2011年12月04日

Fate/Zero 第九話 主と従者

マスターとサーヴァント。両者の関係が見事に描かれています>挨拶


※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。





























・アインツベルン家


セイバーと切嗣。
平和を願う意思は同じなれど、その手段は明らかに異なっています。
今回の一件はセイバーの高潔さには敬意を払えど、
戦争である以上切嗣の言い分に納得させられます。
万が一にもありえないかもしれませんが、
ランサーが切嗣を襲っていれば、その時点で聖杯戦争は終了していましたしね。
令呪とか使われていたら、危なかったでしょう。

話し合うことさえせず、両者はただ孤立していきます。


・遠坂家


アサシンと綺礼、ギルガメッシュと時臣。
主従関係は成立していますが、その間柄に感情は一切ありません。
戦争で会っても優雅を求める彼の戦い方に、弟子やサーヴァントは不満な様子。
戦略としては正しいかもしれませんが、サーヴァントに選んだ相手は悪かったかもしれません。

この陣営も不穏な気配が漂っています。



・間桐家


バーサーカーとおじさん、一切の意思疎通もなく、ただ戦うのみ。
この陣営はただ哀れです(´・ω・`)



・ケイネスさん


ケイネス先生は脱落、魔術師として殺されてしまいました。
命があっただけでも不幸中の幸い、という訳でもなく、
婚約者はサーヴァントに夢中。忠節を求めるランサーは苦悩するばかり。
この陣営はサーヴァントこそ忠義が高いのですが、
肝心のマスターやその婚約者が自分本位で、彼の忠義も汚されていくばかり。

巡り合わせが悪かったというほかはありません。


・ウェイバー君


イスカンダルとウェイバー君、他の陣営とは群を抜く仲良しぶりw
征服王の気ままさに振り回されてはおりますが、
ウェイバーも彼も見上げも見下ろしもせず、当たり前のように接しています。
ライダーもマスターを小僧扱いはしていますが、
自分の主としてウェイバーをきちんと認めており、
地道ながらも確かな成果を出したマスターを褒め称え、彼の成果に報いるべく行動しました。

キャスターの工房を破壊、恐ろしくも哀しい光景を見せつけられてしまいましたが、
二人はキャスターの打倒を誓い、共に戦っていきます。

前半のドロドロぶりがあってか、後半のこの二人の話は癒しとなりましたねw
このエピソードは大好きです。


・キャスターコンビ


キャスターとマスター、いいコンビですが最悪です。



Windowsデスクトップ


→私のHP



posted by リョウ at 01:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Fate/Zero 第9話
Excerpt: Fate/Zero 第9話 『主と従者』 ≪あらすじ≫ 切嗣の魔術礼装『起源弾』を受け、魔術回路が暴走し奇跡的に命だけは助かったが魔術師としては再起不能となったケイネス。彼女の婚約者・ソラウ..
Weblog: 刹那的虹色世界
Tracked: 2011-12-04 01:37

Fate/Zero 第9話 「主と従者」 感想
Excerpt: いっつもサブタイトルが秀逸ですよね。 本当にその回の内容を端的に表していて、それだけで凄いと思う。
Weblog: あくあぐらす〜Aqua Glass〜
Tracked: 2011-12-04 01:37