2017年12月09日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第六十四話」予告編

FGO。本日20時より、FGO秋葉原祭りのトークショーが行われる模様。クリスマス情報に期待(´・ω・`)+>挨拶









*****


 『無限書庫』とは、時空管理局が誇る一大データベースである。この書庫には古代ベルカ時代から現在に至るまでの総ての書物が蔵書されている。
ジュエルシード事件を起因とする事件に連なって浮上した、ロストロギア闇の書。ベルカ戦乱時代以前より存在する危険な魔導書について手掛かりを得るべく、閲覧許可を求めた。
本来であれば許可なぞ出る筈もないのだが、闇の書消失と蒼天の書出現という大いなる手掛かりは、次元世界を管理する時空管理局本局の重い腰を上げさせた。
近年覇権している聖王教会からの強い要望もあり、勢力図の激変を懸念する管理局は宗教組織との関係性を維持する事に躍起となり、受諾せざるを得なかったのだ。

この布石を投じたメイドは一連の事態を読み切っており、既に聖王教会が保有する聖典を狙って動き出している。


『一部の宗教権力家が管理局の足元を見てさらなる要求を出す動きが出ているから、ちょっと尻を蹴っ飛ばしてくるわ』
『もっと穏便な言い方が出来ないのか、お前は』
『あんたへの支援のおかげで大きな見返りを得たのに、余計な欲を出してくる奴が悪いのよ。
もうローゼの安全は担保できたからね、いい機会だしあんたの庭を荒らす連中を掃除してくるわ』

『……蒼天の書を餌に聖王教会と時空管理局の勢力争いを突っついて、欲を出した連中を炙り出す狙いもあったのか。本当に、色々考えているんだな』
「あんただって今からお勉強の時間なのよ、せいぜい頭を悩ませてきてね。本当は一緒に行きたかったんだけど、聖地で陣頭指揮を取らないといけないの』


*****



『どうも色々やらかしているみたいだからね、しばらく腰を据えて調整してくるわ。ディアーチェとユーリを借りるわよ』
『その組み合わせがとことん怖いよ』






エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 16:25| 大阪 ☀| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: