2020年01月24日

「To a you side 第十一楽章 亡き子をしのぶ歌 第八十八話」予告編

現在、40件配達済み(´・ω・`)b>挨拶





###################


 ――記憶喪失という病気には、いくつかの種類がある。
記憶を思い出すことが出来ない、記銘障害。新たな事を覚えることができない、追想障害。俺の場合は前者に当たると、銀髪の女性が診断してくれた。
頭部類に外傷は見当たらなかったので、心因性による記銘障害なのだろう。大きな精神的ストレス等の心的外傷が原因となって、発症してしまうのだ。

不快な体験や出来事などにより、精神に傷を負って記憶が失われてしまったらしい。

「特殊な魔導を用いれば、精神への攻撃も可能だ。過去のお前は自ら進んで戦場へ向かい、戦い続けた。強大な魔導師と戦った結果、精神に大きな負荷がかかった」
「なるほど……それで精神療養も兼ねて、俺は今此処にいるのか」
「平和で退屈かもしれないが、今のお前には必要な事だ。まずは身体を落ち着かせて、心を休めるといい」

 微笑みさえも美しい女性に案内された先は、山と海に囲まれた自然豊かな世界であった。
動植物が楽しげに生きており、空間の全てが安らぎに満たされている。どこかで見たような素朴な田舎の光景だが、生憎と俺達以外に人の気配はなかった。
緑に満たされた世界の中心に一軒家があり、女性の柔らかな手に引かれてお邪魔する。素朴な家だが不便は感じられず、静かに過ごせそうな生活環境が整っている。

落ち着いた状況の中で、俺は女性に声をかける。


##################



「記憶がなくて申し訳ないんだが、俺と一緒にいてくれるあんたは誰なんだ」
「私はリインフォース、お前と永遠を誓った仲だ」
「え、永遠……? それってつまり、恋仲ということか」
「生憎と結婚はしていないが、お前に望まれるのであれば叶えよう。身も心も、お前に捧げている」




リョウの欲しい物リスト



プレイ中。ID「658744」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+


posted by リョウ at 22:41| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする