2024年05月06日

拍手のご返信

コメントや拍手、ありがとうございます>挨拶



いつもメッセージありがとうございます。
返信をさせて頂きます。
WEB拍手:http://webclap.simplecgi.com/clap.php?id=ryou123



※有栖ガチャ挑戦して金キャスターと思ったら
エレナで☆5演出かと思ったらニトクリスオルタでした…


星5すり抜けはきつい(´;ω;`)ウッ…
FGOガチャって確定演出はないので、当たり判定は出ても油断できないのが怖いです
虹色回転でも違う場合もありますからね(゚A゚;)ゴクリ



※良助って立場のある人間やら権力者やらに好かれたり気に入られたりする傾向有りますよね…

※>蓋を開けてみれば肝心の自動人形は、
俺の作ったうどんを啜って餌付けされたという皮肉な結果である。
あの時の安次郎たちの「は?」っていうのは中々忘れられないギャグシーン…何話だったけ…



小説の感想、ありがとうございます
質問がありましたので私の方でも探しまして、本日の更新で紹介しておきました
「第七楽章 暁は光と闇とを分かつ 第六十二話」となりますφ(..)メモメモ

思えばこのエピソードが夜の一族との関係構築となり、
権力者や立場ある人達とのつながりに発展していったんですよね
良介は海外へ行った動機は自分の怪我した腕を治すことだったのですが、
それ以上に人間関係の発展が大きな利点となりました



※ラストカルテ完結ですね。
サンデーで好きな漫画だったんですが打ち切りというわけでは無いようですしね。
次回作に期待



ラストカルテが完結。
結構長めに連載されていたと思いますので、
全コミックが10巻であれば上手く物語として纏まっていると思います。

実力のある先生ですので、次回作にも期待したいですね(σ・∀・)σゲッツ!!



※ブルアカ未プレイ視聴者はかわいい女の子たちが後ろ黒い銀行とは言え
銀行強盗する姿を見て何を思うんだろう



最近のヒロインははっちゃけているから(震え声)

ソシャゲがアニメ化されて放映された場合、
原作を知らない視聴者をどこまで興味を持って取り込めるかですしね
結果としてプレイヤーが増えれば万々歳ですな(´・ω・`)+



※いやぁ…まほよコラボは素晴らしかったですね…
まさか木乃実がしんみりシリアスやるとは思わないじゃん

※コクトーとマナお嬢様(2,3歳)が出るとは思わなかったですね…
存在を匂わせて終わりかと…
式が終始女性口調なのもコクトー達が傍にいないからだったんでしょうね



まほよコラボ、私も今進めております(σ・∀・)σゲッツ!!

やはりきのこ先生が執筆されているだけあって、ストーリーも力が入っていますね
チャプター毎の濃度が高いので、開放するたびにびっくりさせられておりますφ(..)メモメモ



※鵺の陰陽師の新刊読んで知ったんですが…烏天狗お前女かよ…



鵺の陰陽師は平成のラノベ的な展開を行った上で、
令和の技術で進めている感じがありますよねφ(..)メモメモ

この路線で頑張ってほしいものです




※勇者アバン、ハドラー倒してもまだ続くの楽しみですね。ハドラー倒した後のイベントは
・ロカが死ぬ
・マトリフがパプニカに迎えられるも家臣に虐められてやる気なくして隠居
・ヒュンケルがアバンを殺そうとして失敗しミストバーンに拾われる
・アバンがカールを出る…ですね、エピソードも加筆するんですかね…



結構今の勇者エピソードって、魔王討伐後華やかに終わるのではなく、
生々しく政治的な話が展開されますよね

アバン先生は恵まれてはいますが、それでも順風満帆とは言い難いですしね(´・ω・`)



※ワンピ世界が海に沈むなら空島の住人や月に旅だったエネルが勝ち組になってしまう…



月面も生存可能とはいえ恵まれた環境と言えるかどうかは不明なので、
必ずしもいいところかどうかは分かりませんね
(大地は広大にありますが)
とはいえ海に沈んでしまうと元も子もないので、月に移住する発想はありかもφ(..)メモメモ




※ケントゥリアのアンヴァルいいですよね…
腕も脚も太い長身マッチョな美女はいいですよね…


予言の人物はユリアンで、
アンヴァルと対立するって流れになりそう(´・ω・`)?

あくまで穿った見方ではありますが、どう展開していくのか気になる




※近改めてシン・ウルトラマンを見たのですが、
怪人やウルトラマンのこうした歴史や経緯、設定などを見ると感心させられますね

奥が深いですφ(..)メモメモ

けれど同時に強敵の存在が、特撮を盛り上げるので複雑ですねφ(..)メモメモ<


リョウさん、御感想ありがとうございます!


次にリョウさんにご紹介と解説をするのは、


ゴルザの亜種であるゴルザUと言う親類種についてご紹介と解説を致します!
02:12 @「霧門岳で超古代の光の巨人との決戦に敗れた7年後に復活した超古代怪獣の2世」


さてリョウさん、前々回で書きました作品「ウルトラマンティガ」第18話「ゴルザの逆襲」にて


ウルトラマンティガとの最終決戦と言える再戦で敗れた、


ゴルザ(強化)ですが、このエピソードの約7年後、


↑上記の作品の7年後の後日談である続編たる、


作品「ウルトラマンダイナ」の時代である本作の世界、


ネオフロンティアスペースの西暦2017年〜2020年の時代でも、


ゴルザは出現しているんです!そのゴルザというのが、



ゴルザU


別名:超古代怪獣


身長:62m


体重:7万t


出身地:霧門岳


初登場:「ウルトラマンダイナ」第43話「あしなが隊長」


がこのゴルザU(ツー)です!


これは本編エピソード内でも言及されていますが、


作中世界の7年前=「ウルトラマンティガ」本編第18話にて


ウルトラマンティガとの一騎打ちの戦いで敗れ、霧門岳に沈められたゴルザの死体、亡骸から、
その死体、亡骸の細胞に何者かが命を吹き込んで蘇生、復活させたと推測される、
強化再生したと思われる個体がこのゴルザUと言う種です!

今までご紹介と解説をしてきたゴルザとの差異位は、@が小さめになり、目が鋭く白目がちになっている。
A体は更に大きくガッシリとしたものになっている。
B胸から腹にかけてなど一部のディティールにも変化が見られる。
C武器も額から放つ超音波光線から口から放つ赤い光線に変わっている。
D光線吸収能力も以前のようにエネルギーに変換するだけでなく、
吸収した光線に自身の熱戦を加えて強化して撃ち返す事が出来るようになっている。
E更にウルトラマンダイナとの戦闘では余裕を見せて挑発するような動作を行うなど、力だけでなく知能も大きく上がっている。
と大雑把に言いますとゴジラっぽくなっているんです



ゴジラって確か周年記念もやっているんですよね
アマプラで今公開もされていて、作品やシリーズもつい見てしまっております

ですので紹介文も比較としてあるとわかりやすく伝わってきますねφ(..)メモメモ




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)


リョウの欲しい物リスト

→私のHP



とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+

posted by リョウ at 18:14| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする