなの?」

アイシス「連載再開のためなら、枕営業さえやむを得ないと思っているわ」

トーマ「そこまで言われるほど嫌なんだ!?」




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





艦これ改、買った人はいるのでしょうか(´・ω・`)←様子見


→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 21:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第六十五話」予告編

推薦して頂いたFollout ニューベガスに手を出してしまいました。デスクロー強すぎて北に行けない_| ̄|○>挨拶





***


 ベルカ自治領において、聖王教会騎士団の存在は国土安全の保障であった。聖騎士は別格にしても騎士団長の強さは治安の保証であり、騎士連隊を率いる部隊長は聖地の安全を確保する存在であった。
大規模かつ精鋭を誇る時空管理局でも一目置かれており、血統上であるこの基地で行われる共同訓練は単なる教練ではなく、ミッドチルダとベルカの強さを確立させる為だと断言出来る。
天才の名を欲しいままとした、魔導師ランクS。聖地で名を馳せていた騎士二名が、無名の少女に敗れ去った。たった一撃、竜の鉤爪が振るわれて騎士の命運は絶たれたのである。

次元世界中が見守る戦場で起きた大反撃に、唖然呆然とする観客は――あろうことか、一人も居なかった。見目麗しくも痛々しい少女の勇姿を、世界中が歓喜と熱狂で祝福したのだ。

自嘲する。意外に思っているのは他ならぬ自分であり、管理外世界の弱者。レベルの違う戦いと思っているのは自分一人であり、広大な世界ではあれほどの戦闘であっても見応えのある『決闘』なのだ。
天下無双と嘯いていたあの頃の自分が、泣きたくなるほど愚かしい。見渡せばキリがないほど世界は広く、目眩がしそうなほどに奥深い。少女の強さは人外であっても、例外ではないのだ。
自嘲はしたが、自虐はしていない。自分の弱さは分かりきっている。弱いと分かっているのなら、強くなる努力をすればいい。強くなれないのなら、強い人達と繋がればいい。妹さんの強さもまた、俺と繋がっている。

正直なところ、少しだけホッとしている。飲んだ瞬間急激に強くなる、不正の次はドーピングのクレームが来る心配をしてしまった。自分の血を飲んだので、検査されても痛くも痒くもないが。


「我が陣形に対し、実力で捌こうとする囲いの相手に対しては無事押さえ込めた。単純な捌き合いではそろそろ観客も退屈されるだろう、クアットロ」
「相手に攻めさせて、その反動で駒を捌くなんてのは常道ですものね――王女様ー、回復しますのでお下がりになって下さいな」

 敗北を認めた以上、一つの態度であろうと敬意を払うのがクアットロの基本姿勢である。俺の護衛であろうと欲目で見ない彼女が、かの者こそ王女であると敬称する。実力を認められた証拠だった。
雇い主以外であろうと相手を立てる礼節もまた、王女の器。ギア4を解除した妹さんはクアットロの呼びかけに頷いて、攻防の陣より撤退。ユーリの加護を受けて、回復に務めた。
惜しまぬ賞賛はあろうと、妹さんには別段声をかけなかった。強さの秘密を探る事も、強さを見せた潔さの事も、強さで相手を圧倒した事も、何も言わない。妹さんも何も望まず、敵を退けて息を吐いた。

彼女のおかげで、俺は大将の座に今も君臨している。現在であることを示すことこそが、護衛である彼女への礼儀であった。


***






「皆、よく持ち堪えてくれた。これより、中飛車の型へ移行する」
「心得ました、陛下」







空母間人間関係における二航戦の二人だけで完結してる感は異常


→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 14:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

拍手

出張も八ヶ月目に突入。年末のコミケ参戦が難しくなりそうで困っています>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※リョウさん、画像のURLが切れてたらしいので、短いのです!! 

良介のバリアジャケットの全身像>url

※ナハトの画像ですが、このくらいならシュテルたちと同年代に見えないこともないと思うので、いいかもしれませんw 

url

あとはいのりの綺麗な画像です。
ずいぶん前に送ったんで、もう流れちゃってると思うんでもっかい送りますねw 
url

※これは迷うけど、素材が多い響きのほうが面白いかな。

※この二人は本当に迷う……!! うーん、響に一票!! 

※前回表示できなかったようなのでもう一度送ります
url

あとイメージとはずれますがこんな面もあればいいなと思って。
url

※今回はディアーナが来るかと思ったけどナハトだったか……orz 
迷うな……どっちもいいからなー。

※リョウさん、ふと思ったんだけど、ナノにしても響にしても、ナハトというには大きすぎる気が。
ナハトの外見年齢はディアーチェたちと同じ九歳くらいですが、九歳女子の平均体重は30キロぐらいらしいです。
そしてリーゼアリアはそんなナハトを軽々と抱っこしているんですが……。

今までの小説内の描写を見ると本当に軽い感じですから、もっと小さい子供な気が。

※ナノでぴったりだと思うんだけど、素材が少ないのがほんと残念。

※ナハトはナノでいいと思うよw 

※>ナハトヴァールの詳細設定修正と「大好きなおとーさん(台詞付き)」
……大量破壊兵器であることはよくわかった(吐血
これ、グレアムのおっさんに上目づかいで「おじーちゃん」とか言ったら
闇の書関連の因縁全部解決しそうですな。


外見イメージへの御意見やご感想、ありがとうございます。
今週はナハトヴァールのイメージ画像と候補の追加、ご意見ありがとうございました。
賛否はありますが、ナノのイメージ推しが多いので今のままにしておきましょうか。
強いて言えばナハトはファンタジー的なイメージがあるので、現代風イメージとして響を追加するのもいいですね。

ナハトの外見>

リーゼアリアは見た目こそ才女なキャリアウーマンですが、原作ではなのは達を苦しめた実力者ですぜ。
ナハトの抱っこくらいは余裕なのさ(´・ω・`)b

――と言い訳しつつも、さすがにナノよりはチビッコい背格好ではありますw



※リョウさんTo a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ の第29話が消えてますよー
追記 To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第31,32話も消えています

※トップページの極秘のリンク間違ってますよ前回の話に飛んでしまいます

※[俺の戦いは、これからだ。]
12月を目前にこの打ち切りの定番文句。
当然、続くんですよね。
そうですよね。
「はい」か「イエス」しか聞きませんからね!

※良介の娘たちが超可愛いw それぞれの主張が微笑ましいぜw 
今回のMVPのナハトの「むふー」には和むわーw 

妹さんとの深い絆もいいな。
そして厳しくも、良介をしっかり見てるからこそのヴィータたちの言葉もいいね。

※マテリアルズが可愛いな。

※ほんと、可愛いは正義だぜ!! 
次回はいよいよ真実を話すときか……楽しみだ。

※りょうさん。
たぶんメイビー、というかまず絶対ないことですが、
すずかの言っていたギア4
まさかバウンドマンならぬバウンドウーマンなんてことには
ならないですよね。
そうなったら俺泣くよ

※妹さんが何をつかんだのか気になるね。
次回は暴露回だけど、法術がベルカではなんて名前でどういう風に伝わっているかが肝だな。

あとはっきりさせるなら、博士にも語ってほしい。
世界会議のとき態々管理外世界まで素体として良介を勧誘に来たんだから、
聖王と完全に無関係ってことはないと思うし。

※娘たちと良介の触れ合い、やっぱりみんな可愛いですねw 

妹さんは深く良介を理解し、セッテは信仰する。
それぞれ違ったあり方がまた面白いです。

ヴィータたちは厳しくありましたが、それも良介を思ってこそ。
彼らの活躍も楽しみです!! 

※つまり良介の刀だけど、竹刀から変化すると鍔や柄も含め完全に日本刀になる。
そして刀身が光っている、ってことでOKですか? 


小説の感想、いつもありがとうございます。
ご指摘いただいた点は全て修正しました。いつも感謝しておりますφ(..)
今回は退院したメンバーの復帰回、折角仲間達が退院したのに今度は主人公が倒れている始末。
ともあれ強力なメンバーが出揃ったので、怪我した良介もしばらくは戦わせて貰えなくなりそうです。
次回は情報共有の回。入院中だった面々、魔女の支配を受けていた面々等、結構情報がばらけているので、
一旦全員で今までの情報を整理することになります。良介の告白も含めて。

ただ博士の告白というのは確かに考えていなかったので、参考になりました。口添えしておくべきですなφ(..)


すずか>

ギア4は原作ではバウンドでしたが、以前話題に出た時はものすごく不評でしたからねw
今回すずかは良介とプレセアの激戦を目の当たりにして、新技のスタイルを思いついています。
ネタバレになるので言えませんが、少なくともバウンドマンではないです。


竹刀>

イメージとしてはそれで正しいです。
形状は本人とオリヴィエの憑依状態で変形も可能ですが、
また良介が完全な信頼を置いていないので無理ですね。
(オリヴィエは良介と息子と誤認しているので、魂を無防備に丸ごと預けている状態)

※トーマ「サイエンスが未来を切り開く時、トーマニックギア ON」
リリィ「か が く の ち か らっ て、スゲー」


リリィ「ぴかちゅってるかい?」

アイシス「何言っているのか分からないけど、言いそうだから怖い!?」

良介「覚えた言葉を、その場のノリで言うからな。困ったやつだ」

アリサ「あんたと同類じゃない」



※アイシスよ、リリィのセミヌードくらいで読者が動くと思ったら大間違いだ!! 
ここは抜本的な配役の変更が必要だぞ。

主人公はアイシス。ヒロインというか相棒はリリィ。
そしてトーマはリリィを狙う敵役!! 敵ならあの中二的な要素も生きてくるよ。



トーマ「すっかり敵に回されている!?」

アイシス「いいじゃない。敵に引き抜かれているんだから、もうそのまま言っちゃえば」

トーマ「薄情だよ!? それに主人公とヒロインが同じ性別なのも変だって」

リリィ「何言っているの、トーマ。百合は美しき愛だよ」

トーマ「肯定派に回っている!?」



※∠(`・ω・´) Hey!Admiralリョウ!! イベント攻略どうですカ? 中堅Admiralデース!

一年越しのPrinz Eugenドロップに歓喜に沸き立つ私は、
14秋イベント前に着任したのですが、なにしろ始めたばかりの新米提督にイベント攻略などできるはずもなく……
秋月を手に入れたところで資材の貯蓄がなくなりPrinz Eugenは手に入れることは叶いませんでした。
それから一年の間、やれプリンツはエロい、プリンツは強い、プリンツレーダーはチートだなどと聞く度に胸を痛める日々でした……
満を持して15秋を攻略! なのですが……もう、心が折れかかってます。
E-4まで甲で攻略したことに悔いはありません。 むしろ楽勝でした。
資材よりバケツで殴れって感じでしたから。
E-2なんてルート固定用にレベル20の三日月や皐月、レベル30の雪風と浜風を投入しましたが難なくクリアできましたし。
でも……もう40回近くMマスに出撃して、全然プリンツ出ないんですよ!?
ゲージ破壊中にボスマスでGraf Zeppelin出るかな?って思ってましたけど、代わりに来たのは早霜とあきつ丸でした。
いや、まあ欲しかったんですけどね、ちょっと違うかなって。
すでに9割近い資材を消費したため、早々に掘りを切り上げて来週まで備蓄期間に専念します。
イベントはまだ続きますからね。
周りがGraf Zeppelin手に入れたって騒いでも歯噛みして涙を流しながらふて寝します。


PS:FGOのイベントももはや恒例行事的な鯖落ち&無限増殖バグの大量垢バン祭りと
もう侘び石配布するしか仕事してねーなという状況ですね。
沖田引けませんでしたが二人組の海賊ちゃんが来てくれたので妥協しました。
で、ちょっとアドバイスってか要望みたいなもんなんですが、リョウさんのフレ枠が侍痴女ちゃんなんですよね。
ポイント倍率掛かるのわかるんですけど、ぐだお礼装持ちのオルタとかしてみたらどうです?
あの娘のレベルとステータス的にちょっとフレンド枠に選び辛いです……自分本位でスイマセン。
ちなみにぐだお入手のために、まず初級を回ってアイテムを集めるのが良いらしいですよ?


中堅提督に敬礼∠(`・ω・´) フレンド、使わせてもらっていますぜ(´・ω・`)+
私はE-4まで丙で攻略する軟弱提督ですが、艦娘に対する我が愛は衰えることを知らず。
その愛が報われたのか、めでたくドロップできておりません。愛とは報われないものさ(´;ω;`)ウッ…
甲だとドロップ率が高いと分かってはいるのですが、甲で100回以上攻略してもドロップ出来ない提督話を聞かされてからは、
ストレス抱えて甲で四苦八苦するより、まだ丙で挑戦した方がいい気がしております。S攻略が難しい(´・ω・`)

FGO、凄まじいバグの嵐ではありますが、このゲームのいい所は侘び石を惜しまない所(σ・∀・)σ
ガチャは20連してアレキサンダー少年のみ収穫という不覚ですが、呼符でエミヤを召喚できたのでまあ良し。
ただレベルを上げる隙がないので、流石にリーダーには出来ていませんw

フレ枠へのご意見ありがとうございました。オルタにしておりますぜ(σ・∀・)σ



※チームナカジマと敗退していないヤツら合同で訓練して貰う。
学際でヴィヴィオがやっていた的当てブロックを本格的にやる、
投手役には特別に来てもらったマグナムエースさんだ、
最終的に全員44ソニックを真っ正面から弾けるようになってもらうぞ



マグナムエース「ヴィヴィオ、俺はこの一球に魂の全てを込める。俺のオイルが沸騰するぜ!!」

ヴィヴィオ「何を言っているのか分からないけど、ものすごく怖そうです。パパー!?」

良介「耐えるんだ、ヴィヴィオ。お前はアイアンリーガーだろう!」

ヴィヴィオ「格闘技者に関係ない称号が与えられてる!?」



※落第騎士、もう何と言っていいのか……。

まずあれだけ常人離れした動きをしておいて、今さら反応速度が0.1秒って現実に即した数字を出されてもな。
前に間隙無く飛んでくる矢を切り落としてた気がするんですけど……。

というか敵が限界超えてて主人公が一回行動する間に2、3回行動できるなら、攻撃を防げる道理がない気がする。
いくら予測できるとはいえ、そこまで動かす間に敵は複数回動けるわけですし。

そういっておきながら、主人公は結構防いでるんだよな……理論破綻してないか? 

極めつけは他流派の奥義を使ったことだよ。
教わってもない、見てもない、ただその流派の剣士としばらく剣を合わせただけで奥義が使える。
これで才能がないとか言われても……。

まあ、結局は「評価規格においてはだめだけど、実は凄い主人公」ってのをやりたいのかな。
魔法科高校の劣等生とかの主人公と同じで。

個人的にはそつのない性格も含め、このタイプの主人公はあんまり好きじゃないですね。
もはやあらを探すために見ているようなものですw

※鉄血のオルフェンズが超絶面白い件。



何しろその主人公が理論を長々と語った後で、無駄な攻防戦が始まりましたからね(;´・ω・`)
お前、対応できないとか言っていたのに、どうしてその後で長々と攻防が行えるんだ!?
このアニメはそもそもタイトルや趣旨が間違えている気がするんですよね……
これほど戦えるのであれば、落第騎士なんていう称号は絶対いらない。
落第した時点から成長していくならともかく、この主人公は徹底して強いですからね。
強いのと戦えるのが好きとか、絶対生粋の戦士だろうと(;´・ω・`)

鉄血のオルフェンズと落第騎士、どこで差がついたのか。
環境、慢心――それともケツか( ゚д゚ )クワッ!!


※命令でキャロの新しい小隊メンバーにworkingのぽぷら、
35試験小隊のうさぎ、アスタリスクの綺凛、
ダンまちのヘスティアを組ませたのですが、何故か泣かれました。
パートナーのエリオ君、どうしてでしょうか?


エリオ「神様とのコンビは恐れ多いですからね。キャロは信仰深いので、涙を見せてしまったんでしょう」

良介「採点をどうぞ」

忍「もっとボケて」

アリサ「無難な回答をする男は好きじゃない」

セッテ「死んで」

エリオ「ものすごく辛辣ですね!?」



※ナハト「おとーさん、これー!!」 

良介「ナハト、どうした、って……」

ちびノブ「ノブー!!」

良介「……なんだこの妙な生ものは?」

リーゼアリア(可愛い……)


アリサ「また何か拾ってきたの、この子は。本当に父親に似て、面白いもの好きね」

リーゼアリア「可愛いモノ好きと言ってあげて。女の子なのよ」

アリサ「しっかり抱きしめておいて何言っているのよ!?」


※スバルスバル、この前ティアナが良介と一緒に買い物してたよ!! すごい幸せそうな顔してたぜ!! 


良介「ふふふ、メシ代を割り勘してやったのさ(´・ω・`)+」

スバル「すごい! 先輩なのに普段は一円も出さないのに」

ティアナ「自分だけのご飯、すごく美味しかったわ!」


アリサ「……あのさあ」




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





漫画家水木しげる先生(93歳)死去。本日11/30は雪風の除籍日と同じ日


→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 23:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第四十六話」予告編

『うたわれるもの 偽りの仮面』、帝都に到着(´・ω・`)>挨拶














***

 戦いで傷を負えばすぐに手当するのは戦士として常識だが、習慣として身に付いたのはフィリスの説教だった。傷付く事が習慣付いているというのは、何とも悲しい弱者の宿命だった。
少しでも傷付けばフィリスの怒った顔が思い浮かんで、慌てて応急処置を施す。プロの傭兵相手に深手を負わずに済んだのはガキンチョのおかげだった。緊急を要する事態だが、慌てず急いで処置。
他人との交流を重んじるようになって、やらなければならない事が増える一方。何を優先するべきか、考えるよりも先に行動する事を最優先に行動を開始する。妹さんとファリンが、戻って来ない。

妹さんとファリンで二人、こちらも俺とがきんちょで二人だ。

「エレミア、我が悪の組織は実力成果主義。ガキンチョであっても実力があるのならば、高く評価して相応の任務と報酬を与える」
「ふっけばいんさんよりつよいですもんね、うち」
「ほざきよるわ。斯様な大口を叩く貴様に重要な任務を与えよう。俺はメイド服の少女ファリンの救援に向かうので、貴様は我が護衛の救援に向かえ」
「いーですけど、ほうしゅうとしておねがいごとをきいてください」
「ほう、貴様の願いは何だ」

「うちのともだちをさがすのを、てつだってください。まっててもぜんぜんこえへんので、ふっけばいんさんがさらったとおもってます」
「探せと言いながら、何故言及するんだよ!? 後で探してやるから、早く妹さんを助けに行ってやってくれ」
「りょーかい」
「悪の組織の返礼を間違えるな!」
「いー!」

 適当に言ったのに、何故か一戦闘員の返答を正しく述べてエレミアは妹さんの救援に向かった。この采配を決めたのは思いつきではなく、れっきとした理由がある。悪の組織で言う実力主義だ。
妹さんとファリンは階級なら主人の妹さんが上だが、実力では残念ながら自動人形のファリンが上だ。実力主義で任務を決めるのであれば、実力の高いエレミアを妹さんの救援に行かせた方がいい。
夜の一族の純血種である妹さんの才能は世界有数であると確信しているが、格闘技を始めて数ヶ月。プロの傭兵相手では厳しかったかもしれない。俺でもエレミアが居なければ、殺されていた。
ファリンは自動人形だが、オプション。多彩な戦術を用いる傭兵相手に、猪突猛進では苦心している可能性がある。手助けして隙を作ってやれば、対処出来るかもしれない。

自分の実力はよく分かっている。馬鹿正直に救援に向かう真似はせず、あくまでも奇襲を仕掛けるのみ。的確な位置取りを図っていると――


「良介様、ご無事ですか!?」
「ファリン、お前こそ無事で――どうしたんだ、その有り様は!?」

 物陰を伺っていた矢先に、物陰からひょっこり姿を見せたファリン。ノエル自慢のメイド服はズタズタになって胸が露出しており、スカートが千切れて下着がずり落ちている。
切り裂かれた痕と、爆破による延焼痕。可憐な容貌だけ無傷である点が、異様を際立たせている。小競り合いなんて生易しいものではなく、確実な死闘による負傷だった。
女の子としてあるまじき風体だが、戦場帰りの戦士に対する嘲笑は行わない。少女の世辞ではなく、戦士の評価として讃えてやる事が礼儀だった。よくやったと褒めると、嬉しそうに声を弾ませる。

「俺が戦った傭兵もナイフを用いていたが、敵は魔法か何かを使用して来たのか。それとも火薬を使った武器か?」
「聞いて下さい、良介様。傭兵団マリアージュは、悪の組織だったんです!」
「ま、まあ、怪しい組織ではあるけれど、えらく唐突だな」
「セレナ様を監視していた敵は、悪の組織が送り出した怪人達だったんです。両腕を武装化して戦刀を用い、私の襲撃を予測して襲い掛かってきました。
敵が怪人である事を認識いたしまして、私もその場でライダーに変身して対抗しました」

「ライダーのお面をつけると視界が狭くなって、逆に不利になる気がするぞ」
「女性の姿をしていても、相手は怪人。私も全力全開で対抗して撃破しましたが行動不能になった途端、なんと燃焼液に変化して自爆したんです!」


***






「……それで、ボロボロになったと?」
「はい――痛っ!?」

「自分の武勇伝をヒーロー解釈で語るな」
「うう、本当ですのに……」





大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
「球磨」「多摩」「春雨」「千歳」「千代田」「雷」「電」の秋限定グラキタ━━━━(゚∀゚)━━━

→私のHP



新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 12:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第三十七話」予告編

VITAちゃんで面白いRPGがやりたい(ジタバタ)>挨拶
































***


 カレドヴルフ・テクニクス社の創設、次世代武装端末「CW-AECシリーズ」の開発発表。次元世界全土に発表されたニュースにより、連日連夜取材陣に追われる事となった。
1990年代のパソコン用OS発表を超える騒ぎだと忍は大笑いしていたが、本人としては堪ったものではない。社長秘書を名乗るセレナさんが対応してくれたので、馬脚を現さずに済んだけど。
他勢力は断固として反対したが、カレドヴルフ・テクニクス社長に就任した俺の提言により復活祭開催が決定。庶民の鶴の一言がカレイドウルフ大商会により、世界的企業の社長宣言となった。
もしも首脳会談開催直後に発表していたら、これほどのインパクトは与えられなかっただろう。最強にして最高のタイミングでの発表、カリーナお嬢様の手腕が遺憾なく発揮された。
俺としては呆然とするしかない。世界中が俺を騙しているのではないかと、今でも疑っている。物陰からドッキリの札でも掲げて現れてくれないだろうか。

しかし事実は小説より奇なり――俺が認められた証として、人質が開放された。

「ただいまっす!」
「軽いな、おい!?」

 棒つきキャンディを手に帰ってきたウェンディを見て、俺は素っ頓狂な声を上げてしまう。送り出された際に魔女から貰ったとの事で、ゴキゲンで甘い飴をしゃぶっている。殴りたい。
首脳会談が終了した段階で送り出されたとの事で、俺がマスメディアに囲まれている時に妹さん達が保護してくれたらしい。怪我一つなく、憔悴している様子もない。
得体の知れない虫に刺されて操られたのだ、さぞ怖かっただろうに本人はケロリとした顔をしている。というのも、

「絶対助けてくれると信じてたのもあるんすけど、何より――トーレ姉が側にいて、守ってくれたっすから!」
「私如きに勿体ない御言葉。ありがとうございます、王太女殿下」
「トーレも解放されたのか、話はチンクから聞いているよ。ウェンディを守ってくれて、ありがとう」
「申し訳ございませんでした、陛下。"ライドインパルス"であの魔女と刺し違える事も出来たのですが、王太女殿下の身の安全を考えると――」
「いいんだよ、それで。懸命な判断をしてくれる人が仲間だと、俺も心強い。博士が魔女対策に取り組んでくれているから、二人共後でウーノの所で治療と検査を受けてくれ」

 首脳会談の顛末がよほど魔女のお気に召したのか、ウェンディの護衛として自ら捕らわれていたトーレまで一緒に開放してくれた。こちらは精神的に落ち込んでいるが、外見上傷一つない。
どういう訳か魔女はウェンディを自分の妹のように大層可愛がり、膝の上に乗せて一緒に遊んでいたようだ。クアットロの干渉は、トーレが睨みを付けて寄せ付けなかった。
魔女の拠点そのものは割り出せたが、奪われたガジェットドローンや保有戦力等の行方は一切不明。魔女にはあのガリューが付いており、余計に手出し出来なかったらしい。
情報としてはプラスにはならない。あいつの家なんて、俺が聞けば簡単に答えるだろう。自分に閉ざす扉はない、俺が無視しているからストーキングを繰り返すのだ。

セッテは即座にクアットロを追ったが、見失う。どうもあいつの能力とやらに翻弄されたらしく、殺気を漲らせながらとぼとぼと帰ってきた。可哀想に。

魔力を物理エネルギーとして変換、CW-AECシリーズの根幹となる思想。幼稚園児でも思い付く発想だと思うのだが、無事に人質が解放された以上クアットロでさえ認めた発想であるらしい。
全世界のあらゆる企業が経済支援や提携等で殺到、懇意にしている時空管理局や聖王教会からも問い合わせがあった時、カリーナお嬢様とセレナさんが実に悪そうな笑顔を浮かべていた。
この最新型武装端末は魔導世界ミッドチルダでは法に抵触する難しい構想であるらしく、法や神の組織との深い繋がりが必須であるらしい。二人はあろうことか、俺を仲介役としている。
あの二人には色々問い質してやりたいのだが、カリーナお嬢様は"カレイドウルフ"の対応、セレナさんは"カレドヴルフ"の対応に追われている。俺の社会的立場を守る為なので、文句は言えない。


***






こうして俺が次元世界に奔走されている中、仲間達もまた負けじと色々動いてくれているようだ――









大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
秋津洲は勝ちに飢えている( ゚д゚ )クワッ!!

→私のHP



新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 11:14| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第三十四話」予告編

GATEを見ながら執筆φ(..)>挨拶
































***

 紆余曲折あったが、ギル・グレアム名誉顧問とリーゼアリア秘書官の協力は正式に得られた。意見の違いこそあれど、仲違いしていない三役も非常に喜んでくれた。和解の第一歩となりそうだ。
俺は三役との仲介役を約束したが、管理プランについては妥協するつもりはない。白旗は聖地の安寧と聖女の護衛を主とした組織、主義主張に反する人間に組織運営や内部事情に触れさせられない。
だが立場上は時空管理局顧問官を務める局の重鎮、復活祭のお手伝いさんでは済まされない。取り扱いに正直困り果てていたが、アリサが人事に意見を出した。

「聖王復活祭開催にあたり、快く御協力頂けたギル・グレアム様には『特別栄誉職』に就任して頂きましょう」
「待って下さい。事もあろうに時空管理局顧問官の重鎮をお飾りにするつもりですか!?」
「時空管理局では名誉顧問に就任されている方への、これ以上ない配慮であると認識しておりますが」
「詭弁です。発言力を持った者を組織運営から遠ざける目的でしょう!」

「妙なご指摘をなさいますね、リーゼアリア秘書官。名誉顧問に就任されているグレアム提督は、一旗艦の艦長が黙認する管理プランに対して積極的に御意見されておりました。
あの場での強硬な主義主張は、貴女の言う組織運営から遠ざかれた方の姿勢とは思えませんでした」
「……ぐっ……しかし」
「しかし?」
「――グレアム提督、これで本当によろしいのですか!?」
「むぅ……」

「反論がないようでしたら、この提案を審議させて頂きますね。ご安心下さい、あくまでもあたしの一案に過ぎませんから」
「よくもぬけぬけと……メイドなどと嘘言する貴女の正体も、必ず突き止めてみせるから!」

 見ていて気の毒になるほどだったが、可哀想にも聖王復活祭のギル・グレアム特別栄誉職が就任決定となった。聖王の復活を祈願する祭りの信憑性は、この就任ニュースにより大いに高まった。
時空管理局顧問官の重鎮が特別栄誉職就任を引き受けたとあれば話題性も大きく、時空管理局地上本部や本局も承認しない訳にはいかない。時空管理局が承認すれば、聖王教会も公認となる。
当初の思惑通りこの機に乗じて三役は積極的に働きかけて、ベルカ自治領における治安維持活動への干渉力は飛躍的に向上。地上本部及び本局からも、増援が決定。近日、増員派遣となった。
聖女と騎士団壊滅による乱れに乱れた聖地の治安と人々の不安は、このニュース一つで大幅に改善されて、復活祭への期待と白旗への信頼は聖地全体に高鳴りを見せた。
現地派遣で冷遇されていた管理局員は大いに沸き立ち、隊長さんは即日感謝の挨拶と積極的な協力関係への働きかけを約束。聖王教会の代表者達からも、支援と援助を約束してくれた。

単にグレアム提督を実務から遠ざけるだけではなく、時空管理局と聖王教会の関係改善及び聖地の治安向上まで成立させたこの一手――アリサという少女一人が成し得たと、誰が思うだろうか。

「――お前、とんでもない奴だな」
「ふふふ、あたしをメイドにして良かったでしょう。あたしに出会えた幸運に感謝しなさい」
「廃墟でゴミ掃除させるだけのつもりだったのに、凄いもんだ」
「少女虐待で訴えるわよ、あんた」
「でも、魔女はどうする? ローゼの封印処置は廃案に出来たけど、俺達の手で必要悪にしてしまったぞ」
「何言っているのよ。堂々と戦って、コテンパンにのしちゃいなさい」
「何でだよ。捕まえてしまったら、脅威が無くなってリーゼアリアやグレアムがまた蒸し返してくるぞ」
「セキュリティ問題を甘く見ているでしょう、あんた。あたしは魔女を必要悪になんかしていないわよ、魔女という存在を"前例"にしたの」
「前例……?」
「セキュリティというのは一度でも破られたら、原因を排除するだけでは済まないの。然るべき対策と今後の見通しを、徹底的に立てなければならない。
魔女と同じ脅威が今後出ないと、どうして言えるの? 魔女より機械操作に優れた犯罪者が現れたら、どうするの? "前例"が出来上がった以上、封印という安全神話はもう崩壊しているのよ。

リーゼアリア秘書官やグレアム提督が問題の本質をローゼ一人に押し付けようとしたのはプラン廃止以外に、時空管理局という組織問題を押さえる意味もあったのよ」
「何だそれ、法の組織が事の問題を女の子一人に押し付けて矮小化しようとしたのか!?」
「セキュリティ問題ってのは、それほどデリケートなのよ。問題を起こした本人一人を処分すれば済む話じゃない。だから問題を明らかにした上で、博士がセキュリティ改善をしたのよ。
ジェイル・スカリエッティ博士を犯罪者だと公言してしまった彼らは、当然博士に同じ依頼なんて出来ない。封印処置は取り消すしかなかったのよ」
「色々考えているんだな、お前」
「リーダーであるあんたも少しは考えて行動しなさい、たく……第一、ロストロギアを横流しされている時点で大問題じゃない」
「まあな――よし、お前のおかげでようやく見通しが立ったぞ」
「見通しって、何の?」


***









「聖女と聖騎士の関係悪化問題だよ、聖地の治安貢献と聖王教会の公認を受けた今がチャンスだ。お前の働きに応えるべく、俺も今から問題解決に動くぞ」
「えっ、まだその程度に悩んでいたの、あんた!?」







大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
来週7/17のメンテナンスで阿武隈改二が実装!φ(..)

→私のHP



新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 14:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

魔法少女リリカルなのはViVid 第12話 「決着の意味」

最終回の寂しさをあまり感じないですね(´・ω・`)>挨拶



※この日記は【魔法少女リリカルなのはViVid】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【魔法少女リリカルなのはViVid】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。


















※vividの最終回、近年稀にみる「俺たちの戦いはこれからだ!」ENDw

※vividだけど、突っ込みどころ多かったなw 
まずルーテシアだけど、あれ反射させる意味あった? 
かなり力量差がある感じだったから、手の内を隠す意味でも普通に連射でよかった気がする。
そんでファビアの対戦者だけど、スピードファイターっぽいのに走るの遅すぎだろw 

※ヴィクターマジ女神w ジークが日本食が好きになったのってきっと良介の影響だなw 
しかしここで終了とは何とも中途半端な……結局全編通してアインハルトが主人公だったな。
あと結局速くなることはなかったな。良介は土下座する必要はないぜw
 
※最終話、細かいところで変な部分が多かったですね。
・今までなかったのに、なぜかルールーの入場の時だけスモーク
・ルールーの相手の重戦士っぽい子のダッシュより、ファビオの相手の忍者っぽい娘のダッシュの方がなぜか格段に遅い
・番長の特訓。常に的の位置が変わるはずなのに、まっすぐ投げた鎖が一直線に複数の的を貫く
あとルールーの射撃、あの対戦相手なら反射は必要なく一斉射撃で十分だった気がします。
そうすれば今後の相手とかに反射で不意打ちできたと思うんですが……。
というか今更なのですが、非殺傷設定の魔力弾で会場が壊れるってどう言う事なんだろうか? 
まあなのはの砲撃も物質は大量に壊してたけどさw 


ヴィヴィオ「最終回くらいは、せめてDVDで録画をお願いします!」

良介「断る」

ヴィヴィオ「うう、ど、どうしてもだめですか……?」

良介「当然だろう。お前の番組がいよいよ最終回なんだぞ」

ヴィヴィオ「えっ……?」

良介「生で一緒に見ればいいじゃないか」

ヴィヴィオ「ありがとう――パパ、だーいすき!」

良介「こうやって好感度を上げれば、第二期も見込めるのだよ」

ヴィヴィオ「台無しだよ、パパ!?」



〜視聴〜


良介「……」

ヴィヴィオ「……」

良介「お前の試合は?

ヴィヴィオ「( ´Д`)・;’.、カハッ

良介「死にかけている!? すごいな、コロナの試合なんて丸一話分あったのに

ヴィヴィオ「編集でカットします

良介「前話じゃねえか!? 最終回だというのにのんびりしていたな」

ヴィヴィオ「ジークさんとヴィクターさんの絡みとか入れなくてよかったかもしれませんね」

良介「お前にしては珍しく他人の否定!? あいつらは――」

ヴィヴィオ「あいつらは?」

良介「何だよ、そのニヤニヤ笑い!? 何だ、何を言わせたいんだコラ、オウ」

ヴィヴィオ「そこまでガラ悪くならなくても!? フォ、フォビア選手とかの見所もあったじゃないですか!」

良介「目がデカすぎて笑う

ヴィヴィオ「純粋な子ですからね」

良介「目で語ってるわけじゃねえだろう!? 拍手でも言っているけど、結局この番組始終スピード感がなかったぞ」

ヴィヴィオ「あまりにも早すぎて逆に遅く見える技巧ですよ、ふふふ」

良介「遅く見えていたら意味がねえだろう!? ルーテシアはルーテシアで、無意味な反射をしていたからな」

ヴィヴィオ「でもあれって本当に、見定めるのが難しいですよ」

良介「着弾する際、超真っ直ぐ飛んでいったぞ。反射できるなら、それこそ360度囲んで撃ちまくればいいのに」

ヴィヴィオ「もっと健全な戦術でおねがいしますよ!?」

良介「フォビアとルーテシアとの肝心の対決は無いままだしな」

ヴィヴィオ「ふっふっふ、これぞ第二期フラグですよ」

良介「枯れ枝ほど脆いぞ。まあ何だかんだ言っても、後半は二期への繋ぎだったな」

ヴィヴィオ「そう、つまり次こそ活躍するわたしの試合に向けて盛り上がる場面ですよ!」

良介「分割2クールだと、最低でも半年後だぞ」

ヴィヴィオ「毎週やりましょう、この対談」

良介「半年間も語ってられるか!」






ヴィヴィオ「ふっふっふ、最終回は私が中心ですよ!」

良介「全員出ている件

ヴィヴィオ「いいんです! 最近のアニメは主人公であれど容赦なく降板させますから」

良介「魔法少女なのに生々しすぎる!?」

ヴィヴィオ「それじゃあパパ、半年後に向けてエールしましょう」

良介「えー、やるのかよ。半年後、お前が生きている保証もないのに」

ヴィヴィオ「過去最高に酷い発言ですよ!? ほらほら、一緒に!」

良介「はいはい、分かった。せーの」


ヴィヴィオ「リリカルマジカル、第二期も頑張ります――って、言ってくれてない!?」


良介「ビデオ撮影してやったぞ、フッフッフ」


 

〜終〜




第二回「艦これ」観艦式公式HPがオープン!φ(..)

→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 22:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第三十一話」予告編

私はiPhone6なのですが、外でコンセント無しで充電出来るやつってありますかね?(名前がわからない)>挨拶
































***



「剣士さん」
「……もしかして、この虫の事か」
「はい、監視されています」

 聖王教会の司祭との、管理プラン進捗会議。いつも通り管理対象のローゼとアギトを連れて、護衛の妹さんと一緒に聖王教会の本堂へと向かう道中での出来事。
最初は特に気にならなかったのだが、宿アグスタを出て大通りを歩き、商店街を抜けて、聖王教会が見えて来た頃にはいい加減耳障りになって来ていた。絶対に、偶然ではない。

指先に乗るほどの、小型の虫。海鳴では見られない異世界の虫が、一定の距離を保って俺達を追尾している。空飛ぶ監視カメラで見られている気分だった。

「アギト、撃ち落とせ」
「お前に言われなくてもやるよ、鬱陶しい。燃えろ――あっ!?」
「見事に、回避されましたね」
「ムカつく、こいつ!?」

 アギトが火の玉を撃つと、虫は驚くほど素早く回避する。虫の動きに感心するローゼに、アギトはますます腹を立てた。弾数を増やそうといきり立つのを、俺は止める。
一発ならともかく、町中で何発も連射したら目立ってしまう。治安維持を行う騎士団の目がないとはいえ、白旗が虫が相手でも狼藉を働いたら大義を無くしてしまう。
妹さんは俺達を追うこの虫を、監視であると断言した。虫を使って監視する術者の心当たりは、一人しかいない。

「この俊敏さ、単なる虫の動きじゃないな。遠隔操作しているとなると――お前だな、魔女」
『クスクス、ごきげんよう"あたし"』

 どういう原理で成り立っているのか、虫から声が聞こえてくる。虫が鳴いているのではなく、虫本体より発している声。虫を介しても響く、鈴鳴りの美声に余計に苛立ちが沸く。
心の奥底まで囁かれる魔女の挨拶に妹さんは緊張を強め、俺の敵には態度の悪いアギトやローゼまで強い警戒を見せている。才覚のない俺とは違い、声だけで相手の存在感が伝わってくるようだ。
あの時直接目の当たりにして気を失わずに済んだのは、奇跡に近い。自分と同一でなければ、間違いなく取り込まれていただろう。それほどまでに強く、絶対的な魔性の美を持つ少女だった。

周辺を見渡すが、この虫以外に怪しい影は一切ない。この虫にしても、攻撃の意図はなさそうだった。

「何の用か聞き出すつもりもねえ、失せろ」
『聖王教会へ向かうのね、子守なんて"あたし"の柄ではないのに」
「俺のやることに、お前に口出しされる覚えはないね」
『ええ、そうね。"あたし"達は在るがままに生きればいいもの」

 話が通じないのではない。心から通じ合えているから、会話の必要性が生じないのだ。鏡に向かって対話しても、語りかけて来るのは同じ言葉だけである。
妹さんが頷き、アギトが合図を出してくる。言われれば撃ち落とすと、彼女達は語っている。ローゼは何も言わず寄り添い、俺の盾にならんとしている。
彼女達なりに、前回の襲撃に反省と憤りを覚えているようだ。面接を装って現れた魔女、もしも彼女に害意があれば俺は殺されていたのだから。

「自分以外興味のない人間が、他人の覗き見か」
『あたしは、"自分"が可愛いもの』
「俺とお前とは違う存在だろう。だからこそ、関心を抱いているのではないのか」
『自分だからこそ、関心を持っているわ』

 すれ違ってばかりなのに意気投合する、理解不能な共感。この世に同じ人間はいないとご高説を垂れた見識者に、こいつの存在を分析してもらいたい。
男と女、剣士と魔女。血統どころか容姿まで異なっているのに、強く惹かれ合う関係。臓物に至るまで適合する存在に、俺は目を背けずにはいられなかった。
くそっ、認めてやる。俺もこいつに、強い関心を持っている。友人や家族、恋人や婚約者よりも結ばれている。性交渉なんてしたら、自慰と同じくらいハマるだろう。

奇妙な虫の向こう側で、妖艶の魔女が舌舐めずりするのが見えた。

『"インゼクト"』
「何だって……?」
『この子は、インゼクト。元来の召喚虫を、あたしが改造した自信作なのよ』
「だから何なんだ、知りたくもない」


 そう言った瞬間――虫が、消えた。


「本当に何も知りたくないのかしら、ウフフ」
「えっ――ロ、ローゼ……?」
「剣士さん、首です。ローゼさんの首元に、召喚虫が取り憑いています!」


「どうかいたしましたか、主。"あたし"はアナタの奴隷、どんなご奉仕でもいたしますわ」

 
***









改造型召喚虫、インゼクト――"機械"に寄生して、遠隔操作が行える。







大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
母港専用の私服グラ実装されないかなφ(..)

→私のHP



新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 16:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

魔法少女リリカルなのは 2015年八神はやて誕生日記念小説

毎年恒例の企画。なのはやフェイトの誕生日は軽くスルーしても、はやてだけは忘れない( ー`дー´)キリッ>挨拶



※この日記は【魔法少女リリカルなのは】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【魔法少女リリカルなのは】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。
































アギト「――何でお前ら、真夜中にいちいちアタシを呼び出すの?」

良介「どうやら貴様は、今日という偉大な日の意味を忘れたようだな」

ミヤ「ギロチン決定ですね」

アギト「怖っ!? 今日が何の日かくらい知ってるよ。忘れられねえよ、去年の悪夢は」

良介「新参者だったお前に、八神はやてという素晴らしき少女の誕生を語ってやったからな」

ミヤ「世界が誇るべき記念日ですからね」

アギト「それほど称える女の子に、純金の銅像とかいう矛盾に満ちた贈り物をしやがったからだよ!」


良介「はやてにクリソツじゃん?」

ミヤ「チョーイケてる―って感じ?」


アギト「この上なく腹立つからやめろ、その顔。アタシが聞きたいのは、どうして真夜中にコソコソするんだって事だ」

良介「サプライズも知らんとは寂しい奴よ」

ミヤ「はやてちゃんを驚かす素晴らしいプレゼントを企画するのも、デバイスであるミヤの務めなのですよ!」

アギト「――毎年やらかすから、泣きそうな顔で日めくりカレンダーをめくってたぞ、あの子」

良介「さて、今年の誕生日プレゼントだが――」

アギト「今度は何なんだ。自由の女神でも建てようってのか」

ミヤ「チッチッチッ、ヌルいですよアギトちゃん。はやてちゃん誕生の祝福はあの程度ではとても表現できません」

アギト「だったらどうするんだよ。お得意の抱きまくらか?」

良介「抱きまくらを上げて喜ぶのは、オタクのみよ。はやては女の子なんだぞ」

ミヤ「となれば、プレゼントするのは一つしかありません」




「「感動プロフィールムービーの製作!!」




アギト「待て待て待て!? えっ、それって結婚式とかで流すアレ?」

良介「うむ、いずれ花嫁となるはやての生い立ちをスライドショーで上映するムービーだ」

ミヤ「素晴らしいです、リョウスケ。はやてちゃん誕生にはやてちゃんの思い出をプレゼント、最高じゃないですか!」

アギト「人生振り返るの、早すぎだろう!? まだガキンチョだぞ、あの子」

良介「時間の短さは関係ない。どれほど多くの人と巡り逢い、思い出を育んできたか、それが大切だ」

ミヤ「ミヤ達との思い出は、きっとかけがえの無いものですよ」


アギト「――お前らと出逢ったことが、あいつの何よりの不幸だと思う」









〜終〜


大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
12:20 【艦これ】今年の夏にくる軽巡と空母ってどの娘なんだろうφ(..)

→私のHP



新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

北陸出張

辞令がありました>挨拶


早くて来週、遅くとも5月より、仕事の関係で北陸出張となりました。
期間はまだ確定していませんが最低でも一ヶ月は北陸で仕事、その後も別件で長期出張となりそうです。
転勤ではなく出張なのでホテルでの生活となり、自宅でのパソコン作業は出来なくなります。

娯楽施設の一切ない工場地帯での生活でネットやパソコンがないと生きていけない自信があるので、
今日中古のノートパソコンを買ってきました。
あまり出張しないので分かりませんが、ビジネスホテルにLAN環境があれば出張先でHP更新作業は出来ると思います。
ただなにぶんホテル生活には慣れていないので、しばらくは私生活で右往左往しそうですが。
一応毎週土日は自宅に戻れるので、最悪一週間に一度はHP更新可能です。

ということで、今年は四月からプライベートも変わっていきます。
不幸中の幸いにも出張先の仕事はさほど忙しくはなさそうなので、過労死だけはしないと思います。

今後仕事や私生活がどうなっていくのか分かりませんが、
ヴァンドレッドやTo a you side連載は旅先でも執筆していくつもりなので、引き続きよろしくお願いします。
拍手やメールも旅先で確認する予定なので、返信させて戴くつもりです。
(いつも頂いている小説の感想等には、本当に励まして頂いております)

今後色々迷惑をお掛けするかもしれませんが、今後とも宜しくお願いいたします。








posted by リョウ at 23:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第十五話」予告編

三月ですね>挨拶












***


 異世界ミッドチルダへ来てからも、基本的な生活習慣はあまり変わらない。文化や技術の違いが大きくあれど、魔法という異端があろうと、人間は何処にいてもさほど変わらない。
利き腕を取り戻してから剣術修行も再開し、異世界へ訪問しても毎日修行は続けている。指南役のザフィーラやのろうさ、補佐役のミヤやアギトが同行してくれた事が大きい。
そして何よりフィリスより託された、自分の剣がこの手にある。俺が剣士である唯一の証である竹刀は、日頃より竹刀袋に入れて帯剣している。この剣がある限り、俺は変わらずに済む。
師匠である御神美沙斗より、ドイツの地で戦いにおける知識の全ては叩き込まれている。自分の剣と師の知識、指南役と補佐役。異世界でも全てが揃っている俺は、幸せ者だ。

日頃忙しくても朝早くから起きて基礎鍛錬に始まり、戦闘訓練と魔法修行を続け、汗水流して弱い身体と心に鞭を売っている。少しでも強くなるべく、あらゆる可能性を追求する。


「"ギア2nd"は血液促進による身体能力向上、"ギア3rd"は変身魔法と強化魔法による身体成長促進なのね。血液の促進なんて無茶な芸当、どんな原理でこなしているの?」
「家系の体質です」
「ふーん、体質ね……まあいいよ。クイントおばさんからも頼まれてるし、技の完成を手伝ってあげる。でもすずかちゃんにしては珍しく、急いでいるのね」
「"呼ばれました"。この地には、わたしの敵がいます」

「――可能か?」
「プランの一環であれば、司祭様より許可を得られれば教会の機材で検査は行えます。貴女も保護対象の一人、融合騎としての機能を調べるのは問題ありません。
ですが、正直申しますとあまりお勧めは出来ません。前例のない方法ですし、お二型の規格に沿わない場合――最悪、修復不能となりますよ」
「アギトちゃんといっぱい話し合って、決めたんです。のろうさちゃんにもいっぱい怒られましたし、お姉様やはやてちゃんもきっと悲しむでしょう。

でも一生懸命頑張るリョウスケの為に、ミヤも何かしてあげたいんです。元々ミヤはイレギュラーですし、いっぱい幸せをもらえました」
「これはあいつとアタシの取引だ。あいつがてめえの人生かけて勝負してるってんなら、アタシだって命くらい懸けるさ」

「ユニゾンの更なる可能性、ですか……ご立派です、お二人共」


「剣士様――貴方様は、もしかすると」
「はは、やっぱり分かってしまうか。実はそうだったんだ、期待させておいてすまなかったな」
「……いえ、逆です。私は貴方という御方を心より、尊敬いたしました。あの方の力になろうとしながらも、俗に没して我が身を哀れんでいただけの自分が恥ずかしくなります」
「一つ聞かせてほしい、剣士。君は、怖くはないのかい?」

「小細工を弄そうと、戦いは恐らく避けられないだろう。仲間の力を思う存分借りる気でいるが、自分も必ず前線へ立つ日がきっと来る。
傭兵一人、チンピラ一人にさえ、俺は多分苦戦させられる。リーダー格なら九分九厘殺されるだろうが――不思議と、怖くはないな。

見切りをつけた自分の為ではなく、誰かの為に頑張ろうとしているからかもしれない」

「その誰かが御主人様にとって、その……聖女様、なのですか?」
「たった一人の女に頑張れるようなヒーローじゃないよ、俺は。自分一人、他人の一人の為だけなら、怖くて思いっきりビビっちまうさ。
懸けるチップが大きいほど、負けられない気持ちも強くなる。守る人達が多ければ大きいほど、強くなろうとする気持ちも強くなる。

恩を返そうとする気持ちが――他人を守る、力となってくれる」


「――無限の猟犬(ウンエントリヒ・ヤークト)」
「うん、どうした急に……?」
「無限の猟犬(ウンエントリヒ・ヤークト)、僕が保有する古代ベルカ式のレアスキルさ。このように魔力で生み出した猟犬を放つ事で、探査・捜索を行う事が可能だ。
ステルス性能があるので目視や魔力探査に囚われず、運用距離の制限もないので聖地のあらゆる箇所を探索出来る」
「レアスキルではありませんが、私は瞬間的な距離移動を行う跳躍系の技能を保有しております。セキュリティや障害物を越えて、移動が可能です」

「! あんたら、自分の切り札を……!?」

「霊障の探索だけじゃない、今日から君が成そうとするあらゆる事を補佐する。僕達の能力はきっと、君の力になれると思う」
「ロッサが探索し、私が移動してあらゆる困難を打ち砕く。ディアーチェ殿と連携して、この聖地に蔓延る問題の全てを解決しましょう」
「いいのか、そんな真似をして。教会側ではなく、俺個人の事情に完全に巻き込まれるぞ」
「今、確信したのです。貴方様こそ聖女の護衛に相応しく、貴方様が潰えれば聖女様の御身は破滅してしまう。それに先程申し上げた通り、私は強く後悔しております。
聖女様の御力になりたいのであれば、私自身が率先して事に当たるべきだった」
「言ってみればこれも罪滅ぼしみたいなもんさ、気にしないでくれ。目の前で起きている問題にずっと目を背けているのも、正直もうウンザリしていた。
僕達にとって、ここは故郷だ。故郷の地で身勝手な真似をする輩を、僕は断じて許せない」
「シスターや査察官候補様がそんな熱血でいいのか、全く……いいさ、思う存分やってくれ。責任が全部、俺が取る」


***






「御主人様、私も御主人様の為に頑張ります。私に出来ることがあれば何でも仰って下さい!」
「じゃあ、お茶を入れてくれ」
「うう、娼婦の次は、お茶汲み……いえ、不満なんてないんですけど、もっとこう何か……」









大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
Mステランキングにアニメ艦これOP『海色』5位・ED『吹雪』6位にランクイン!


→私のHP



新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 16:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

「Eternal Advance Chapter 20 "My Home Is Your Home" Action7 温泉」予告編

iPhone6、バッテリ長持ちし過ぎワロタ>挨拶












***


 ニル・ヴァーナ艦内で起きた一連の出来事の全報告が全く同時刻に送られてきて、メインブリッジにいたマグノやブザムが頭を抱える結果となってしまった。
マグノ海賊団を統括する両名に本当の意味での休日はないにしろ、長期停泊中の現在打ち合わせも終わって、ゆとりある時間を送っていた最中だったのだ。
休暇が取れない自分達とは違い健やかな休暇が与えられている若者達が、落ち着きなく各所で問題を起こしている。若さというものを嘆くべきか羨むべきか、マグノは真剣に悩んでしまう。

ブザムも頭の痛さに顔をしかめているが、ともあれまずは緊急性の高い地点より対策に取り掛かる。


「お湯が出ている?」
『イエス、マム』

 クリーニングチーフのルカが頷くのを見て、ブザムは理解に及ばず首を傾げる。落ち着いた素振りだが、通信画面越しからは激しい噴出音が聞こえてくる。
同じ場所で作業していたであろう警備チーフの叫び声が、背景から木霊しているのが笑いを誘う。どうやら噴出そのものは、単純には止められないようだ。
このまま放置するとかつて瓦礫に埋まっていたカイ達の部屋が、今度はお湯に埋まる羽目に陥ってしまう。彼らの寝処探しは、延々と続くことになってしまう。

マイペースなルカのほうれんそうは常に要領を得ないが、礼儀を逸しているのではない。問題が起これば、こうしてすぐ報告を行ってはくる。

「水道管が外れたと聞いているが、水道の元栓を閉められないのか」
『閉めているのに、この通り』
「何だと……!?」

 ルカはクリーニングの専門職、水仕事については清掃面のみならずあらゆる面に長けている。驚き慌てる警備チーフを尻目に、彼女は早速対処に取り掛かった。
水道管が壊れる事態は珍しいが、水道が壊れる事はたまにある。マグノ海賊団のアジトは隠密性に優れているが、機能面はあらゆる箇所で脆い。
隠れ家に一流の設備を求めるのは難しく、水道も間に合わせの上に多用される。蛇口が壊れたりして、水が止まらなくなる事もあったのだ。

その為修繕そのものの専門家ではないものの、水道の整備くらいは行える。今の事態は、行った結果なのである。


「つまり、水道管を外したことによる事故ではないと?」
『水道管を外した事がとどめとなったと思われる。元々問題のあった水道管をこれまでカイ達が使用し、無人兵器侵入による事故で欠陥が生じた。
その後改修はされていたが作業途中のまま長く放置していた為、再び欠落が生じたと思われる』
「やれやれ、メイアの懸念が現実となったね」


 耳を引っ張られて泣いているディータを連れて、マグノに大掃除の許可を求めに来たメイア。彼女はニル・ヴァーナ各所の問題点を洗い出し、放置されている現状を指摘した。
指摘自体は正しいが、珍しく鼻息の荒いメイアに気圧されつつもマグノやブザムが承認。再びディータを引っ張って、メイアはニル・ヴァーナの大清掃を皆に促した。
彼女はライフラインの欠陥を問題視していたのだが、その一つが浮き彫りになった形である。

水道管の故障、今現在使用されていない部屋の事故だが笑い事ではない。

「パルフェ達や整備の人間には連絡したのかい?」
『連絡済み。ただし修繕だけではなく、調査も依頼』
「調査……水道管の?」
『先程報告した通り、お湯が噴き出してる。温度も高く、匂いも妙。何か含まれているかもしれない』

「――なるほど、それで緊急の連絡か」
「ニル・ヴァーナはアタシらの海賊船と、男共の軍艦が合体したもんだ。カイ達の話だと、野郎共の軍艦は植民船が使用されているらしいからね。
この広い船の中、全部確認した訳じゃない。何が含まれているのか、分からないよ」



***







ニル・ヴァーナのエネルギー源であるペークシス・プラグマも、軍艦の中で眠っていた。侵入した無人兵器の残骸、植民船時代の古びた物資類もある。混ざれば一大事だった。








大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
電撃G'sマガジン2015年3月号でTVアニメ『艦これ』大特集してるφ(..)

→私のHP



新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 00:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

新刊「To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじB」サンプル公開

当日、ぜひ手にとってみて下さい(´・ω・`)ノ>挨拶












***


 生きてさえいれば幸せ、とは誰が言った戯言だろうか。
 悪夢のように甘く優しい死から目覚めたら、痛くて苦しい生に苛まされる。冷たい雨が、体を重く濡らす。
 省みるまでもなく、顧みる必要もない。
 
 俺は救われて、あいつは救われなかった。

「そ、そんな――確かに、死んだはず……」
 
 そして俺を殺した女は目の前で、図々しく生きている。
 
 驚愕を露わにする女の双眸に、血染めの死人が移る。
 眼球が割れ、鼻が砕け、口が避けて、耳が破れていた。
 髪は血と雨に濡れて、肌が裂かれ、肉が潰れている。
 腕が垂れ下がり、足が折れている。指は、割れている。
 ――転がる竹刀だけは、拾い上げられた。

「――その姿。あのおチビちゃんは、『ユニゾンデバイス』だったのかい。なるほど、それで立てているのか」

 無事なのは剣を握る手の平、あいつが優しく握った手。
 残されたのは心、異物を抱えたがらんどうの中身。
 
 感情無き男の代わりに、感情豊かな少女が泣いている。

 "ごめんなさい、リョウスケ。
 だ、だずげられまぜんでじだ、ごめんなざい……"

 俺は、生きている。ならば、誰が助からなかったのか。
 考えるのは、やめた。考える必要も、なかった。
 夢とは、覚えていないから夢。
 ならば覚えているあの光景は、現実だったのだろう。
 夢なら良かったのに、とは思わない。
 
 死ねば、夢なんて見れないのだから。

 物語が終われば、続きなんてありはしないのだ。


***


 生きるということは、記憶を積み重ねるということだ。
 人間は忘れる生き物だが、生きることで覚えていく。
 生と死の境を彷徨うというのは、記憶の混乱を生む。

 惨劇の夜。朝に至るまでの記憶が、途切れがちだった。
 
 後から思い出そうとしても、明確には思い出せない。
 肉体は死に瀕しており、心は原型を留めていなかった。
 高町なのはが、泣いて縋っていた姿が見えた気がする。
 救急車の赤ランプが、不気味に光っていた感じがする。
 頭の中で、ユーノの声が木霊していた覚えがある。
 フィリスの悲痛な出迎えに、悲しみがよぎったと思う。
 
 その全てが混ざり合い――真っ暗に、なった。

 多分、死にかけていたのだろう。
 恐らく、生き足掻いていたのだろう。
 きっと――この夜が、峠だったのだろう。
 一度は死んで、アリサに救われた。あの子は、居ない。
 死ぬ前は、本当に独りだった。守護霊は、いない。
 寂しいという気持ちは、なかった。
 悲しいという気分でも、なかった。
 救われるべき人間ではないのは、分かっている。
 例え一人でも、自分勝手に生きようともがいているだけだ。この生命は、俺のものじゃないのだから。
 記憶は、途切れている。脳は、何も残していない。
 もしもあったとすれば、温かい手の感触だけ。

「――辛いでしょう、喋らなくていいわ」

 自分が産まれて最初に出会う、人。誰だっただろうか。
 自分が死ぬ時まで、律儀に会いに来てくれたのか。
 多分この人は、本当の――じゃないだろうけど。


「今日俺を好きになってくれた子が、死んだんだ」


***


「恭也」

「どうした」


「俺は、人を斬った」


「……」

「斬り殺そうと思って、斬った。躊躇いは分かった。
 人殺しが罪とか、家族が心配するとか、未練や躊躇さえも斬り捨てて、俺は敵を斬ったんだ」

 高町恭也は黙って、話を聞いている。糾弾の声はない。
 断罪もせず、贖罪を求めず、事実を受け入れる。

 きっと、分かっているのだろう。


***


 冷え切った刃の切っ先を、女に向けた。

「初めてだよ」
「あん……?」

 自分で口にした後で、自分の言葉の意味を理解する。
 初めてだったのか――純粋に、驚いた。
 何度もあると思っていた。当たり前だと、考えていた。
 剣を手にした以上、当然だと思い込んでいたのだ。
 なるほど、つくづく俺という剣士は救えない。
 こんな事を、今頃になって思うのか。
 敵に殺された後でようやく、気が付いたのか。


 ああ、そうか――こういう、感覚なのか。


***








「初めて――他人を、斬り殺したいと思った」







大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
夏イベント「AL作戦/MI作戦」、E1がなかなか手ごわい。ひとまずボスドロップで長浜ちゃんを(σ・∀・)σゲッツ!!

→私のHP


夏コミ新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじB』、出展予定
posted by リョウ at 22:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする