2006年05月02日

ヴァンドレッド 小説執筆

展示>挨拶


今回のお話、牢屋の存在に困りました。
レーザータイプだとソラやユメ、ピョロで操作する事が可能です。
かといって脱出可能な牢獄に意味はありませんし、現実的でもないのでこういう監房もあるのだと勝手に追加しました。
不快に思われた方には、申し訳ないです。


孤立無援になった主人公。
誰一人味方のいない状況下で、遠く離れた少女の無垢な愛情に触れます。



→私のHP











posted by リョウ at 15:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック