2008年10月25日

To a you side 第六楽章 第十六話 予告編

30秒予告>挨拶



***

どれだけ願いという頁を生み出そうと、
夜天の魔導書という実体は一つしかない。

そう――俺は八神はやてまでこの手にかけた外道。

はやて。
俺は……ただ罪を許されるだけではいけないんだ……。
この罪に見合った奇跡を起こさねばならない。

だからはやて、俺は今こそお前と向かい合う。
守護騎士ヴォルケンリッター相手でも変わらない、
アリサの忠義に報いるためにも。

***



→私のHP





いずれ出逢う仲間の為に、新しい世界で戦い続ける!
posted by リョウ at 19:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック