2008年10月07日

拍手ミニ小説劇場

以前拍手で頂いた小説の続編を紹介>挨拶



***



燃え盛る炎。

広場の中心は爆撃を受けたような有り様で
平和の象徴として形作られた噴水は跡形もなく粉々に砕かれていた。

周囲の人々は逃げ惑い、辺り一面に悲鳴が交差する

「何で、アナタはこんなひどいことをするの?!」

血まみれの我が子を抱きかかえながら、
母親と思しき女性はこの惨劇を作り出した目の前に佇む少女に
憎悪の感情を剥き出しにして睨み付けて叫ぶ。

「貴方達の村は聖王教会の教えに背き、
教会が再三警告状を送ったにもかかわらずそれを無視し続け、
寄りにも寄って“旧神”の教えを信仰しました。
よって異端審問を行います」

感情を感じさせず、
淡々と答えるのはこの惨劇を作り出した張本人である。

−ー年齢は12、13歳、容姿は金色の髪に翡翠と紅玉のオッドアイ。

身に纏うのは宵闇を思わせる黒衣の騎士甲冑を纏った
清楚可憐な少女である。

ただし、その手に握られた少女が持つには
不釣り合いな大剣と身体に付着したおびただしい量の返り血が
その雰囲気を壊してしまっている。

その容貌は無機質でまるで神々の神話から飛び出した人々に
告死を告げる天使のようにも見える。

少女はそれ以上言うことは無いと言わんばかりに、
その場を離れようと飛行魔法でこの場を去ろうとする。

しかし。

「……何で?」

女性の呟きを聞き取った少女はその場で飛行魔法の使用を中止し、
首を傾げた。

「はい?」

その瞳には相変わらず何も映っていない無機質なガラス玉のような瞳だ。

「何で貴女はこんな酷いことを平気で出来るの?」

そう言って女性は悲しげに当たりを見回す。

引き裂かれた常緑樹、
攻撃魔法によって破壊された住んでいた石造りの古い建物、
買い物に行っていた商店、
女性が慣れしたんだ光景が全て壊されてしまった。
目の前の少女によって。

女性の目からは一筋の涙がこぼれる。

それを視た者が、普通の人間ならば
自分の仕出かした惨劇に打ちひしがれ崩れ落ちたかもしれない。

だが。

「任務だからです」

淡々と少女は応えた。

その瞳にはーー

「私は騎士団に所属する騎士です。
騎士団の騎士が教会からの依頼に答えないでどうするんですか?」


憤怒も、

後悔も、

悲哀も、

罪悪も、


殺戮者が持つ一種の高揚感すら感じられなかった。


(あぁ、そうか)

女性は悟った。
この騎士は、この少女は、
人として無くしてはいけない何かを無くしてしまった人間なのだ。
だからこの少女からは人間の感情を感じられないのか。
そう思うと、女性の瞳から再び涙が流れ始めた。
今度の涙はこの哀れな少女を思って流した涙だ。

「また、泣いているんですか?泣いたとしても、何も……!?」

女性を無機質な瞳で見下ろしていた少女は女性の顔に宿る感情を悟り、初めて能面のような仮面に感情という亀裂が入った。

「貴女……」

その感情の名は、

「私を哀れんでいるのか……?」

間違いようの無い、

「ふざけるな……!!」



“怒り”だった。



「ーーヒッ!?」

突然感情を剥き出しにした少女の殺気に女性は思わず身を竦ませた。
純粋な憎しみ。
今まで生きてきて他者から向けられたことのない
混じり気のない殺意。


怒り悲哀憎しみ嫉妬殺意怒り悲哀憎しみ嫉妬殺意怒り悲哀憎しみ嫉妬殺意ーー


そして、後悔。


まるで今まで押し留めていた感情という奔流が
僅かな罅で決壊したダムのように少女の身体から溢れ出している。

「貴女如きに私のなにが分かるのよ!!」

少女は今までの無表情が嘘のように女性に向けて
感情を吐き散らかしていた。

まるで幼い子供のように。








以上でネタ尽きました。


***



えええぇぇぇぇーーーーーΣ( ̄□ ̄





→私のHP





Dungeons & Dragons Online『ダンジョンズ&ドラゴンズ』
【関連する記事】
posted by リョウ at 22:11| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぇぇーーー!?

微妙に続きが気になる小話ですな。

このヴィヴィオはなぜにこんなやさぐれて…
パパはどうしたんでしょう?やっぱり知り合い全滅の「復讐鬼」モードなのでしょうか
Posted by 風燐華残 at 2008年10月08日 00:50
続きが気になって悶えそうな作品です!
Posted by カイト at 2008年10月08日 19:18
なんつうかね、こう失礼なんですが気分的に・・・・・続きを書け、って言いたい気分なんですよね
あ、それと言ってはいませんからね、書いただけです(おい
Posted by コウ at 2008年10月08日 22:57
反響が会って、私も嬉しいです。
既に拍手でこの方からメッセージを頂いていて、
また書いて下さるそうですよ。

とはいえ急かす事は出来ませんので、
気長にお待ち頂ければと思います。
Posted by リョウ at 2008年10月11日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック