2015年11月30日

拍手

出張も八ヶ月目に突入。年末のコミケ参戦が難しくなりそうで困っています>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※リョウさん、画像のURLが切れてたらしいので、短いのです!! 

良介のバリアジャケットの全身像>url

※ナハトの画像ですが、このくらいならシュテルたちと同年代に見えないこともないと思うので、いいかもしれませんw 

url

あとはいのりの綺麗な画像です。
ずいぶん前に送ったんで、もう流れちゃってると思うんでもっかい送りますねw 
url

※これは迷うけど、素材が多い響きのほうが面白いかな。

※この二人は本当に迷う……!! うーん、響に一票!! 

※前回表示できなかったようなのでもう一度送ります
url

あとイメージとはずれますがこんな面もあればいいなと思って。
url

※今回はディアーナが来るかと思ったけどナハトだったか……orz 
迷うな……どっちもいいからなー。

※リョウさん、ふと思ったんだけど、ナノにしても響にしても、ナハトというには大きすぎる気が。
ナハトの外見年齢はディアーチェたちと同じ九歳くらいですが、九歳女子の平均体重は30キロぐらいらしいです。
そしてリーゼアリアはそんなナハトを軽々と抱っこしているんですが……。

今までの小説内の描写を見ると本当に軽い感じですから、もっと小さい子供な気が。

※ナノでぴったりだと思うんだけど、素材が少ないのがほんと残念。

※ナハトはナノでいいと思うよw 

※>ナハトヴァールの詳細設定修正と「大好きなおとーさん(台詞付き)」
……大量破壊兵器であることはよくわかった(吐血
これ、グレアムのおっさんに上目づかいで「おじーちゃん」とか言ったら
闇の書関連の因縁全部解決しそうですな。


外見イメージへの御意見やご感想、ありがとうございます。
今週はナハトヴァールのイメージ画像と候補の追加、ご意見ありがとうございました。
賛否はありますが、ナノのイメージ推しが多いので今のままにしておきましょうか。
強いて言えばナハトはファンタジー的なイメージがあるので、現代風イメージとして響を追加するのもいいですね。

ナハトの外見>

リーゼアリアは見た目こそ才女なキャリアウーマンですが、原作ではなのは達を苦しめた実力者ですぜ。
ナハトの抱っこくらいは余裕なのさ(´・ω・`)b

――と言い訳しつつも、さすがにナノよりはチビッコい背格好ではありますw



※リョウさんTo a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ の第29話が消えてますよー
追記 To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第31,32話も消えています

※トップページの極秘のリンク間違ってますよ前回の話に飛んでしまいます

※[俺の戦いは、これからだ。]
12月を目前にこの打ち切りの定番文句。
当然、続くんですよね。
そうですよね。
「はい」か「イエス」しか聞きませんからね!

※良介の娘たちが超可愛いw それぞれの主張が微笑ましいぜw 
今回のMVPのナハトの「むふー」には和むわーw 

妹さんとの深い絆もいいな。
そして厳しくも、良介をしっかり見てるからこそのヴィータたちの言葉もいいね。

※マテリアルズが可愛いな。

※ほんと、可愛いは正義だぜ!! 
次回はいよいよ真実を話すときか……楽しみだ。

※りょうさん。
たぶんメイビー、というかまず絶対ないことですが、
すずかの言っていたギア4
まさかバウンドマンならぬバウンドウーマンなんてことには
ならないですよね。
そうなったら俺泣くよ

※妹さんが何をつかんだのか気になるね。
次回は暴露回だけど、法術がベルカではなんて名前でどういう風に伝わっているかが肝だな。

あとはっきりさせるなら、博士にも語ってほしい。
世界会議のとき態々管理外世界まで素体として良介を勧誘に来たんだから、
聖王と完全に無関係ってことはないと思うし。

※娘たちと良介の触れ合い、やっぱりみんな可愛いですねw 

妹さんは深く良介を理解し、セッテは信仰する。
それぞれ違ったあり方がまた面白いです。

ヴィータたちは厳しくありましたが、それも良介を思ってこそ。
彼らの活躍も楽しみです!! 

※つまり良介の刀だけど、竹刀から変化すると鍔や柄も含め完全に日本刀になる。
そして刀身が光っている、ってことでOKですか? 


小説の感想、いつもありがとうございます。
ご指摘いただいた点は全て修正しました。いつも感謝しておりますφ(..)
今回は退院したメンバーの復帰回、折角仲間達が退院したのに今度は主人公が倒れている始末。
ともあれ強力なメンバーが出揃ったので、怪我した良介もしばらくは戦わせて貰えなくなりそうです。
次回は情報共有の回。入院中だった面々、魔女の支配を受けていた面々等、結構情報がばらけているので、
一旦全員で今までの情報を整理することになります。良介の告白も含めて。

ただ博士の告白というのは確かに考えていなかったので、参考になりました。口添えしておくべきですなφ(..)


すずか>

ギア4は原作ではバウンドでしたが、以前話題に出た時はものすごく不評でしたからねw
今回すずかは良介とプレセアの激戦を目の当たりにして、新技のスタイルを思いついています。
ネタバレになるので言えませんが、少なくともバウンドマンではないです。


竹刀>

イメージとしてはそれで正しいです。
形状は本人とオリヴィエの憑依状態で変形も可能ですが、
また良介が完全な信頼を置いていないので無理ですね。
(オリヴィエは良介と息子と誤認しているので、魂を無防備に丸ごと預けている状態)

※トーマ「サイエンスが未来を切り開く時、トーマニックギア ON」
リリィ「か が く の ち か らっ て、スゲー」


リリィ「ぴかちゅってるかい?」

アイシス「何言っているのか分からないけど、言いそうだから怖い!?」

良介「覚えた言葉を、その場のノリで言うからな。困ったやつだ」

アリサ「あんたと同類じゃない」



※アイシスよ、リリィのセミヌードくらいで読者が動くと思ったら大間違いだ!! 
ここは抜本的な配役の変更が必要だぞ。

主人公はアイシス。ヒロインというか相棒はリリィ。
そしてトーマはリリィを狙う敵役!! 敵ならあの中二的な要素も生きてくるよ。



トーマ「すっかり敵に回されている!?」

アイシス「いいじゃない。敵に引き抜かれているんだから、もうそのまま言っちゃえば」

トーマ「薄情だよ!? それに主人公とヒロインが同じ性別なのも変だって」

リリィ「何言っているの、トーマ。百合は美しき愛だよ」

トーマ「肯定派に回っている!?」



※∠(`・ω・´) Hey!Admiralリョウ!! イベント攻略どうですカ? 中堅Admiralデース!

一年越しのPrinz Eugenドロップに歓喜に沸き立つ私は、
14秋イベント前に着任したのですが、なにしろ始めたばかりの新米提督にイベント攻略などできるはずもなく……
秋月を手に入れたところで資材の貯蓄がなくなりPrinz Eugenは手に入れることは叶いませんでした。
それから一年の間、やれプリンツはエロい、プリンツは強い、プリンツレーダーはチートだなどと聞く度に胸を痛める日々でした……
満を持して15秋を攻略! なのですが……もう、心が折れかかってます。
E-4まで甲で攻略したことに悔いはありません。 むしろ楽勝でした。
資材よりバケツで殴れって感じでしたから。
E-2なんてルート固定用にレベル20の三日月や皐月、レベル30の雪風と浜風を投入しましたが難なくクリアできましたし。
でも……もう40回近くMマスに出撃して、全然プリンツ出ないんですよ!?
ゲージ破壊中にボスマスでGraf Zeppelin出るかな?って思ってましたけど、代わりに来たのは早霜とあきつ丸でした。
いや、まあ欲しかったんですけどね、ちょっと違うかなって。
すでに9割近い資材を消費したため、早々に掘りを切り上げて来週まで備蓄期間に専念します。
イベントはまだ続きますからね。
周りがGraf Zeppelin手に入れたって騒いでも歯噛みして涙を流しながらふて寝します。


PS:FGOのイベントももはや恒例行事的な鯖落ち&無限増殖バグの大量垢バン祭りと
もう侘び石配布するしか仕事してねーなという状況ですね。
沖田引けませんでしたが二人組の海賊ちゃんが来てくれたので妥協しました。
で、ちょっとアドバイスってか要望みたいなもんなんですが、リョウさんのフレ枠が侍痴女ちゃんなんですよね。
ポイント倍率掛かるのわかるんですけど、ぐだお礼装持ちのオルタとかしてみたらどうです?
あの娘のレベルとステータス的にちょっとフレンド枠に選び辛いです……自分本位でスイマセン。
ちなみにぐだお入手のために、まず初級を回ってアイテムを集めるのが良いらしいですよ?


中堅提督に敬礼∠(`・ω・´) フレンド、使わせてもらっていますぜ(´・ω・`)+
私はE-4まで丙で攻略する軟弱提督ですが、艦娘に対する我が愛は衰えることを知らず。
その愛が報われたのか、めでたくドロップできておりません。愛とは報われないものさ(´;ω;`)ウッ…
甲だとドロップ率が高いと分かってはいるのですが、甲で100回以上攻略してもドロップ出来ない提督話を聞かされてからは、
ストレス抱えて甲で四苦八苦するより、まだ丙で挑戦した方がいい気がしております。S攻略が難しい(´・ω・`)

FGO、凄まじいバグの嵐ではありますが、このゲームのいい所は侘び石を惜しまない所(σ・∀・)σ
ガチャは20連してアレキサンダー少年のみ収穫という不覚ですが、呼符でエミヤを召喚できたのでまあ良し。
ただレベルを上げる隙がないので、流石にリーダーには出来ていませんw

フレ枠へのご意見ありがとうございました。オルタにしておりますぜ(σ・∀・)σ



※チームナカジマと敗退していないヤツら合同で訓練して貰う。
学際でヴィヴィオがやっていた的当てブロックを本格的にやる、
投手役には特別に来てもらったマグナムエースさんだ、
最終的に全員44ソニックを真っ正面から弾けるようになってもらうぞ



マグナムエース「ヴィヴィオ、俺はこの一球に魂の全てを込める。俺のオイルが沸騰するぜ!!」

ヴィヴィオ「何を言っているのか分からないけど、ものすごく怖そうです。パパー!?」

良介「耐えるんだ、ヴィヴィオ。お前はアイアンリーガーだろう!」

ヴィヴィオ「格闘技者に関係ない称号が与えられてる!?」



※落第騎士、もう何と言っていいのか……。

まずあれだけ常人離れした動きをしておいて、今さら反応速度が0.1秒って現実に即した数字を出されてもな。
前に間隙無く飛んでくる矢を切り落としてた気がするんですけど……。

というか敵が限界超えてて主人公が一回行動する間に2、3回行動できるなら、攻撃を防げる道理がない気がする。
いくら予測できるとはいえ、そこまで動かす間に敵は複数回動けるわけですし。

そういっておきながら、主人公は結構防いでるんだよな……理論破綻してないか? 

極めつけは他流派の奥義を使ったことだよ。
教わってもない、見てもない、ただその流派の剣士としばらく剣を合わせただけで奥義が使える。
これで才能がないとか言われても……。

まあ、結局は「評価規格においてはだめだけど、実は凄い主人公」ってのをやりたいのかな。
魔法科高校の劣等生とかの主人公と同じで。

個人的にはそつのない性格も含め、このタイプの主人公はあんまり好きじゃないですね。
もはやあらを探すために見ているようなものですw

※鉄血のオルフェンズが超絶面白い件。



何しろその主人公が理論を長々と語った後で、無駄な攻防戦が始まりましたからね(;´・ω・`)
お前、対応できないとか言っていたのに、どうしてその後で長々と攻防が行えるんだ!?
このアニメはそもそもタイトルや趣旨が間違えている気がするんですよね……
これほど戦えるのであれば、落第騎士なんていう称号は絶対いらない。
落第した時点から成長していくならともかく、この主人公は徹底して強いですからね。
強いのと戦えるのが好きとか、絶対生粋の戦士だろうと(;´・ω・`)

鉄血のオルフェンズと落第騎士、どこで差がついたのか。
環境、慢心――それともケツか( ゚д゚ )クワッ!!


※命令でキャロの新しい小隊メンバーにworkingのぽぷら、
35試験小隊のうさぎ、アスタリスクの綺凛、
ダンまちのヘスティアを組ませたのですが、何故か泣かれました。
パートナーのエリオ君、どうしてでしょうか?


エリオ「神様とのコンビは恐れ多いですからね。キャロは信仰深いので、涙を見せてしまったんでしょう」

良介「採点をどうぞ」

忍「もっとボケて」

アリサ「無難な回答をする男は好きじゃない」

セッテ「死んで」

エリオ「ものすごく辛辣ですね!?」



※ナハト「おとーさん、これー!!」 

良介「ナハト、どうした、って……」

ちびノブ「ノブー!!」

良介「……なんだこの妙な生ものは?」

リーゼアリア(可愛い……)


アリサ「また何か拾ってきたの、この子は。本当に父親に似て、面白いもの好きね」

リーゼアリア「可愛いモノ好きと言ってあげて。女の子なのよ」

アリサ「しっかり抱きしめておいて何言っているのよ!?」


※スバルスバル、この前ティアナが良介と一緒に買い物してたよ!! すごい幸せそうな顔してたぜ!! 


良介「ふふふ、メシ代を割り勘してやったのさ(´・ω・`)+」

スバル「すごい! 先輩なのに普段は一円も出さないのに」

ティアナ「自分だけのご飯、すごく美味しかったわ!」


アリサ「……あのさあ」




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





漫画家水木しげる先生(93歳)死去。本日11/30は雪風の除籍日と同じ日


→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 23:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック