2018年02月05日

拍手

来週以降の激戦が楽しみすぎる、ルッチ戦以上の激戦を見せてほしい( ・`ω・´)>挨拶



いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※リョウさんモンハン初心者ということでモンハンワールドでまだライトボウガン縛りをやっていますが・・・アドバイスします!
ライトボウガンは鈍器!起爆竜弾を敵の近く仕掛けたら・・・狂ったように殴れ!以上です(やり切った顔)

マジレスすると避けて弱点部位を攻撃し続ける。(プロハン用)
とりあえず惜しまず、罠とか大タル爆弾を使って大型モンスターを狩り素材で武器や防具をパワーアップして戦う(脳筋)
とりあえず、マップのギミックを覚えておくと今作はぐっと狩りやすくなるのでモンスターの動きを覚えるのと並行して頑張りましょう。
あとは最後の手段マルチに誘ってみるとか?(私はぼっちです・・・)

良介にはライトボウガンで斬裂弾で頑張って欲しい!(フラグを)
回避して起爆竜弾(地雷)で挑発して敵をおちょくって倒す!
そして斬裂弾はマルチでは嫌われるという・・・あとはわかるな?こうすればゲームの中なら孤独になれるぞ!


モンスターハンターワールド、発売されましたね!
私は今までプレイした経験が殆ど無いので、初心者同然という感じです。
ですので、アドバイスは非常にありがたいです。モンハンはなかなか奥が深い(゚A゚;)ゴクリ

ひとまず大剣でプレイしてみたのですが、重さゆえの突撃が多くなってしまい、重量級モンスターに逆にふっとばされてしまう始末。
飛び道具とかも非常に憧れるので、今からでもライトボウガンに変えてしまおうかしら(´・ω・`)
勇者ばりに正面から仕掛けるのではなく、ハンターらしくハンティングしないといけませんな。



※軽妙な会話がいいね。

※この二人、似た者同士である。

※セイン捕まったってまずくね?


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
ヴィヴィオと良介の情報交換、闇の書に関する情報を仕入れました。
ヴィヴィオがほとんど調べてくれたので、良介は考察に回っております。
三歳児と言っていますが一応見た目の問題なので、本来の年齢は不詳です。
内面という点で言えば、良介に一番似ているかもしれません。

そして、セインさんの逮捕。
捕まってしまいましたが、本人は多分やりきった感のある憎たらしい笑顔を浮かべているでしょう。



※ふと思ったのだけれど、リョウスケ的にモンハンワールド的な世界で生きるのってどうなの?
危険なモンスターもたくさんいるけれど、自然と共存して生きていけて、
なおかつ怪力の種やハチミツ、薬草、げどく草と言った食べ物にも薬にもなるものが自生してて狩場を歩いて回れれば食うに困らない。
虫や魚は調合素材でアイテムになるし、鉱石だって採掘できれば武器防具に加工できるし、
なんなら売ってもそこそこ金にはなるし。

オトモアイルーの代わりにミヤを引き連れて
各地に現地妻作って流れの貧乏ハンターやってるイメージとかあるんですが、個人的には良いと思います。


ちょっとマジレスすると、冒険者的な物語を一度章単位で書いてみたいんですよね。
聖地編でもやりたかったのですが、流石にそこまでの話を入れてしまうと、大長編になってしまうのでw
ああいうのってシンプルかつ軽快なバトルを演出できるので、好きなんですよ。
今の良介には仲間も居ますし、いろんな戦いが楽しめますからね。

開拓編という感じで、いずれやってみようと思っております。


※ナハトが宝石剣チョコリッチを拾ってきましたw



ナハト「ペロペロ」


アイシス「あの子はチョコを舐める派ね」

良介「ふっ、愚かな娘よ。チョコは齧ってこそ、粋がいいというのに」

トーマ「親子揃って拘っている!?」


※地獄のように熱く!悪魔のように黒く!そして天使のように純粋で愛のように甘い!
女帝様のバレンタインデーが来たぞおおおおおお!コレは第二部にカルデアスを回収・格納した
セミ様の空中庭園が新たなカルデア本部となる先ぶれでは!?海底から衛星軌道に本部移転したGGGの様に!

※次のハロウィンはきっとチェイテピラミッド姫路城ガーデンオブバビロンですね。
空中要塞とそのヘリポートみたいな感じになりそうだ…



セミ様ピックアップ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
まさかこのタイミングで来るとは思っていなかったので、衝撃的でした。
巴さんピックアップに失敗したばかりなので、呼符を消耗していたのが痛かったですね(;´・ω・`)

結果として120連と単発三回(爆死続きで単発乱数調整教に切り替えた)で、見事セミラミス様が降臨してくれました。

肝心のバレンタインイベントは収集型の開発イベントで、これがまたなかなか楽しい。
周回できる単位の戦闘なのでストレスもあまりなく、コツコツとやれております。
私はまだクリアーしていませんが、礼装もドロップしやすくてごきげんです(´・ω・`)+


※セミラミスが白旗に加わった様です。



セミラミス「まずは玉座を用意せよ、話はそれからだ」

良介「少々お待ちください、ただ今職人達が創り上げておりますので」

ヴィータ「ここまで仕上げたからには、金細工で飾り立てたいな。ちょっくら掘ってくる」

ザフィーラ「ならば、ダイヤモンド塗装に着手しておく。待っているぞ」


セミラミス「……喜ぶべきなのか、呆れるべきなのか……よく分からん所に召喚されたものだ」



※ついに忍が本気を出して良介を誘惑するそうですw 


忍「デフォルメになってみました」

良介「マスコットキャラに変身だと!?」

アリサ「い、意外とありそうで恐ろしい人だわ……」


※セインがクロノに尋問されているそうです。
クロノ「自分が何にやったか分かっとんのか?」
   「分かっとんのかぁ!!」

セイン「・・・」

クロノ「カツ丼くえよ・・・」
   「カツ丼くえよ!!」

セイン「・・・・・・グ〜」



良介「これがミッドチルダ式の尋問術よ」

ヴィヴィオ「なんだかナチュラルに病みそうなので、解放してあげてください!?」

アリサ「薬物不要のアニメとか言われているのが、草」


※リョウさん!前回に引き続いて、今回も「ウルトラマンティガ」のOP、主題歌の、主役のマドカ・ダイゴを演じた、長野博さんが所属する歌手グループ、
V6が歌った曲、TAKE MEEHIGHER、関連の解説をしたいと思います!
その1「作中で計3つものバージョンがかかった主題歌」さてリョウさん!この「ウルトラマンティガ」のOP、主題歌である、TAKE MEEHIGHERは、
前回の拍手で解説したとおり、@本作品放送時の1996年から1997年に置いて、V6の4番目のシングルとして発売され、当時のオリコンチャートで1位を獲得したこと。
AV6のメンバー全員による初のドラマタイアップ曲にして、今現在ではそう珍しくはないが、シリーズ的にも、TV作品的にも当時では無かった、
アニメ、特撮ドラマ、作品専門のアーティスト、歌手、所謂アニソン歌手ではなくV6の様なトップアイドルユニット、又は歌手が担当し尚且つアニメ作品なら兎も角、
ウルトラシリーズの様な特撮ドラマ、特撮作品の主題歌を、担当すると言うのは当時では前例が無かった事。Bそして歌詞に「ウルトラマン」から「ウルトラマン80」、
までの1966年から1980年までのシリーズ、作品では当たり前であった、<ウルトラ(マン)>、と言う単語、フレーズが無い、使われない、と言う初の主題歌、曲であったこと。
の計3つを前回の拍手にて紹介、解説しました!、しかしですねリョウさん!、このTAKE MEEHIGHERはこれだけではない、使われ方がされたんです!
その1「作中で計3つものバージョンがかかった主題歌」AこのTAKE MEEHIGHERは当時3つもの、バージョン違いの物がありまして、1つめが前回で解説した、
番組のOPとして流れた、V6の方々が歌うバージョン、詰まる所、通常バージョンとされる物、そして2つ目がカバーバージョン、ギターを中心に演奏され、
歌うのはオリジナル、通常バージョンを歌う、V6ではなく、おそらくリョウさんもご存知、名前をお聞きした事があると思われる、1前田達也氏、2石原慎一氏、3風雅なおと氏、
と言った特撮界並びにアニソン界でも、有名な方々が歌ったバージョンです!このカバーバージョンは、去年の拍手、2016年の10月、そして11月の拍手で解説した、
TV本編第50話「もっと高く!〜Take Me Higher!〜」、のヒロインのヤナセ・レナが後半で、ダイゴ隊員がティガであると言う事実の追求と、
レナの心情の打ち明けでのシーンで流れたんです!、この最終回の直前のエピソードで流れた為、に特撮オタやティガファンの間では有名なんです!
そして最後の3つ目なんですが、「ウルトラマンティガ」本作品、及び怒涛の連続回最終回である、最終三部作に置いての3話目、最終回第52話「輝けるものたちへ」、
が放送から21年経った今現在でも、伝説として話題にされる要因の1つが、この3つ目のバージョンに在るんですよ!
その2「最終回、最終決戦で流れた伝説となったバージョン」その3つ目のバージョンが流れたのが、最終回、最終話の52話の後半、
シリーズ史上初の宇宙怪獣でもない、宇宙人でもない、存在のシリーズ史上初の邪神、神と言う存在のラスボスの、邪神ガタノゾーアとの決着、最終決戦に置いて、
2016年の拍手で解説した、ティガの最強、最終形態である、世界中の子供たちの光を受けて復活して変身した、全身が黄金色に輝いて、
通常のティガ(53メートル)よりも、67メートルも大きい、グリッターティガの登場、降臨にて、この3つ目のバージョンが流れたんです!
この最終回、最終決戦と言う燃える展回で流れた、このバージョンは、TAKE MEEHIGHER Remix Version(テイク・ミー・ハイヤー リミックス バージョン)、
と言う曲、曲名でしてこのアレンジバージョンは、上記の最終回後半で流れた事もあって、通常バージョンの、次に有名、いえ非常に有名と言って良い曲なんですよ!
しかしこのバージョン、アレンジ版は今ではかなりレアな曲、レア曲となっていましてね・・・・・、理由はこのバージョンのTAKE MEEHIGHERが、
収録されているCDアルバムが、「NATURE RHYTHM」、と言うV6のアルバムにしか収録されていないからなんです。
しかもこのアルバムが発売されたのが、21年前の1997年なので、近くの店で見つける、及びレンタルするのは保々不可能、アマゾンや楽天やヤオフクと言ったネット通販等で見つけて、
購入するしか聴く事が、視聴する事が出来ない名曲なんです。以上が平成ウルトラシリーズ第1作目の、「ウルトラマンティガ」のOP、主題歌の、
TAKE MEEHIGHERに関する事でしたが、リョウさん如何でしたでしょうか?、このTAKE MEEHIGHERは、ttp://dic.nicovideo.jp/
上記のニコ百科でも詳しく所載が載っているのですが、まずこの曲を作曲、プロデュースしたのが、@彼のイタリアのユーロビート界の巨匠の、デイブ・ロジャース氏であること。
Aそして当時の、1996年から1997年の、オリコンチャート週刊最高位順位1位を獲得したこと。Bそして当時1980年の「ウルトラマン80」から、
約16年ぶりのTVシリーズであった「ウルトラマンティガ」との、相乗効果によってV6の曲、V6が歌った曲、V6の持ち曲の中でも特に抜きん出た知名度と、
圧倒的な根強い人気を21年経った今現在でも誇っている。主題歌、曲なんです!



名曲ともなれば、時代が過ぎて作品そのものが風化しようと、
曲だけは変わらずに愛されて、聞かされますからね……

古いと言われようと、昔の名曲は何度も聞いてしまいます(´・ω・`)+


沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
【関連する記事】
posted by リョウ at 21:56| 大阪 ☀| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: