2017年03月18日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第二十六話」予告編

沖田さん欲しいけど、魔人セイバーも後で来そうだから判断に悩む。ぐぬぬ( ;´Д`)>挨拶









***

 
 護衛体制が急遽、変更になった。妹さんが変更になったのではなく、今日一日は妹さん一人が付きっきりで俺の護衛。セッテ率いる騎士団と、聖騎士が主力に加わった忍者サポートチームは町の警備に回る。
俺の周辺が狙われているとの事で、俺の頼もしき子供達が身内の警護に移った。肝心のシュテル達も狙われる対象なのだが、プロの傭兵達でも手も足も出ない無敵の子供達だ。狙って返り討ちにあえば、手間が省ける。
俺としては肝心の主犯を是非とも教えて貰いたかったのに、病院ヘ行けの一言で追い払われた。揃いも揃って、明らかに俺を戦いから遠ざけようとしている。カウセリング中なので、当たり前だけど。


――カウセリング中……?


「もしかして真っ先に俺を直接狙わないのは、俺の状態まで把握している為か」


 フィリスは絶対に、患者の診断内容を他人に漏らさない。その点は信頼しているが、病院へ通っている事自体は俺の身辺を探ればすぐに分かる。考えてみれば昨日の午後、病院に妹さんは連れて行かなかった。
アナスタシヤは聖王教会が誇る聖騎士なのだが、流石に病院全域の気配までは読み取れない。加えて俺は剣道着を着ているのだ、身なりだけで聞き取り調査が行える。恐らく、余裕でバレているだろう。
俺は基本的に他人の都合なんぞ考えないが、どれほどの強者であろうと怪我人や病人まで狙わない。道場破りをしていた昔の俺でも、師範が怪我でもしていれば戦わなかった。勝ったとは言えないからだ。




***




であれば、どうするか――間接的な勝利を狙う。俺を敗北させた人間に勝てば、俺に勝ったと言えなくもない。それが昔の俺であろうと。





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「rkitano」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 09:34| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448083130

この記事へのトラックバック