2010年09月19日

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第21話「決戦」(終)(StrikerS対談)

「東京レイヴンズ」一巻、読破。彼女の一連の言動を追い直して悶えました)ぇー>挨拶


※この日記は魔法少女リリカルなのはのネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。

リリカルなのはシリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。








〜フォワード陣、戦闘中〜


ティアナ『ライトニング、スバル! 作戦、ちょっと変更。
目の前の相手、無理して一人で倒す必要はないわ。

足止めして削りながら、それぞれに対処。それでも充分、市街地と中央本部は守れる』

ノーヴェ「ばっかじゃねぇの! そんなに時間かかんねぇよ!」

ウェンディ「あんたは捕獲対象じゃねぇっすから。殺しても怒られねぇっすからね〜」

ティアナ『(念話が聞かれてる!?)

通信は以上! 全員、自分の戦いに集中!!』



良介「戦局はスバルにギンガ、ティアナにノーヴェとウェンディ。

キャロとカミナリ小僧に、ルー子とガリューのコンビか」

オーリス「ライトニングもスバル・ナカジマも、分断距離と戦力負担はかなり大きい。相当不利ですよ。
ギンガ・ナカジマの戦闘力と比較しても、彼女一人では勝利は難しい』

レジアス「特に、フォワード陣のリーダーは結界の中で孤立無援。
戦闘機人二人に追い詰められつつある。このままではまずいぞ」

ドゥーエ「うふふ、実に楽観的な見方ですわね」

良介「楽観的……?」




ティアナ『こんな狭いところで二人相手じゃ、持ちこたえるのが精一杯。
結界破壊スタッフが来るまで、なんとしてでも生き延びなきゃ――キャッ!?』



良介「!? ティアナ!!」



ウェンディ『ディード! あんたも?』

ディード『オットーの指示。
あの幻術使いは確実に仕留めておかないと、面倒だって』




レジアス「更に戦力投入!? 三対一では勝ち目はないぞ!」

オーリス「戦闘領域も限られた中では、彼女の射撃能力も生かせません。
幻術も先の戦いで改良された戦闘機人に看破されている。

彼女は――敗北します」

ドゥーエ「数の差が戦局を決める――貴方の言う通りになりましたわね、ローゼン。
貴方に選択肢を与えましょう。

後輩の惨たらしい死に様を見てから死ぬか、貴方が惨たらしく切り刻まれて死ぬか。

全ての運命をルーレットに委ねるか、貴方自身が死を選ぶか。
お好きな方をどうぞ、ローゼン」

良介「……そうだな。ならば大穴を選ばせてもらおうか」

ドゥーエ「大穴?」



良介「ティアナが三人を撃破して、俺もアンタに勝利する。貰えるチップはでかいぞ」



ドゥーエ「……失望しましたわ、ローゼン。ここまで来て無駄にあがくとは。
ドクターの好敵手に相応しく、自らの敗北を潔く認めてはどうですか。

チェックメイトが既にかかっておりますのよ。無駄に勝負を長引かせるのは、好ましくありません」

良介「今の戦局を見誤っているのは貴方だ、エス姉。
オットーは王手を急ぐあまり、勝利を危うくしてしまった。

この采配は明らかにミス――少なくとも、俺は不利になったと思っていない」

レジアス「馬鹿な……戦闘機人は一人加勢に入ったのだぞ!?」

良介「オットーやエス姉は、ディードの参戦でまた一つ勝ちの目を積んだと思っている。
だけど――この戦況は、明らかに積みすぎ。

あまりにも高く積んだ石は、バランスを崩しやすい

勝ちの重しには繋がらないことが、しばしば――あの三人は、それに気付いていない」

オーリス「……なるほど、そういう事ですか……つまり」


良介「そう、ナンバーズ達は敗北を恐れている。
先の事件で勝ったのはあくまでもジャイル・スカリエッティであり、あの三人ではない。
局地的視点で見れば、一目瞭然。実戦経験の少なさが如実に現れている。

あの三人のチームワークは万全ですか、エス姉」


ドゥーエ「……っ……、あの少女は足を負傷しています。
たとえバランスに欠いた戦局であっても、戦えなければ無意味では?」

良介「ティアナは天才ではなく、凡人。だからこそ、逆境に強い。
天秤の針はまだ揺れ動いている。勝負の醍醐味はこれからですよ、エス姉」

ドゥーエ「……ええ、じっくり楽しみましょう。
本来、私は裏方なのですが――思わぬ形で、好敵手に巡り会えた。
歴史を変えるこの戦いで良き相手と巡り会えたことを、感謝しましょう。

もはや貴方を侮ったりはしない。もし機動六課が勝利すれば、潔く敗北を認めましょう。

そして、貴方も――」


良介「彼女達が敗北すれば、俺はいつでも死んでやる。彼女たちの痛みと共に――」






→次回、魔法少女リリカルなのはStrikerS第22話「Pain to Pain」







→私のHP

posted by リョウ at 15:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 対談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック