2016年12月19日

拍手

欲しかった新刊も仕事で買いに行けない(´;ω;`)ウッ…>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。


※リョウさーん、キャラ設定ですが、
拍手で皆さんがいらないって言ってたソアラのガリイメージが残ってますよー。

※リョウさん、ソアラのところにガリイメージ載ったままですね。
言いたいことはわかりますが、あまりに可哀想なんで消したげてw 

あ、そういえば今年もクリスマス短編はありますか? 


残ってるって……別に消すとまでは言ってなかったでしょうに(;´・ω・`)
とはいえ、可哀想だというのはよく分かりますので、消しておきますねw

いよいよ今週、クリスマスですね。早いものです。
また早い内にアンケートしますが、少し問題がありまして――

クリスマスの日、ちょうど連載の更新日なんですよね。

流石に二つ書く余裕はないので最新話をお休みするべきか、
クリスマス記念小説を少しずらすべきか、優先順位に悩んでいます。



※アグレッシブな子供たちですなwww

※良介もメガーヌもしっかりと親をやってるなー。

※メガーヌの方が会っているのはルーテシアなのかな? 
だったら魔女は本当に消えてしまったんですかね……気になります。

※そういや良介普通に月村亭に泊ってたけど、妖怪との戦争ってどうなったん?


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
今回は子供達についてのお話で、次回はいよいよその問題の子供達が登場。
原作では飛行機事故で散々な目に遭ったあの姉妹も、小説で登場する予定です。

ちなみに、本小説ではメガーヌさんは独身女性ということにさせて頂いています。
原作でも夫に関する設定は何一つ出なかったので、シングルマザーさんになりそうです。


妖怪たち>


彼らについては、この日の夜に予定されている姫君たちとの会話で現状を明らかにする予定です。
良介の留守中は、彼女達が代理戦争していました。



※暁の軌跡がPSVITAで出るそうですね。お手軽にできるようになりますね。


おっ、いいですね。
暁の奇跡はブラウザからしか出来ないので、正直やりづらかったんですよね。
FGOとか神姫プロジェクトをプレイするのに忙しいので、すっかり放置していました。

PSVITAから手軽に出来るのであれば、再開しようかな(´・ω・`)



※……は〜〜〜、あのねトーマ、選ばなかったら強制的にAにするって書いてあるでしょ? 
それなのに何そのハッキリとしない答えは。

仕方ないからもう一度だけ機会を上げるよ。今度は@かAかはっきりと答えるように。



トーマ「当然、Aに決まってる。僕らは来年から忙しくなるんだからな( ゚д゚ )クワッ!!」

アイシス「えええええええ、公開された冬コミ情報で、劇場版のなのはさんがフォートレスカノンっぽい装備してる!? 
あたし達、ワンチャンあるの!?」

トーマ「やったな、アイシス。君が今まで頑張ってくれたおかげだよ!」

アイシス「うう、トーマ……あたし達、羽ばたけるんだね!」



良介「すげえ強気だな、あいつ――フォートレスカノンじゃない可能性だってあるのに」

アリサ「今だけは喜ばせて上げなさいよ。GOD設定だと、一応可能性もあるんだから」



※個人的なFGO考察。謎が多いロマンについて。

(カット)
とか思いついたけどどうだろうか?w


※FGOではピックアップを繰り返していますが如何でしょうか?
私はゴルゴーン目当てで挑戦した結果、ジャガーマン、
キャスギル、ランスロット(狂)、ナイチンゲール、ニトクリス、ケツァル×4
を迎えた後にようやく来てくれました。
ピックアップってなによ。確立間違ってね?ってのが素直な感想です。

ちなみにケツァルさんを使った結果、孔明を足したとはいえクリの方が宝具 よりダメージが大きいみたいでした。
喜ぶべきなのでしょうが素材が重過ぎてつらいです。


※FGO、第七章面白かったですよね。リョウさんはラスボスどうやって倒しましたか? 
>FGO。バビロニアピックアップ2が思いの外皆さんがガチャっていてそわそわさせられますが、
絶対来週もっと凄いのが来るはずなので

確かにフレの皆さん見ると結構回してますよね。
そして来週来るとしたら花の魔術師、もしくは助っ人登場したあの方かな?

そういえば他の方の話題で出ていたフレのイシュタルが自分も気になっていたのです。
クリアしたのでそろそろ確認できていると思うのですが、
リョウさんの頼りにしているフレのイシュタルは宝具レベルどうでしたか?



マーリンが来たあああああああああああああああああああああああああああああああああ!
ほらほら、もっと凄いのが来たでしょう!
年末の最後を飾るのは、冠位を持つサーヴァントの登場。
NPC時よりは流石に弱体化していますが、それでも強いであろうマーリンがピックアップ。
7章では、あの場面での登場に泣いてしまいました。
(ネタバレ)から直接駆けつけてくれたのか(´;ω;`)ウッ…


最終決戦>


ネタバレになるので言及は避けますが、「あのサーヴァント」の力を借りましたぜw
後はうちの主戦力であるセイバーオルタと、ジャンヌオルタですね。
基本的にこの二人は相性が悪い敵以外は、ほぼ常戦でした



ロマン>


むしろ私はここまで怪しい素振りを見せていたのに、
実はなんでもありませんでしたというオチにちょっと期待していますw


イシュタル>


宝具5ですね(゚A゚;)ゴクリ



※トーマがケツァル・コアトルにプロレスで挑むそうですwww



トーマ「来年の劇場版に登場予定の俺なら不可能はない! ふふふ……ふあああああああああああああああああああああああああああ!」


ヴィヴィオ「す、すごい……目に見えない高さまでかっ飛ばされた!?」

アインハルト「ワールドチャンピオンではない彼には、少々荷が重いですね」

良介「……最終回までドヤ顔してやがったな、こいつ」


※ヴァイオラさん、今年のクリスマスの予定はどんなかんじですか?


ヴァイオラ「あの方も戻ってこられましたので、プレゼントを贈り届ける予定です」

アリサ「あんたは?」

良介「貰うに決まっているだろう」

アリサ「あんたも用意しろと言っているのよ!?」



※忍に聞いても否定されたから……さくらさーん、ジャガーマンって夜の一族?


さくら「何かしら、そのジャガーマンというのは?」


忍「あー、駄目よ。さくらはゲームとか全然知らないから」

さくら「なるほど、また良介の変わった友達なのね」

良介「その方向なら納得するんだ!?



※企画、撮影、白旗の長編映画「FATE/Grand Order」。
最終章公開間近を記念して特別PVを公開。

>(ネタバレカット)

民衆「聖王様はもちろんだけど、白旗もやっぱりかっこいいな。最終章凄く楽しみ!!」



折角拍手を頂いたのですが、申し訳ありません。
ネタ元である動画の注意書きにもある通り、これはは7章の激しいネタバレになるので、
拍手ネタであっても、今回は割愛させて頂きますm(_ _)m
返信も7章ネタが絡んでいるので、今回はパスさせて下さい。

最終決戦前のこの時期なので、今は皆さんにFGOを楽しんでほしいです。



※サン・ジェルミ「あなたのお名前なぁに?第98番管理外世界出身者ならワタクシ、名前知ってるかもしれなくってよ」
良介「宮本良介だ」
サン・ジェルミ「リョウスケ・ミヤモト…アラあなた超有名。モーなんか一言では言えないわ。
龍やら神やら殺してのける伝説の軍神だったり、
死者や妖怪や神と交信して、物言わぬ機械に魂吹き込んで人間に変える妖術師だったり、
世界すら呑み込む怪獣を純真な美少女天使に転生させた聖者だったり、
行く先々で現地妻こさえつつ戦乱を平定した天下人だったり、
国一つ買えそうな巨万の富で至高の美女競り落としたマネーゲーマーだったり…
オホホホいやァねぇ、歴史家共ってすぐ尾ヒレつけたがるんだから。
…そういやあなたを神と崇めてる連中、あなたのシンボルフードが
『タマゴと白御飯』派と『カツオと小麦麺』派で真っ二つに宗派割れてるんだけど、あれってなんなの?」


良介「そう言えば、うちは多種多様な人種が揃っているのに、好みで分かれたりしないな」

アリサ「異世界や海外、人外等の他種族が揃っている分、食事には気を使っているもの」

忍「意外と侍君は、食事に対する不平不満は一切言わないよね」

良介「貧乏時代は染み付いているからな、出されたものは全部食うぞ」




※サン・ジェルミ「まさかとは思ってたけど、ホントに入国管理局なんて造らせているのねぇ。なァんておっかないのかしら」
アリサ「あによ、アンタ?」
アギト「誰だテメェ!?」

アレスタ&フラメー「ナルホド。ベルカ自治領に続いて時空管理局まで味方に引き入れたなんて、白旗って手が早いのねぇ。アナタが頭目の宮本良介?」
良介「そうだ。お前らは何だ!?」
アレスタ「惜しいわねェ…あと40年もしたら好みのタイプ☆でも仕方ないわ、殺してしまったらゴメンナサイな。
ヒゲで歴戦のナイスシルバーだったらヤバかったけど、年若い自分を呪うことネッッッ!!!」
良介「ラルゴ翁、お願いします」
ラルゴ「どうしたんじゃい良介君?」
アレスタ「ハウオッ!!?」
フラメー「アレスタァ!?オノレよくもアレスタをぉ!だが!このワタシは敗けたりしないッッッ!!!
片メカクレホーステールの少年でも出てこない限りィ!」
良介「ロッサ、クロノ、やれぃ」
ヴェロッサ「言われた髪型にしたけど…これ何なんだい陛下?」
クロノ「まったく…こんなものものしいカツラさせて、一体何だというんだミヤモト?」
フラメー「ヌァハーッ!!?」
サン・ジェルミ「私は時空管理局を売り飛ばしに来たのよ。商品価値のあるうちにね。
組織が滅ぶにも滅び方ってものがあるわ。黒い内情が逐次明るみに出て、
優秀な人材をトカゲのシッポ切りで人脈も将来性も閉ざされて、威信がガタガタに失墜したらたまったもんじゃないわよ。
管理局がまだ力のあるうちに、たった一撃で効率よく滅亡させる必要がある… い か が ?」



良介「とりあえずこいつらがアホだということは、よく分かった」

アリサ「……あんたに言われるなんて、よっぽどのことよね」

良介「しかし言われてみれば、カツラキャラは今まで出たことがないよな」

アリサ「需要を考えて提案しなさいよ!」


※ドリフターズ鑑賞会@マテリアルズ
レヴィ「トヨさんかっこい〜…いざ戦いとなれば情け容赦ないけど、
普段は仲間思いのナイスガイなんてパパみたいだよ!」
ディアーチェ「信長殿は流石だな。新しい技術にすぐさま順応し、思いもよらぬ活用法を捻り出し、
勝利の為にあらゆる可能性を模索し、時に自分の命すら秤に乗せて果断に鬼札を切って見せる…
そして意外と苦労人。白旗を運営する我が父の様だ。思わず支えたくなる背中ではないか」
ユーリ「与一さん…仲間のためなら汚れ役に徹することも厭わないけど、
人の思い遣りに触れてホッとする人間らしさも忘れていない…
あの鋭さと脆さ、お父さんみたいできゅんきゅんします!」
ナハト「おー、かりむーぬー!」
シュテル「これこれナハト、あの人は娼婦さんではありませんよ。
確かにナイスバディでどやされキャラですが…おやレヴィ、どうしました?いきなり顔を青くして」
レヴィ「シュ…シュテル…大変だよ!トヨさん曰く組織のリーダーは仲間を生かすために降伏しても
自分だけはケジメつけなくちゃならないって!
ボクたちに何かあったらパパが…パパがハラキリしちゃう!」
ユーリ「えぇ〜ッ!!?」
ディアーチェ「ま、まさか…それは豊久殿の家系に限った話ではないのか?
この国の武士といっても、南端にのみ存在する過激派らしいではないか」
晶「あ、ドリフターズだ!」
シュテル「おや、晶さん」
晶「くぅ〜、やっぱ良さんみたいでかっこいいよなぁ島津豊久!
そう言えば良さん、お花見の時に日本のあちこち旅して南の方にも行ったことあるっていってたっけ。
もしかしてその時に薩摩兵子(サツマヘゴ)の精神とかも学んできたのかも!」
マテリアルズ「Σ(゚д゚lll)ガガーン!!!」


アリサ「切腹についての文化はどう思っているの?」

良介「そもそも切腹ってのは、腹部に人間の霊魂と愛情が宿っているという古代の解剖学的信仰なんだ」

アリサ「へえ、さすが剣士を名乗るだけあって物知りね」

良介「うむ、だからこそ俺はむしろ否定的だな――幽霊という存在を知っちまった今は」

アリサ「ふふふ、久しぶりにちょっとキュンとしたわ」




※ョウさん!今回はある紹介と昭和シリーズの訂正を、
リョウさんは記憶がちょっとごっちゃになってしまっているみたいなので、
まず昭和ウルトラシリーズにおいては偽者しか出てきませんでした。
これは間違いありません。そして正確には、擬態と、コピー変身の2種類です!
前者はウルトラマンで初登場した、凶悪宇宙人ザラブ星人。
後者はレオで初登場した、暗黒星人ババルウ星人ですね。
前者のザラブ星人は、目付きの悪いニセウルトラマンに化けた事で有名です。
しかし出来るのは本物とよく見ると違うバレバレな姿にしかなれない
そして能力は真似できないタイプ。後者のババルウ星人は、リョウさんの好きなレオに置いて、
ウルトラの星と地球が衝突、と言う大事件を引き起こした事で有名ですね。
そしてレオ兄弟とウルトラ兄弟の激突、を引き起こした宇宙人です。
ババルウ星人はコピー変身タイプ。相手の姿をザラブ星人と違って、
完全に瓜二つに真似る、だけではなく、光線技など能力も真似できる。と言う極めてレベルの高い変身が特徴です。
この能力でアストラに化けて、レオとウルトラ兄弟を中違いさせました。
兄のレオですら見分けが付けない物で、ウルトラマンキングしか見破れなかった程です。
長くなりましたがザラブ星人もババルウ星人も、最初はその擬態変身でリョウさんの言う風に、
風評被害を与えて人間やウルトラ兄弟達の信頼関係を失わせようとしました。
ですが殆どは、
@後から本物が来て偽者だとばれる。
A変身を見破られる。
の2つのパターンが昭和シリーズでは殆どです。
なので昭和シリーズでは偽者が殆どだったんです。
ですが平成シリーズ1作品目のティガから、偽者ではないオリジナルとしての、悪のウルトラマンが出始めたんです。
この悪のウルトラマンはM78世界とは違う世界の、アナザーウルトラマン特有だったんですが、
以前ご紹介した2009年、今から7年前にM78星雲出身初の悪のウルトラマンが登場したんです。

ttp://m-78.jp/news/n-4280/←を見てくだされば解ります。
ゼロはリョウさんもきっと好きになると思います。



ということで、皆さんへの紹介を込めて上記アドレスを紹介。
ウルトラマンゼロの雄姿が、再び!
2017年1月7日(土)9:00〜 テレビ東京系にて放送開始なので、よろしくです。


あのウルトラセブンにも息子が産まれるとは、私も年を取ったものだ(´・ω・`)



沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)




神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 23:16| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック