2006年02月13日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


クリスマス編、完結です。
長くなりましたが、ご愛読頂いて本当にありがとうございました。
出来れば去年のクリスマスには終わりたかったですが、何とか書き終えられましたのでひとまずほっとしています。
今回のお話は正直、迷いもありました。
女性からのクリスマスプレゼントもあってしかるべきですし、きちんとした触れ合いも書いてみたかったです。
ただカイの状況と、蛇足的なお話でもありましたので涙を飲んでカットしました。
贈り物は形ではなく、気持ちで――
賛否両論あるかと思われますが、このクリスマスはこのような締め括りとさせていただきました。


次回より第十一章。
本編を知っている方は御分かりかと思いますが、いよいよあのお話です。
平和な雰囲気は微塵も許さない、少年と少女達の修羅場を迎えます。





私の小説系HP「生まれたての風」









posted by リョウ at 02:26| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13213147

この記事へのトラックバック