2005年12月29日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS 〜選ばれた未来〜 

相変わらず煮え切らない内容でしたが>挨拶


リアルでは見れなかったので、ビデオより拝見。
最終回+ラストエピソードがあり、一時間枠の放映でした。
最終回の話はそれほどの変更はなく、一部台詞や登場人物に差異があるのみ。
ラストシーンでアスランが参戦していましたが、何しに行ったのか全く分からないまま終わりました。
ちゃんと動かしてあげて下さい、脚本家殿。
シンとアスランのラストバトルは修正後の方が好きで、説明不足ではありますがまだ良かったです。


エピローグはキラとシンとの再会。
賛否両論はあるでしょうけど、私は素直に受け入れられる事が出来ました。
色々腹が立つ事の多い男でしたが、シンの新しい出発には応援したく思っております。
プラントのラクス様には、ギル議長より戦慄しましたが。






私の小説系HP「生まれたての風」











posted by リョウ at 21:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11150798

この記事へのトラックバック

最後の「種の運命」
Excerpt:  「『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』FINAL PLUS 選ばれた未来」を観た。  これは10月1日まで放送されていた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の“総集編的な内容”とい..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2005-12-30 01:33