2009年10月12日

カイジ〜人生逆転ゲーム〜

折角の連休なので劇場版を見に行きました>挨拶













※この日記はカイジ -人生逆転ゲーム- のネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。



















福本先生の作品が大好きで、全シリーズを読破している私。
先生の作品の中で一番最初に読んだのが、「カイジ」でした。
当時私は就職活動に失敗したばかりの未熟者で共感が持てる部分も多く、
それでいてカイジが挑戦するギャンブルの壮絶さ、絶望に立ち向かうカイジの戦略と生き様に胸を震わされました。
現在連載中の新シリーズも当然、読んでおります。
ですのでこのカイジの映画版公開を喜び、上映を楽しみにしておりました。

そして、鑑賞――

内容としては、出来の良い二次創作という感じでした。
映画版ならではのオリジナル展開も多々ありましたが、どれも原作を超える出来ではありませんでしたね。
「人生逆転ゲーム」という名の通り、借金そのものよりも己の人生の逆転を目指す事で一貫。
原作は一つのギャンブルに間延びした部分もありましたが、
この映画は逆に詰め込み過ぎて、カイジのギャンブルにおける凄さが今ひとつ伝わってきません。
安藤の裏切りからの逆転や耳を引き千切る荒業もなく、少し残念でした。
(原作ではあの展開に、文字通り息を呑みました)

ただ映画版で、石田さんとの別れのシーンに力を入っていたのは嬉しかったですね。
現在のシリーズでも和也の真実にカイジが反論する際、思い浮かべたのが石田さんが最後に魅せた強さでしたので。
始終頼りない大人だった石田さんが死に際見せた意地――それがカイジの不屈の強さの根幹。
あの場面だけは、拍手を送りたかったですね(迷惑)
出演者の演技――特に伊藤カイジ役の藤原竜也さんの演技は素晴らしかったです。
ヘタレで誘惑に弱い、人生の負け組なカイジを演じきっておりました。それだけでも、一見の価値はあります。
地下でのビールを飲み干すシーンとかそのままで、原作ファンとしては思わず口元が緩んでしまいました。

もし映画を見られた方がいらっしゃれば、是非御意見・御感想を聞かせてください。
といいますか訪問者の方々にカイジファンが居れば、是非語り合いたいものです。
早く戦いましょうよ、和也さん)ぇー





→私のHP





<ComicTreasure14>新刊『To a you side 1st 月に憑かれたピエロ』、DL販売中。
よろしく御願いします。
posted by リョウ at 00:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック