2012年05月22日

Fate/Zero 第十九話「正義の在処」

本当の正義とは?>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





















この物語の主人公、衛宮切嗣の青年時代。
ナターリアに引き取られて、彼女の知識や腕前を学んでいった。その生き方も。
煙草を吸うようになったのも、彼女の影響によるものだったのが印象的ですね。
彼女がいなければ、今の切嗣はありえなかったでしょう。
それだけに、己の生き方を曲げられなかった彼が痛々しいですね。

見知らぬ多くの他人を救うべく――育ての母を撃ってしまった、切嗣。

かつて初恋の人の最後の願いを聞き遂げられず、故郷を地獄と化してしまったのも、
彼の中で強い後悔となっていたのでしょう。しかし、それでも――と思ってしまいますね。
アーチャーなら分かりませんが、士郎なら選べなかったでしょう。
過去の過ちを撃ち抜くために、彼は生涯を正義に捧げる決意を固めました。


その集大成が聖杯戦争、物語は現代へと回帰します。



ヘミシンクCD



→私のHP



posted by リョウ at 23:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック