2020年05月05日

拍手

大奥イベントかと思いきや、ぐだぐだファイナルが復刻。魔王が強化されたのは嬉しい(´・ω・`)+>挨拶





いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※100日後に死ぬワニ商業化大失敗でうちの町の本屋にもたくさん積まれてます


話題性は有りましたが、その後すぐに商業展開されてしまったので、
感動が薄れた印象があるのが残念でしたね……
私も実際、本まで買おうとまでは思わなかったかな(´・ω・`)



※良介の最後の告白がいいw

※イクスを良介の嫁にするとか、ディアーチェもぶっ飛んどるなw

※ふーむ、人体改造って悍しいけど、手術的なものまでされているのか……ヤバイな。


小説の感想、ありがとうございます
レヴィは一応あれで決着はついたので、今度は艦首側のディアーチェ
イクスヴェリアさんとの決戦に向けて、彼女が初登場して心情を語りました
元々自分の復活で迷惑を掛けると思っていた矢先に、ゆりかごの鍵として利用しようとするイリスに同情して、
自分の運命を受け入れてしまいました
そんな彼女に王の資質を見たディアーチェが彼女を生かすべく、全力で戦います

ちなみに良介の正妻の件は、ディアーチェにとって日頃からの悩みの種です
聖王として祭り上げられている良介は独身なので、縁談が各方面から鬼のように来ています
(カリーナは良介の嫁候補にヴィクターを挙げていますが、まだ確定ではない為)



※リョウスケ『お前は必ず倒して、俺のものにしてやるからな』
忍『………なんで、なんでわたしに言ってくれないのよ…。うえーーん??コロナのバカー??』
那美『コロナ関係ないですよ??忍さん』


アリサ「むしろコロナウイルスで頭が変になったのでは?」

忍「確かに、侍君らしからぬ発言だったよね」

那美「ピンク色の空間ですからね、仕方ないですよ」

良介「何気に那美が一番辛辣なこといっている!?」



※今回もナハトがチビノッブを拾ってきたようですw



チビノッブ「ノブノブ、ノブ」

ナハト「おー」

チビノッブ「ノブ、ノブ!」

ナハト「おおー!」


アイシス「……何言っているか、分からない」

トーマ「意思疎通できていそうなのが、素直にすごくてコワイ」



※リョウさんがアナスタシアを取ろうか悩んでいるとのことなので、個人的な評価をば。
リョウさんの参考になれれば幸いです。

アナスタシアですが、宝具回転型のサヴァになると思います。
攻撃力アップ、アーツアップ、無敵貫通、NPチャージ50%などのスキルを持ち、アーツカードが確か3枚あったと思うので、NPもためやすいと思います。
変な癖がないので、使いやすいサーヴァントだと思います。

ただし、宝具の威力は低いです。
もともとATKは高くないうえに、キャスタークラスのマイナス補正がかかってしますので。
宝具レベル1だとよりそう感じると思います。

というのが個人的な評価になります。
ただ先にも書いたように癖がないため使いやすく、安定して組めるサーヴァントだと思います。

※アナスタシアさんを召喚しましたかー。おめでとうございます。
彼女ですが、個人的には玉藻、孔明と組むと凶悪です。

まずアナスタシアは宝具威力を高めるために天杯や黒杯を装備します。
そしてこの組み合わせですと、15枚のうち9枚がアーツなんでNPがたまりやすいです。

しかもアナスタシアと孔明はNPチャージを持っているので猶更です。
そして足りない火力を玉藻の宝具威力アップやアーツ性能アップで補います。
さらに玉藻のスキルと孔明の宝具で敵の宝具を妨害。
また玉藻の宝具はHP回復とNPチャージがあり、そのうえでスキルチャージを速めてくれます。

そうするとアナスタシアと孔明のNPチャージが早く使えるようになり、結果として回転率が高くなります。
もちろんカードの引きや相手の妨害などで、必ずしも上手くいくわけではありません。

ただ個人的には、かなり使いやすい組み合わせだと思います。


※リョウさん、アナスタシアの組み方とか参考になったでしょうか?



カルナさんか、アナスタシアか、最後の最後まで悩みましたが、
以前爆死してしまった過去があるアナスタシアに決定しました。
色んなプレゼンを下さって、ありがとうございましたm(_ _)m

育成は終わったので、今は復刻イベントの攻略と周回に連れて行って、
絆ポイントを稼いでおりますぜ(´・ω・`)b



※そろそろ白旗も組織構成をしっかりしたらどうでしょう?百獣海賊団みたいに!



ヴィヴィオ「オルティアさんに頼んでみてはどうでしょうか」

良介「あいつはあくまで特務機動課の副隊長だからな」

オルティア「必要かと思いまして、既に幾つかの部隊構成案をご用意しておりますが」

アインハルト「……わ、わたしとヴィヴィオさんまで入っている!?」



※魔神さんの強化がきた!! これで競合として負けていたプロテアと並べたかな? 


魔神さんは200連くらいしてようやく来てくれたサーヴァントなので、
今回強化されて強くなってくれたのは大変嬉しいです(´;ω;`)ウッ…
ただ少し不満なのは、強化率が20%なんですよね……

プロテアも強くて魅力あるキャラなので、どちらを使うべきか悩みますな(´・ω・`)



※宮本家はこどもの日はどうしましたか?


良介「鯉のぼりでもやってみるか」

シュテル「では、何事にも頼りになるこの私が設置いたしましょう」

ディアーチェ「露骨なアピールはやめろとあれほど――むっ、どうした我が父よ」

良介「……飛空魔法で設置するの、風情がない」

ユーリ「便利なのに!?」



※TYPEMOONシリーズの抑止力と聞くと、わかりやすいですね

ファンの間ではいい加減な設定とか言われていますが、
いざ世界がやばいとなると働いてくれる力ではありますしね(´・ω・`)<


リョウさん、ご感想ありがとうございます、


以前の拍手でもリョウさんにご理解して頂きく、


このオーブの光と言う謎の高次元発光体の輪っかは、


TYPEMOON世界の抑止力=アラヤとガイアの様な物だと例えました。



リョウさん、補足も兼ねて改めて解説しますが、



この惑星O‐50と言う惑星、星もといオーブの光と言う謎の存在は、


力を求めて頂の頂上まで来た者にウルトラマンの力を与える=頂上まで来た者を元来の種族から、


M78星雲・光の国やU40のウルトラ族と似通った存在へと転生させ、


かつ多次元宇宙の何処かの宇宙、何処かの世界の平和を脅かす厄災を感知して、


その世界へとウルトラマンになった者を派遣して対処すると言う事から、


邪な、邪悪な存在ではないのですが、


ここまで拍手で解説して来た様に、


その在り方は、M78世界や、ザ☆ウルトラマン世界のU40の宇宙警備隊とは大分異なる、


物でズバリ大雑把に言えば『非情な善人』、


大義と平和、秩序を守る為ならば如何なる非情で冷徹な手段を取る、


機械的に見える合理的な物に近いんですよ。



この部分、側面がリョウさんにこのO‐50シリーズに置いて、


惑星O‐50の要素なんです!
01:29 補足その1「光の戦士を生み出すだけでなく怪獣に係るアイテムを生み出す櫻井ボイスの謎の輪っか」


まずその1つの要素、側面がタイトル名にも在る通り、


『闇に関連するアイテムを影から生み出す事も在る』と言う面でして、


この謎の輪っかの光は自身に触れた者をその者の資質次第でウルトラマンの力を与えますが、


もう一方では光の反射、屈折で見える部分の『影』から、


『ダークリング』と言う怪獣、星人の怨念から『怪獣カード』と言うカードを生み出し、


かつそのカードから怪獣、宇宙人を召喚して操る事と言った、


闇のアイテムを生み出したりしているんです!



これがオーブの光がCVを演じる声優の櫻井さんの声も合わさって、


視聴者、ファンに疑念と不信感を抱かせている部分の1つです。
02:08 補足その2「自己犠牲精神と心の闇に屈しない者ならば例え前科持ちのゴロツキでも採用し、

かつ任務を遂行してくれるならばその者がどの様な力の使い方をしても基本放置する輪っか」



そして最後にですが、リョウさん、このO‐50と言う惑星、星の出身のウルトラマンは、


もといオーブの光が見出した、ウルトラマンとして採用した者達には、


@先代ルーブ3兄妹=金品を窃盗する犯罪者。


Aフーマ=O‐50でスリ、詐欺師をしていた。


と救助隊員、レスキュー隊だったオーブの変身者のクレナイ・ガイ以外は、


基本的にO‐50出身のウルトラマンは、


オーブの光に見出されてウルトラマンになった者の大半は、


過去に悪行に手を染めていた前科がある、


犯罪者だった者が多いのも特徴の1つなんです。


なんでそんな奴を英雄(ヒーロー)に選ぶの?!とリョウさんは思うかもしれませんが、


オーブの光がウルトラマンの力を与える基準、



ウルトラマン採用のテスト、審査の基準の方針としては、


B『自分を犠牲にしてでも他人を救おうとする心を秘めているか?』


C『闇堕ちしない、心の闇に屈しない、暗黒面に囚われない心の強さを持っているか?』


と言う上記の事を合格、採用の基本方針としているので、


オーブの光が求む、望む人選は上記のB、Cのどれかを満たしているなら、


例え過去に何らかの悪行を、犯罪に手を染めていたと言う前科があっても気にしない。


と言う方針と採用基準をしているんです。


そしてオーブの光は上記の基準にプラスして、


D自身の下す指令、命令=ミッションを、任務を遂行してくれるなら、

授けた、与えた力を=ウルトラマンとしての力の用途はその者に完全に任せる。


と保々他人任せ、完全に放置、たとえその者が悪行の為にウルトラマンの力を使っても、


黙認、スルー、それはその者の自己責任と言う方針なんです。


多次元宇宙の平和と秩序の為なら多少の、些細な事は目をつぶる、干渉せず、気にも留めないと言う事なんですよ



特撮ヒーローはいろんな動機こそあれど、
見返りを求めたりしない姿勢は立派ですよね

むしろ昭和のウルトラマンはシンプルな動機だったかもしれませんなφ(..)メモメモ



沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)


リョウの欲しい物リスト



プレイ中。ID「658744」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 19:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: