2017年04月03日

拍手

FGO。エイプリルフールのエンディングに泣いた(´;ω;`)ウッ…>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※リョウさん、ラフォリアはデブのイメージに推薦されているキャラですよ。
さくらのはアンスリアですぜ。

※さくらのイメージってアンスリアじゃない?
ラフォリアはデブのほうかな。



ご指摘、ありがとうございます。
確かにごもっともでしたので、修正させて頂きましたφ(..)
あちこち一緒くたになっておりましたね、申し訳ない。



※予告は打ちきり漫画じゃないですかw 

※え、美由希が負傷って相手凄くない? デブに可能なんかな?

※美由希の傷の程度にもよるけど、手傷を負わせられる時点でかなりの腕だよね。

※高町家って道場はあるけどそれは場所としてあるだけで、
別に看板は掲げてないですよね。
よく挑戦できたといいますか、ほんと目的はなんなんだろうか?



いつも小説の感想、ありがとうございます。
エイプリルフール、今年は予告の日と重なりましたのでシンプルに嘘予告で攻めてみました。

そして本編。家族団らんの後は、かつて家族同然に付き合っていた人達が襲撃を受けました。
どういう経緯でそうなったのか、詳細は次回で書かせて頂きますねφ(..)
同時に良介と美由希との今の関係もついても描写するつもりです。

何だかんだでこの二人、殺し合った後は会ってなかったですからね(´・ω・`)



※ようやくシンフォギア4期が発表されました
タイトルは「戦姫絶唱シンフォギアAXZ(アクシズ)」。どういう風になるのか今から楽しみです。


エイプリルフールの時に発表されたので、一瞬嘘なのかと思いましたw
今年の七月公開予定とのことで、今から楽しみですね。
母体となるのは歌だけあって、水樹奈々さんも力を入れて歌っていますからね。
迫力ある水樹奈々さんの新曲が聞ける日が、今から楽しみです。

響達も新しい仲間が増えて、魅力的な人達が揃っていますからね。うーむ、気になる。



※アヴィケブロン「ケテルマルクト・ショータァイムッ!」
アキレウス「最強の勇者なんてつまんねえもんだ…ハッ!?俺は今何を口走ったんだ!?」
セミラミス「フフフ…おそろしいか?貴様は今、首まで水に浸かっておるぞ?」
ケイローン先生「何でしょうか…無性にトヤマで動画を撮りたいというこの衝動は…」



アイシス「聞いての通り、まだ召喚ピックアップされていなくてもこの存在感を発揮しているわ」

トーマ「たとえ連載されずとも、魅力があれば人々の口から語られるということか」

アイシス「思い切って、奇抜に攻めてみるのもいいかもね。ボディペイントとか」

トーマ「色物になるじゃないか!?」



※リョウさんこんにちわ
自分もFGO使用を考えてましたが皆さんなんで星5の最強仕様で考えるんだろうか?
やっぱし良介は星1だよね!!

星1 宮本良介(狐憑き) 善・混沌
HP 7777 ATK 4925
クラス セイバー

何の因縁か(幸運-EXのせい)でカルデアに召喚された名もなき(自称)剣士とついでに狐
知り合いが助けに来るまでカルデアにお世話になることになるが自前の女難で様々なトラブルに
B(2) A(1) A(2) Q(8) Q(8) 

スキル
血に染まった竹刀(8) バスターアップ 10〜20(5ターン)
強化後 聖王の竹刀(8) バスターアップ 30〜50(5ターン)
独りよがりの小手(8) ダメージカット・防御アップ 500〜1000(1ターン)・10〜20(5ターン)
強化後 誓いの小手(8) ダメージカット・防御アップ・無敵 1000〜3000(1ターン)・30〜50(5ターン)・1回(1ターン)
友の輪(10) ATKアップ・HPターン回復(パーティーに自分含めて男性がいる場合ATKアップ・女性がいるとHPターン回復)(5ターン)
ATKアップ基本5〜15 (男性が一人につき+5アップ)
HPターン回復基本0(女性が一人につき+1000アップ)

固有スキル
聖王の鎧B 即死無効
法術(狐が願っています)EX 自分以外の場のBアップ(10%)
絵描きC Aアップ(3%) 
(騎乗?乗るのは女性だからあるぎゃああああああああ)

法具 断空剣 A
LV(500・700・900・1200・1500)
COでNPアップ(10・15・20・25・30)
スタン 30%
何のひねりもないだた近づいて斬るだけだがエネミーの後ろにさらにエネミーが居た場合はそちらにも攻撃が届く(要は貫通)
ヒット数は1〜2

運用
強力なスキルが目立つおかげで星1なのにそこそこの戦力として運用可能
特に生存に関してはピッカ一で某聖女が居ればまず落ちない
また固有スキルの法術で味方を強化可能なので常に場に出てれば戦力の増大になる
スキルの効果は5ターン続くが、倍率は低く(ATKも低いので強化後じゃないときつい)さらに孤立すると友の輪が弱体化しすぐに落ちる
Qが優秀でヒット数が8ありA開始でクリ抜いても70稼げる

ちなみにQの2回目は宮本が久遠を投げて攻撃する(乱れひっかっき)ので一見である

セリフ
戦闘開始 下ってろ久遠と・・・・・・・・・・・・・・マスター
     っは 速攻でつぶしてやる
戦闘不能 ぬぐぐぐぐぐ次に会ったら覚悟しろ!!!
     マスターは!!無事でよかった・・・
宝具 選択 宝具なんてものではないがな
   掛け声 そりゃああああああ断・空・剣!!!!!!!!
コマンド選択 ほっ そりゃ 行け久遠!!くぅ〜〜〜ん?!(Q選択)



キャラ設定、ありがとうございます。
敢えて星一つでの召喚、説得力がありすぎて思わず頷いてしまいますな(´・ω・`)
でも意外と強そうでワロタw
FGOの場合星が低くても、使いようによっては有望なサーヴァントも多くいますからね。
是非とも宝具5にして活躍してもらいたいものです(´・ω・`)+



※テレビに影響されて早速ミッドチルダに「仮面ライダークロニクル」という
ゲームソフトを売り飛ばそうとしている輩がおります。



良介「ソシャゲなんぞという今を敢えて追わず、ファミコンよ( ゚д゚ )クワッ!!」

ヴィヴィオ「パパがまた昭和世代を攻めてきた!?」

アインハルト「旧き良き時代を継承する、いい事じゃないですか。素晴らしいです」

ヴィヴィオ「……たぶん今現役で持っている人、少ないと思います」



※ガストの新作のブルーリフレクションというゲームが意外と面白いので仕事の息抜きにどうぞ♪


ほうほう、これは全然知らなかったゲームですねφ(..)
岸田メル先生が原画のゲームですか、ヒロイックRPGとしても雰囲気がありそうですな
教えて頂いてありがとうございます。
久しぶりにワクワクさせられたので、手を出してみようとおもいます。VITAちゃんなのも好き(´・ω・`)+



※白旗が「R」と言われる人物にKOFに招待されたようです。


良介「ファミコンか( ゚д゚ )クワッ!!」

アリサ「今ではKOFアプリの時代よ」

良介「( ゚∀゚)・∵. グハッ!!」

ヴィヴィオ「時代遅れダメージ!?」



※ネタ さくらが良介の血を飲んで覚醒したようです。
しかもセクシーな服で!!(現代イメージ)


良介「いかがでしょう、忍さん」

忍「恋人がいない状況でやっちゃうと、無理している感ある」

さくら「……人妻感はちょっと抵抗があるわ」



※フォルメされたナハトが大冒険!! 

敵を吸い込む、そして噴き出してぶつける!! 
さらに特定の敵を吸い込んで飲み込むと能力をコピーできる!! 

横スクロールのわかりやすい画面!! 
「星のナハト」好評発売中!!


リーゼアリア「初回発注分、完売です」

アリサ「買い占めたでしょう、アンタ!?」


良介「でも正直、ちょっとしてやられた感があるな」

忍「分かる。当然の発送のようでなかなか出なかった可愛さだわ」




※リョウさん全然違いますよ!
前々回の3月22日の拍手で解説したのは、何故ダイゴ隊員がウルトラマンティガに変身出来るのか?
と言う作中での理由と設定です!3月22日の拍手を確認してみてください!
気を取り直して、今回もティガの用語ですが、今回は「ウルトラマンティガ」の作中に置いて、
ティガ・ダイナ世界に置いてかなり重要なキャラ、人物である、
「地球星警備団団長ユザレ」と言う人物を紹介します!
この人もティガのストーリー、物語に置いてもメインの1人です。
「地球星警備団団長ユザレ」
TV本編では1話から最終三部作の50話前半までは、長内美那子女史が、
そして最終三部作の後半と完結編である劇場板「THE FINAL ODYSSEY」では、
作中防衛チームである特捜チームGUTSの隊長にして、歴代初の女性隊長であるイルマ・メグミ隊長を演じる、
高樹澪女史が1人二役で演じました。
作中の世界、物語に置いて謎の1つである、ティガ・ダイナ世界の古代、神話の時代とも呼べる、
ティガの物語、主役のマドカ・ダイゴがウルトラマンとして戦う発端の源である、
作中年代では記録が残っておらず解らない、3000万年前当時の出来事や起きた事件、
3000万年前に栄えた超古代文明の滅亡の謎、主役のダイゴ隊員の血統の始祖であるウルトラマンティガ本人の永い時の中で
失われた、忘れられた経歴と過去、と言ったストーリー、物語に置いての大きな謎を知る、キーキャラクターです。
作中に置いては3000万年前の超古代人、ダイゴ隊員達現代人に置いては大昔の人、人物なので、
ストーリー本編の年代、西暦2007年から2010年、本編から2年後である完結編の劇場板の年代である、
西暦2012年の時代には無論生きては居らず、既に故人の人なんですが・・・・・、
1話「光を継ぐもの」で登場した地球に落下してきた「タイムカプセル」に密かに内蔵、
搭載されていた3000万年前の技術で製造された、「人口知能」によるプログラム、AIの擬似人格によるホログラムとして度々登場します。
初登場となる1話「光を継ぐもの」では超古代からの脅威である、ゴルザとメルバの2大怪獣の復活と、
同じく作中世界の人類の救世主たる、ウルトラマンティガの復活を告げて物語の幕を上げる。
その次の2話「石の神話」では、主役のダイゴ隊員に己の血統に秘められた宿命と責務を告げる、
また作中に置いての最大の謎、伏線の1つである、3000万年前に栄えた超古代文明の謎、
その超古代文明の担い手である当時の人類の行方、ティガ・ダイナ世界のウルトラマンの在り方と本質、
と言った数々の多くの謎を意味不かな言葉で語る。と言った後の話でも作中、物語に置いて重要な秘密を語ります。
ユザレ、彼女本人の経歴なんですが・・・・、設定によると肩書きの「地球星警備団団長」と言うのは、
本編に置いての地球平和連合TPCの様な、3000万年前の時代に置いての、当時の地球防衛組織であり、
またその超古代の防衛組織のトップの人物だったとあります。
作中ではかつて3000万年前当時地球を守護した古代ウルトラマンの1人の、
ティガの子孫、末裔であるダイゴ隊員の前に稀に現れて、助言や超古代=3000万年前当時の出来事や重要な情報を伝え、
また最終三部作の50話に置いてはイルマ隊長の前にも現れて、本編のラスボスの復活の予兆の警告を伝えました。
またこの話では1話の年老いた老婆から、妙齢のイルマ隊長と瓜二つの容姿へと変わりました。
その後は本編のラスボス「邪神ガタノゾーア」との、人類と地球全ての存亡を賭けた大決戦が始まり、
TV本編はフィナーレを向かえ、何故ダイゴ隊員だけではなくイルマ隊長の前に幻影として現れたのか?、
何故イルマ隊長と瓜二つの容姿に突然変わったのか?
と言う謎は明かされなかったんですが・・・・・、完結編の劇場板「THE FINAL ODYSSEY」にて、
実はイルマ隊長のご先祖さまで、イルマ隊長はユザレの血統を色濃く受け継いだ子孫、末裔であった事が解ったんです。
また主役のダイゴ隊員のご先祖であるウルトラマンティガ本人とも、重要な関わりが在った女性である事も明かされました。
つまり本編では自身の生前に置いて深い関係が在った、ウルトラマンの子孫と自身の子孫を先人として自分達の様に滅亡しないように、
と助力していたと言う事なんです。
以上がキーキャラクターのユザレの所載ですが、リョウさん如何でしょうか?
この様な人間キャラは宇宙人のウルトラマンである昭和シリーズ並びに、M78シリーズには居なかった存在です。
ある特集雑誌でティガの作風やストーリーが、大河ドラマ、神話、叙事詩のようだと書かれたのも、
この古代史の様な先祖と子孫と言った要素、古代の先祖が討ち取れず後世にまで残してしまった脅威、
その先祖が為しえなかった事を時が経って子孫が逆に因縁を断ち切り果たす。
と言った事もティガが本放送から20年も立っても根強い人気がある要因なんです。



AIの擬似人格によるホログラムというのはSFや特撮モノに多いですが、
浪漫がありますよね。今の科学技術でもある程度の再現は可能とは言え、
やはり近未来的な要素があるのは惹かれてしまいます(´・ω・`)+

特にウルトラマン関係となると、年月や時代の深さも半端ではないので、
そうした不変たる技術的な存在がいるというのは、ある種救いかもしれませんな。







沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
【関連する記事】
posted by リョウ at 21:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448700029

この記事へのトラックバック