2011年11月14日

拍手

製作しました>挨拶


10月、11月と、職場がまるで落ち着かず。
二転三転しながら何とかやっていますが、おかげでプライベートも妙に落ち着きません。
とはいえ折角のイベント、新刊出ないのは寂しいので何とか執筆しました。
イベント本二冊、久遠とレンちゃんの本をそれぞれ出す予定です。なのはも花嫁修業中ですw
詳細は後日、お知らせします。


では、拍手のご返事をさせて頂きます。いつもメッセージ、ありがとうございます。



※それはトラブル起これと言うフリですね、判ります。


基本ですぜ( ̄ー ̄)ニヤリ


※良介「ルー子の甲冑?も大概だよな、DSAA撮影した映像とか高く売れそうだな」




アリサ「おまわりさん、こっちです」

はやて「さすがにそれはないわー」

なのは「おにーちゃんには、がっかりです」


ルーテシア「あそこまで言われているけどいいの、ローゼン?」

良介「……うん? 何か言った?」

ヴィヴィオ「お金を数えるのに夢中にならないで、パパ!?」


※ファイナルベン・トー


良介「アリサさん、採点お願いします」

アリサ「死ね」

良介「もう数字じゃないし!?」



※良介「もしや、あの大会は一定のエロさがないと出場出来んとか、小鳥が出れないわけだな」  
アリサ「ミウラはどうなるのよ?」




はやて「世の中には重要と供給というのがあってやね――」

良介「もっともらしく言ってるけど、ただのエロオヤジだからな」



※拝啓、アリス・バニングス殿。突然ですが、緊急を要する事態が発生しました。 
かつて古代ベルカに存在した「黒き魔術の王」が貴女のご主人の武勇伝を聞き、そちらへ向かっています。 
彼に関してはこの「夜天の物語」(理想郷ss)を熟読いただければ、ご理解できます。 
その前に宮本氏を虚数空間へと匿う事をお勧めしますが。 
こちらも、魔導機械大隊長機「ウマーバエ」を護衛として派遣致します。 
次元世界の平和の為にも決して彼ら二人を接触させてはいけません。 
ご協力をお願いします。


アリサ「次から次へとよく来るわね……仕方ないわ。総員、戦闘準備!」

良介「お前は何者だよ」



※良介には伊波さんのパンチは脅威だな、曝されて強くなるかもだけど。




良介「男嫌いな女にわざわざ近づく物好きはいないだろう」

山田「駄目ですよ、後輩。職場の皆とは、山田のように仲良くしないと!」


ぽぷら「……」


良介「見ろ、あの人のいい先輩まで呆れた顔をしているぞ!?」

山田「失礼です、大変失礼です!」



※良介「中学生以上はババアなンだよ」


アリサ「ロリババア、大好きなくせに」

良介「誤解を広めるな!?」





沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)






プリズム


→私のHP

 

【関連する記事】
posted by リョウ at 21:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック