2017年11月04日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第五十九話」予告編

FGO。うぐぐぐ、ミッションが地味に辛い。絆レベル3は多少高くないですかね(´;ω;`)ウッ…>挨拶









*****


 ジェイル・スカリエッティ、ジュエルシード事件においてクローン人間を製造する計画「プロジェクトF」に携わっていた科学者。フェイトや月村すずかの製造者。
この男の処遇については非常に繊細で、聖王教会でも賛否が分かれている。ただし時空管理局と聖王教会では、ジェイル・スカリエッティに対する見方が全く異なっている。
聖王のゆりかごを保有する教会は、あの大型戦艦に関する膨大な知識を持つ彼を取り込みたい。聖王のゆりかごを危険視する管理局は、彼を聖王教会から引き離したい。

重要なのは、どの組織も刑罰を用いて処断する方針が無い事だ。彼の罪を追求するのは、組織の闇を暴く事に繋がってしまうから。

(今度は、僕から追求させてもらうぞ。これは一体、どういう事だ)
(すまん、うちのアホが余計な気を遣ってしまった)

 そしてどの組織にも所属していない俺は、問答無用で仲介役をさせられている。言うまでも無いが一番面倒で、一番厄介な役目である。余計な仕事をさせやがって。
ローゼの気遣いについて察せられないほど、俺も愚かではない。いい加減社会の仕組みくらい、少しは理解してきたつもりだ。世の中に偶然な悪意など存在しない。
こちらとしては、蒼天の書の解析作業は公正に行って貰いたい。蒼天の書が元闇の書である事を重々承知の上で、思う存分暴いてもらいたいのだ。

しかし、時空管理局は違う。蒼天の書が何の問題もない事に越したことはないのだが、闇の書であった場合でも好都合ではあるのだ。

聖王のゆりかご発見に"聖王"降臨で、聖王教会という宗教組織は隆盛を極めている。時空管理局との関係も見直す動きまで出ているのだ。
比べて時空管理局は事件の黒幕である最高評議会が暴走して、地上本部や本局まで足並みが乱れている。両者の力関係が傾きつつあり、憂慮されているのだ。

時空管理局と聖王教会との間に壁はないが、互いに組織である以上力関係は非常に重要となる。立法組織や宗教組織であっても、権力は常に重視される。

だからこそ聖王教会側に失点が出てくる事を、時空管理局側は望んでいる。陥れるような悪意はない、ただ力関係を再度傾けたいのだ。
聖遺物である蒼天の書が闇の書であれば、聖王教会の権威に傷がつく。その傷こそが、教会を斬り込む機会となり得るのだ。

ならば、この分析作業で偽装工作を行う事だってあり得る――ローゼはその点を懸念して俺に気を遣い、人自に介入したのだ。



*****




(気を遣ったとは、どういう事だ。あの蒼天の書に、何か問題でもあるのか?)




エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 15:57| 大阪 ☀| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: