2006年04月10日

ヴァンドレッド 小説執筆

展示>挨拶


束の間の休息。
男達の友情をテーマに描いてみました。
カイはどちらかと言えば一人で悩んで解決しようとする男なので、なかなか相談相手には恵まれません。
特に今日は最悪の積み重ねであり、苦悩は限界を超えていました。
バートの気持ちは、彼にとって本当に救われた想いだったと思います。


でも、まだまだ悲劇はこれから。
目の前にまで迫ってきています――






→私のHP











posted by リョウ at 18:46| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16389638

この記事へのトラックバック