2009年10月18日

テイルズ オブ ヴェスペリア エンディング

無事にクリアーしました>挨拶





※リョウサンへ 
そうですか・・・ついにあのシーンに行き着きましたか・・・レイヴン・・・・・orz 
自分はこのシーンで今作のお気に入りキャラが決まりましたよ・・・
カッコよかったぜ!?ファンになったぜ!?レイヴーーーン!! †

※馬鹿な!?リョウさんは紳士の心を持った炉であっても、ショタではないと信じていたのに?!

※いや、その……言い難いんですけど、サイコロ勝負の勝率七割は硬いんですが、自分

※サイコロ・・・・・チョー同感です。あのじじぃはアカギか!

※まてッ!0勝20敗とはどういうことだッ!!我らが天才リョウ氏がサイコロで負けるとはッ!!  
ちなみにわたくしめはテキトーにやったら一回でクリアしました。…ファイトッ!!

※ 羨ましいよ。リョウさん。あんた幸せだよ。
ヴェスペリアをやりたいが為にわざわざ箱を買って、さあやるぜ、って時にPS3で完全版発売の一報だよ………
そりゃクリアはしたさ、だけど、いくらなんでもコレはひでえよ………

※違いますよ、リョウさん……ヴェスペリアの主人公であるユーリは兄貴分というよりもおかんだ。

※色仕掛けでジュディスやエステリーゼじゃなくリタな時点でロリコンですw

※イメージカラー赤の少女天才魔道師・・・「悪人に人権はない!」って言いそう

※ネタですが、ヴェスペリアPS版だとスバティアコンビがいますね。 
そして、こちらでも結構いいコンビです。



空いた時間にコツコツプレイして、先日無事にエンディングへ。
随分と拍子抜けしましたが、彼らの物語はひとまず終わりを迎えました。
むしろこのエンディングではこの後非常に世界が混沌とすると思うのですが、
その辺は政治や生活に関わってくるので、冒険とは違うのかもしれませんな。

彼らギルドと騎士団の真価は、このエンディングの後で問われるでしょう。

その物語を見れないのは残念ですが、彼らなら責任を持って行ってくれると信じております。
今回の冒険の最大の功労者は主人公ではなく、リカさんですな。
天才魔導師の頭脳が無ければ、確実に世界は滅んでいたと思います。
精霊化した彼らのテンションの高さには吹きました。存在感が軽くなっているよ!

主人公ユーリの評価は上々、ブレない強さを持ったテイルズでは稀有な男でした。
ただ成長面で言えばユーリより、むしろカロル先生の方が注目は大きかったですね。
ドンとしたギルドの活躍を、続編として一本出来ると思います。
経験豊かなおっさんがいれば上手くやっていけるでしょうからね。この人も大好きでした。

さて、コンシュマーはこれでしばらく封印。
11月のイベントに向けて、同人誌製作に集中したいと思います。
――その前に映画版を観に行きますけどね!


→私のHP





<ComicTreasure14>新刊『To a you side 1st 月に憑かれたピエロ』、DL販売中。
よろしく御願いします。
posted by リョウ at 14:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック