2011年05月23日

魔法少女リリカルなのはStrikerS第24話「雷光」(10)(StrikerS対談)

ちょっとだけ、オリジナル展開――ちょっと?>挨拶


※この日記は【魔法少女リリカルなのはStrikerS】のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

【魔法少女リリカルなのはStrikerS】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。
















〜セイン・シャッハVSセッテ〜


セッテ『っ――捉えきれない!?』

セイン『はえぇ……アタシの目でも追いきれねえ!』

シャッハ『ハァ、ハァ……変幻自在の武器、軌道も複雑。
けれど、対象者を補足出来なければ無意味です。

最後の警告です。抵抗は止めて、大人しく投降しなさい』

セッテ『理解、不能……その負傷で、何故これほど速く動ける』

シャッハ『貴女は戦闘を、データでしか判断していない。
身体能力値、魔力値、そして自分自身の戦闘能力――最善な判断を、最短で行えるように出来ている』

セッテ『我々は戦う為の兵器、当然の仕組みです』

シャッハ『だからこそ、己の中で構築された概念にはない判断が出来ない。
貴女の胸の中にある疑問こそ、今の貴女にないものなのです』

セッテ『まさか、それが正義だの愛だのと言うのですか? 余分なものに過ぎない』

シャッハ『今の貴女にはなく、この子にはある。決定的な差ですよ』

セイン『シ、シスター……』

セッテ『私にはそのようなもの、不要です』

シャッハ『そうして切り捨ててしまったから、貴女は此処で敗れるのです!!』


セッテ『I.S――"スローターアームズ"!』

シャッハ『烈風一迅!!』



セイン『セッテ! おい、大丈夫かよ!?』

セッテ『……ぅ‥…何故、私を、心配、す――っ』

セイン『馬鹿野郎……お前は、アタシの姉妹だろ……ほっとけるか……』

セッテ『……どうして、泣いて……アナタを、殺そうと、した‥…』

セイン『いいんだよ……もう、いいんだよ……!』


シャッハ『たとえ道を誤っても――家族と一緒なら、やり直せますよ』


セッテ『……投降する』


















良介「……」

ドゥーエ「……」

レジアス「な、何をジッと見ておる!? 言いたいことがあるなら言ってみろ!!」

良介「涙拭けよ、おジイちゃん」

ドゥーエ「はい、ティッシュ。チーンとして下さいね、おジイちゃん」

レジアス「誰がおジイちゃんか!? 泣いとらん、儂は泣いとらんぞ!」

良介「そこまでガン泣きされたら、つっこむ気もおこらん」

ドゥーエ「騎士ゼストと和解して、涙脆くなってしまわれたのですね……これも老いですか」

良介「若者の俺達には無縁な感情だな」

レジアス「ゆとり世代に見下ろされる謂れはないわ!」

































〜ウーノVSヴェロッサ〜


ウーノ『拘束は結構。大人しく投降します』

ヴェロッサ『――意外だな……てっきり抵抗されるものとばかり』

ウーノ『貴方を此処へ導いたのは、ローゼンでしょう。
やはり殺しておくべきだったのか――今でも悩みますが、こうなった以上致し方ありません』

ヴェロッサ『頭の中を見せてもらおうと思ったけど、その必要もないみたいだね』

ウーノ『聞きたい事は全てお話ししますが、条件があります』

ヴェロッサ『司法取引なら、僕より適任者がいるよ』

ウーノ『ドクターが敗北を認めれば、私も話します。でなければ、一切貴方達に協力はしません』

ヴェロッサ『……あくまで親に忠実か‥…強制的に聞き出せば、その場で自害しそうだね』

ウーノ『ローゼンに伝えなさい――ドクターは、貴方との直接対決を望んでいると』































ドゥーエ「……姉妹というものは、似るものですね」

良介「貴女との勝負が終わった後で、彼女の願いを果たしましょう」

ドゥーエ「ありがとうございます――といっても、もう勝ち目はなさそうですが。
クアットロの策も恐らく通じないでしょう」

レジアス「相手が相手だからな、気の毒に」

良介「中将まで同情してる!? それにしてもヴェロッサも、大して活躍しなかったな」

ドゥーエ「彼は査察官のようですね。本来、表舞台に出る人間でもないでしょう」

良介「査察官が役になった場面も全然なかったんだよな。
陰謀を暴くとか、もうちょっと色々出来る点があったと思うのだが」

レジアス「その点、儂は裏で活躍しておったがな」

良介「た、確かに、ある意味頑張ってたけど――」

ドゥーエ「――ポジション的に、悪役になっておりましたわよ」











〜続く〜


「ラクダコール」


→私のHP



posted by リョウ at 14:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 対談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック