2006年03月19日

ヴァンドレッド 小説執筆

展示>挨拶

今回の話の要となる、ソラとの離縁。
一方的な八つ当たりを黙って受け止めて、彼女はカイの傍を離れました。
ディータの怪我で苦しむカイには、まだ冷静に見れていません。
今回のお話にはやはり賛否両論あります。
一方的にソラを罵倒したカイに、誰がどう見ても非があります。
作者が言い訳するのも変なので、心情面に関してのフォローは無しで。


引き続き、次回もカイ視点。
診察結果に――



→私のHP











posted by リョウ at 15:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック