2012年06月25日

Fate/Zero 第二十四話「最後の令呪」

重ねて、令呪をもって命ずる>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















・アインツベルン家


決着。誰も何も、救われなかった結末――
ゲームで言うバットエンドさながらに、世界は救われても人は救われず。
願望機に願いを託した切嗣は真実を知り、セイバーに破壊を命じました。
これで確かに世界は救われましたが、危機に瀕したのも聖杯あってのこそ。
この戦争に結局、意味も価値もなかったのでしょうね……

犠牲者を大量に出し、戦争は終わりつつあります。


・遠坂家


綺礼は敗北。己の願望が見えつつありましたが、願いには至らず。
切嗣に心臓を撃ち抜かれて、倒れました。
神に祈りを捧げる聖者が破滅を望んだ、この結末。

彼もまた、切嗣と並ぶ物語の顔役であったのかもしれません。

英雄王は、セイバーと絡むと大いに慢心しますなw
彼女と出逢ったのはある意味、不幸なのかもしれません。


・間桐家


……(´;ω;`)





節約のワザ


→私のHP



posted by リョウ at 21:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック