2016年03月15日

高町なのは生誕祭2016

そういえばなのはの誕生日を祝ったことがなかった件>挨拶



※この日記は【魔法少女リリカルなのは】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【魔法少女リリカルなのは】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。















なのは「おにーちゃん、帰って来たんですね!」

良介「うむ、お前の誕生日のために帰って来たぞ!」

なのは「ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

良介「何故逃げる!?」

なのは「はやてちゃんが毎年、誕生日の翌日寝込んでいるんですよ


良介「毎年盛大に祝っているのに」

ミヤ「何を悩むことがあるんでしょうね」


なのは「自覚が全く無いから怖いんですよ!」

良介「まあまあ、落ち着け。今回はお前の誕生日だけではなく、映画化記念も兼ねているんだ」

なのは「壮絶な皮肉に発狂しそうですよ!?」

良介「オリジナルストーリーだぞ、お前の新たなる活躍がまたスクリーンで拝めるじゃねえか」

なのは「なのはも早く見たいです――本当に早く

良介「下手をすればお前の娘が先に映画化されるかもしれないもんな」

なのは「不吉な――コホン、喜ばしくも怖いことを言うのはやめて下さいよ!?」

良介「まあ、落ち着け。お前の為に聖地からはるばる誕生日ケーキを持って来た」

なのは「なのはの為にケーキを作ってくれたんですか!? すごく美味しそうです!」

良介「うちのフィアンセが花嫁修業の一環で作ってくれたんだ」

なのは「知らない内に衝撃ニュース!?」

良介「義妹が出来て嬉しいと言ってくれていたぞ、四歳だけど」

なのは「頭がおかしくなりそうですよ!」

良介「ケーキに合う紅茶も自作してきたんだぞ、お前のために」

なのは「おかーさんの紅茶と同じくらい、いい香りですね」

良介「うむ、うちの娼婦が作るお茶はなかなか美味いんだ」

なのは「お子様ななのはには理解できない女性が登場!?」

良介「後は誕生日プレゼントなのだが――」

なのは「ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

良介「だから逃げるなよ!? 安心しろというのも変な話だが、俺が用意したプレゼントではない。
お前に近しい世代の少女達に選んで貰ったんだ」

なのは「わっ、本当だ。すごくセンスのいいプレゼントばかり……すいません、疑ってしまって」


良介「気にするな、俺の娘達は皆いい子ばかりだ」









アリサ「なのはが卒倒してる!?」

ミヤ「息していません、救急車を〜!」

良介「ふふ、喜びの余り気絶とは可愛い奴め」

リーゼアリア「……彼女の心中を痛いほど察するわ」


 

〜終〜






→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 21:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 対談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック