2006年02月07日

ヴァンドレッド 小説執筆

小説展示>挨拶


夜遅くに仕上げました。
いよいよ次回で第十章は終わりです。
長くなりましたが、今までお付き合いくださって有難う御座いました。
本番のクリスマスパーティは幾らでも描写出来ますが、全て割愛で。
カイも居ませんし、主要メンバーが欠けている状態なので。
だらだらと引き延ばすのもあれですし、第十一章へ進んでいきたいと思います。


幻のクリスマスツリー。
少しでも皆さんの御想像の手助けになれば、幸いです。


私の小説系HP「生まれたての風」









posted by リョウ at 21:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァンドレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック