2009年03月10日

『真・恋姫†無双』蜀編、攻略

蜀編、攻略しました>挨拶



蜀編、攻略。
やけに最終戦を押したのはそういう事か、貴様ら!!( ゚∀゚)ノシ)`ν゚)・;'.、
最終決戦における怒涛の展開に唖然呆然でした。
挿入歌まで流して武将達は盛り上がっていたようですが、
プレイヤーの私は全員のテンションについていけませんでした。
自らの理想を語る劉備は見直しましたが、
一刀による影響が大きいですからね……
曹操様より帝王学を学び、良き指導者になる事を願っています。

さて、最後は呉編。主人公の立ち位置が気になります――


***

 努力とは一種の才能であると、俺は思う。
目標を立てて努力する――好意は立派だが、苦痛を伴う。目標によるが、大抵の人間は最後まで耐えられない。
最後まで諦めず努力、自分の夢を叶える最大の要素だろう。
白の書の精霊イムニティ、彼女にはその才能があった。死を強制されて尚諦めず、召喚器として生まれ変わった。

俺には出来なかった……痛みに耐え続けられなかった。

人間関係で傷つく事を恐れて独りになり、仕事に苦労するのが嫌でニートになり、生きていくのが億劫になり引き篭もった。
楽な方に逃げてばかりの人生――苦痛こそないが、刺激も何もなかった半生。
充実とは無縁で感情すら働かず、俺はゆっくりと死んでいった……

人生50年とすれば、残り半分。今までの人生をやり直す、最後の機会。

今度こそ努力をしてみよう。苦痛に苛まされても、きっと耐えられる。
平穏が一番の地獄。苦労を知らない人生はただ過ぎていくだけ。


ニートで引き篭もりな俺だが、今日は自分で部屋の外へ出てみよう――


***



――ようこそ、"アヴァター"へ。



→私のHP





「マリナ・イスマイール」の聖歌。今の一番のお気に入り。
子供達の優しい明日を願って、彼女は歌います。
posted by リョウ at 01:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック