2012年06月14日

Fate/Zero 第二十二話「この世全ての悪」

最終決戦>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。






















・アインツベルン家


アイリさんが聖杯へと変貌、残されたのは信頼関係のない二人のみ。
明確な目的がありながら、その想いは空虚。
形にならない想いだけを抱えたまま、個々に決戦へと望みます。

最初から目的が定まっていたとはいえ、結局何も変わらなかった二人。
それが強いのか、弱いのか――この戦いで、明らかとなるでしょう。


・遠坂家


あんな可愛い人妻を容赦なく殺した綺礼、許すまじ。
一話から多くのファンを魅了した美人妻を、よくも、よくも……(´;ω;`)ウッ…

空虚な男であった綺礼も本質に気づき、そして戦う意義を得ました。
彼も本気、英雄王もまた本気、この戦場は荒れそうです。


・間桐家


おじさん、せめて生き残って……(´;ω;`)


・ウェイバー君


***


我がサーヴァントよ、ウェイバー・ベルベットが令呪をもって命ずる。
ライダーよ、必ずや最後までお前が勝ち抜け。

重ねて令呪をもって命ずる。ライダーよ、必ずお前が聖杯を掴め。

さらに重ねて令呪で命ずる。
ライダーよ、世界を掴め――失敗なんてゆるさない。


坊主、刮目して見届けよ!

***


――ウェイバーとライダーの、決戦前の誓い。
己の未熟さを知り、イスカンダルの偉大さを知った、ウェイバーの決意。
ウェイバーの成長と決意を知り、戦友である事を認めたイスカンダル。

誰がどう見ても主人公勢である彼らが、決戦の舞台へと駆けていきました。

命懸けである事を知りながら、今では恐怖に震えないウェイバーは男としてカッコいいですね。
自分のサーヴァントを信頼しているのは勿論の事ですが、
この戦いを通じて得た彼なりの強さなのでしょう。

この二人の戦い、最期まで見届けたいと思います。




ルチア


→私のHP



posted by リョウ at 23:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック