2020年04月13日

拍手

エイプリル・フールネタ、普通に面白かったので問題ないですよ(私信)>挨拶





いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※仕方ないと分かりつつも、
次回のジャンプの発売が延期になって妹さんが寂しいようです。


すずか「お姉ちゃん」

忍「駄目」

良介「どうしたんだ、一体」

忍「うちの財産を寄付するべきとか言っているから」

良介「気持ちは分かるけど!?」



※リインフォース、複雑な感じになっとるな。

※レヴィの出番も近いっすね。楽しみです。

※リインの状態がややこしいね。大丈夫だろうか?


小説の感想、ありがとうございます
良介が記憶を取り戻して果敢に責め立てていますが、リインフォース本人は馬耳東風
彼女はそもそも良介が危険な目に合うのは反対の立場で、洗脳されたことで逆に思い切れた形になっています

正気だったらもう少し良介の立場とか考えたのですが、今の彼女では聞き入れません。



※オリュンポス、ロボットといってもガンダムよりはマクロス系っぽいですね。

※ネタバレになるから詳しくは書きませんが、武蔵ちゃんがかっこ良すぎる……!!


デメテル、つええええええええええええええええ!
あそこが壁になって全然先に進めないですよ、皆さん!

令呪や石を使えばいけるのですが、どっちも使いたくないんだ( ゚д゚ )クワッ!!
高難易度ならともかく、ラスボスでもない相手に使ってたまるか( ゚д゚ )クワッ!!



※ナハトがエウロペさんを連れて帰ってきました。



ナハト「むふー」


エウロペ「ママだと思われているのかしら、それともお姉さん……?」

トーマ「うーん、悩みどころですね」

アイシス「あんまりママを求めない子なんだけど、ありえなくはないのかな」



※リョウさん、オリュンポス突入してたんですね
デメデル戦に関してはもし手元にナイチンゲールサンタがいればおすすめです
スキル2の鋼の看護が強化解除耐性付与できます
もしくはライダー金時がいればそちらをば
Qアップnpアップとあるので速攻ができるかと
個人的おすすめ編成はライダー金時ナイチンゲールサンタスカディですね


https://twitter.com/ryou056056/status/1249625253153665024
(デメテル戦、結果)

オリュンポス、デメテル戦攻略完了
何度も負けましたが、令呪なしで何とか勝てました!

ありがとうございます、ありがとうございます(´;ω;`)ウッ…


※実はエロいエウロペさんの最終再臨の衣装を娼婦さんに着せてみましたwww



娼婦「あ、あのご主人さま……異世界の神様は本当にこの衣装を身に着けていらっしゃるのですか」

良介「女神なんて皆、裸みたいなもんだろう」

ヴィヴィオ「偏見、偏見ですよパパ!」

アインハルト(……勇ましいかもしれませんね)



※聖騎士さんが来たる機神との対決に向けて、山を斬る訓練をしています。


聖騎士「ふーむ、両断するにまでは至りませんか。私もまだまだですね」


良介「……谷底みたいな剣閃が刻まれてるんだけど」

アリサ「本気なのかどうか聞くのが怖いわね」


※月明かりに照らされながら、風に散る夜桜。
それを肴に、良介が静かな夜を楽しんでいるようです。


良介「うーむ、これこそ日本の和だな」


アリサ「そうね、異世界でなければ――だけど」

忍「桜の木をガンガン植えたからね、侍君の権限で」

那美「いいのか、悪いのか……」


※良介が一から隠れ家を作っている動画を忍ちゃんがアップしたところ、
凄すぎるとまたしてもバズったようです。


忍「ぐぬぬ、どうして侍君の動画ばかりバズるんだろう」

良介「何度か山の中に隠れ家を作ったからな」

ガリ「設計は私が担当したわ」

アリサ「実に凝った山小屋になりそうで草」


※プレセアが最近暇なので、鬼ヶ島に打ち入ろうと良介を誘いに来ました。


良介「なにか計画でもあるのか」

プレセア「バカが一人いるから、そいつに囮になってもらおう」

良介「俺を見ながら立案するな!?」



※カリーナ邸のプールですが、割れてそこから戦闘機が発進できるようです。
いつもの如くカリーナさんは知らない。


カリーナ「このカリーナにばれないと本気で思っていたんですの? 
さあ、弁明を聞きましょうか」

良介「お嬢様の自家用ジェットです」

セレナ「爆撃も可能ですわ」

カリーナ「何処を襲わせる気ですの!?」



※ラスボスへの強制イベントがエグいですよね……
ド素人同然の新人にやらせるとは、なかなかきつい

今と違って、昔の作品は理不尽なのが多かっただけに、子供心が傷ついてしまいましたね<


リョウさんご感想ありがとうございます、前回から引き続いて惑星O‐50関連ですが、


ド素人同然の新人にやらせるとは、なかなかきつい<


リョウさんも思ったようにこの惑星、もとい正確にはこの惑星、星に存在する、


謎の輪っか、オーブの光は、これは平成最後のTVシリーズである、


「ウルトラマンR/B」の宣伝も込めた、ニュージェネ作品でも随一の人気作となった、


「ウルトラマンオーブ」の再構成番組である今から約2年前、平成30年=2018年に放送された、


「ウルトラマンオーブTHE_CHRONICLE(ザ・クロニクル)」の最終回で判明したんですが・・・・、


この他種族をウルトラマンへと転生させてウルトラマンを生み出し、


かつ本来ならば歴戦のベテランに宛がう筈のミッションをなり立ての新人に宛がうと言う、


鬼畜っぷりの謎の輪っかことオーブの光は、


何と明確な声で伝える、喋れる?!と言う事がわかったんですが、


その声、CVと言うのがここ近年のリョウさんの認識では、


Fateシリーズのグランドろくでなし、又は外道、クズとファンから言われる、


ここ最近でも絶対魔獣戦線バビロニアでも印象深かった、


花の魔術師、千里眼トリオの1人であるマーリンや、


蒼銀のフラグメンツの元祖の元祖騎士王、通称プーリンとも呼ばれる、


男セイバーことアーサーのCVを担当する、


声優の櫻井孝宏さんなんですよ!
03:15 補足@「鉄血のオルフェンズ、VRAINS、オーブ、FGOと櫻井さん祭りだった2015年から2019年」


とリョウさん、本当はもっと早く解説とお教えをしたかったんですが・・・・、


自分がリョウさんに惑星O-50関連で知ってほしかったのが、


この惑星O-50と言う


ウルトラシリーズの新たな惑星、星に佇む謎の高次元光臨発光体のCVを務めるのが、


リョウさんも古いところではコードギアスの枢木スザク等のCVで有名な、


櫻井孝宏さんなんです!


櫻井さんは2016年当時、マーリンが実装された2016年時には、


マーリンだけでなく新世代(ニュージェネレーション)シリーズの第4作目にして、


2006年の「ウルトラマンメビウス」以来約10年ぶりの単独TV作品であり、


かつシリーズ生誕50周年記念作品でもあった、


2016年の7月9日から12月24日までの約半年間放送された、


「ウルトラマンオーブ」のオーブに変身するクレナイ・ガイが、


オーブに変身する為のアイテムにして、歴代のウルトラマンの変身アイテムでも最も大きいと言われる、


「オーブリング」、


及びオーブのメイン武器たる「オーブカリバー」と言う聖剣の音声も担当していたんです!



なので偶然か必然化?、それとも円谷が狙ってキャスティングしたのか?



櫻井さんは、


マーリン=地球で英雄作成(アーサー王)及び、


聖剣(カリバーン、エクスカリバー)に関わっただけでなく、



惑星O‐50のオーブの光=外宇宙、多次元宇宙に置いても英雄作成、


キングメーカーならぬヒーローメイカーとして、


ウルトラマンオーブ、


ウルトラマンロッソ、


ウルトラマンブル、


ウルトラウーマングリージョ、


ウルトラマンフーマと言う5人もの多次元宇宙の英雄(ウルトラヒーロー)を生み出しただけでなく、



オーブカリバー=異星の聖剣にも深く関わっていたんですよ!
03:20 なのでこのオーブや同じ惑星O‐50の要素もあった2018年のルーブや、


オーブの2016年の翌年に実装された2017年のプロトアーサーもあって、


2016年から2018年の年は、


オーブとアルトリアを


@聖剣使い、


A及び櫻井さん関わり(マーリン/プーサー、オーブの光)、


と言う共通点を絡めたイラストやネタ作品が多く作られた、執筆されたんです



ご紹介、ありがとうございますφ(..)メモメモ
ただ今コロナでアニメやゲームなどが続々と延期していますよね……

ウルトラマンも含めて、特撮も多分例外ではないと思うのですが、
今後の予定とか大丈夫でしょうか。不安ですね(´・ω・`)



沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)


リョウの欲しい物リスト



プレイ中。ID「658744」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+

posted by リョウ at 23:34| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: