2010年12月24日

拍手の返信をさせていただきました

もう今年も終わりですね>挨拶



クリスマスも明日を迎え、今年も一人ぼっち(´・ω・`)ショボーン
せめてもの慰めに、先週購入した『アザナエル』と『三極姫』、
そして『Dies irae 〜Acta est Fabula〜』で熱く盛り上がりたいと思います。寂しくないもん(えぐえぐ)
せめて年始年末はオフ会にコミケ参戦と、遊びまわりたいと思います。

では、拍手の御返事をさせて頂きます
いつも頂いている拍手が励みになっています。ありがとうございます。



※新刊、面白かったです。レンとの実りある修行(笑)とか、アリサとのバトルとかw
そしてですが、一読した時でしたが、良介の内面描写が結構詳しく語られていたのですが、
少々多いかな?と思いました。二回目はそれ程、気にはなりませんでしたが。

※to a you side 大好きです! 頑張って下さい!

※小説、おもしろかったです。続きを待っています。






新刊に小説の感想、ありがとうございます。
今年でHPも十周年、十年間もの間小説を執筆し続けてきました。
同人誌発行は去年からですが、遠くから皆さんに足を運んでいただいて、
本当に嬉しく思っています。通販での購入もありがとうございます。

来年も多分社会人生活と共に、小説を書き続けていくと思います。
まだまだ至らぬ点は多いですが、今後ともよろしくお願いします。



※リョウさん、リリカルなのはMOVIE 1stのDVDの初回限定版が
アマゾンで通常版よか安いので、つい買ってしまったです。
もうドキドキが止まりません

※リョウさんへ お久しぶりです。
『リリなのmovie 2nd』決定ですか…まぁ『movie 1st』の題からありうるとは思ってましたが…
そんでもおんどろきですよ!! †

※リリカルなのは劇場版買ったどぉぉぉぉぉぉぉぉお!!!!

※明日予約したストパン2とリリカルなのはを買ってきます!!!

※劇場版漫画のなのはって、第一話で突然叫び声上げたり、
最新話では人の役に立てない奴に価値は無いみたいな考えをしてたり、色々と怖すぎる。





なのは「フェイトちゃんとなのはの友情物語が、ついに発売されたんですよ!」

良介「上の画像を見る限り、全くそんな風には見えないんだけど」

アリサ「あたしやすずかも出演しているのよ、良介。100万枚は買いなさい」

良介「一枚で十分だろう!? 物語の出来はいいらしいけど、この時期に発売だと騒ぎそうだな」

アリサ「誰が?」

良介「あいつ」


ミヤ「さあ、冬のコミックマーケットが開催されますよ! かかって来い石原ー、ですぅ!」


なのは「何か危ないこと言ってますよ!? いいんですか!?」

良介「発売禁止になっても困るのは俺じゃない」

アリサ「……ひがんでいるわね、こいつ」




※ロト6ですが、1度決めた6つの数字を1年買い続けてみるっていうのは結構当たりますよ^^ 若


これはいい法則を聞かせていただきました。
年末ジャンボ宝くじにロト6と、明日出る給料で購入してみるつもりです。
当たったら何に使おうかな〜♪(皮算用)




※なのはさん、なのはさん、剣士さんのパートナーって、
セキレイ108のくーちゃんこと草野って本当ですか?




なのは「ずるいですよ、おにーちゃん! わたしとも一緒に戦ってください!」

良介「お前と一緒に戦ったら、余波に巻き込まれる

アリサ「何という正論……!?」


※百合の花の種類にシグナムって言うのがあるんだって。イメージじゃねぇな。


シグナム「ふむ、確かに私は花というイメージではないな」

良介「花嫁衣裳を着飾るより甲冑を纏って戦う方が綺麗だもんな、あんた」

シグナム「平穏も悪くはないのだが……お互い、生きるのには苦労するな」


※他人事と割りきれないイチオシラノベを紹介

「僕は友達が少ない」

ハーフの親から中途半端に受け継いだ金髪と生来の目付きのおかげで不良扱いされ、
相次ぐ転校も手伝って友達ができない主人公、羽瀬川小鷹。
ある放課後、彼は普段から無愛想なクラスメイトの三日月夜空が一人で楽しそうに話しているのを目撃する。
そう、彼女は友達と喋っていたのだ……エアギターならぬエア友達(脳内設定)と。
……あまりに残念な出会いから一転、どうやったら友達ができるのかを話し合う二人。
部活を作ったらどうかという小鷹の提案に彼女は次の日「隣人部」なる部活を発足、
小鷹を無理矢理入部させてしまう。そして様々な縁で入部してくる部員も残念な人間ばかり。
性格以外パーフェクトなお嬢様に古風な日本男児を目指す美少年メイド、
天才的な頭脳を持ち下ネタ腐キャラ全開の後輩に厨二患者でブラコンな妹、
先生で幼女のシスター顧問……
端から見れば一貫性のない様々な「友達作り」の予行演習的な部活動が行われる中、
小鷹はかつて幼少に別離した『親友』と誓った
「友達百人なんて出来なくても良いから百人分大事に出来る本当の友達を作る」を胸に日々を過ごしていく……
その親友がすぐ側にいる事など気付かないまま。
自分が高校生の頃こんな部活があったら真っ先に入部してたなーと思う程には
寂しい学生生活を送った経験があるだけに個人的に引き込まれる作品です。



このシリーズ、前々から実は興味がありました。
本屋でたまたま見かけて、そのタイトルから惹きこまれたんですよ。
他とは違った面白さというか、面白くなりそうなシリーズというべきか。
その時は通り過ぎてしまったのですが、その後メディア展開されていって、
こうして拍手でも紹介して頂いて思い出す事が出来ました。

丁寧に紹介して下さって、改めて興味が出てきました。
あの時の本屋さんにまた足を運んで、購入しようと思います。ありがとうございます。
アニメ化もされるのでしたら、感想で取り上げるのもいいですね。


※リョウさんへ 今日、久々に自転車乗ったら・・・
夜には足が笑ってら〜オレってばよっわ〜いw


私も最近体力の衰えを感じるようになりました。
昔ほど上手く走れないですし、階段を思いっきり駆け上がっただけでゼイゼイいいますからね。
日頃の運動は大切ですね、本当に。
身体も硬くなっていますし、鍛えねば。



※火の国風の国最新巻、
エレナの独断やジェレイド体調悪化で内部分裂の危機なボルネリア軍に対し
アレス側はもう登場タイミングとか血統とか最早ベタベタ過ぎる王道展開でした……
あっちはもう今回突っ込みませんが
エレナに対しては言ってることが真恋姫の劉備的な理想に酔ってる感が否めません。
これまでのジェレイドの苦難を見てきた者にとっては。
うやむやで通して欲しくないですね、個人的には。





王道展開は基本的に好みなのでいいのですが、
反乱側の動機や苦渋も読み取れる分、確かに綺麗な理想にばかり走って欲しくないですね。
現実が厳しいからこそ、彼らも立ち上がったのですから。
この手の物語は落とし所が難しいのですが、この作品ならではの結末も見たいものです。
アレスもようやく変わりつつありますからね。
万能な力を持っていても、それだけで全てが語れる訳ではありません。


※9/14の日記に関して。
この夏、知り合いが泊まった日以外家を扇風機で乗り越えれましたよ〜。
むしろクーラーなんてここ数年まともに使わない・待機電力節減で電源抜いてもすごせてますよ〜。


今年の冬はストーブまで壊れたでござる(涙)
夏はエアコン、冬はストーブ、うちの電化製品はことごとく討ち死に。
呪われているとしか思えないほど、今年に重なりました。
エアコンなどに頼りきりにならず、運動とかして暖まった方がいいかもしれませんね。




※良介、ハートキャッチプリキュアの劇場版が面白すぎだよ。
藤原啓治さんと大谷育江さんのゲストキャラ二人が魅力的過ぎる。 
是非 フェイトと二人で観て来て感想をきかせてくれ



フェイト「プリキュア――とはどういった映画なの、リョウスケ?」

良介「……この質問に詳細に答えられたら、男として恥だと思う」

フェイト「??」


※何処のメーカーだったかは忘れましたが、抹茶の香りの入浴剤が良かったですよ。
何か落ち着く香りでw
風呂釜によっては使えないモノもあるので注意してくださいね。
あとマンションとかだと匂いの強いのも注意がいるかも?


抹茶の香りの入浴剤、ありましたよ!
偶然見つけまして試してみました。
香りはなかなか落ち着きますが、若い娘さんの妹には不評でしたw
入浴剤は色々と試していますが、冬のこの時期だと特に身体がポカポカ暖まって、
良い気分でくつろげます。ちょっとした道楽ですね、年寄り臭いですがw

紹介、ありがとうございました。引き続き、いいのがあれば聞かせてください。




※来年から放送するラノベ原作アニメを紹介

「GOSICK」

舞台は世界大戦の狭間、1924年ヨーロッパの小国ソヴュール。
立派な軍人を目指す日本からの留学生久城一弥、
西洋人形と見紛う程の容姿と天才的な頭脳から周囲に「灰色狼」と揶揄される少女、
ヴィクトリカが織りなすミステリーサスペンス。
友達以上恋人未満のようでそうでない、二人の微妙な距離感が見所の作品です。




……何か、タイトルだけでちょっと惹かれましたw
来年アニメで放映されるのですか、これはまた注目ですね。
この作品は原作もまるで知らないので、折角ですからアニメから入ってみます。
友達以上恋人未満という微妙な男女の関係にも、注目したいですね。
単純明快ではないのも、人間関係の面白さですな。



※良介「俺はペドペドの実の能力者 ペドペド人間」


アリサ「→海水をぶっ掛けてみる」

良介「せめて能力を聞けよ!?」



※こんにちは、リョウさん。日ごろよくこちらの作品たちでお世話になっているものです。
今回リョウさんにオススメの作品があったので拍手をおくってみました・・・
その名も「入速出邸の住人はフリーダムなようです。」 
こちらの作品を一言で表すならばズバリ「悪ノリ」ッ!! 
一応やる夫系の作品なんですがキャラクターたちの暴走が激しいのなんのってww 
その中でも我らが魔王様はなんと同人作家で
いろんな下ネタトークをマシンガントークという最強コンボを繰り出す美女(笑)
・・・もうね、笑うしかないねww  
ってわけでリョウさんにも日ごろの疲れをこんなおバカな作品で癒してもらえたらなと思います。
それではお体に気をつけて・・・ノシ

※俺妹が気になっているリョウさんへ。
理想郷に俺妹のssがいくつかあるので、探してみてはいかがでしょうか?

※これから村正プレイというリョウさんに理想郷のクロス ssを紹介
「正義の理、麻帆良にあり」
壊れた筈の正宗が村正の電磁抜刀の影響かネギま世界にトリップ、
そこで出会った平行世界のそっくりさん一条と「正義」を行い苦悩するお話。
コンプしてから読まれるのを推奨します。
残念ながら原作とはまったく違った話なのです。
いや、先に別の感想をみて視聴していないので詳しいところはわかりませんが。
どうもいろいろな理由があり変なほうに(というか全部)改変されたようです。
原作はそれなりに面白かったですよ。


やる夫系の作品は今も何作品か追っていますが、どれも面白いですね。
主人公であるやる夫もそうですが、各キャラクター達が持ち味を生かして、
物語を面白おかしくしてくれるのがいいです。
原作有りも素敵ですが、オリジナル系にも興味はあります。

俺妹は最近流行で二次作品も増えていますが、
村正関係はなかなか見れないですね。
ゲームも探しているのですが、やはりなかなか見つからなかったりします。
ニトロプラス系は専門コーナーがあるのですが、在庫がないようです。
コンプしてから読んだ方がいいのでしたら、先にゲームを優先しますね。
紹介、ありがとうございました!







沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





→私のHP

【関連する記事】
posted by リョウ at 00:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック