2015年04月09日

魔法少女リリカルなのはViVid 第1話「セイクリッド・ハート」

ご意見、ご感想、ありがとうございます!>挨拶



※この日記は【魔法少女リリカルなのはViVid】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【魔法少女リリカルなのはViVid】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。



















※ヴィヴィオよかったなw 一足先に出番がきたよw 

※なのはVividを見ました。

まずは絵。
デザインが安定してない。なんかのっぺりしてる。
特にOPのなのはのバリアジャケットのやる気のなさといったら……
目の位置、手の大きさ、距離感とかサイズが所々おかしい。
動きは丁寧ではあるものの、ノロくてキレがない。
DOG DAYSと間を開けてセブン・アークスに制作して欲しかった。
エンディングクレジットには一応セブン・アークスの名前も入っていたから協力してないわけじゃないんだろうけど、
その所為かなのはが所々藤真拓哉寄りの絵じゃなくて
StrikerSの時のなのはのデザインになってるところがある。
作画に関しては不安が大きい。これで魔法格闘バトルはできるのだろうか。

次はシナリオ
漫画に従う感じなので特筆すべきことはなし。


なのはとフェイトは言うまでもなし。
しかし主役のヴィヴィオは声があまり安定してなかった気がする。
普通に喋ってると違和感が少ないけど、ナレーション部分になると全然子供っぽくなくなる。
あとレイジングハートの声が年老いてない?加工ボイスゆえの印象の違い?

変身バンク
多分第一話はここに全力を注いだんだと思う。
ヴィヴィオの魔力光である虹色の羽を舞わせながら、
フェイトをおもわせる雷の演出も織り交ぜてたのは良い演出。
シンクロして踊るウサギのぬいぐるみはシュールだけど、これはこれで面白いので良し。
一番笑えたのは次回予告のアインハルト。アレは卑怯w

総評:10点満点中5点
絵と動きに力がなさすぎ。なのはのブランド力でなんとか持ちこたえている感じ。

次回の戦闘シーンを要チェック。格闘魔法少女のアニメでこれがダメだったら目も当てられない。

※なのはVividのOPを見ただけでわかる。これはアカン。作画が死んでる

※vividの感想送りたいけどうちの地域って放送してないからネット配信待ちorz 
対談の後になったらすみません。

※vividの一話は特に細かい感想はないかなー。変身シーンが凝ってたってことくらい。
ただ個人的にはキャラクターデザインに不満が。
原作漫画の絵のタッチに合わせたんだろうけど、タッチはストライカーズの方が好きかな。






ヴィヴィオ「祝、アニメ化! おめでとうございます、パチパチ」

良介「お前が言うのかよ!? 図々しい奴だな」

ヴィヴィオ「パパの娘だもん、えっへん」

良介「認知していない不遇の娘が主人公とはなかなか悲劇的だな」

ヴィヴィオ「いきなり重い設定にされた!? パパはもう見てくれた?」

良介「見ないとうるさいので録画しておいた。あれ、お前の家にビデオデッキが無いぞ。非国民か?」

ヴィヴィオ「どこの家にももう無いよ!? でもこんな事もあろうかと、アリサさんにお願いしておきました」

良介「ちっ、そこからまず責め立ててやろうと思ったのに」

ヴィヴィオ「用意したのに何で嫌そうなの!?」

良介「まあいい、見るぞ」

ヴィヴィオ「自信作ですよ、ふふふ」


〜視聴〜


良介「二十代で一軒家かよ、これだから公務員は」

ヴィヴィオ「いきなり凄い角度から批判が来た!? マ、ママは偉い人だから」

良介「親子2人仲良くとか言ってて、フェイトが華麗に省かれているぞ」

ヴィヴィオ「あうあう、あの場での自己紹介ということですから!?」

良介「まあ、その手のエリート批判は三期で散々言ったから許してやろう。とりあえず一通り見て思ったんだが」

ヴィヴィオ「ゴクリ」

良介「基本的にお前らの事知らないとサッパリ分からないんじゃねえか、このアニメ」

ヴィヴィオ「うっ、で、でも、昔からそれは――」

良介「三期では初登場時に所属と名前が出ていたぞ」

ヴィヴィオ「ファンを大切にするアニメなのです!」

良介「知らない人を切り捨てるなよ、主人公のくせに!? 後OP含めて、格闘技シーンにスピード感がゼロだぞ」

ヴィヴィオ「それはまだヴィヴィオが弱いから仕方ありません。回を重ねるにつれて、段々早くなる手法なんですよ」

良介「そんな芸が細かいのか、このアニメ!? もし本当にそうだったら、最終回で土下座会見してやるよ」

ヴィヴィオ「初回からフラグを立ててくれるパパが好き♪」

良介「むかつくなこいつ!? そもそも肝心のお前だけ、他の人と比べて微妙に目が大きいぞ」

ヴィヴィオ「しゅ、主人公だもん!」

良介「うっ、否定したいのに謎の説得力!?」

ヴィヴィオ「でもパパ、原画全体にはあまり批判はしないんだね」

良介「なのはシリーズで綺麗な原画を求める奴はにわかファン

ヴィヴィオ「パパが一番酷い事言っているよ!?」

良介「シナリオはこれから期待として、一番のマイナス点は――」

ヴィヴィオ「どきどき」







良介「人見知りの恥ずかしがり屋の分際で、無意味に街灯に乗っているあいつかな」

ヴィヴィオ「じ、次回予告でフォローしてますから(震え声)」



〜終〜




春イベントでは再び難易度選択制(丙/乙/甲)が実装予定!

→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 13:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック