2020年04月21日

拍手

色々アドバイス下さった方々、ありがとうございました(´;ω;`)ウッ…>挨拶





いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※藤原啓治さん死去
謹んでご冥福をお祈りいたします。
でもあの兄貴分、父親、胡散臭いおっさんなど主役級から脇役まで多岐にわたったあの声がもう聞けないなんて。
早すぎます。あまりに早すぎますよ。
う〜〜ううう あんまりだ…H E E E E Y Y Y Y あ ァ ァ ァ ん ま り だ ァ ァ ア ァ
AHYYY AHYYY AHY WHOOOOOOOHHHHHHHH!!おおおおおおれェェェェェのォォォォォ
あこがれェェェエェがァァァァァ〜〜〜!!

※藤原さん死去……子供の頃クレヨンしんちゃんのヒロシ役で、
一話限りのゲスト回で本人そのままのキャラで初めて声優さんの名前を知り……
その後もレオリオ、ホランド、ヒューズ中佐、アーバイン、サーシェス、ハク……
様々なキャラを演じつつも聞くだけで分かる数少ない方でした。
それだけに喪失感が凄いです、まだ50代なのに……今までお疲れ様でした。
ご冥福をお祈りします。


また一人偉大なる人がこの世を去ってしまった(´;ω;`)ウッ…

私もアニメをよく見ますが、最近で一番印象が強いキャラはやはりハクですね
見事な大団円を迎えたうたわれるものシリーズの主人公を飾っただけに、
あの声がもう聞けなくなるのだと思うと悲しい限りです。

改めて、ご冥福をお祈りします。



※これは、あれだ。
運動会とか演劇会で我が子の活躍をハラハラドキドキしながら見てる親(父母)の図だな。これは

※ついにこの章も百話。まだまだ終わりそうにないのでシリーズ最長になりそうですね。
このままどこまで伸びるか。
コロナに負けず頑張ってください。

※レヴィ可愛いw

※レヴィw いいぞもっとやってくれw

※レヴィさんは天然っすねーw


小説の感想、ありがとうございます
テレワークによる在宅勤務となり、社会も会社も予断を許さない状況となっていますが、
この小説連載だけは頑張って続けていきたいと思いますφ(..)メモメモ

記念するべき百話を飾ったのは、レヴィさん

話は全然進んでいないのですが、個人的には楽しくかけた回でした
原作ではヴィータがボロボロになりつつも見事に役目を果たした熱いシーンなのですが、
レヴィがどんな状況でもマイペースに戦っております。悲壮感はゼロです)ぇー



※妹さんがベリルの行動に怒り心頭で、制裁に向かうようです。


すずか「……っ、……っ」

アリサ「こらこら、次のロストベルトはまだでしょう」

忍「今後アップデートされる予定です、とポップアップされているのに連打するのはやめて」



※ナハトがゼウスの残骸を拾ってきたようですw



ナハト「これー!」


トーマ「うわっ、何その半分砕けた顔!?」

アイシス「庭に置こうとするのはやめなさい、怖いから」



※良介がアデーレとマカリオスを偶然保護したようです。


アリサ「何しているの、あの人達」

良介「日本の四季に関する本を見せたら、何故か感動された」

忍「……長寿という点においては、私も思うところがあるよ
侍くんと一緒だとビックリするくらい、明日が予測不能になるけど」

良介「どういう意味だ!?」



※白旗の人材部門がキリシュタリアをスカウトしてきたようです。



キリシュタリア「これほど人材豊富な組織であれば、私は不要ではないかな」


ヴィヴィオ「……優秀な人達ばかりですが、問題ある人も多いので」

アインハルト「人の上に立つものの資質と覚悟を学ぶ良い機会ですね」

アリサ「覇王の心構えを伺おうとしているわね、この子……」



※実はエロいエウロペさんの服を、同じ金髪美女のフィアッセに着せてみましたw


フィアッセ「際どさはあるけれど、大舞台の衣装としてはこういった種類もあるよ」

良介「なるほど、奇抜さというか見栄え重視の場合もあるしな」

フィアッセ「何よりリョウスケが推薦した今までの服より、肌の露出は控え目だね」

アリサ「童貞を殺すセーターとかあったもんね……」


※プレセアがカイニスと手合わせをするようです。


プレセア「歯応えの有りそうな相手ではないか。何故中止させようとする」


良介「絶対魔獣戦線にするのはやめろ」

アリサ「あんたも結構大暴れしたけどね」


※最近かまってくれないと、音遠さんが拗ねているようですwww


ガリ「相手にされすぎないというのも確かに問題ね」

デブ「構ってちゃんではないのですから、別に気にしておりません――と言いたいですが、
眼中にないような態度を取られるのも気に触ります」

ガリ「気を引くためのお見合いはやめるべきだと思うけれど」

デブ「玉の輿を狙っているのは事実です!」


※良介がカオスをぶった切るようです!!


アリサ「データロストしておいて」

ローゼ「承知いたしました」

良介「こらこら、死んだことにするな!?」


※カリーナさんの車をデロリアンにしてみましたw


カリーナ「なんですの、その怪しげな名前の車は」

セレナ「旦那さま、今の世の中は令和ですわ」

良介「昭和を否定されてる!?」




※リョウさん、前回から引き続いて多次元宇宙の神秘の聖域の秘境たる惑星、星の、


惑星O‐50関連の続きです!



前回の4月13日の拍手で解説とご紹介したように、



このウルトラマンを生み出す、他の星系の種族をM78星雲・光の国のウルトラ族や、


U40のウルトラ人、ウルトラヒューマノイドと似た存在=ウルトラマンへと転生させる、


ウルトラマンの力を与えるオーブの光と呼ばれる謎の青白い光臨上の輪っか、


謎の高次元発光体は言葉を発する事が出来る、喋れますが、


この謎の高次元発光体、謎の存在の声、


CVと言うのが前回にも解説とご紹介をしました様に、


リョウさんの今の認識では、


グランドろくでなしことFateシリーズのマーリン、


及びプーリンことプロトセイバー、


古いところではコードギアスの裏切りの騎士、


枢木スザクと言ったキャラのCVで有名な、


声優の櫻井孝宏さんです!


リョウさん、惑星O‐50関連で視聴者、ファンの惑星O‐50、


もといオーブの光へのヘイトと疑心暗鬼を抱かせているのが、


このオーブの光、輪っかの声が櫻井さん、


ここ近年ですと鉄血のオルフェンズのマクギリス・ファリドの様な、


胡散臭さを感じる、怪しさを感じさせる声と言う事もあって如何わしい印象を抱かせているんですよ。


と言うのもですね、このオーブの光と言う謎の高次元発光体、高次元存在は、


ウルトラマンを生み出す、ウルトラマンとしての力を与えると言う上位存在でありながら、


これは次回に詳しく解説しますが、


M78星雲世界の宇宙警備隊やザ☆ウルトラマン世界の宇宙警備隊の様な、


完全なる善の存在とは言い切る事が出来ない、


冷徹な、大雑把に言えば『機械的な面を思わせる非情な善人』とでも言える側面があるんです、


その1つが前々回の4月6日の拍手で解説しました、


まだなり立てのまだド素人同然の新人に高難易度ミッションを行わせる所ですね。
03:14 と今回はここまでにしますが、


リョウさん、このオーブの光と言う謎の高次元発光体は、


演じる声優の櫻井孝宏さんのマクギリス、マーリンの様な、


胡散臭さを、匂わせる、抱かせる声もあって、


この謎の高次元発光体が存在する、


惑星O‐50はいわくつきのウルトラの星と言う印象を抱かせているんです。


最後にそんな怪しさと胡散臭さな印象を抱かせる、


オーブの光のCVを務める声優の櫻井孝宏さんは、


前回にも書きましたが2016年に放送された「ウルトラマンオーブ」での、


オーブの変身アイテムである「オーブリング」やオーブの専用武器である「オーブカリバー」と言った、


アイテム等の音声を担当していました、


また他にも櫻井さんはウルフェスなどのショーで、


シリーズの全ての始まり、原典にして頂点たる始まりの巨人である、


初代ウルトラマンの声を、CVを、


かつて初代マンと共に地球を守る為に戦った、


科学特捜隊の隊員であるハヤタ・シン隊員の声を真似ていない、模倣していない、


初代マン自身の地声として演じておりまして、


なので設定的にはこの謎の発光体は、


ウルトラ兄弟や他のウルトラ戦士達の視点からだと、


@ウルトラマンの、マン兄さんの、ウルトラマンさんの声を発する謎の存在。


と言う事になり、


Fateシリーズからだと、


Aサーヴァントユニバースのマーリン、スペースマーリン、


と言う的な存在になるんですよ




確かに最近FGOでもユニバース系のぶっ飛んだ連中が出てきているので、
もはや特撮だけの世界ではとどまらないですよね

宇宙の広さを作品で見せつけてきますね(´・ω・`)



沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)


リョウの欲しい物リスト



プレイ中。ID「658744」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 01:15| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: