2015年05月02日

「To a you side 第九楽章 英雄ポロネーズ 第二十四話」予告編

北陸出張から変わり、5月からは関東出張となりました>挨拶












***


 聖王オリヴィエ、本名はオリヴィエ・ゼーゲブレヒト。祟り霊と化した彼女の魂は俺の剣に取り憑いて、聖王のゆりかごは先祖の呪いからようやく解放されたのである。
怪現象だと聖王教会でも恐れられた忌わしき呪いも、取り憑いた祟り霊さえ居なくなれば巨大な墓碑と変わらない。玉座の間を神咲那美が浄化すると、驚くほどの静謐さを取り戻した。
聖王教会の懸念はこれで晴れたのだが、聖地の問題はむしろ悪化したといえる。何しろ俺が失敗すれば祟り霊が解放されて、ミッドチルダ全土が呪われるのだ。聖地は死霊都市となってしまう。

一応那美が頑張って浄化してくれたのだが、全くと言っていいほど効果がなかった。祟り霊は怨霊の一種だが、霊格はむしろ神や精霊に匹敵する。ロストロギア級の禍々しさであった。

「気落ちしないで下さい、良介さん。私もお手伝いします、必ず祟りを祓って聖王様を浄化いたしましょう」
「……なんか珍しく前向きというかやる気だな、那美」
「祟り霊級の"鎮魂術"の完成は、私の――いえ、神咲家の悲願でもありました。異世界に、聖王教会にヒントがあればと一縷の望みをかけていましたが、予想以上でした。
このような言い方は不謹慎でしょうけど、これは私が成すべき使命だと思っています。どうか、お手伝いさせて下さい」

 神咲那美が使命だと言うのであれば、俺としては運命であると捉えたい。彼女が俺と知り合い、こうして異世界まで同行してくれなければ、聖地は滅んで俺の使命は果たせなかっただろう。
ローゼの安全とアギトの自由が俺の目標、達成するには聖地の安全と聖王教会の承認が必要不可欠だ。仲間の存在を、他人の存在をこうまで有り難く思った事はない。
俺は英雄でもなければ、物語の主人公でもない。自分で何もかも成せるとは思っていない。こうした他人との結び付きを通じて、大業を成す。弱者のやり方で、悲願を達成してみせる。

俺は、自分の剣に語りかけた。


「――大切な人達に背を向けず一緒に戦うことが出来れば、あんたの未来は変わっていたのかもしれないな」
(……)

 分かってる。弱者には弱者の、強者には強者の生き方がある。弱者には出来ても、強者には出来ない事だってある。王様と庶民では立場も何もかも違うのだろう。
けれどその結果、世界を憎むなんて悲しすぎる。厳しい世界を壊したところで、優しい世界なんて生まれない。世界を優しくするにはまず、人が優しくなければならないのだ。
ならば、俺が果たしてみせよう。俺は決して優しい人間じゃないけれど、優しい人間を多く見てきた。あの桃子達のように、聖地の人達に親切に接してみようと思う。

他人に優しくなれなかった王の霊を竹刀袋に入れて、俺達は玉座の間を後にする。


「それにしても、ようやく合流出来たな。先に現地入りした筈なのに、ずいぶん遅かったな」
「お前達の噂は聞き及んでいた。私はお前自身をよく知っている、お前達の活動内容からお前の行動目的もおおよそ把握出来た。いずれ必ず、お前達がこの聖王のゆりかごへ来るだろう事も。
ならば私の目的の為にも敢えて無理に合流せず、この聖王のゆりかごを隠す結界の突破に専念していた。結界の破壊や侵入自体は可能でも、教会に気付かれない為には日数が必要だったからな」
「聖王教会指折りの結界魔導師がこのゆりかごを守っていたんだ、確かに手間だろうな。突破できるあんたも流石だけど、汚染されたゆりかご内に留まって平気だったのか」
「霊障や幽霊に関する知識は書にもあるし、改竄による新システムは旧来とは比べ物にならない機能を有している。それなりの対応は行えるさ」

 助けに飛び込んできたあのタイミングからして、随分前から玉座の間で待機してくれていたらしい。聖王の霊そのものはどうにもならなかったようだが、汚染を食い止める事は出来たようだ。
彼女とは違って守護騎士達は改竄前の魔導書から生まれている、勇猛果敢であっても霊障の汚染までは対応出来なかったのだ。魔法も呪いに対しては有効ではないのだ。
俺の行動や目的を先読みして救援に来てくれた彼女には、相変わらず敬服するしかない。常に冷静で先々を考えて行動に移す機転は、是非見習いたいものだ。

ただ彼女は俺の援護以外にも、彼女なりの目的があると言っている。


「合流を後回しにしてまで行うべき、あんたの目的というのは?」
「お前の行動は見届けていた。聖王教会のみならず、今聖地の要となっている聖女とも懇意な間柄にあるようだ。私の"呪い"を祓ってくれたお前を今こそ信頼し、運命を託したい」


***





「お前の改竄により生まれ変わった新しい魔導書、この『蒼天の書』を"聖王の聖遺物"として聖王教会に届けて貰いたい」







大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
「艦これ」春イベントE2、水上艦隊を組んで出撃開始φ(..)


→私のHP



新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 19:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック