2017年12月11日

拍手

FGO。エレシュキガルは待ち望んでいたサーヴァントなので、全力全開で行きますぜ( ゚д゚ )クワッ!!>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※ユーリの大人モードにマリィというのはいいですね。
ただマイク持ってるほうは何となくシチュ的に違う気がするので、こっちを推薦。
大人モード>ttp://dies-p.net/images/common_chara_01_b.png
全身像>ttp://www.light.gr.jp/light/event/c1_2017oct/img/g24.jpg

それから確かにあのイラストの蓮はなんか狼っぽくて良介感がありますね。

※ノエルが綺麗! エロい! なんという曲線美!

※ユーリの大人モードのイメージにマリィってのはいいですね。
純真無垢でありながら芯は強いところとかも似てますし。

あとあのイラストの蓮は確かに良介っぽい。
良介のイメージに追加してもいいかもしれませんね。

良介はイメージを確定させないために複数人載せたほうがいいという話が以前ありましたが、まだ版権では一人しか載ってないですし。



ノエルとユーリへの意見や感想、ありがとうございます。
推薦して頂いたイメージ像はしっくり来る感じがしますね。
ひとまずイメージとしてあげてから、評価など伺ってみることにしましょうか。

良介については現状保留にさせてください。
作者としてはやはり、自分の中のイメージも大切にしたいので。



※地面に沈む生首 残りのナンバーズセインかな。
イノセントでは結局セインオットーディート出なかったから代わりにこっちで挽回かな。
アイシス?なにそれ、食べたらお腹壊しそう

※ああ、良介の子供を名乗る子ってあの子か。
しかし良介は未熟とはいえ御神流の「心」を修めていますし、気配を感じ取れなかったんですかね? 

良介って殺気とかには鋭い……あー、もしかして殺気がなかったから気づかなかったのか?

※アリサの有能感がパないw 

※リョウさん、結局良介の浅はかさが仇となったの仇ってなんでしょうか?



小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
闇の書に関するエピソードの続きではありますが、今回より新展開。
以前より存在のあったあの子達が、いよいよお披露目となります。
今回の場合良介が存在を感じ取れなかったというより、あのクロノが気づかなかったという点が重要でしょうか。
シュテルやレヴィだけが分かったというのが、ポイントです。

仇については次なる話、無限図書で明らかにするつもりです。
少しだけネタバレすると、鬱展開という意味での深刻度ではありません。



シュテルが全力を解放するとこうなります。
>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm32395404


シュテル「見ての通り私が全力を出せば、このようにスタイル抜群の女性へと変貌します」

良介「関連動画を見るんじゃない!?」

アリサ「この子にとっての重要なポイントはそこなのね」



※ナハトがアイランド仮面やバリツ仮面のつけている仮面を拾ってきましたw



ナハト「がおー」


トーマ「怪獣のような唸り声を上げている!?」

アイシス「悪役と勘違いしているようね……確かに変態くさいけど」



※メ・リ・ク・リ!メ・リ・ク・リ!メ・リ・ク・リ!
俺ら「お待ち申し上げておりました〜!!」
エレちゃん「…回すがいいのだわ(/ω\)」

※We wish you the Ereshkigal, We wish you the Ereshkigal,
We wish you the Ereshkigal, And Lot Tanebi and sozais !

※>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm32393527

「天に絶界、地に三国。我が踵こそ冥府の怒り、いでよ発熱神殿。
反省するのだわ!! 霊峰踏抱く冥府の鞴(クル・キガル・イルカルラ)!!」

エレちゃん可愛いw 反省するのだわ……可愛えw


エレシュキガル、エレシュキガル、エレシュキガル!!

ついに来ましたね、一年間ずっと待ち望んでおりましたよ!
チョコチョコと使っていたとは言え、貯めた石は700個。
アビーちゃんさえ加減していた召喚も、今回ばかりは出るまで全力でいきますよ!
全力挑戦は久しぶりでワクワクさせられっぱなしで、早く開催されてほしいですね。

特にこのクリスマスイベントはきのこ先生シナリオなので、余計に期待度が高まっております。



※聖女様がヤコブ絶命拳(ケツ姐さんの幕間の物語から)を習得しようとしているようですw



ヴィヴィオ「絶命拳とか物騒な名前がついていますけど!?」

カリム「正しき心を持って、悪なる心を撃つ。ゆえに命を断つということなのですね」

アインハルト「……何故納得できるのでしょうか」



※獣耳繋がりで、さくらにミドラーシュのキャスターの服を着てもらいました ( ̄ー ̄)b


さくら「……砂漠の民がこのような露出をしていいのかしら」

良介「あくまで一説だからね、諸説あると思うよ」

さくら「オトコを惑わせて、お金を掠め取る――効率はともかく、効果的なのかしら」

良介「冷ややかに笑ってる!?」


※忍ー、ノエルの服装凄いセクシーだねw 


忍「あの子のスタイルの良さは侮れないわ。普段仕事服なだけに、グッと来るのよ」

良介「スカートで踊り舞うか、スタイルを見せて戦うか――タイプの違う好まれ方をされそうだな」

忍「……ちなみに侍君は、どちらが好み?」

良介「和服――と言いたいが、やはり戦闘服だね」

忍「なるほど、勝負下着ね」

良介「意味が違うわ!?」



※リョウさん!今回から前回にて解説した、平成ウルトラシリーズ第1作品目、「ウルトラマンティガ」、の怒涛の連続最終章、
最終三部作の2話目、第51話「暗黒の支配者」の解説をしたいと思います!
ティガがウルトラシリーズ史上でも、昭和のセブンに続く名作、平成シリーズでも特に高い人気を誇っている理由は、
この第51話と最終回のエピソードからなんです!前半1「何とか辛くも倒した筈の、超古代尖兵が」
さてまずは前半から、前回の拍手、前々回の拍手で、解説した第50話ラストの続きから、ストーリーは入ります!
前回、第50話でダイゴがティガである、と言うシリーズ恒例の、しかし昭和シリーズではなかった、過程と展回を得た後に、
辛くも何とかゾイガーを撃破し、相思相愛、更に中が深まった、ティガ=ダイゴと、ヒロインのレナですが、しかし作中3年間で出現した敵の中でも、
最強クラスと言えるであろう、その超古代尖兵怪獣ゾイガー、が先程苦労して倒した筈なのに、先程の固体とは別の、
別固体のゾイガーが襲撃します!しかし新たに出現した、ゾイガーは1匹だけではなく、複数、大多数が存在、出現し、
アメリカと言った世界各国の主要都市を、ティガですら大苦戦した、その音速を超える飛行速度で、世界各地の都市を蹂躙、破壊し尽くしていきます!
前半2「超古代の尖兵軍団の襲撃による、世界と現世人類の存亡の危機中、深淵の深き海底に沈む超古代の遺跡から」
ゾイガーの軍団、軍隊による、世界主要都市襲撃と言う緊迫した危機的な状況の最中、一方前回からこの世界的危機を生み出している、
ゾイガーの最初の固体が出現した、潜んでいた、突然ニュージーランド沖に出現、浮上した、古代の都市と思われる古代遺跡がある島、
「超古代都市ルルイエ」の、浮上しきっていない部分の都市の遺跡、周辺をG.U.T.Sが所持する、ライドメカ、全長:33m、
水上では最高時速:114ノット、海底、水中では69ノット、乗員は6名まで乗れる、と言う破格機体性能を持つ、ドルファー202(ニーマルニ)、
に搭乗して遺跡及び島周辺の調査を行っていた、ホリィ隊員とシンジョウ隊員の場面に移り、ホリィ隊員の科学者、技術者としての、
分析からこの「ルルイエ」と言う古代都市、古代遺跡の驚くべき結果を吐きました、「これは・・・人間が作ったもんやないで・・・ byホリィ」
と言う衝撃の分析結果を出し、「それじゃあ・・・一体誰が作った、て言うんだよ!3000万年前に一体誰が・・・?! byシンジョウ」
と誰もが抱く疑問を言いました、そんな2人に何とその有史以前、太古に何者が建造したか解らない、「超古代都市ルルイエ」が突然更に浮上していき、
その島周辺辺りに空気の泡が、そして不気味な紅い眼が見えました・・・・前半3「世界=地球圏の守護の要たる所に、全てを滅ぼす闇が」
そんな非常事態な危機を迎えている2人を余所に、TPC及び特捜チームG.U.T.Sの前線基地にして、今現在の地球圏の防衛、守護の要である、
「ダイブハンガー」に、突然謎の、不気味な、実体を持たない「闇」が発生、出現し、ダイブハンガーの地下を(深海から?)通して、
基地に侵入してきました!この得体の知れない物の侵入と言う、突然の非常時事態に、G.U.T.S及びTPC職員、スタッフは大パニックです!!
その「闇」としか言えない、表現しえない物は、大変に恐ろしい性質、能力を持っていました、文明の象徴と言える最新鋭の技術力で作られた、
電子機器やコンピューター、と言った機械類を機能停止させる、だけではなく何と、生ある者=人間を飲み込んで即死させる、と言う恐るべき能力を持っていました!
この恐怖の能力により職員の人々を飲み込んでいく闇の恐怖の最中、一方その頃ニュージーランド沖では遂に、「超古代都市ルルイエ」の古代遺跡と共に、
ユザレの人格を模したタイムカプセルのAIが、旧世人類のヌーク親子がと、3000万年前の当事者達が恐れた、恐怖した、この作中世界の有史以前、太古の時代にて、
その当時の人類種を文明と共に滅ぼした、「大いなる闇」、「巨大な悪」、と評されるシリーズ史上初の、怪獣でも宇宙人でもない、マジモンの神である、
「邪神ガタノゾーア」が太古の眠りから復活しました!!以上がこのエピソードの、前半です(当時はここでCMに入りました)、
以上が最終三部作の2話目の前半ですが、リョウさん如何でしょうか?以前にも少し解説いたしました「ウルトラマンティガ」の元ネタは、
リョウさんもご存知の「クトゥールフ神話」です!そして本放送での初登場から20年経った今でも、最強クラスのラスボスとして上げられる、
シリーズ史上初の邪神のラスボス、ガタノゾーアの名前の由来、元ネタも「クトゥルフ神話」に登場する、旧支配者の「カタノトソーア」です!
作品の、エピソードのポイントとしては、@中ボス怪獣、超古代尖兵怪獣ゾイガー、ゾイガー軍団の世界主要都市の攻撃。ですね!
前回で苦戦した中ボスのゾイガーが実は1匹だけではなく、実は別固体が、それも複数、大多数が居て、ウルトラマンですら倒すのに非常に苦戦したその中ボス怪獣が、
軍団で世界中を襲うと言う危機的な現状。A防衛チームの基地が得体の知れない物に襲撃される、言う壊滅的な危機。ですね!等身大の宇宙人なら兎も角、
「闇」と言う、闇としか言えない超常的な物なのが特に怖い、恐ろしさを出しています!Bシリーズ史上初の宇宙怪獣でもない、
侵略宇宙人でもない、邪神、「神」と言うラスボスの出現。そして最後が上記の文でもありますように、ラスボスが邪神、神と言う、
シリーズ史上前例の無い存在がラスボス、だと言うのが驚愕と衝撃を与える事なんです


「クトゥルフ神話」はどの分野、どのジャンルにおいても登場しますからね。
解釈は数あれど、異端あっても好悪が出るのが面白いですね。
ウルトラマンという分野では料理しづらいと思われがちですが、
結局生かすのは作品を愛するスタッフたちなのかもしれませんね。





沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
【関連する記事】
posted by リョウ at 22:19| 大阪 ☀| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: