2016年11月15日

拍手

その点、FGOはユーザーのペースで楽しめるのがいいですよね(´・ω・`)b>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※我が家とは舌が避けても言いたくない

避けては裂けての誤字だと思いますが
口が舌なのはわざとでしょうか?


(ΦωΦ)フフフ…


……修正します_| ̄|○



※以前良介が言っていた魔法は必要無い論がここで効いているのがいいですね。

※はやてが居る空間が懐かしいぜ。

※比較対象がおじさんって嫌すぎるなw 
というかシャマルって結局ホステスにもなったんですか? 

確か翠屋に就職したはずですが、あそこ今休業中ですし。

※八神家との気の置けない感じがいいですね。
騎士たちも打ち解けてますます近くなりましたね。

良介の前言ったことがここに来て本当に生きていると思います。
それにしてもシャマルはどこでセクハラおじさんの相手をしているのだろうか?

※そういえば良介の男性教育のためにやってきたリニスとか
聖王の聖具?に収まったっぽい夜天の人
そして幽霊のアリシアやアギトって何してるんだろう?
他のメンバーはともかく彼女らは良介についてきそうだけど。



小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
今回は質問を幾つかいただいているので、返信させて頂きます。


アギト達>


アギトとアリシアはちゃんと付いてきていますぜ。
あの場は一般人も居るので、本人達が自重しております。説明しようがないですしねw
(特にアリシアは埋葬済としているので、クロノ達にはまず良介からの説明が要)
夜天の人やリニスは逆に良介の不在を埋めるべく、聖地に滞在しております。

単純に良介についていくだけが、力になることではありません。


シャマル>


あれ、もしかして皆さんの住む地域ではないのかな(´・ω・`)?
うちの地方では、役場や町会、村の寄り合いでは会合とかの集まりで盛り上がるんですよ。
地域の親睦という名目で、結構どんちゃん騒ぎをしたりとか。
代表の方々なので皆さん紳士な人達が多いのですが、酒が入るとセクハラっぽい事をする人もたまにはw

はやては子供なので、シャマルさんが代わりに出席したりしております。


小説の感想、いつもありがとうございます。



※シグナムさん、ティアナさん、ろんぐらいだぁすという作品の4話に習って
今度局の食堂で赤面オプションをしてくれるって本当ですか?


ティアナ「……気持ち的には思い出したくない面もあるのですが」

シグナム「指導ゆえに仕方がないとはいえ、本編を思い出すと些か恥じ入る事はあるな」

良介「うーむ、やはりこの二人だと戸惑ってしまうか」



※ヒミコさんに朱い槍をプレゼントしてみたwww



ヒミコ「素晴らしい槍だ、一つ試してみたいものだ」

アイシス「ということでアンタの出番よ」

トーマ「再生能力があったとしても危なそうだよ、あの槍!?」



※データ復帰しました、フレンド送ったので再登録お願いします


この度はご迷惑をおかけして申し訳ありませんm(_ _)m
再登録させていただきましたので、ご確認を。

そして今週はいよいよサンタオルタ復刻。
私は去年参戦しているのですが、サンタオルタは今でも活躍している強キャラ。
まだゲットできていない人は是非、これを機にゲットしてくださいな(´・ω・`)b

私はボックスガチャが目当てなのですが、上限があるのがちょっと残念ですね。



※チンク「ククク…気を付けて作業しろよ〜吹き飛ぶぞ〜」
博士「君のスキルが無い限り、ただの金属がそう簡単に爆発はしないんだが…」

セッテちゃん団長「私が貴様ら聖王騎士団の団長であ〜る。
シスター・セッテ=スカリエッティであ〜る。
だらだらするな。なまりきった貴様らをシゴキにシゴいてや〜る。
泣いたり笑ったり出来なくしてや〜る。
口開く前と後に『ミヤモトバンザイ』とつけろ〜。
百戦百勝なんてのじゃなく百戦万勝くらい目指して猛特訓を始める。覚悟しなさい…」
雑兵共「「「ウィース、ミヤモトバンザイ」」」

トーレ「イヤァーーーッッ!!!」 グシャメキッ!
木「グワァーーーッッ!!!」 ズズゥン!
トーレ「これがライドインパルスの闘法だ。一撃に何もかもを込め、後の事は考えるな。
外れた時はざばっと死んで黄泉路の先陣だ。誉れだ!」



良介「いいか、ヴィヴィオ。決戦前の景気づけには、これくらいの勢いが肝心なんだ」

ヴィヴィオ「ハメを外しすぎて、何だかネジまで外れてしまっている勢い!?」

アインハルト「ヴィヴィオさんは今特に大切な試合の最中、来週に向けて気合を入れていただかないと」
シゴキにシゴいて――」

ヴィヴィオ「感化されてませんか!?」



※陛下の母君であられる、ヒミコ様。
陛下の女性遍歴(週刊誌参照)についてお言葉をお願いします。

そして、妻にはどのような女性が相応しいとお思いですか?


ヒミコ「何度同じことを聞くのだ、女性関係は自分で片を付けるべき話だ。
しかし、妻となると話は別だな」

良介「なんだ、まさか母親として選ぶとでもいうのか」

ヒミコ「何をいうんだ、馬鹿者。お前のような男を選ぶ女だ、貴重ではあるが侮れぬ。
精神面に問題を抱えていないか、探らねばならん」

良介「……うーむ、否定しづらいところが何とも」




※アナスタシヤの妹さん、貴方が協力しないとアナスタシヤが危ないよ。
彼女強いけど世間知らずなところがあるでしょ。

そんな彼女がミニスカサンタの格好をしてたら有象無象がワラワラ寄ってくるぞ。
まあ彼女は良介一筋だから靡くことはないけど、面倒な事には変わらないよね。


???「どうしてサンタなのに、ミニスカなのよ!?」

アナスタシヤ「行動しやすいからではありませんか。伝承によると、煙突からお家にお邪魔させて頂くのでしょう」

???「そうやって何でもかんでも善意に考えるから、馬鹿な男が寄ってくるのよ!」




※>シュテル「なのはINNOCENTの企画会議に提出するつもりです」

皆勘違いしてるぞ。よく読むんだ。
VIVID WOELD 今夏放映決定!! ……すでに映画化は決定してるんだぞ?



シュテル「なるほど、映画化が決定しているのであればイベント実現も容易いですね」

レヴィ「コラボイベントというやつだねー」

ディアーチェ「マーケティング情報に長けておるな」


忍「尚、礼装プレゼントのみ」

良介「おい、やめろ」



※>ティアナ「所有者以外の人間が乗車すると、自動運転で断崖絶壁から飛び降ります」

良介「ふっふっふ、馬鹿め、俺がその程度の罠に引っかかるとでも思っているのか。ドクターに作ってもらったこれで……」
―――数日後―――
良介「(返却されたバイクに張り紙)堪能したぜ! わっはっは!!」
ティアナ「……次は負けません!!」



ティアナ「先輩には失望しました。どんな理不尽な罠であっても、必ず自分の力で挑んでいたのに」

良介「うっ――確かに。挑まれた勝負には必ず、全力で自分で応じていたと言うのに!」

アリサ「確かに単純なドクター頼みというのは面白みがなくて、情けないわね」



※アリサ、最終再臨……強い(確信
ttp://fate-go.net/wp-content/uploads/2015/08/a04c6798e916ec9444a2cbe8ac8046e8.jpg


良介「猛烈な勢いで何やっているんだ、あいつ」

アリサ「修正作業。コラ画像は完璧でないと許さない性質らしいわよ、忍さん」

良介「……無駄な事には熱いやつだな、あの馬鹿」



※リョウさん ティガのデザインに関しての感想が無かったので?と思ってしまいました
ですので貼っておきますね
ttp://hicbc.com/tv/tiga/
これで検索すればサイトが出てくると思います!

またティガに関してですが、ティガはデザイン面や出自が当時ですが、
M78星雲系列のウルトラマン達とは一閃を画す能力を持っています
それは「タイプチェンジ」と言う能力です!
ティガはウルトラ戦士初のフォームチェンジを取り入れた初のウルトラマンなんですよ!
1996年の当時はこの能力は衝撃的でした
フォームチェンジと言えばライダーだと昭和のストロンガーやRX、そして現在の平成一期、二期のライダー達ですが
何が違うのか?それはティガは最初からタイプチェンジを持っていた事です。
ストロンガーやRXは後半や中盤からです
でも初めからモードチェンジ能力を駆使して戦う特撮ヒーローはウルトラマンティガが初だったんですよ!
これは特撮の歴史でも初の事でこの要素、概念は後のウルトラ戦士やライダーシリーズ、
または様々なアニメ、マンガ、ゲーム作品でもとても大きい影響を現在まで与えています。
こういった歴史の大転換を担ったと言う面もあってティガは特別なヒーローなんです。

ティガは基本的に3つの姿を持っていましてまず赤と紫の2色のカラーリングの姿は
「マルチタイプ」と言い、全ての能力が均等にバランスよく纏まったタイプで
ティガの基本タイプなんです。

この時で放つ必殺技は「ゼペリオン光線」と言い、両腕を前方で交差させた後、
左右に大きく広げて十字の形を取り、L字型に腕を組んで放つ白色の超高熱光線で
ティガの主要の技の中では最強の威力を持っています。

本編ではこの技を撃つ為にマルチに戻る事が結構ありました。
そしてこのマルチからティガは頭部の脚にある、ウルトラセブンのビームランプにあたる
「ティガクリスタル」と言う部分を光らせてタイプチェンジします
赤と紫のマルチから赤一色になった姿は「パワータイプ」と言いその名のとおり
パワー、筋力が強くなった姿で主に格闘戦で力を発揮します。
ですがその代わり筋力が上がった代償として動き、スピードが遅くなると言う弱点があります
この時の姿では「デラシウム光流(こうりゅう)」と言う、
両腕を左右から上にあげ、胸の前に高密度に集めた超高熱の光エネルギー粒子を放つ技を使います。
そして反対に紫一色になった姿は、「スカイタイプ」と言いパワーとは反対に飛行する時の速さや
動きの俊敏性、スピードが高くなります


確かに特撮ヒーローの変形モデルの多様化は、後半が多いですね。
いきなり多様化出来てしまうと苦戦できないからでしょうけど、
それを実戦に移せたティガやスタッフの方々が凄いと言うべきか。

私にとっての思い入れは、やはりRXですね。
後半のメカライダーやバイオライダーへの変身化は、見ごたえがありました。




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)




神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)
所属できそうなユニオンを探しております(´;ω;`)ウッ…



TOHOシネマズのサイトで劇場版の公開日が10月15日になってるけど本当かな?


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
【関連する記事】
posted by リョウ at 00:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック