2014年10月03日

閃の軌跡U 序章「帰郷〜失意の果てに」 

惨敗した主人公>挨拶


※この日記は【閃の軌跡U】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【閃の軌跡U】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。
















序章、「帰郷〜失意の果てに」


「閃の軌跡U」と分かりやすいタイトルを敢えてつけているのは、続編であることを明確にしたのでしょう。
何しろロイド達の物語と違って、この閃の軌跡は1では完結しなかった物語なのですから。
とはいえRPG上の区切りは必要で、ラスボス及びラストダンジョンちっくなものはありました。
エンディングはむしろこのUのプロローグでしょう。何しろこの物語、帝国という巨大な国を描く壮大なストーリーですから。


閃の軌跡1ではクロウに倒され、挙句の果てに仲間達に庇われて無理やり逃走させられた主人公リィン。


逃走先はアイゼンガルド連峰。痛烈な敗北と初めての騎神騎乗で疲れ果てた主人公はなんと、一ヶ月も眠りっぱなしでした。
一ヶ月も眠っていたので、当然というべきか肉体は衰弱――という名目でレベルも技も1に落とされています。なかなか上手いなw
私は閃の軌跡1のクリアーデータがあるので、レベルは継続。初っ端から戦いやすい形で挑めました。
序章は気落ちしたリィンの状況認識とも言うべき章であり、立ち上がるまでの道筋を描いたお話。
仲間への思い遣りに満ちたリィン、Z組ではリーダー的存在だっただけに、仲間に庇われた事への自責は人一倍強いものでした。
しかも敗戦後であり、帝国全土が内乱勃発。トールズ士官学校まで占拠という最悪にも程がある状況。
仲間達は生死不明、別れ際は明確な敗戦後とあって、不安と焦燥でリィンは気が狂いそうな状況に陥っています。
幸いなのか、意図的なのか、逃走先はリィンの故郷。妹や家族に励まされて、何とか気を取り直せました。


――と思ったら故郷で猟兵の襲撃事件が勃発し故郷が半壊、親父が重傷、妹は誘拐。ファルコム、鬼すぎる


ここで親父が死んだら最悪の悲劇でしたが、幸いにも一命を取り戻しました。
攫われた妹を救うべく、そして仲間達を助けるべく、リィンは落ち込む暇もなく行動に移しました。


ここでオープニング。前途多難すぎて、プレイヤーの私まで泣きたくなりました





大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
公式漫画57話、更新φ(..)


→私のHP


絶賛プレイ中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 22:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック