2017年06月10日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第三十八話」予告編

FGO。羅生門復刻終了、皆さんお疲れ様でした!>挨拶







***


 基本的に、俺の朝は早い。基本的という前置きを付けているのは、夜の一族のお姫様達と真夜中の密会があるかないかによるからだ。話がこじれると夜も遅くなってしまう、厄介な方々である。
我が家では鶏よりも早く、可愛い末娘が元気に叫んでいる。

「おはよー!」
「おはよう、ナハトヴァール。今日も朝からお散歩か」
「うん」

 叫ぶという表現を用いたが、一度アリサに怒られてから朝早くから騒ぐ事は無くなった。マイペースな我が子ではあるのだが、聞き分けが良くて大変助かっている。
静かに寝静まっている住民達を起こさないように静かに着替えて、ナハトはお友達を連れて颯爽と家を飛び出していく。聖地でのパトロール習慣は、現地に帰ってからも続いているようだ。
自然豊かな優しい場所である海鳴の治安はすこぶる良好で、荒れた気配は特にないのだが、決して皆無ではない。それでも子供の注意レベルで収まる程度には、この街は平和であった。

ナハトヴァールの最近の連れは、意外にもこの人だった。

「そんじゃ、行ってくる。ナハト、いい子にしてろよ」
「おー!」

 鉄槌の騎士ヴィータ、俺という子分を持って彼女もすっかり姉御肌になってしまった。うちの子を連れて、町中へと降りていく。この街には、あの子達のファンが非常に多い。
6月のゲートボール大会以降老人グループと仲良くなったヴィータは、異世界に出てしばらく留守にしていた分、毎日のように老人達と憩いの時間を過ごしている。そこへ、うちの子が加わったのだ。
親に似ず誰からも愛される我が子は、実の孫よりも可愛いという何とも言い難い評価を得て思いっきり可愛がられていた。地方における老人達の影響力は、これがまた非常に強い。
彼らと懇意になるという事は、地域住民とのネットワークに強力に食い込む事を意味している。発言力は自然と高まり、影響力は非常に強くなる。この街のマスコットは、王にも等しい。



***




当然パトロールにも大きな力となっており、ヴィータとナハトヴァールのコンビは無敵であった。





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 14:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450738943

この記事へのトラックバック