2014年02月10日

英雄伝説 閃の軌跡 プレイ日記@

面白すぎて熱中しております(´・ω・`)b>挨拶


※この日記は【閃の軌跡】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【閃の軌跡】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。

 











第一章、新学期〜初めての実習〜


PSVITA及びソフトも購入したので、初めてのPSVITAプレイ開始!
今までずっとPSPでプレイしていたのもあって、綺麗なグラフィックには感嘆しました。
閃の軌跡になってシステムもPSVITAに合わせて最新化されて、FF並にキャラ達に等身が表現されるほどに成長。
ちびっこいグラフィックに慣れていた分、何だか急に未来化された感じがしますねw


そして肝心の、物語について――


リーベル、クロスベルに続き、今回の舞台は帝国。
今までオズボーン宰相を筆頭に、情報局等が他国へ介入して帝国の威信を見せつけてきましたが、
今回はその帝国を舞台に、士官学校へ入校した一人の学生を中心に物語が始まります。
主人公はリィン・シュバルツァー、帝国北部の地方貴族シュバルツァー男爵家の養子。八葉一刀流の当主ユン・カーファイに弟子入りする、剣士。
爽やかなイケメン学生で人当たりも良い男子学生ですが、過去に大きなトラウマを持つ経歴がある様子。
脛に傷ありはもはや主人公の常識とも言えるほど一般化されていますが、考えてみれば前回主人公のロイド君は兄を過去事件でなくしていますが、
本人そのものに特別な経緯は何もなく、常に今を懸命に生きてきたんですよね。
この物語はクロスベルとの時系列にほぼ重なって進んでいく形で、帝国側からの新聞や雑誌でクロスベルの特務支援課の活躍が見られると、
何だかすごく嬉しい気分になるんですよね。ロイド達が苦労した分、評価されるのが嬉しくてw
今回の主人公リィンは士官候補とはいえ学生なので、自分から事件に介入する裁量は一切持たず。
ただ特別なクラスではあるので、実習という形で学校を出て各町に起きた事件に関係していく形となります。

零や碧の軌跡では、結社が帝国に関わって事件を起こしていくのは歴史の事実。
帝国における彼らの企みを防げるのは、本主人公達を置いて他にはいません。
彼らの物語を、これから楽しみにしていきたいと思います。



大人気ゲーム【艦隊これくしょん】
飛龍ちゃんが欲しいのですが、なかなかゲットが出来ないでござる(´・ω・`)<ハフー


→私のHP




新刊『To a you side 5th 悪しき世よ、われは汝に頼まじ』、@とA通販中(´・ω・`)+
値段:500円
ジャンル:とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本
posted by リョウ at 20:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387984664

この記事へのトラックバック