2008年07月15日

拍手

来週頭、正式に出社です>挨拶


今日が、私の誕生日だったりします。
7月15日、二十代も半ばを過ぎるとこの日が怖くなりますね。
気が付けばここまで来ていたという感じです。
成長したのか、していないのか――
自分の中で判断は出来ませんが、変化はきっとあったのだと思います。
昔仲の良かった年下の従兄弟が、今年第二児誕生予定ですからね・・・・・・(遠い目)
頑張れ、私。


ではでは、拍手の御返事をさせて頂きます――



※リョウスケ様に報告します!産地直送夕張メロン美味しく頂きました!!……二玉ほど ニヤニヤ




良介「・・・・・・」




              /     '、
           /  KA  '、
             / ●::::::::::● '、
         /         '、
           〈           〉
         ノ=-       -=彡ヘ
        /  xヘ、___ノ 人
        {/〃 ̄    /_>、 }
        /          厂 }ヽハ
          |{、       / /  }|
          | \         /  ノ'|






ミヤ「神が降臨!?
何もそんなに怒らなくてもいいじゃないですか!?」

良介「こいつは調子に乗りすぎた!
その昔人間が天まで届く塔を作らんとしたとき、神もいい加減キレた。それぐらい俺も怒っている」

ミヤ「し、しかし、神様! 
この人にも愛する家族がいるんです、許してあげて――」

良介「家族で殺しあう神様なんていくらでもいるわ!!!」



※エイミィ、『友達』認定・・・・・・
どんだけピンクな友人関係ですかお2人さんww

※生まれたての風が18禁サイトに変更か!!

※ 「ちょっと…電話なってるよ?」「気にするな」的なルートは無いのか!

※ボイコットしまくりで笑ってしまったw

※お色気シーンがあると掲示板反応が格段に多く吹きました。
リョウさん筆頭にあなた達にロリの称号を進呈b

※今後も更新がんばってください


※なんという危険なお戯れ。
もう友達とか恋人とかそんな枠に当てはめることができない関係ですね。
友達以上恋人以上

※お誕生日おめでとうございます!


小説御読みくださってありがとうございますーノ
正月元旦から、二人はのほほんと過ごしております。
多少の御色気はスキンシップ、未遂すら予想済み。
二人の仲は形こそ変われど、年を取っても続いていくでしょう。


※ヴァンドレッドの最新話読みました
タイトル通り、最初に賛美歌についていた主の祈りを見たとき高校時代を思い出しました
キリスト教の学校だったので毎週それを読んでました。
今では懐かしい思い出です


キリスト教の学校の卒業生ですか。庶民的なイメージではありますが、上品な感じがしますね。

カイにドゥエロ、バート、マグノ海賊団にソラ、ユメ――
皆古き伝統に縛られ、何かを間違えて今の悲惨な結末を迎えています。
この主文はキリスト教に詳しくない方でも知っておられるとは思いますが、
それぞれの祈りを込めて書かせていただきました。


※ギアス能力者の子供達の虐殺は、
アレルヤが超人機関を壊滅させたのと同じですよね

※良介頼む!!!!カレンを助けてくれ!!!
そしてスザクに日本人として殴ってくれ!!!報酬はメロン3個でどう?

※ロロのギアス発動時相手が武器をもってる場合それを奪って使用してるんですよね
回想1回、ルル対峙一回と2回ですが
シャーリーの傷と倒れ方からおそらく銃でやられたと思われるけど、
シャーリーは銃をもったままだったのがちょっと不自然、
で、ロロの武装はナイフ(今回はジェレミアと戦うために銃もってきた可能性もある)
と、ミスリードを疑うには少し無理目かもしれませんけど
一応要素はありますね

※スザク、何処まで道を外すんだ。
ルルーシュを餌として使ったブリタニアが最大の原因だと思うんだけど……
あぁ、人はこうやって目的を見失うのか。

※あっさり和解フラグ折れちゃった(笑)。
シャーリー守れなかったことに関して責任感じてないみたいだしスザク。
しかもルルーシュに責任転嫁しようとしてるし……。

※R2、スザクは酷くなってますよね。
間違ったやり方に意味はない、そう言っていた彼はどこへ行ったのか。
もしユフィの件で変わったというのならそれはゼロ、つまりルルーシュと何ら変わりないことだと気づいていないのでしょうか。
いつか彼にも汚名返上の時があることを信じたいものです。

※皇帝の「また嘘をついたね兄さん」でV.Vを見捨てる流れかと思ったw


雑誌を見ましたが、この先スザクとルルーシュとの直接対面があるようですね。
シャーリーが死んで、緩んでいた現実感が一気に引き締まりました。
今後は急速に事態が変化しそうで、先が楽しみな分不安もあります。
今一番の心配はやはりカレン、無事であって欲しいものです。


※作品とはまったく関係ないのですが……
7月12日日記にある文庫の広告で、リインに見えるキャラと司書って単語でwktkしたのは自分だけでいい……



会社の面談前に立ち寄った本屋で、偶然見かけた書籍です。
よく見れば確かにリインを髣髴させる女の子ですな。
この絵師さんの絵柄は好きで、同人を含めて注目しております。


※同人版いつごろ


来週から出社なので、プロジェクトの状況を見て判断するつもりです。
早ければ、秋か冬にでも形にはしたいですね。


※桃子さんには『生涯現役』の四字が似合うなら良介は?


良介「当然、天下無双に決まってる!」

アリサ「――に勝ってから言いなさいよ、その台詞。六月、あんな目にあったくせに」

良介「片手で街灯投げるような奴なんだぞ、あいつは!?」


※良介から「洗濯板を借りるならチン子が一番!!!!」と言ってたけど
どの辺が一番?


良介「胸」

チンク「今はっきりと、躊躇いも無く言ったな貴様!?」

良介「俺たちの間に遠慮は不要だろ?」

チンク「フレンドに接しても許さん。死ね」

良介「今はっきりと、死ねと言っただろお前!?」


※一次選考落ちた・・・・orz

※良介・・・君と俺の人生に幸あれ・・・orz  
あと日記の拍手見てみたが・・・
良介もリョウさんもロリコンと呼ばれまくっている・・・w


が、頑張ろうね、皆・・・・orz


※良介さん、ぜひ、紅蓮可翔式か斬月可翔式に乗ってください
あなたなら12分に乗りこなせるはずです。


良介「うむ、改良される前に俺様がパクってやるぜ」

アリサ「その場合、カレンが逃走出来る可能性減るわよ」

良介「むっ、それは困る――って最近お前って、詳しいよな」

アリサ「あ、アンタが毎週熱心に見てるから、あたしは!」


※管理局のエース達が良介に逆らえないのは…
彼がハンス・ウルリッヒ・ルーデルの転生体だったからなんだ…!


良介「――第二次世界大戦中のドイツ空軍の軍人。
急降下爆撃機Ju 87 シュトゥーカで歴史上で最も多くの戦車を撃破した撃墜王ならぬ「戦車撃破王」――

同じエースでもえらい違いだな」

なのは「ド、ドイツ空軍を代表するエースパイロットと一緒にしないで下さいよ!?」


※良介、揺れる豊満なカットインと揺れない慎ましやかなカットイン、
どちらが美しいか小一時間議論しないか?


良介「この論議――どっちの派閥を選んでもツッコミが来る危険性があるだろ」

アリサ「ジェイル・スカリエッティなんて比較にならないレベルの戦略で、会議を潰すわ」


※管理局の有志で日本文化を愛好する同好会を設立しました。
是非良介に外部顧問になって欲しいのですが…。

※良介さんへ 現在銀河連邦警察の研究所にミヤさんと共に行っている管理局員です。
しかし・・・やっぱり凄いですね!!
バード星の科学力は!!良介さんに聞いていた通りです。
訓練生に支給される剣や銃(バードニアブラスター)の性能や使い勝手は非常に良く、
自分が訓練生の時に支給された簡易ストレージデバイスとはえらい違いです
・・・ハァ・・・あ!? コホン 実は科学者の人達にラウンドシールドをやって見せたんですが
非常に興味を持たれました・・・なんでだろう? えー報告メールを終わります。
(現金100万円を事務所の口座に振り込んでおきました、ご確認下さい)

※良介さーん。どっかの世界からこんなのが届きましたー。つジェフティ

※忍が良介の為にパワードイクサーを造ってくれましたよ。

※忍「侍くん!コレが私が作ったゲーム疑似体験マシーンだよ!ゲームはもちろんモンハンG2!!」

※良介さん、良介さん宛てにザビー教よりお手紙が
リョウスケサーン、ワタシ達、ザビー教に入信してくだサーイ。 
ワタシとアナタでミッドチルダに愛を広めましょう。 byザビー

※オメーが宮本良介か?俺様の名は長宗我部元親ってんだ。
どうよ良介俺様と一緒にお宝もとめて七つの海渡らねえか?海はいいぜ。
ひょっとしたらオメーの求める強さもあるかも知れねーぜ。


良介「アリサ、今年の予定表に入れておいてくれ。
後、荷物と口座の確認。
全くドイツもコイツも、俺の胸を躍らせやがるぜ! ふはははははは!!」

アリサ「・・・・・・コイツの人脈ってどうなっているのかしら」


※最近、テンパってくると何故かグルンガストの事が頭に浮かんで来ます。
これは…恋?それともお脳の病気?


それは、恋ですよ! 間違いありません!
恋の病を癒すには告白あるのみ! 是非東京タワーの上から叫んで下さい)ぇー


※良介が雨なら、なのはは嵐、フェイトは雷、スバルが晴で
ティアナが霧、そしてはやてが大空かな?

なのは「私だけ何か荒々しいイメージがありませんか!?」

ティアナ「私は霧のように存在感が無いんですか、先輩!」

良介「何故俺にクレームを出すんだ、貴様ら!?」


※フィアッセさ〜ん、この間 良介に好きな(歌)者は何ですか?と聞いたら @
フィアッセ(の歌)が好きだと言っていましたよ〜。 A


フィアッセ「うん、私もリョウスケの事は好きだよ!」

アリサ「・・・・・・うーん、天然って手強いわ」


※今ふと疑問に思ったんだけど、良介はスネークのことどう思ってる?
俺はあの人の渋さに惚れたwwwww


良介「あの人こそ伝説の傭兵だろ」

アリサ「ソリッド・スネークの事を言ってるでしょ、あんた」


※この間、昼寝中の良介が漏らした寝言 
「アリサ〜・・・・・好き・だ・・・ぞ」


アリサ「その程度の事で恥ずかしがるほどウブじゃないわよ、あたしは」

はやて「・・・・・・それやったら、何で料理当番変わるんや?」


※リョウスケにジャギ様みたいに「俺の名を言ってみろっ!!」ってやって欲しい
相手は指定無しです


良介「俺の名を言ってみろっ!!」

ナンバーズ『ローゼン!!!』

ルーテシア「絵描きの人」

良介「くそっ、いつか絶対に認識を改めさせてやる」

ジェイル「素直に名乗った方が早いと思うぞ、論理学的に」

ウーノ「一般常識です、ドクター」


※ミッドではイタズラをした子供には
良い子にしていないと魔王の砲撃が飛んでくると言うらしい


なのは「クラナガンの都市伝説なんですよ、兄さん! 怖いですよねー」

良介「お前だ」


※良介って、何気に義之君と似ている気が、
無自覚に女子を落とすし、悪い意味で裏表が無いし他人あっての能力だし


良介「人間、普通に喋っていてもある程度の人間関係は誰でも築けるぞ。
最近の若い連中がやらないだけだ」

アリサ「大層な事を言ってるけど、アンタも積極的にはやってないわよね」


※良介がアギトとユニゾンすれば、まんま炎髪妁眼の剣士じゃん
夜笠も似合うだろし


<アリサ入手検証資料>





良介「日本刀も持っているからな。あれで女でさえなければ――」

アリサ「女の子だから人気あるのよ、このシリーズは」





沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見やリクも受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います。
第三期の感想でも大歓迎なので(ぺこり)
ナンバーズネタでも歓迎です。



→私のHP



【関連する記事】
posted by リョウ at 22:17| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、霊帝亀と名乗る物です。
早速ですが、良介さん、『神の路線』を走り、なおかつ『銀河鉄道』の技術で改良された、『ガオウライナー改(仮』に乗ってみたくはありませんか?
Posted by 霊帝亀 at 2008年07月15日 23:59
はじめまして、Sinと申します。
シャナは十巻までは読んでいたんですが、個人的には微妙。同作者のA/Bエクストリームの方が好きですね。
Posted by Sin at 2008年07月16日 14:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック