2018年04月09日

拍手

アナスタシア皇女のマイルーム性能が高いと聞いて、リベンジするべきか悩んでいます>挨拶



いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※ディードは天衣がいいかな。
やはり年齢的に一番近いですから。

※ディードはあいちゃんに一票。
ttp://tama-yura.jp/animetory/img/entries/1fed4e7ac1db4555bd0cf6bdd0723b83d6f5ff2b/5a1eb99155e04/pc/2.jpg


ご意見、ありがとうございます。
色々と悩みましたが、画像まで紹介してもらったので、
切れ味の鋭いあいちゃんをディードのイメージにさせていただきますね。

早速、今週にでも差し替えておきます。ありがとうございましたm(_ _)m


※たまにはすっきりと良介に勝ってほしいな。

※広範囲魔法を蹴りで斬るとか凄いな。
ただなぜディアーチェは負けたと思ったのだろうか? 

※しかし良介は頑張ってるな。あと一歩完勝には届いてないけど。


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
良介とディアーチェの決闘、両者共に本気で激突しております。
さすがにディアーチェ相手では良介が勝つのも難しいですが、
良介なりに心境の変化とこれまでの成長も合わせて、このような結果となりました。

ディアーチェが敗北を認めたのはユーリとほぼ同じですね。
斬られてしまったのであれば、自分の負けだと実感して認めた感じです。
本人達がその気であればいくらでも戦えますが、そんな勝利は必要ないという考え方です。


※モバマス総選挙、ついに第七回が開催決定!
……正直ここまで配信続くとは思いませんでした。
ただ今回はデレステとの連動選挙であり向こうにも恩恵が配当されるというのが最大のミソ。
前回上位だったちゃんみおやウサミンあたりが七回覇者かと踏んでましたが
これで歴代CGのしぶりんや蘭子等の返り咲き、
もしくは楓さんの二連覇という可能性も浮上してきちゃったんですなぁ……
もう今回ばかりはだれが栄冠を手にするか読めません、オラハラハラしてきたぞ汗)


モバマスも近頃全然手を付けられていませんが、
このコンテンツがここまで継続したというのは素直に敬意を払えますね。
今でもアイドルたちの顔と名前が覚えておりますが、新人さんは流石に分からないですなw

ただそんな並みいるアイドル達の中で、今でも楓さんたちが覇権を握っているというのは凄いですな。



※聖騎士さんが氷や冷気を扱えるようになったようです。
(アナスタシヤ(ア)繋がり)



アナスタシヤ「氷や冷気を扱うのであれば、その……水着で戦うべきだとお聞きしたのですが」

トーマ「騙されていますよ、それ!?」

アイシス「お色気路線で騙しているとなると、忍さんかな」


忍「犯人がアッサリバレてる!?」

良介「お前が言いそうなことだと、バレているな」



※ゴルドルフ新所長、
触媒無しでサーヴァント呼んだらイアソン来そうな人だな…もしくは依代合体しそう。


意外と気が合いそうで草。
でもゴルドルフ新所長によく合うサーヴァントは結構いそうなんですよね。
あの人、態度は大きいですが、意外と気の回る人ですし、
サーヴァントの在り方も尊重してくれる面とかもあるので、彼とサーヴァントとの関係も見てみたい気がします。



※ロシアンマフィアの姉妹が第一異聞帯に殴り込みするらしいですw



ディアーナ「皇帝は勿論言うまでもありませんね」

クリスチーナ「クリスは殺戮猟兵をやるね」

ヴィヴィオ「殺す気満々じゃないですかー!?」

アインハルト「皇女役を蹴るとは恐るべき殺人姫ですね……」




※リョウさん!前回から引き続いて、ウルトラマンティガの総括の解説です!
今回もキャスティング、主役やヒロインメインキャラを演じた、俳優及び女優の方々の紹介、解説をしたいと思います!
総D「歴代初の女性隊長の登場」前回では解説出来なかったキャスティング関係の後編を解説します、
内用は上のDのタイトルにも在るとおり、ウルトラマンティガが1996年〜1997年当時大きな話題を呼んだ、要因の3つ目が、
<当時、そして現在でも類を見ないシリーズ史上初>の、女性隊長である、特捜チームG.U.T.S(ガッツ)率いる、
イルマ・メグミ隊長の登場です!演じたのは高樹澪(たかき みお)史でした。
総E「当時では例がなかった女性隊長、イルマ隊長が登場した時代背景」さてリョウさん!この歴代シリーズ史上初の、
女性隊長のイルマ隊長の登場は1996年当時は、ティガに変身するダイゴ隊員をV6の長野さん、でヒロインのレナ隊員を、
黒部さんの実娘の吉本多香美さんが演じると言うだけでも、大変大きな話題とニュースになったんですが、
当時更に大きな話題になったのが、防衛チームの統率する責任者=隊長を男性ではなく、女性キャラが、
就くと言う前代未聞な事がなされたのが驚きを与えたんです。この様な驚きのキャスティングになったのはですね、
リョウさん、1990年代と言えば何が世相、社会情勢だったでしょうか?、今現在の21世紀の2010年代は当たり前になりましたが、
この当時は女性が社会進出し始めた頃です、この世相を反映して、ポイント@:男性に交じって対等に職務をこなす女性を特別な存在ではなく、
一般的な事例として描いた。のがウルトラマンティガと言う平成第1作品目の特徴の1つなんです。
つまり時代の先取り、後の時代を予知した作品だったと言う事です。
以上が前回解説しきれなかったキャスティング後編ですが、リョウさん如何でしょうか?
ウルトラマンティガが1996年当時大きな話題、ニュースになったのは、@1980年から1981年に放送が終了した、
昭和ウルトラシリーズ最後のTVシリーズである、ウルトラマン80の放送終了から約16年ぶりのTVシリーズだった事。
A新時代、新世代のウルトラマンを演じたのが、今現在でも大人気のV6の長野博さんであったこと。
Bヒロインを演じたのがウルトラマン=黒部さんの実娘の、吉本多香美さんが演じたこと。
CそしてA、Bの驚きのキャスティングだけでなく、当時及び現在のシリーズでも類を見ない歴代史上初の女性隊長の、
高樹澪さんが演じたイルマ・メグミ隊長が登場した事。Dイルマ隊長が登場する事になったのは今現在では珍しくないが、
1990年代は女性の社会進出が出始めた頃と当時の世相、社会情勢が背景にあったから。と言う事からなんです。


アニメやゲーム、特撮などの作品において、
現代の社会情勢とマッチさせているシナリオなどもありますよね。

ああいう場合当時見ていた時はシンクロしやすいのですが、
時を過ぎてしまうと風化したり、あるいは懐かしさのあまり泣いてしまうケースもあります(´;ω;`)ウッ…



沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+

【関連する記事】
posted by リョウ at 21:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: