2008年09月16日

コードギアス 反逆のルルーシュ R2TURN 23『シュナイゼル の 仮面』

恐ろしい勢いで〆に入りました>挨拶




※この日記はコードギアスのネタバレが含まれています。
読まれる方は、くれぐれも御注意を。




※ナナリーは生きてるそうです、中の人がラジオでばらしました

※R2、22話でルルーシュがニーナを保護したのは
フレイヤ弾頭に対するNジャマー的なモノを期待しているからだと思うのですが、どう思います?

※ナナリーが敵側に・・これはシュナイゼルに何か吹き込まれたとしか考えられない・・・
そうじゃなきゃいきなり「敵です」なんて言わないはず
彼女ならまず理由を聴くと思うし・・・そう信じたいよぉ

※ラウンズメンバーが本当にかませになるなんて…今のコードギアスは酷いな。
1期から見続けているファンを馬鹿にしている。ナイトメアは紅蓮二式の頃が輝いていた。
今はパイロットが凄いんじゃなくて、機体性能が凄いとしか思えない。
今日の放送で、私の中では完全にギャグアニメになりました。
唯一良かった場面はリヴァルとニーナのシーン。本当の友情を感じました。カッコ良かったぜ、リヴァル!

※扇死亡フラグ全開。
あと不覚にも玉城がカッコイイと思ってしまった。て言うか主要キャラが全滅しそうな予感が。
さて後2話。物語はどうなるのか。あとサヨコが敵じゃなくてよかった。

※今回のシンクーさんは、追い詰めた→げほげほ→アッー!!の嫌な咳フラグですね、わかります

※もう色々としっちゃかめっちゃかなギアスですが、
もう俺にはこのまま行くとルルーシュの死か∀ガンダムのエピローグみたいに、
C.C.と一緒に隠棲しそうな気がする。とっとと纏めて平和に暮してほしいもんです。
良介の将来もそんな感じかにゃ?



そんな感じです)ぇー
敬老旅行に出掛けていたので、ビデオ録画で鑑賞。
最終決戦となった今回、ややこしくなって来たので気になったキャラ達の感想を。
不満も含まれていますが、私個人の感想なのでご容赦を。


ナナリー>


この娘は2期では一生懸命で個人的に好きだったのですが、今回の決断は微妙。
シュナイゼルに騙されているのは分かります。あからさまですし。
ただギアスを否定して、フレイヤを黙認する意味が分かりません。
「少々の犠牲は出たかも知れない」、それで彼女は何故納得するのでしょうか?

そして発射――ルルーシュの罪を断つのなら、尚の事平和的な解決に望むべきだったと思います。
それが奇麗事というのなら、「優しい世界」の実現は絶対に不可能です。


「ふふははは!お前の為……?我が妹ながら図々しい事だ
人からお恵みをいただく事が当たり前だと考えているのか?
自らは手を汚さず、他人の行動だけを責める――

お前は俺が否定した古い貴族そのものだな」


――ですよね)ぇー


黒の騎士団>


副指令の扇ほど評価がガタ落ちしたキャラは近年珍しいかもしれません。
噴火撃沈した時、ファンの方には申し訳ないですがちょっと喜んでしまいました)ぇー
死ねとまでは言いませんが、彼がこのまま何事もなく幸せになるのは納得出来ません。
そして、シンクー率いる騎士団の皆さん――

「フレイヤを使わないなら指揮権を預けてほしい」

フレイヤを使う自分のやり方を却下するなら代わりに指揮権を委ねる、この取引を飲む理由が分かりません。
実に勝手な理屈に見えるのですが、シンクーは他に方法はなかったのでしょうか?
「自分はルルーシュに負けた事がない」、そんな確証もない事を言われても。
第二次トウキョウ決戦まで、ルルーシュは軌道修正しつつも着実に事を進めているんですぜ?

ルルーシュも外道な手段を取っていたので全てが意味不明ではないのですが、
結局シュナイゼルは乱発している訳でこの責任をどう取るのやら――
ナナリーもそうですが、ギアスよりフレイヤの方が犠牲者を山ほど出しているんですよ。
あくまでルルーシュに責任を全て押し付けるなら、
彼らの最初の理念は既に消えうせているのでしょうね。


コーネリア>

まだ生きていて、次回得意げなシュナイゼルを背後から刺す事を期待。
頑張って下され。


ディートハルト>


シュナイゼルの言っている事は実に平凡かつ、ベタな発想だと思われます。
「大量破壊兵器を背景にした恐怖政治」、これのどこが多様なる変幻なのでしょうか?
ただルルーシュと視線を交える場面があったので、スパイ説を押したい所。
来週は生きるか死ぬかで、評価がガラリと変わりそうです。


咲世子さん>


生きていてくれたのは嬉しいですが、次回の予告が怖い。
紅蓮からルルーシュを守って死んだから、ちょっとカレンを庇うのが難しいです。
生きていて下され。


ニーナ>


この娘が希望の星になるとは夢にも思いませんでした。
自分の罪を償う機会を、是非生かしてほしいです。



・・・・・・こんなに山ほど文句が出たのは久し振りかもしれません。
皆さんのご意見も是非、聞かせてほしいです。



→私のHP




posted by リョウ at 20:18| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー 私もギアスについて感想を

ナナリーがギアスを否定してフレイヤを
黙認する意味。

私は盲目ではないのでなんとも言えませんが、凄い爆発、より人を操っている の方がナナリーにとっては現実味があったのでは? 視覚に関することはナナリーにとってはある意味空想の産物でしかないので、それよりは直に触れ合うことができる人間を操っていた の方がナナリーとしては許せないことだったような気がします。

人間としてかなり出来ている印象のナナリーがこんな風に考えるかは分かりませんが。(シュナイゼルの口車に乗せられているとすれば、こんな浅はかな考え方をしていてもおかしくはないかも?)

ナイトメア戦について

1期の陸戦主体の頃が一番面白かった気が…
2期の専用機乱発は個人的には幻滅でしたね。
ランスロット(ラウンズカスタム)のような感じでカラーリングチェンジと僅かの追加武装がついた程度にして欲しかったなぁ。専用機は。

個人的にラウンズについて

帝国最強の騎士が女子供ばっかってどうかと・・・ ナイトオブワンのような歴戦の勇士という感じの渋い男キャラばかりの所に1人だけスザクがいれば、17歳という若さで帝国最強に騎士に選ばれた異端の少年みたいな感じで箔がつくと思うのですが。
それだと視聴率とれない? 最もです。

扇とヴィレッタ

ヴィレッタに子供がいるシーン見て違和感を感じたのは私だけでしょうか?
ヴィレッタは確かに扇に対して好意は抱いていたようですが、イレブンとでは身分が違い過ぎるという想いの方が優先していたように見えたのですが。とくにそのわだかまりが溶けるような描写もなく(咲世子さんに襲われて崖から落ちるシーンはあったものの、あそこから妊娠という流れはいくらなんでも強引すぎるような)
正直全てにおいて現在のギアスは視聴者おいてきぼりという気がしてなりません。

ロロと一緒にルルーシュが逃げ出した辺りから作り直したほうがいいような気も…

愚痴になってしまいましたが、注目していたアニメだけに最近の失速気味は残念でなりませんね。

Posted by 飛鳥 at 2008年09月17日 00:51
はじめまして、こんにちは
今回のギアスですけど、リョウさんと同じで扇の船が落とされた時は僕も喜びましたよwww
Posted by 零崎 at 2008年09月17日 04:03
扇とヴィレッタ>

この二人に違和感を感じている視聴者は多いと思います。
扇はヴィレッタではなく千草と認識している為、
両者の間に大きなズレがあるように思えます。
ヴィレッタは不幸な状況に流された感じがしますし、
妊娠には正直嫌悪しかわきません。


扇の船>

初めまして、リョウと申します。
扇に関してはそうですよねーw

Posted by リョウ at 2008年09月17日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106661482

この記事へのトラックバック

コードギアス反逆のルルーシュR2 turn23「シュナイゼルの仮面」【感想】
Excerpt: 「お兄様の罪は私が撃ちます」(byナナリー・うろ覚え) 第二次トウキョウ決戦のフレイアによって生死不明になっていた ナナリーガ生き...
Weblog: 失われた何か
Tracked: 2008-09-17 08:19

コードギアス反逆のルルーシュR2第23話「シュナイゼルの仮面」
Excerpt:  第99代ブリタニア皇帝に即位したルルーシュ。オデュッセウス・キネヴィア・カリーヌなどの皇族をはじめ全員にギアスを掛け、自分の命令に従わせていた。誰も反対しない中最初に取り掛かったのは、ブリタニアとい..
Weblog: アニメのストーリーと感想
Tracked: 2008-09-18 21:19